岩間正男参議院議員 1期国会活動まとめ



在籍期: 1期(1947/04/20-) -  2期(1950/06/04-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-) -  6期(1962/07/01-) -  7期(1965/07/04-) -  8期(1968/07/07-) -  9期(1971/06/27-) - 10期(1974/07/07-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員


参議院本会議(1期)

 1期本会議 -  2期本会議 -  4期本会議 -  5期本会議 -  6期本会議 -  7期本会議 -  8期本会議 -  9期本会議 - 10期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  3回発言   7559文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   1471文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   2775文字発言
   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  5回発言  11216文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  6回発言  18097文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  6回発言  26772文字発言

        1期通算   (1947/04/20-1950/06/03) 22回発言  67890文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第34号(1947/09/30、1期)

無所属懇談会は、その道の専門家でありますところの兼岩傳一君を今日の自由討議に予定しておつたのでありますが、不幸にして兼岩君は病気で只今臥床いたしておりますので、私が緊急代りまして、この責を塞ぎたいと思うのでございます。従つて私は専門的なことを申上げることはできないで、甚だ断片的になると思うのでありま………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第39号(1947/10/16、1期)

国民の代表としての我我国会議員の責任の名におきまして、私は遺憾ながらごの国家公務員法案に全面的な反対をせざるを得ないのであります。(拍手)今日終戰後の軍閥がすでに解体し、又財閥も形の上ではありますが、解消を遂げつつあるさ中におきまして、日本の官僚制度は国民の前にぎりぎりその対応を迫られておるのであり………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第51号(1947/11/13、1期)

無所属懇談会は藤田芳雄君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第16号(1948/11/27、1期)

只今議題になりました請願及び陳情につきまして、文部委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。先ず請願第百三十七号及び陳情第四十六号は、いずれも公共図書館法に関するものでありまして、我が国教育機関中最も発達の遅れております図書館、殊に公共図書館の発達を促し、その機能の刷新を図るには、制度的………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第18号(1948/12/21、1期)

私は無所属懇談会を代表、して本法案に対し反対するものであります。先頃行われた国家公務員法の改正に当りまして、当局者は人事院の存在を強調し、その適正な運用と機能の遂行によつて、罷業権、團体交渉権を奪われた官廳労働者の諸権利、なかんずく生活権を守り得るであろうことを言明したのであります。從つてその最初の………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第5号(1949/03/30、1期)

日本共産党は板野勝次君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

日本共産党が本決議案に賛成する理由は、それが何よりも人民大衆の切実な目下の要求に基くものだからであります。本決議案の中には、過日、本議場で予算案の通過に賛成して與党並びに與党的な党派の諸君も交つていられます。曽て六・三制の予算を無一文にすることに賛成された諸君が、今日六・三予算を早く出せと叫んでおら………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第31号(1949/05/22、1期)

太平洋戰爭の期間中を通じまして、日本の教員大衆は甚だ卑屈であつたと言うことはできるのであります。基本的人権の抑圧によりまして政治的経済的自由を奪われ、その結果、彼らを視野の狹い、社会の陷沒地帶に追込み、飽くなき権力への絶対服從を強い、盲目的な戰爭協力に追込まれたというのがその実情であります。その結果………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第32号(1949/05/23、1期)

私は日本共産党を代表いたしまして、この法案に反対するものであります。この法案の精神とするところは、從來の教育行政の目的であつたところの監督官廳としての性格を排除して、新たに教育行政に対して助成と指導を與えるということになつておるのであります。從つてこの目的の規定されておる面だけについて考えるならば、………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第35号(1949/05/26、1期)

反対の諸点はいろいろありますけれども、一番この中で重要視しなければならないのは、財政的な裏付けがないということであります。六十八の新制大学を新たに発足させようとしておるのでありますけれども、その運営費並びに新築費を含めて、九億四千万円というのがこのたび予算に計上された費用なのであります。これでは新ら………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第16号(1949/11/21、1期)

簡單に今の答弁に対しまして、非常に不明瞭な点について二点だけを挙げて質問いたします。先ず第一に、池田蔵相の答弁の中に、低賃金、低米価でなくて、適正賃金、適正米価ということを言われたが、何を基準としてそういうことを言うのか。それを承わりたい。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第18号(1949/11/24、1期)

日本共産党の本法案に対する反対理由を簡單に申し述べます。国立学校設置法が第五国会に上程されました際に、我々は次の三つの観点から反対したのであります。先ず第一に、財政的裏付けがこれに伴わないこと、第二に、職員の任免、懲戒その他人事管理が非常に民主的でないこと、第三に、組織並びに運営について広汎な委任立………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第19号(1949/11/25、1期)

日本共産党は板野勝次君を指名します。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第20号(1949/11/28、1期)

本決議案に対しまして日本共産党は全面的に賛成するものであります。(拍手)決議はむし遅きに失していると思うのであります。今は実行の時期であります。その理由は何よりも目前の事実がこれを物語つています。先ず第一に、研究所の崩壞の事実は最近ますますひどくなつております。これを民間の研究所について見ましても、………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第23号(1949/12/01、1期)

私は日本共産党を代表いたしまして、本法案に対しまして反対するものであります。私立学校の果して来た役割につきましては、今更私がここで強調する必要はないと思うのであります。独自の学風を以ちまして、日本の文化のために多くの貢献をして来たのであります。併しながら終戰後におけるところの経済的ないろいろな破壊的………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第25号(1949/12/03、1期)

只今議題となりました道路運送法の一部を改正する法律案に対しまして、私は日本共産党を代表しまして反対するものであります。先ず政府のやり方が非常にでたらめであるということ、これは只今の委員長の報告でも分ることでありますが、六月一日に運輸省設置法によつて、今まで全国各地方の都道府県の道路監理事務所がやつて………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第18号(1950/02/13、1期)

給與問題について、日本共産党を代表して討論します。先に国鉄裁定を踏みにじり、人事院の勧告を無視した政府は、今又専売裁定をないがしろにし、一方それを合理化しようとして給與白書を発表しておるのであります。給與白書の欺瞞性については、さすが内股膏薬の人事院でさえその不当を指摘し、痛烈に反駁しておる程であり………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第21号(1950/02/28、1期)

日本共産党はこの税法に対して反対するものであります。この一番重要な点は入場税の税率軽減の問題でありますが、これは成る程一応見ますと十五割から十割というようなことに下つておりますけれども、併しこの税率そのものが依然として世界一高い入場税であるということであります。大体現在世界で行われておる税率を見ます………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第37号(1950/04/03、1期)

日本共産党は本予算に絶対に反対するものであります。反対の最も大きな理由は、何よりも本予算案が日本を東亜の軍事的基地として再編成せんとする方向に使用されているという点を指摘せざるを得ないのであります。これを歳出の面から見ますと、公共事業費の使用内容が問題になる。公共事業費は二十四年度に比べて一応六割増………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第41号(1950/04/10、1期)

只今の吉田君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第6号(1949/12/21、1期)

六千円出すか、青酸加里を呉れるか、これが日雇労働者の期せずして発した叫びであります。この沈痛極まる叫び声を政府の諸公は一体何と聞かれたか。首相官邸に、或いは国会に押寄せて参りますところの労働者の群は、今日、日一日と増加しておるのであります。日教組、国鉄、全官、自治労、進駐軍労務者と、飢えたる大衆は、………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第8号(1949/12/24、1期)

最初に端的に申上げますが、この修正案に対しまして我々は賛成であります。原案に対しまして、それを除いた原案の全体の部分に対しまして反対いたします。で、その点を申上げたいと思う。現在公務員の生活がどうなつているか。これは誰よりもよく政府の諸公が知つておる筈であります。又知らなければならない義務がある。と………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院委員会(1期)

 1期委員会 -  2期委員会 -  4期委員会 -  5期委員会 -  6期委員会 -  7期委員会 -  8期委員会 -  9期委員会 - 10期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 15) 15回発言  19485文字発言
  第2回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 41) 18回発言  39654文字発言
  第3回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   2935文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  15806文字発言
  第5回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  0) 22回発言 103358文字発言
  第6回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  8) 15回発言  58691文字発言
  第7回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 17) 28回発言 162129文字発言

   1期通算 172回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 91 委員 81)102回発言 402058文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。また、参議院では閉会中審査が次の選挙期に入る日付で行われることがありますが、この場合は前期に含めています。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員 16) 38回発言 157093文字発言

 議院運営委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 10回発言   3385文字発言

 予算委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0) 26回発言 177968文字発言

 労働委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  7回発言   7782文字発言

 文教委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  0) 18回発言  48500文字発言

 大蔵委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言   7330文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第1回国会)
 文教委員会理事(第2回国会)
 文部委員会理事(第3回国会)
 文部委員会理事(第4回国会)
 文部委員会理事(第5回国会)
 文部委員会理事(第6回国会)
 予算委員会理事(第6回国会)
 予算委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 参議院 文教委員会 第2号(1947/08/06、1期)

この請願書の御趣旨は、御説明がありましてよく分つたのでありますけれども、これを今までの師範學校、高等師範學校、文理科大學、その他教員養成機関に結局宗教講座をおくというような、單獨に切り離した問題として…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第3号(1947/08/13、1期)

今のようにあまり劃然と分けてあとで身動きができないというようなものでなく、その場合によつてやはり自分が非常に関心を持つておる者はその委員會に出て相當發言する、意見を述べる、こういうもので運營をして見る…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第4号(1947/08/15、1期)

それについて希望があるのですが、これは委員會が三つに分けられまして、案件によつて、まあ盥廻し式に順々に行くというようなことが、大體この前決定されておつたと思うのでありますが、案件の内容によりまして、こ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第6号(1947/08/22、1期)

それではこの前の八月十八日に開かれました第三小委員會の結果について簡單に御報告をいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第7号(1947/08/29、1期)

議事進行について、この問題につきはしては、これはいずけれ討論に移されることと思うのでありますが、この前第三小委員會の方から六・三制の結果について報告をなしたのでありますが、その時この問題は重要な問題だ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第8号(1947/09/19、1期)

この請願の趣旨は從來の青年學校のような形でなく、もう少し今要求しておるところの、勤勞者を中心にした教育體系を確立すると、そういうような請願の趣旨に見受けるのであります。それに對して文部省の現在持つてお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第10号(1947/10/08、1期)

この問題は文教委員會に付託されておつて、実は體育というのは実に重大な問題だと思うのであります。それで文教委員會としていろいろな問題が勸められたならば、できるだけ餘裕が付き次第、この問題について緊急にや…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第11号(1947/10/15、1期)

それと附帶しまして教科書の檢定認可の問題ですね、これもこの前聞きたいと思いまして出席方をお願いしておるのですが……。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文教委員会 第13号(1947/11/14、1期)

速記を始めて。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第6号(1947/09/20、1期)

この第三十二條の意味ですが、第一項の担書の「美術、音樂、演藝その他特別の技術を必要とする職業に從事する者の」云々、それが特に有料を許可するというような根據ですね。それから更にそれらの範圍、この範圍はこ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第10号(1947/10/09、1期)

緊急動議を提出したいと思います。逐條審議に入る前に、ちようど切れがよいようでございますから……。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第11号(1947/10/10、1期)

一應運営委員会が、そのような決定をしたにしましても、現実は飽くまでこのことを要求しておるということを深く自分の体驗を通じて言うことができると思うのであります。この法規の適用を受ける所の勤労大衆の大きな…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第16号(1947/11/04、1期)

その「職員」の方はそれでよいと思いますが、姫井委員の只今の修正のことは私は賛成したいと思います。この文章を読んで見ると、分らないところがその外にも第二項あたりにもあるようですが、やはり今の修正の方がは…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第23号(1947/11/27、1期)

今の陳情並びに請願の処理でありますが、非常に差迫つた問題のもの、例えば越冬資金のごときものは、非常に差迫つた問題であるのでありまして、これについて政府に送付するならば、是非政府のこれに対する処理方を労…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 労働委員会 第25号(1947/12/06、1期)

この請願は経営者側からの請願でありますから、更に労働組合側からの意見も徴した上で決定した方がよろしかろうと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第15号(1948/02/21、1期)

只今の御發言もありましたが、実質といたしまして、參議院としては、一時間の時間さえも問題にして今まで論じて來たような次第であります。今のように日曜日を挟んで明後日に延ばす、これは国民の期待から見ても疑わ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第28号(1948/04/14、1期)

第七十二條の第二頂ですね。そこに、「その要求により、」とありますが、これはどうも意味が少し不明だと思いますが、ちよつと説明して貰いたい。委員會の要求ですか。それとも裁判所の要求ですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第35号(1948/05/17、1期)

その前に労働組合側に折衝して見ましたら、希望條件としてもう一二名殖やして欲しいというような希望條件があるのですが、この点お諮り願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第36号(1948/05/19、1期)

この前の二千五百円の問題のときも、大分労働委員会の関係する問題が非常に多かつたのであります。そういう点から合同委員会とか何かそういうような方法はいけないでしようか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第37号(1948/05/24、1期)

宮沢さんにお尋ねしたいと思いますが、さつき木下委員の方からもお話がありましたが、第三條の政党とか團体の規定、定義的なところですね、これは單に労働組合側だけでなくて、経済團体の方も言つておりますが、これ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第61号(1948/07/03、1期)

私は傍聴人所属の日本教員組合の関係者として、本件については遺憾に存じております。唯々今日の事件の動機の一つとして、重要な法律案が会期切迫のため十分に審議の余裕が與えられていなかつたということについては…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第4号(1948/10/08、1期)

修正動議よりは重いとはちよつと見られないと思うのですが、そういう意味から言つても今の意見に賛成したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 議院運営委員会 第5号(1948/10/09、1期)

今までの使い方と、それから先つきの委員会に割当てるということになると、現状のような使い方ができないということになると、非常に煩瑣で、現実に合わないと、こういうように思うので、割当ての方法と、それから実…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第1号(1948/05/27、1期)

速記を止めて下さい。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第2号(1948/06/15、1期)

これは今日大体概略のことを聴いて審議に当るわけでありますね。そういう関係から、纏めて先に伺つてあとに質問したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第3号(1948/06/18、1期)

今日のこれからの予定をちよつとお伺いしまして発言したいと思いますが、どんな御予定を委員長は考えられておりますか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第4号(1948/06/24、1期)

実は只今行われておりますところの学生の盟休事件につきまして、当委員会といたしまして、これに全然無関心でおることは、当然我々の職能の上からできないと思います。この事態を一日も早く解決して、そうしてこの不…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第5号(1948/06/25、1期)

先ず宇佐美さんにお聴きしたいのでありますが、高等学校の現在の所轄が、この法案によりますというと、明確にされていないのであります。併しながら過般來、東京都下で、これが從前の法案の経過においては、或いはこ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第6号(1948/06/28、1期)

この前学生の盟休事件に連関しまして質問いたしたのでありますが、そのとき時間の関係上、十分に意を盡すことができませんでしたので、継続して質問を続行いたしたいと思うのであります。この前の私の質問の要点は、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第7号(1948/06/29、1期)

日直並びに宿直の問題、殊に今婦人局長が見えておられますから、日直の問題についてこれは御意見をお伺いしたいのでありますが、これは何ら義務制にすべきものじやない。これは過去の教員の持つておる習慣、そういう…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第8号(1948/07/01、1期)

その後第三特別小委員会の委員の諸君と会う機会がありまして、その情勢を確かに座談会の席上で聴いたのでありますが、例えば定價の決定の仕方などについては、全然諮られていないことを聴いたのでありますが、そうし…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文教委員会 第9号(1948/07/03、1期)

私はこの義務教育費国庫負担法の第二條の今度の修正條項の中で、日直及び宿直の手当の点でありますが、この点に対しまして反対を表明したいと思うのであります。その理由といたしますところは、日直、宿直というのは…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 労働委員会 第1号(1948/01/27、1期)

只今の問題につきまして教員の問題でもありますし、又労働委員の立場から私はプライベートに当地に赴きまして事情を調査して参つたのであります。今賀來労政局長から経過の概略について説明されたのでありますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 文部委員会 第2号(1948/11/12、1期)

理事一任と言うお話がありますが、大体の方針を決めていただかないと、理事会で扱えないと思うのですが……、だから今の鈴木君の提案ですね、少会派から一名というのに対して動いうような御意見を持たれるか。私は鈴…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 文部委員会 第4号(1948/11/25、1期)

この法案に至りまして数ケ條につきまして質疑をいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 文部委員会 第2号(1948/12/11、1期)

その前にですね、全体的な質問なんですが、それを実は今井給與局長の出席を求めましてお聞きしたいことがあるのですが、との点を保留にして置いて頂きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 文部委員会 第3号(1948/12/13、1期)

二点ばかり質問をいたしたいのでありますが、只今の第一の説明の中に、購読調整はいろいろの点でうまくいかない、欠点を持ておつたというお話があつたのですが、当局はどういうような点で欠点を確認しておるか、今ま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第2号(1949/03/24、1期)

それでは御指名によりまして東北視察の概況を御報告申上げたいと思います。梅津錦一君、若木勝蔵君、それから岩間の三人は二月二十日に上野を立ちまして、福島縣を皮切りに宮城、岩手、青森、秋田の各縣を廻りまして…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第3号(1949/04/07、1期)

例えば社会党の場合ですけれども、河崎委員は辞任された。その後任が決まつて決定された会派もあります関係で、そこに委員の数や何かの関係がありますが、そういうことをここで問題を出されまして、それで決定して頂…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第4号(1949/04/08、1期)

非常に困難な事情にあるということは推量されるのであります。それから又そういう困難な実情の中で飽くまでもこの六三制を維持しようと言つて努力されている大臣の努力に対しては、若木君同樣に非常に敬意を拂うので…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第5号(1949/04/15、1期)

今日の私達の委員会の重点は予算関係じやないかと思います。法案は、いずれ出されて忙がしくなるだろうから、そのときは委員会で一々について伺えばいいので、今日切迫している問題は、六・三予算並びに文部予算、こ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第6号(1949/04/19、1期)

六三の予算のその後の経過について先ず文相から説明を求める。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第7号(1949/04/22、1期)

先ず第一に伺いたいのは、現在の商業新聞に対して大体二億一千万ポンドというのは、これは三六%に及ぶ割当がなされておるのが、政党の場合は二十万ポンドというように今聴いたわけでありますが、非常にこれとの対照…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第9号(1949/05/07、1期)

時間が迫つておりますので、いずれ明後日からの審議の方法を協議しまして、そうして具体的に、段階を立ててやつたらどうかと思うのですが、今日はこれだけで打切られることをお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第10号(1949/05/09、1期)

ちよつと簡單な條項ですが、第八十六條の点について伺いたい。それは「第五十條第二号の規定にかかわらず、用紙割当制の廃止されるまで、文部大臣が行う。」というので、地方の教育委員会の檢定権というものが、一應…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第11号(1949/05/10、1期)

特に聞きたいことは、文部省ではこの案を立案して、これを施行するに当つて、地方の財政負担が大体どの程度ぐらいになるか、こんな広汎ないろいろな重要なる課題を沢山挙げているのですが、これを全部励行しなくとも…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第12号(1949/05/11、1期)

有賀さんにお伺いしたいのですが、先つきのお話では、勤労大衆の教育の拠りどころがこの法案によつてはつきりするということを言われましたが、更は国は、青年男女の修養に有効であるというような趣旨のことを述べら…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第14号(1949/05/14、1期)

私は過般通過しました職業安定法の一部改正法案に関連しまして文部省並びに労働省の緊急質問をしたいと思うのであります。これは我我としてはその以前から持つておりまして、当然この委員会もさつきの改正法案が上程…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第15号(1949/05/16、1期)

もう一点これは非常に細いのでまだ勉強が足りない点もありまして、どこかに規則があるのかも知れませんが、今の檢定の件についてもう一つ伺います。無試驗檢定の制度がありまして、旧制の大学なり高等専門学校なりで…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第16号(1949/05/19、1期)

私はこの修正案に拂われた同僚諸君の熱心な努力を非常に多とし、又この修正案によつてこの法案そのものが進歩している点は認めるのでありますが、法案全体の性格が現在の状態において行われるということに対して根本…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第18号(1949/05/22、1期)

この前私のしました質問に関連することでありますが、今日は大臣が見えておりますので、改めて質問したいと思います。その第一の要点は、この法案を審議する上において明かにして置かなくちやならないのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第1号(1949/06/16、1期)

そうすると、飽くまでプライヴェートな首相の諮問機関だというふうに解釈していいわけですか。その点はどうですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第4号(1949/08/23、1期)

専門調査員は……。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第6号(1949/09/12、1期)

それでは只今から文部委員会を開会いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第7号(1949/09/16、1期)

さつきの河野議員の発言の中で、最初の本年度の定員定額を決めるときに、文部省としても、大蔵省はどういうふうにこれ考をえたかということは非常に重要だと思う。これは來年度の予算とも非常に連関して來る、從つて…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第8号(1949/09/22、1期)

それでは只今から文部委員会を開催いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第9号(1949/09/26、1期)

今の平衡資金の問題と連関するのでありますが、河野委員からもいろいろ発言がありましたが、尚この前高瀬文相がこの委員会に出席されたときに、特に警告して置いたのでありますが、現在教員給、その他の雑給などにつ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第11号(1949/10/07、1期)

ちよつと緊急に質問いたしたいと思うのでありますが、最近大学高専の教授の人達の間に、大分教職を追われるというような事実が起つております。そしてそれとまつわつて最近相当大量の首切が行われるのじやないかとい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 文部委員会 第13号(1949/10/15、1期)

今月の十日に兵庫縣のP・T・A、教育委員会、それから教員組合、こういう人達の代表、縣民の代表が五十人ぐらい見えまして、やはり同樣趣旨の請願に参つたわけであります。それでそのとき兵庫縣ではすでに百万円の…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第1号(1949/10/31、1期)

文部大臣が見えられておりまして、是非緊急に質問したいと思つておつた問題があるのですが、早速朝鮮人の学校の帯鎖問題です。このことは国会の休会中に取計らわれた次第でありますが、この経過並びにどのように現在…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第2号(1949/11/10、1期)

私も只今の鈴木君の非常に適切な質問と連関しまして、二、三点伺いたいのであります。その一つは、やはり湯川教授のノーベル賞受賞に関しての問題でありますが、只今も問題になりましたように、日本の科学研究機関と…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第3号(1949/11/14、1期)

今の問題重要だと思うのですが、文部省としてどうしても大学に、内部事情があつてこれに応えなければならないという立場に立つておられるとするならば、この條文の修正が單に事務的処理で、実体にそぐえないというこ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第5号(1949/11/22、1期)

私は、この法案に反対します。その理由は商船大学が設けられることについての法制的な根拠を與える、その点は私は異論はないのでありますが、それと同時に首切りが、この方で百三十人に余るところの、大学の附属病院…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第8号(1949/11/28、1期)

この法案そのものとしては、仮に完全に近いものとしても、日本の教育の民主化の現状において一体果してどういう性格を持つかということが一番大きいと思いますが、そういう点から言つて、例えば教育委員の報酬、そう…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 文部委員会 第10号(1949/11/30、1期)

その点を確認して置きたいのですが、そうすると何ですか、文部省は法律的な不完全なところを自分で認めておいても、どうしても早く通さなければならん、こういうことになるわけですが、こういう点は確認して置きたい…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第2号(1949/11/21、1期)

それじや質問しますが先ず第一に伺いたいことは外債の問題であります。吉田首相の施政方針演説によりますというと、外債は返還する、こういうことが言われたのでありまするが、一体現在の外債は合計で幾らであるか、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第4号(1949/11/24、1期)

二、三点お聞きしたいのでありますが、先ず第一に、政府は今後補給金を外す、安定帶物資を初めその他のものに対しまして、補給金を徐々に外して行く、その結果当然そこに物価のはね返りが起ると思うのであります。そ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第5号(1949/11/25、1期)

今度の文教予算につきまして、尚今後の文教政策並びに予算的措置とも関連して、以下数点大臣の御所見を質したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第6号(1949/11/26、1期)

私も簡單にお伺いしたいのでありますが、先程のお話を聴いておりますと、九千七百円の賃上げの要求が、これは大体現在の賃金状況においては約二〇%の実質賃金の低下であるので、それを六千三百円に対して賃金を計算…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第7号(1949/11/27、1期)

先程の理事会では、登院数が定足数に達しておる、従つて又努力している、そういうような方向に向つて行きたいというような委員長の発言でありましたが、登院数はどうなんですか。これは事務の方でよく調べて頂いて、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第8号(1949/11/28、1期)

私は五、六点伺いたいのでありますが、先ず第一に、二十五日の衆議院の予算、大蔵、経済安定その他の連合審査会のときに、宮幡通産政務次官が、アジア、マーシヤル・プランに参加することを希望する、これは單に自分…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第9号(1949/11/29、1期)

只今の木村委員の質問に対する首相の答弁に関連して。一点質したいのであります。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第10号(1949/11/30、1期)

もう一遍確かめて置きたいのは今食糧輸入でありますが、百七十億の食管会計ですね、これの内容として輸入食糧の増加ということが言われております。蔵相がしばしば発表されたのをもう一遍正確にしたいです。これはど…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第11号(1949/12/01、1期)

日本共産党は今次の補正予算に対しまして全面的に反対するものであります。本国会が召集されたそもそもの目的というものは、吉田内閣の悪政の強行によつてあらゆる国民層に破綻が起つて来た、その政策の破綻をここで…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 議院運営委員会 第55号(1950/04/06、1期)

先程やはり予算委員会の運営の問題がちよつと出たのですけけども、この内容を検討すると、非常に議運のこの前の態度と連関して重要じやないかと思います。やはりこの審議の中で、こういう問題については十分議運とし…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 議院運営委員会 第57号(1950/04/08、1期)

連関してですが、六三制の話が出たのだが、一件に何万何千とあるのですが、ああいうのは最後に会期が終つた後でも統計でも出して、例えばいろいろな件数について、そういうような表でも作るというようなことでも今や…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 大蔵委員会 第2号(1949/12/20、1期)

これは念のために伺つて置きたいのですが、この決議案を作られるときに、さつきお話の第一案でやられたか、第二案でやられたか、その点如何ですか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 大蔵委員会 第4号(1949/12/23、1期)

国家公務員に対する年末支給法案に連関しまして、この際是非明らかにして置かなければならないのは、地方公務員の問題であります。これは本会議にも私から緊急質問いたしたのでありますが、木村国務相がそのときも出…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 大蔵委員会 第5号(1949/12/24、1期)

先ず伺いたいのでありますが、人件費その他を節約して五十三億程度捻出したのでありますが、これによつて今後の運営に支障がないか。これはどうです。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第5号(1950/02/17、1期)

只今左藤委員の質問は非常に重要だと思うのであります。尤も今日は説明をお伺いして、この問題は後で徹底的にやろうと我々は考えておつたわけです。予算委員会におきましてもこの問題は徹底的にやらなければならんと…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第6号(1950/02/21、1期)

三点ばかりお伺いしたいのですが、先ず第一にこういう講習というものは、国家の負担においてやるのが妥当と考えられるのですか、個人の負担においてやるのが妥当と考えられるのか。これは文部当局はどういうふうな御…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第7号(1950/02/28、1期)

これは今の大内さんのお話も非常に連関が出るのですが、先程天皇制と元号は法的には根拠がないと、こういうお話でありますが、併し法的でなくても非常に国民感情、国民生活の上にはやはり深い関係があつたのじやない…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第9号(1950/03/07、1期)

ちよつと若木君のさつきの質問に関連して、人事院総裁に質問いたしたいと思うのであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第10号(1950/03/10、1期)

討論を省略して直ちに採決に入ることの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 文部委員会 第11号(1950/03/17、1期)

私は遅く参りましたので、或いは先程からのことと重複する点があつたら御容赦願いたい上思いますが、この改正点の「第八十四條第一項を次のよう改める。」とある各種学校の問題について二、三点お尋ねしたい。第一に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第7号(1950/03/04、1期)

三月一日の蔵相の談話は非常に喧々囂々と非難を浴びたようでありますが、私はむしろ池田蔵相は非常に正直だというので褒めたいと思うのであります。というのは、現在の吉田内閣の政策を考えて見れば当然蔵相のような…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第8号(1950/03/06、1期)

予算の審議が非常にこちらの方では本格的にならないようでありますが、先ず多い中で、労働問題というような、労働問題を論ずるのは、どうかと思われるのでありますが、併し非常に問題が多岐に亘りますから、今日は全…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第9号(1950/03/08、1期)

これはまあ論議になりますけれども、この論議はやはりやらざるを得ない。大体そういう事態というものを先走りして、そうして事態を十分に検討しないで、現段階がそこまで行かないと認めておるのに対して、事前にそう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第11号(1950/03/11、1期)

私も二、三点質問したいのでありますが、さつきの蔵相の話にもあつたのですが、慣例として戰争前からもそういうことが行われているという、こういう話でありますけれども、併し今度の地方税法の改正というものは、拔…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第12号(1950/03/13、1期)

委員長からですね、一昨日の動議を採決されまして、それによつて継続されているのですから、委員長からその経過を、総理の出席について経過の報告を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第13号(1950/03/14、1期)

私からも二、三点質問したいと思うのであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第14号(1950/03/15、1期)

今のに関連して、発言中失礼ですが、今の木下君の質問と関連して、見返資金の貸出先のこれは資料があるだろうと思いますが、その資料を出して欲しいと思いますが、これは如何ですか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第17号(1950/03/18、1期)

私は先ず最初に文相に質したいのであります。これは日本の文教政策との連関もあり、現在採られておる文教政策の性格を知る上に非常に重大だと思うのであります。その点から先ずお伺いしたいのでありますが、これは嘗…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第18号(1950/03/22、1期)

私は首相にお伺いしたいと思うのでありますが、我々は国会の審議を熱望しているわけです。予算を早く審議したい。まだ政府に質すべきところの條項が沢山あるわけです。而もそれをも尚押えて地方税法の提出を望んであ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第19号(1950/03/23、1期)

議事進行について発言したいと思いますが、実はこの次私の番になつておるのでありますが、総理は何だか都合で今日は午後から出られないということになつておる。それは一応了承します。了承しますが、まだ各党の代表…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第20号(1950/03/24、1期)

まだ委員の出席が少いようでありますが、成るたけ出席を督励して頂きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第21号(1950/03/25、1期)

私は今まで総理の出席をお待ちしていろいろお尋ねしたいと思つておつたのですが、先ず第一に昨日参議院の本会議におきまして問題になりました官紀粛正の問題であります。これにつきましては堀議員の質問に対しまして…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第22号(1950/03/27、1期)

私はどうしてもこの問題は非常に時日が切迫して来ると共に今まで参議院でも例があつたのでありますが、今後の議事進行をはつきり円満にするためにここを確かめて置きたいが、重要だと思うので二、三点今の岩木君の質…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第23号(1950/03/28、1期)

昨日に引続いて質問を継続したいと思います。石油の問題ですが、石油の元売り業者に対して、今度マージンを上げるということを聞いておるのでありますが、それは本当でありますか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第24号(1950/03/29、1期)

二点ばかり伺いたいのであります。先程のお話では暫定予算のOKが取れないと、こういうお話でありましたが、そのOKの取れなかつた理由について蔵相は聞いて來られたかどうか。これは少くともこれだけの重大な問題…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第25号(1950/03/30、1期)

ちよつと何ですか、私達は回答と、そういうようなことは求めたんではないけれども、別に新たな問題として蔵相の方のそういうような申入れをお諮りになつたのですか。その点をはつきりして頂きたい。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第26号(1950/04/02、1期)

私も二、三点伺いたいのでありますが、先ず最初に先程の木村委員の質問に対し、蔵相は米の例を挙げて言われたのでありますが、米を一石借りた、それを四千二百五十円で売つた、併しそれは借りたなら自分の物であるけ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院質問主意書(1期)

 1期質問主意書 -  2期質問主意書 -  4期質問主意書 -  5期質問主意書 -  6期質問主意書 -  7期質問主意書 -  8期質問主意書 -  9期質問主意書 - 10期質問主意書

質問主意書提出数

  1期(1947/04/20〜)  4本提出

質問主意書一覧

新制中学校の建築進捗状況に関する質問主意書
第5回国会 参議院 質問主意書 第22号(1949/03/10提出、1期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

小学校、中学校及び高等学校の教員数、学級数、児童、生徒数に関する質問主意書
第5回国会 参議院 質問主意書 第47号(1949/04/02提出、1期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

朝鮮人学校閉鎖接収に関する質問主意書
第6回国会 参議院 質問主意書 第13号(1949/11/04提出、1期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

科学の振興、学問の自由、私立学校法案に関する質問主意書
第6回国会 参議院 質問主意書 第21号(1949/11/16提出、1期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期: 1期(1947/04/20-) -  2期(1950/06/04-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-) -  6期(1962/07/01-) -  7期(1965/07/04-) -  8期(1968/07/07-) -  9期(1971/06/27-) - 10期(1974/07/07-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員
データ更新日:2019/07/26