内村清次参議院議員 1期国会活動まとめ



在籍期: 1期(1947/04/20-) -  2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員


参議院本会議(1期)

 1期本会議 -  2期本会議 -  3期本会議 -  4期本会議 -  5期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  2回発言   2291文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  2回発言   4053文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   8544文字発言
   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  5回発言  13526文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  6回発言  20127文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  3回発言  14756文字発言

        1期通算   (1947/04/20-1950/06/03) 19回発言  63297文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第14号(1947/07/09、1期)

政府が発表しました経済緊急対策と並びに経済白書におきまして、賃金と物價の安定対策に関しまして、労働者の立場から所見を申述べたいと存じます。と申しますのは、賃金物價の安定の仕方は、言うまでもなく勤労階級にとつて最も切実なる問題である。若しこの安定対策が当を得ないとなれば、労働者の勤労意欲を沈滯させるば………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第64号(1947/12/07、1期)

只今の鈴木君の動議に賛成をいたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第10号(1948/11/12、1期)

私外十七名の発議者を以ちりしてて、官公吏給與改善に伴い速かに補正予算を本国会へ提出することに関する決議案を提出いたしまして、皆さんの御賛同を得たいと思う者でございます。(「賛成を呼ぶ者あり)先ず決議案を朗読いたします。官公吏給與改善に伴い速かに補正会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第18号(1948/11/30、1期)

私は日本社会党を代表いたしまして、只今議題になつておりまする政府提出の日本国有鉄道法案に反対を表明いたす者であります。本法案は、厖大なる日本国有鉄道の複雑なる機構を公共企業体といたしまして円滑に能率的に運営するものといたしましては、余り粗雑なものであり且つ非民主的で、特にその法案の作成経過から見まし………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第5号(1948/12/07、1期)

只今の首相及び経済安定本部長官へ又労働大臣の御答弁は、私が答弁をお願いしました項目の中一には、まだ答弁をしておられない点がありますのと同時に、その内容において不明確な点が沢山あります。私はその点に対して不満の意を表明します。同時に重大でありますことは、首相の答弁の中に不穏当な言辞が、ありました。これ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第4号(1949/03/26、1期)

日本社会党を代表いたしまして、曽て我が党の顧問であり、前参議院副議長でありました松本治一郎氏の公職追放資格審査の問題につきまして、重大なる疑義を持ち、ここに緊急質問をいたしたいのであります。(拍手)それと申しまするのは、今回の松本氏の公職追放問題に関する政府の態度でございまするが、本日、指名した吉田………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第7号(1949/04/01、1期)

日本社会党は小の三つの理由を以ちまして反対を表明いたします。第一点は、この暫定予算案は、衆議院におきまして、その手続上の違法行為によつて、成立した予算であるからであります。この暫定予算案は一昨日、即ち三十日の日に衆議院予算委員会を通過するに際しまして、その手続上の違法行為について野党側から警告を受け………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

私は日本会社党を代表いたしまして、只今議題となりました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対しまして反対を表明するものであります。理由の第一点は、本改正案がただ一方的に国民大衆の負担を重加するものであるという点であります。政府の説明によりますると、国鉄特別会計の独立採算を二十四年度において強行する………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第29号(1949/05/18、1期)

私は本決議案に対しまして賛成をするものであります。敗戰以後、日本民族の自信が青少年層に失われておりまする傾向がややもすれば見受けられまして、且つ又軍国主義の除去という大手術の反動といたしまして、却つて青少年層の間に文弱的文化の醜い傾向を助長さしておりますることは、その將來につきまして職者のひとしく憂………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第36号(1949/05/27、1期)

私は只今議題となつておりまする行政機関職員定員法案につきまして、最終段階であり、且つ重大なる時機でありまするからして、更に政府の所信を質しまして、ここに明確にせんとするものであります。終戰後我が国は戰災のどん底から立上りまして、乏しい資材の中で、困難なるインフレ下にありまして、経済復與に努力し、今日………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第2号(1949/10/26、1期)

私は公務員給與ベースの改訂及び定員法の問題につきまして、関係各大臣に緊急の質問をいたしたいと思うのであります。現下の経済情勢は、生産も漸く戰前の七十%に達しまして、インフレも安定の方向に向いつつありまするが、併しながらこの好転した情勢の裏面におきましては、労働者を初め公務員に至る勤働階級に取りまして………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第3号(1949/10/28、1期)

先程の吉田総理大臣の御答弁の中に、私が質問いたしました最も重要な点に対しての御答弁が外れております。この点は只今国鉄労働組合がいわゆる給與ベースの問題につきまして調停委員会にかけておりまするが、これは公労法に從つて調停委員会にかけております。調停委員会のいわゆるその調停に対しまして、労働組合はこれを………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第20号(1949/11/28、1期)

私は只今問題となりました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案に対しまして、日本社会党を代表いたしまして反対の意見を申述べたいのであります。反対理由の第一点は、大蔵大臣の権限についてであります。この改正法案におきましては、公共企業体としての経理の重要なる部分の大半の権限が大蔵大臣に握られておるのであり………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第22号(1949/11/30、1期)

私は日本社会党を、代表いたしまして、只今議題となつておりまする通運事業法案に対しまして反対の意見を申述べたいのであります。日本社会党は、本来日本通運株式会社といたしましての独占企業体を解体して民主化することには賛成するものでありまするが、併しそれには三つの條件を基礎とするものでなければなりません。即………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第23号(1949/12/01、1期)

日本社会党は、政府の提出いたしました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対しまして反対を表明するものであります。理由の第一は、国有鉄道及び海運事業は公共企業としての特性を持つものでありまして、運賃は物価政策の重要なる基礎となるものであります。そうでありまするから、貨物運賃は十分に経済政策、物価との………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第25号(1949/12/03、1期)

昨十二月二日発表されました国鉄公社職員の給與改訂に対する公共企業体仲裁委員会の裁定につきまして、特にこの際、大蔵大臣、運輸大臣、労働大臣の所信をお伺いしたいと思います。即ち裁定の結論は次のごとくであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第20号(1950/02/27、1期)

国鉄裁定問題につきましての東京地方裁判所の判決の誠に我が国の合法的な労働運動に及ぼす影響の重大性に鑑みまして、政府の責任者である吉田総理及び関係大臣に質問したのでありまするが、吉田総理の出席を見ず、又先程の答弁の中におきまして、増田官房長官は、みずからのこの違法行為を反省せずして、上訴すると明言され………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第32号(1950/03/24、1期)

国鉄に対する仲裁委員会第二次裁定を含めまして、裁定制度そのものにつきましての政府の態度についてお聞きしたてのであります。既ち政府が第一次国鉄裁定の拒否、更に東京地方裁判所判決の上訴、及び今回の専売公社裁定の承認など、そのとつて参りました態度につきましては、全くそこには理論的な一貫性が欠除いたしており………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第5号(1949/12/17、1期)

私は国鉄仲裁裁定に関しまして関係大臣の所信をお伺いしたいのであります。去る十二月二日発表せられました国鉄公社紛争に関する仲裁委員会の裁定を中心といたしまして、政府の無理解、無誠意の態度に対しまして、全国の民主的労働組合は、政府みずから法を破るがごとき暴挙に対しまして、挙げて隠忍自重の限界に達し、合法………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院委員会(1期)

 1期委員会 -  2期委員会 -  3期委員会 -  4期委員会 -  5期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 14回発言  14503文字発言
  第2回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言   4026文字発言
  第3回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  7)  5回発言   6433文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
  第5回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 18)  8回発言  16109文字発言
  第6回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 14) 17回発言  64310文字発言
  第7回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 10) 15回発言  30721文字発言

   1期通算 154回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員112) 61回発言 136102文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。また、参議院では閉会中審査が次の選挙期に入る日付で行われることがありますが、この場合は前期に含めています。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50) 25回発言  76170文字発言

 予算委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員  0) 20回発言  41403文字発言

 厚生委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  3回発言   2975文字発言

 運輸及び交通委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 13回発言  15554文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第3回国会)
 予算委員会理事(第4回国会)
 予算委員会理事(第5回国会)
 予算委員会理事(第6回国会)
 予算委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第1号(1947/07/04、1期)

只今の小林委員の動議に贊成いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第3号(1947/08/11、1期)

鑛工業の委員長の方からの報告によりますと、先ず從業員の方で六〇%の怠業状態があるのだ、こういうように御報告になつているようでありますが、この問題は非常に重大なことでありまして、先程の政府の説明では從事…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第4号(1947/08/13、1期)

第七章の「海難審判所の裁決に對する訴」というところの五十三條に「高等海難審判所の裁決に對する訴は、東京高等裁判所の管轄に専属する。」。この東京高等裁判所の管轄に任せたということは、これは明らかに刑事訴…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第5号(1947/08/19、1期)

運輸當局が今囘国有鉄道の実相報告を發表されまして、鉄道の經理の状態を明かにされて、現在のなみなみならんところの經營の苦心を訴えられました態度に對しましては了といたしまするが、その内容の點において二、三…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第7号(1947/08/25、1期)

先程新谷委員からの質問のときに、政府の答辯では、船舶の所有者がはつきりしたものに對してはこの法律案は適用しない、こういうようなお話でありますが、第二條にはいわゆる船主が分明をする、そうして、その公告の…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第8号(1947/08/28、1期)

白書によりますと、運輸省が今度の鋼材が千百二十萬五千トンである、而もこの需要においては、車輛の修繕も、或いは又線路の補修についても、軌道の取替えについても、到底見込がない旨を赤裸々に示しておりまするが…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第9号(1947/08/30、1期)

白書の三十六頁でありまするが、この白書において、運輸當局は、現在国鉄の人員は決して過剰ではない、又勞働協約の面や戰災復興の面においても、輸送確保の面においても、不足するという部分があると、こう言つてお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第10号(1947/09/18、1期)

今囘の関東地方の風水害は現下の我が国の現状に照しまして誠に深刻、影響の非常に大なことに對しまして遺憾でありまするが、就中鉄道の被害は、被害縣は勿論といたしまして、人心の動搖又全国産業及び食糧など民生の…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第11号(1947/09/25、1期)

内務省解体に伴いまして、從來内務省の所管事項でありましたところの道路運送の諸機構が運輸省に移管されまして、陸上輸送の一元化がなされましたことについては、本員も賛同するところでありまするが、本道路運送法…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第15号(1947/10/07、1期)

本道路運送法案の重要骨子でありまする第十二條の免許基準の點でありまするが、この點につきましては先般小野委員から私の質問せんとするところを妥く質問されたのでありまして、この基準の設定が、妥當な基準の設定…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第16号(1947/10/10、1期)

自動車行政の將來の見通しにつきましては先程伺つたわけでありまするが、ただここに戰時中に弱小民間営業者を組合いたしまして一縣一社というような会社が存続しておりまして、その会社の営業状態からいたしまして、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第18号(1947/11/04、1期)

運賃問題につきましては後で運輸大臣の御出席を待つてお尋ねしたいと思うのでありますが、ここで国鉄從業員の待遇改善の問題についてお尋ねいたします。先般全逓從業員組合におきまして、東京地方の方で集團欠勤があ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 厚生委員会 第6号(1947/08/07、1期)

発議者に御質疑申上げますが、第一点といたしましては、青少年禁酒法の問題は、相当以前から社会問題として論議されたのでありまするが、この二十五歳以下の適用者に対するところのこの禁酒法というものは相当当時か…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 厚生委員会 第16号(1947/09/20、1期)

小林誰ですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第11号(1948/06/30、1期)

七月一日からの、運輸当局が発表した新ダイヤについて、この経緯において組合との話合いが、どうも縺れておるような状態が露呈されておる。組合の言い分としては、この新ダイヤの決定は当局の一方的な決定であつて、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 厚生委員会 第3号(1948/05/06、1期)

三月六日、七日長崎縣における視察状況を報告いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第3号(1948/11/16、1期)

お調べになつてからというような、調べているのです。水掛論とあんた方におつしやるけれども、ああいう事態は今後も起つてもいいのですか。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1948/11/24、1期)

質問は一人々々にやつて行きますか、その都度……。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第9号(1948/11/29、1期)

先般運輸大臣がこの委員会で日本国有鉄道法の提案理由を説明されたましたときに、私大臣に特に一言聞きたいわけですが、その問題は、今回マ書簡の中に、現在の国鉄の組織を公共企業体の方に組替をし而もそれをやつた…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第10号(1948/11/30、1期)

私は日本社会党を代表いたしまして、政府提出の日本国有鉄道法案に反対を表明いたす者であります。以下その理由を申述べます。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 予算委員会 第1号(1948/11/08、1期)

附け加えまして……、只今の岡田委員の案は、只今決定いたしたのでありますが、それに附加えまして、官公職員と給與ベース、それからこれに関しまして、人事委員会の算定の状況や、或いは大蔵省のこれが算定の状況、…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第5号(1949/03/29、1期)

この際委員長にお願いしたいのですが、これは又本多国務相にもこの私の発言をよくお聞き取り願いたいのでありますが、先程からの御答弁によりまして、まだ閣議においても最終決定はいたしておらないし、案の内容につ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第12号(1949/04/28、1期)

国有鉄道輸筒法の一部を改正するところのいわゆる旅客連賃六割値上に対する法案が今最終段階に來ておりますとこに、一言運輸大臣にその所信をはつきりと明確にして頂きたい問題であるのであります員。それは本二十英…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第16号(1949/05/12、1期)

第二條でいう運輸大臣の指名というのは個人別にやるのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第24号(1949/05/22、1期)

運輸大臣に質疑をします前に先程の委員会で私委員長にいわゆるこの法案の内容に対しては国有財産の拂下げに関して密接な関係があるのだ、而もその所管というものは当然その見地から見れば大蔵委員会で檢討すべきであ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第26号(1949/05/31、1期)

私は先程委員長がここで申述べられました運輸大蔵合同委員会の質疑の打切りという問題につきましては、今出席されました黒田委員におきましても、明確なるその点の意思表示もなし、又各会派の大蔵委員の方方の意思も…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1949/08/01、1期)

この委員会は午後はこれでしまいですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 予算委員会 第4号(1949/04/01、1期)

大蔵大臣に質問しますが、第一には、この暫定予算は三十日に衆議院の予算委員会を通過するに当つて、その手続上の違法行為について野党側から警告を発しておるのでありまするが、その警告の要旨は、即ち財政法の今回…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 予算委員会 第15号(1949/04/20、1期)

第四分科会に付託せられました運輸、逓信、及び労働の三省の所革の昭和二十四年度一般会計、特別会計及び政府関係機関の各予算の審議の経過並びに結果について御報告を申上げます。分科は十八日、十九日の午前、午後…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1949/10/29、1期)

その四件と言いますのはどれですか。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第2号(1949/11/09、1期)

只今の御説明でこの四十四條ですが、この四十四條は日本国有鉄道の職員に対して支給する給與については給與準則を定めなければならない。この給與準則というものは、その一事業年度の支出が国会の議決を経た当該年度…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第4号(1949/11/21、1期)

本案の提出に当りまして、先ずこの参議院におきまする運輸交通委員会といたしまして、これは相当重大な件だと存じまするが、この点につきまして、政府にちよつとお尋ねしたいのは、これが第三国会におきまして、法律…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1949/11/24、1期)

後廻しにするとおつしやいましたが、運輸大臣が質問のときに御出席があれば、まあそこを委員長の方で確認して必ず運輸大臣を出席させるというような確言があれば別ですが、一般的な質問を分室問題につきましてもした…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第7号(1949/11/25、1期)

運輸大臣に御質問いたしますが、大臣はこの国有鉄道法の一部改正法律案に対しましての質疑に今回まで欠席しておられまして、勿論多忙な点も認めるわけでありますが、重大な問題につきまして質疑ができなかつたのであ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第8号(1949/11/26、1期)

その問題に対して意見があります。私は議事進行でその意見を申上げたかつたのですが、この通運事業法案外二件の関係法案につきましては、これは予備審査の形でありますから次回の運輸委員会にかけて頂くということに…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第9号(1949/11/27、1期)

ちよつとお尋ねいたしますが、今の観光事業の法人でこの法律を適用するような事業はどんなものがありますか。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第10号(1949/11/28、1期)

第六表の説明をお願いします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第11号(1949/11/29、1期)

東洋経済新報社の榎本さんですか、あなたの証言の中に、大体その運賃の値上というのは物価へのはね返りは少しは認めると、はね返りはあるだろうというような御説明であつたようでありますが、一体あなた達の御統計か…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第12号(1949/11/30、1期)

私質疑に入ります前に、実は希望意見といたしまして申上げたいことがあります。これは決して委員長はこの委員会の進行に当りまして非常に熱心であられることにつきましては私達も同感でありまするが、通運事業法の審…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第13号(1949/12/02、1期)

その内容の点につきましては何もお話はなかつたわけですか。どういう内容で……。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第14号(1949/12/03、1期)

私は社会党を代表いたしまして、この問題につきましては自動車行政の一元化とその円滑な発達を、一貫した目標の下に推し進めて行くという見地からいたしまして、運輸省は出先機関の整理等、政府の方針によるところの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第2号(1949/11/21、1期)

大蔵大臣に質問いたしますが、今回の大臣の財政方針の演説によりますると、先ずとくに注目されますものは、物価の安定と而も亦安定より一歩下つて低物価政策に持つて行こうというような方針が見えておりまするが、併…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第4号(1949/11/24、1期)

吉田総理が今回の施政方針では、我が国の経済は安定したとおつしやつたし、大蔵大臣は安定の軌道に乘つた、そういうふうなことを考えておられるようですが、労働大臣は日本の経済がどういう状態にあるかという点につ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第7号(1949/11/27、1期)

稲垣通産大臣に対しましては池田委員から質問通告がありますが、やりますか。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第8号(1949/11/28、1期)

吉田総理に御質問申上げますが、第一点は、講和会議の時期とその見通してあります。吉田総理の施政方針演説で、衆参両議院におきましては、この講和会議問題に論議が集中をいたしましたことも、これは国民がひとしく…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 予算委員会 第10号(1949/11/30、1期)

大蔵大臣に伺います。食糧庁の予算関係であります。二十四年度予算が二十五億八千五百七十七万円、それが丁度四月から九月までの間に使用した金が十一億四千五百九十二万円で、十月から三月までの十億三千七百十三万…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第3号(1950/01/25、1期)

私は理事の点については、従来の慣習があると、いうことでありますので、これは委員長に一任するという動議を提出いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第4号(1950/01/28、1期)

院議により十二月六日より二十日までの間、独立採算制移行後の国鉄現場の状況、港湾及び国営自動車に関する諸問題並びに観光施設の整備状況等について、東京、神奈川、福岡、熊本、鹿児島、宮崎各都県下の主要地を視…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1950/02/28、1期)

ちよつと政府委員にお尋ねしたいのですが、朝鮮の郵船会社に対する船舶を日本政府から賠償として出すということで、而も又この問題につきましてはこの賠償を出すところは日本国有鉄道の、いわゆる公社の所管であると…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第7号(1950/03/04、1期)

大蔵大臣及び吉田総理大臣は、一月の二十三日の施政方針及び財経の方針演説におきまして、日本経済は安定をした。こういうような非常に楽観的な演説をされまして。この日本の経済の安定、而もそれはディス・インフレ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第11号(1950/03/11、1期)

動議を提出いたします。参議院の予算審議に当りまして、政府の、現在予算の即ち、裏付となりますところの法律が揃つておらない、いわゆる地方財政の法律が揃つておらない。こういうような点は政府みずからが言つてお…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第12号(1950/03/13、1期)

私十一日の本委員会におきまして、大蔵大臣及び官房長官のいわゆる地方税法及びその並行といたしましての平衡交付金の問題、この法案の提出が済まない間においては本委員会の審議はこれは差控えたい。而も又この経過…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第13号(1950/03/14、1期)

政府提出の昭和二十五年度予算案は、日本の自立経済の再建、及び国民生活に及ぼす影響が極めて重大でありまするに鑑みまして、参議院におきましては、二月十日より本予算委員会において、私共は予算予備審査及び公聴…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第15号(1950/03/16、1期)

私は委員長の許可を得まして、又帆足委員の了解も得まして特に今日大蔵大臣に御質問申上げますことは、すでに大蔵大臣もよく御存じの通りに、公務員の方々、公共企業体の方々、この方々が或いは人事院の給與勧告又は…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第17号(1950/03/18、1期)

併せまして、私委員長に希望したいことは、これは私が動議を出しました点につきましても、只今木村委員から述べられた通りであります。一応政府の説明を聞きまして、了承をして審議に入りましたのですが、ただ問題は…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第18号(1950/03/22、1期)

地方税法の国会提出につきましては、これはもうすでに本委員会におきましてはこの問題は重大視されまして、そうして一旦総理の十四日におけるところの本委員会の答弁によりまして、一応了承の形を以て、又更にその期…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第19号(1950/03/23、1期)

対日講和の問題につきましては、私詳しく総理にお尋ねしたかつたのでありますが、今日は只今木村委員の質問に対しましても総理の御答弁がありました関係で、関連しまして数点お伺いしたいと思います。総理の只今おつ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第21号(1950/03/25、1期)

先程、理事会を開いたというような御発言があつたが、速記録に残つておりますが、理事会を開いて、総理が十一時半まで、或いは又各省大臣が来るのだという、そういうお互いが、理事が了解の上に決して、この委員会に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第23号(1950/03/28、1期)

吉田総理に御質問いたしますが、先ず国鉄に対するところの仲裁委員会第二次裁定でありまするが、この問題はすでに国会にも政府が議決を求める件として提出されて大きな政治問題になつておる。どうしても第二次裁定は…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第25号(1950/03/30、1期)

ちよつとそれに関連するので……、大蔵大臣の回答を求めるという委員長の御発言でありますけれども、委員長は、昨日のあなたの政府に対しましての何ですか、御返事は、今日回答を求めるという案文じやなかつたと私は…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 予算委員会 第26号(1950/04/02、1期)

私は日本社会党を代表いたしまして、昭和二十五年度予算案に反対の討論をなすものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院質問主意書(1期)

 1期質問主意書 -  2期質問主意書 -  3期質問主意書 -  4期質問主意書 -  5期質問主意書

質問主意書提出数

  1期(1947/04/20〜)  1本提出

質問主意書一覧

恩給法の改正並びに恩給支払促進に関する質問主意書
第7回国会 参議院 質問主意書 第1号(1949/12/05提出、1期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期: 1期(1947/04/20-) -  2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-)
1期在籍の他の議員はこちら→ 1期参議院統計  1期参議院議員
データ更新日:2019/02/23