移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

和田博雄参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   18回   59526文字
  2期(1950/06/04〜)    4回   38985文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第8号(1947/07/01、1期)

只今総理大臣から現在の経済の状況と、これに対しまする政府の決意につきまして申述べられましたが、私は先般発表いたしました経済緊急対策の立案に当りました責任者といたしまして、この対策の底を流れております基本的な態度、考え方につきまして若干御説明を申上げたいと存じます。今日の我が国経済が直面しておりまする………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第9号(1947/07/02、1期)

私に対しまする御質問にお答えいたしたいと思うのでありますが、官僚機構が非常に大きくなつて來ておる、殊に安本の例を引かれたのでありますが、経済安定本部が、日本の経済の全般に亘りまして、板谷さんのおつしやるように、もつと計画の地についた、そういう立派な計画を立てて、そうしてそれが実際に行われる場合におい………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第10号(1947/07/03、1期)

私に関しまする御質問にお答えいたします。第一点は、公定價格はやめたらどうかというお話でありますが、これは、一部分は只今総理から御答弁になりましたように、今の日本で経済自由主義を徹底的に行なう前提條件はございません。従いまして公定價格の制度をやめるという方策は取れないと思います。ただ今度の緊急経済対策………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第11号(1947/07/04、1期)

帆足君の御質問に御答いたします。第一番は公定價格の決定は今まで非常に遅れておつた。又あらゆる品物について公定價格を決定するということは事実上不可能であり、これは統制の行き過ぎであるという御意見でありますが、公定價格の決定につきましては、今回は昨日私が御答えいたしましたように、その原則を決めててきぱき………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第12号(1947/07/05、1期)

羽仁さんの私に対する御質問にお答えいたします。第一点は安本が非常に調査部を持つているということについての御意見でありましたが、私達は行政官廳としまして、その行政を誤まりなくやつて行きますためには、やはりその行政が地に著いた行政であることを必要といたしますので、どうしてもそこに調査部の事務は必要になる………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第13号(1947/07/07、1期)

お答えいたします。第一点は今度の経済緊急対策は、項目の羅列であつて焦点がない。今少しく世界の経済との関連性を考えて、貿易或いはクレジツトの問題をいうべきではないか、こういうお話でありますが、我々としましては経済緊急対策は今の日本の置かれております地位を十分に考え、世界の経済との繋がりも十分に考えた案………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第14号(1947/07/09、1期)

只今の御質問にお答えいたしますが、発表の点でありますが、これは御承知のように只今非常に印刷能力というものがございません。我々は日を次ぎ夜を次いで、できるだけのことをいたしまして、実は新聞社と国会とは殆ど同時に出しておる次第であります。できる先から先から新聞社に出す、それをすぐ国会にも持つて來たのであ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第40号(1947/10/20、1期)

経済力集中排除法案につきまして、提案の理由を御説明申上げます。政府は連合国の対日占領に関する基本方策に則りまして、すでに財閥等の解体に著手し、又いわゆる私的独占禁止法を制定実施いたしまして、国民経済の民生的で健全な発達を図るため、その障害となりまする不当な行為を排除し、独占的企業集中体の発生を防止す………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第45号(1947/11/06、1期)

川上さんの御質問に対しまして、私に関係いたします点をお答え申上げます。第一点は、物價の安定帶を昭和九年から十一年の平均に対して六十五倍に認めた理論的な根拠という点でございました。御承知のように、日本の産業は終戰後各産業の間における操業率は非常に異なつております。言い換えますと、回復の程度というものが………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第48号(1947/11/10、1期)

私に関しまする寺尾さんの御質問にお答えいたします。第一点は、追加予算と物價体系維持の問題でございます。今度の追加予算を組みます場合に一番問題になりましたのも物價体系との関係でございます。只今のインフレーシヨンの段階は、私たちの考えによりますと、やはり通貨の増発から來る危險というものを、全力を挙げて防………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第50号(1947/11/12、1期)

中西さんの私に対しまする御質問にお答えいたします。大部分はもうすでにお答えがあつたわけでありますが、價格調整金の使途につきましての御議論につきましては、小坂次官からお答えがあつた通りでありまして、これは結局資本家を擁護しているのではなくして、むしろ経済再建の見地から今の生産の回復程度が各産業によつて………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第54号(1947/11/20、1期)

川上さんの御質問に対しましてお答え申上げます。第一点は千八百円ぺースの問題でございますが、これはしばしば本会議におきましても、お答えいたしたわけでありますが、結局インフレーシヨンに対しましては、矢張り物價を安定して、インフレーシヨンそのものの促進を抑止しまするためには、どうしても物價と賃金との悪循環………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第66号(1947/12/09、1期)

先に本院におかれましては、綜合燃料及び電力危機突破に関する決議を援択せられ、政府の善処を求められたのでありますが、本決議において要望せられる各種の事項に関しまして政府の現に採りは今後探るべき措置につきまして、決議第七項に従い、ここに御報告申上げる次第でございます。今冬において特に深刻化しました燃料及………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第5号(1948/01/23、1期)

片山内閣ができました時に緊急経済対策を立てまして、その当時の経済の実情を国民の前に明白にしますために、経済白書を出したわけであります。爾後八ヶ月間経済対策もいろいろな面において行われて來ましたし、その実績等につきましても我々の方で十分に調査いたしておるのであります。私は適当な機会にそれらの功罪を率直………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第6号(1948/01/24、1期)

高瀬さんの御質問に対しまして簡單にお答え申上げます。政府の先般総理大臣の演説の中で発表した生産目標は軍なる生産目標であるか。それとも綜合計画の一環としてのものであるかという点が、第一点であつたように思うのでありますが、勿論あの数字は、政府の立てております綜合計画のやはり一環とお考え下すつて結構だと思………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第7号(1948/01/26、1期)

私に対しまする御質問に簡單にお答えいたします。第一点は統制経済の行方と行政整理との関係でありますが、かなり問題が広汎なのでありますので、簡單に私の考えだけを申上げたいと思うのでありますが、結局統制経済がどの範囲に今後行われて行くかということは、一つは国家経済がどういう速度で回復して行くか、どういう政………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第8号(1948/01/27、1期)

長期計画と国民生活との関係につきまして簡單にお答え申上げます。長期の経済復興計画は、どうしてもその前半期におきましては基礎産業、例えば石炭でありますとか、電力とか、それから輸送といつたようなものに重点を指向しまして、日本の経済力の基礎を培養するということになりまするので、その面から行きますると直ぐに………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第10号(1950/01/25、1期)

過日行われました吉田総理大臣、池田大蔵大臣、青木安本長官の演説に対しまして、二三の質疑を試みたいと思います。吉田総理大臣はその施政方針演説におきまして、我が国の置かれておりまする国際的な地位に言及いたしまして、講和問題に対する態度を声明なされたのであります。昨年中国に中共政権が樹立されて以来、昨年の………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第14号(1951/02/14、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、昨日、本議場で行われました総理大臣の外交問題に関する発言に対しまして、若干の質問をいたします。吉田首相の言葉によりますれば、今回のダレス氏との話合いは、平和條約の交渉や又は下相談ではなくして、講和とこれに関係しまする諸般の問題につきまして、お互いが隔意のない意見を交………会議録へ(外部リンク)

第11回国会 参議院 本会議 第2号(1951/08/17、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、昨日の本議場におきまする吉田総理大臣の演説に対しまして、若干の質問を試みたいと思います。終戰以来六年、我々日本人は営々としてポツダム宣言を忠実に履行し、占領政策に対しましては歴史上稀に見る協力をいたして今日に至つたのでありますが、アメリカを中心としまする連合諸国の努………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第26号(1951/11/30、2期)

只今議題となりました昭和二十六年度一般会計予算補正、(第一号)同特別会計予算補正、(特第一号)同政府関係機関予算補正(機第二号)につきまして、予算委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。先ず順序としまして右予算補正の内容を極く簡單に申上げます。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第25号(1952/03/27、2期)

只今議題となりました昭和二十七年度一般会計予算、昭和二十七年度特別会計予算及び昭和二十七年度政府関係機関予算の予算委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。申すまでもなく昭和二十七年度予算は平和條約並びに日米安全保障條約の発効に備えて編成されたものでありまして、この意味において画期的な予………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11