平井太郎参議院議員 5期国会活動まとめ



在籍期: 2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-) -  6期(1962/07/01-) -  7期(1965/07/04-) -  8期(1968/07/07-) -  9期(1971/06/27-)
5期在籍の他の議員はこちら→ 5期参議院統計  5期参議院議員


参議院本会議(5期)

 2期本会議 -  3期本会議 -  4期本会議 -  5期本会議 -  6期本会議 -  7期本会議 -  8期本会議 -  9期本会議

本会議発言統計

  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  4回発言   4858文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  5回発言   4322文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  2回発言    220文字発言
  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  2回発言    200文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  1回発言   3225文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  5回発言   4491文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  3回発言  22847文字発言

        5期通算   (1959/06/02-1962/06/30) 22回発言  40163文字発言

本会議発言一覧

第32回国会 参議院 本会議 第1号(1959/06/22、5期)

御異議ないと認めます。暫時休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第2号(1959/06/23、5期)

参事に報告させます。本日議員佐多忠隆君外六名から委員会審査省略の要求書を附して左の議案を提出した。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第2号(1959/06/23、5期)

ただいま皆様方の御推薦によりまして、再び副議長の重責をになうことに相なりました。私といたしましては身に余る光栄であり、感激をいたしております。つきましては、今後は誠心誠意、公平無私なる態度をもってこの副議長の職に当りたいと存じます。どうか皆様方の十分なる御援助をお願いいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第5号(1959/06/27、5期)

これにて質疑の通告者の発言は全部終了いたしました。質疑は終了したものと認めます。本日はこれにて延会いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第5号(1960/02/04、5期)

大河原一次君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第14号(1960/03/30、5期)

別に御発言もなければ、これより本案の採決をいたします。本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第15号(1960/03/31、5期)

徳永正利君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第18号(1960/04/20、5期)

別に御発言もなければ、これより三案の採決をいたします。まず、公営住宅法の一部を改正する法律案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第21号(1960/05/13、5期)

東隆君。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第4号(1960/10/22、5期)

北條雋八君。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第5号(1960/10/23、5期)

財政投融資の点について水田大蔵大臣の補足答弁を求めます。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第4号(1960/12/12、5期)

御異議ないと認めます。次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第5号(1960/12/13、5期)

これにて質疑の通告者の発言は全部終了いたしました。質疑は終了したものと認めます。次会の議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第20号(1961/04/07、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第4号(1961/09/29、5期)

御異議ないと認めます。次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第5号(1961/09/30、5期)

これにて質疑の通告者の発言は全部終了いたしました。質疑は終了したものと認めます。本日はこれにて延会いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第7号(1961/10/06、5期)

白木義一郎君。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第13号(1961/10/30、5期)

日程第二、農業災害補償法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。農林水産委員長仲原善一君。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第14号(1961/10/31、5期)

別に御発言もなければ、これより採決をいたします。まず、特殊海事損害の賠償の請求に関する特別措置法案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第8号(1962/02/09、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に大倉精一君、村尾重雄君、会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第22号(1962/05/07、5期)

休憩前に引き続き、これより会議を開きます。この際、日程に追加して、会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第2号(1961/12/15、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、中央選挙管理会委員に山浦貫一君、大浜英子君、芹沢彪衛君、藤牧新平君、山崎広君を、同予備委員に近藤英明君、小島憲君、岡崎三郎君、木原実君、米山雄治君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院委員会(5期)

 2期委員会 -  3期委員会 -  4期委員会 -  5期委員会 -  6期委員会 -  7期委員会 -  8期委員会 -  9期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第34回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

   5期通算   2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。また、参議院では閉会中審査が次の選挙期に入る日付で行われることがありますが、この場合は前期に含めています。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

参議院質問主意書(5期)

 2期質問主意書 -  3期質問主意書 -  4期質問主意書 -  5期質問主意書 -  6期質問主意書 -  7期質問主意書 -  8期質問主意書 -  9期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期: 2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-) -  4期(1956/07/08-) -  5期(1959/06/02-) -  6期(1962/07/01-) -  7期(1965/07/04-) -  8期(1968/07/07-) -  9期(1971/06/27-)
5期在籍の他の議員はこちら→ 5期参議院統計  5期参議院議員
データ更新日:2019/07/26