田中耕太郎参議院議員 1期国会活動まとめ



在籍期: 1期(1947/04/20-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員


参議院本会議(1期)

 1期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  4回発言   9523文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  3回発言   9912文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   1777文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   3529文字発言
   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  5回発言  10344文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  2回発言   4971文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   1076文字発言

        1期通算   (1947/04/20-1950/06/03) 17回発言  41132文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第31号(1947/09/18、1期)

議題となりましたところの六・三教育制度の経費を全額国庫負担とすることに関しまする若木勝蔵君外二十六名を紹介議員といたしまする請願、これは第十六号でございます。並びにこれと趣旨を同じうしておりまするところの二十二件の請願の審査につきまして、簡單に御報告申上げます。いわゆる六・三教育制度は、御承知のよう………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第55号(1947/11/21、1期)

発議者の一人といたしまして、修正案の趣旨を御説明申上げます。修正案の第一点は、原案第七百六十四條に「協議上の離婚は、その届出前に家事審判所の確認を経なければならない。」という一項を附加えますこと、と、これに伴なう條文の整理でございます。第二点は「家事審理所の確認は、当分の間、簡易裁判所の確認をもつて………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第61号(1947/12/03、1期)

議題となりました文教委員会関係の請願並びに陳情の処理につきまして御報告申上げます。案件を大別いたしますと、教育制度に関しまするものと、教育内容に関しまするものと、それから校舎、学校施設、教科書、学用品等に関するものの三つに分れると思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第65号(1947/12/08、1期)

只今議題となりました文教委員会関係請願並びに陳情七件に関しまして、委員会の審議につきまして御報告申上げます。第一は請願百九十七号でありまして、熊本薬学専門学校が戰災に罹りましてその施設の大半を焼失いたしました。その復興が急速に必要とせられておりますので、この点に関する請願でございます。第二は、請願第………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第51号(1948/06/19、1期)

只今上程になりましたところの、教育勅語等の失効確認に関する決議案につきまして、発議者の一人として提案の理由を御説明申上げます。文教委員におきましては、数次の会合を開きまして、この問題につきまして十分論議を盡し、檢討を重ねました結果、各派共同で本決議案を提出いたしますことに意見の一致を見ましたのであり………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第58号(1948/07/03、1期)

議題となりました教科書発行に関する臨時措置法案の審議につきまして御報告を申し上げます。先ず政府の提案理由並びに説明を參考にいたしまして、本法案の趣旨と全貌とを御説明いたします。そもそも小学校、中学校、高等学校程度の学校におきまする教科書に関しましては、この度檢定制度が実施せられまして、この制度は從來………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第60号(1948/07/05、1期)

御報告申上げまする法案の第一は、学校教育法及び義務教育費国庫負担法の一部を改正する法律案でございます。これはたつた二條の改正でございます。そのうち学校教育法に関しまする改正の点は、主として名称その他法律技術的性質のものの外、本年度から小学部義務制を実施せられるようになりましたところの、盲学校、聾学校………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第15号(1948/11/26、1期)

議題となりました国立国語研究所設置法案に関しまする委員会の審議の御報告といたしまして先ず本研究所の設置の趣旨を御説明申上げます。我が国におきまする国語の改良とその合理化とは、教育の振興と一般国民生活の向上、延いては国家再建の不可欠の條件でございます。併しそのためには国語及び国民の言語生活の全般に亘り………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第12号(1948/12/14、1期)

議題となりました教育公務員特別例法案は、総條文数三十四ヶ條より成つておりまして、先般制定施行せられるにに至りましたところの国家公務員法に対する特別法を成しておるのであります。がような特別法が規定せられまする必要は、一に教育公務員の職務が一般行政事務とは違つておりまして“直接に倫理的、学問的、文化的方………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

発議者の一人といたしまして提案理由の説明を申上げます。先ず決議案を朗読いたします。文化国家平和国家建設の基礎である六・三制は、我が国家として万難を排し、国民の多大の犠牲を賭してその実現に努力し來つたところである。しかるにその実施の現状を見るに、或は学校施設の整備において、或は教育要員の充実において極………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第25号(1949/05/12、1期)

上程せられました年齢のとなえ方に関する法律案は、文部委員十八名の諸君の発議によるものでございまして、国民の年齢がこれによりまして、二年又は一年一斎に若くなるという極めて朗らかな法案でございます。先ず提案理由と内容を申上げます。從來年齢計算に関しましては、明治三十五年法律第五十号という法律がございまし………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第26号(1949/05/13、1期)

極めて重要な問題でありますが、極めて簡單に反対理由を申述べたいと思います。人工妊娠調節並びに受胎調節、これは單に抽象的な道徳論や或いは又宗教論を申述べて反対するわけではありません。現実の問題として反対するものであります。と申しますのは、優生保護法全般も然りであるが、又今度の改正法も甚だ局部的、近視眼………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第31号(1949/05/22、1期)

議題となりました文化財保護法案は、文部委員の殆んど全員の共同の発議になるものでございまして、從つて委員会の審議の経過よりも、むしろ法案提出の趣旨、法案の目的及び起草の際に特に問題になりました重要な数個の点を御報告するのが適当かと存じます。先ず発議者の本法案提出の意図に横たわつております本法の精神を考………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第35号(1949/05/26、1期)

国立学校設置法案は、国家行政組織法に基きまして、主として国立の新制大学の設置を目的とするものであります。主としてと申しますのは、高等学校以下の国立の学校は極めて少いのでありますし、又その以外に聾学校、盲学校等もございますからでございます。この法律によりまして、旧制の大学、高等専門学校、師範学校等が從………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第20号(1949/11/28、1期)

議題となりました科学技術振興に関する決議案に関しまして、発議者を代表いたしましてその趣旨を御説明申上げます。先ず案文を朗読いたします。科学及び技術の振興は、国家の文化的任務及び国民生活の向上の見地よりする当然の要請たるのみならず、延いては世界の文化の発達と人類の福祉に貢献し、以て平和愛好諸国民の信頼………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第23号(1949/12/01、1期)

議題となりました私立学校法案の文部委員会におきまする審議に関しまして御報告を申上げます。この法案は附則を除きまして第六十七條に及ぶ広汎なものでございまして、戰後の教育関係立法中の重要なものの一つと申し得るのでございます。提案の趣旨について考えて見ますると、そもそも私立学校はその数におきまして、新制高………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第19号(1950/02/17、1期)

上程になりました日本学術会議法の一部を改正する法律案につきまして、政府提案理由並びに質疑応答からして、極く大体におきまして改正の要点を先ず御説明申上げて置きたいと存じます。その第一点は、第七條に国会議員と学術会議会員との関係につきましての規定を新設したことでございます。第七條の第四項といたしまして「………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院委員会(1期)

 1期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 18回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   1591文字発言
  第2回国会 12回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第3回国会  4回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第4回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第5回国会 26回出席(長 26 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第6回国会 10回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第7回国会  6回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

   1期通算  79回出席(長 74 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   1591文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。また、参議院では閉会中審査が次の選挙期に入る日付で行われることがありますが、この場合は前期に含めています。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            49回出席(長 49 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
            25回出席(長 25 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   1591文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第1回国会)
 文教委員会委員長(第2回国会)
 文部委員会委員長(第3回国会)
 文部委員会委員長(第4回国会)
 文部委員会委員長(第5回国会)
 文部委員会委員長(第6回国会)
 文部委員会委員長(第7回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 参議院 外務委員会 第2号(1947/10/01、1期)

この請願の趣旨は、私も学設的に一つの国際政治哲学としては非常に共鳴するものが多いのであります。併しさつき政府委員が言われたような、日本の現在の国際的の立場においていきなり国際政治理想を、而も国家の設け…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 外務委員会 第4号(1947/10/14、1期)

大体私も星野委員が言われた通りに考えております。米国渡航の動機はいろいろありますが、必ずしも原子爆彈問題ばかりでなく、いろいろな動機から個人が米国に渡航したい。それについてはつまり平和主義、或いは世界…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院質問主意書(1期)

 1期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期: 1期(1947/04/20-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員
データ更新日:2019/07/26