移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

稲垣平太郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   32回   62640文字
  2期(1950/06/04〜)    0回       0文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第28号(1947/08/29、1期)

只今議題と相成りましたる特許法等の一部を改正する法律案につきまして、鉱工業委員会における審議の経過並びに結果について御報告を申し上げます。審議の経過を御報告するに先立ちまして、本法律案の内容を簡単に御紹介申し上げますると、本法律案は4箇條より成つておりまして、第一條におきまして特許法関係、第二條にお………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第37号(1947/10/13、1期)

只今議題に相成りましたる請願書二百三十三号の北海道における家庭越冬用燃料の価格に関する請願、並びに陳情百十四号の家庭暖房用燃料に関する陳情につきまして、鉱工業委員会におきまする審議の経過並びに結果について御報告申上げます。先ず陳情百十四号の家庭用暖房炭の確保に関する陳情について申上げるのでありまする………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第65号(1947/12/08、1期)

只今議題と相成りましたる臨時石炭鉱業管理法案につき鉱工業委員会におきまする審議の経過並びに結果について御報告申上げます。石炭の増産が経済再建のうえに不可欠の問題でありまするだけに、本法案につきましては朝野の視聴を集めておる関係もありまして、本委員会におきましても慎重審議を重ねたのでございます。只今こ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第66号(1947/12/09、1期)

只今議題と相成りましたる配炭公團法の一部を改正する法律案につきまして、委員会の審議の経過及び結果を御報告申上げます。本案改正の要点は、從來配炭公團においては、石炭、コークス及び三千五百カロリー以上の亜炭を一手買取り、重要産業に配当して来たのでありまするが、燃料需要の増大に鑑みまして、公園取扱物資中、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第50号(1948/06/14、1期)

只今議題と相成りましたるところの特許法等の一部を改正する法法律案につきまして、鉱工業委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。本法律案の改正は、新憲法の戰争放棄に関する規定並びに裁判制度の根本的改正に伴いまして、特許法、実用新案法、意匠法、商標法等の諸條項をこれに伴つて改正せんとするもの………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第52号(1948/06/23、1期)

只今議題と相成りましたる弁理士法の一部を改正する法律案につきまして、委員会の審議の経過並びに結果について御報告申上げます。本改正法律案は、今日の経済情勢に帥即應いたしまして、弁理士の登録料並びに同法案中にありまする各種の過料につきまして、増額を行わんとする極めて簡單な法律案でありまするので、委員会に………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第59号(1948/07/04、1期)

只今議題と相成りましたる請願並びに陳情について、その審査の結果を御報告申上げます。請願第百四十二号、八百四十号、九百五十七号、陳情四百二十一号は、いずれも中小企業の振興又は技術指導に関するところの請願又は陳情であります。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第60号(1948/07/05、1期)

只今議題と相成りましたる石炭鉱業権等臨時措置法案について、鉱工業委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。この法案の内容といたしまするところは、石炭鉱業における鉱区の調整並びに使用権の設定について規定いたしたものであります。御承知のように、今日例の石炭国管以來、新鉱開発その他のことが重要………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第4号(1948/12/06、1期)

私はここに民主党を代表いたしまして、総理大臣並びに大蔵大臣、安本、商工の諾大臣に対しまして、経済問題についてお尋ねをいたしたいと存ずるのであります。吉田総理が老体を挺してこの難局に当られ、日夜孜々として御努力になつておることに対しては、私は深甚なる敬意を表するものであります。(拍手)(「ときどきは抜………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第9号(1949/04/05、1期)

田中議員の御質問に対してお答を申上げます。金の需要は現在におきましては、国内用の医療用その他といたしまして約二トン程度であります。国際收支の関係といたしましては、從來程その比重が大でないことは御承知の通りであります。併しながら田中議員がお話のように、今後單一為替レートが設定される場合におきましては、………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第10号(1949/04/06、1期)

平岡議員の御質問に対してお答を申上げます。第一問は、レートが三百三十円に決まつた場合において、予定されておるところの輸出が可能であるかどうかということであつたように存ずるのであります。先程安本長官からお話がありましたように、まだ為替のレートがいつ決まるか、又その金額はどうなるかという問題は未定であり………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第11号(1949/04/07、1期)

お答え申上げます。民間の外資導入についてのお話があつたのでありますが、民間の外資導入は、一つには單に原料を入れてこれを加工して出すという形において行われる場合、又設備機械その他を入れて行われる場合、單に投資、こういう三つの形になると思うのでありまするが、これらは民間外資導入でありますから、自然受入れ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第25号(1949/05/12、1期)

堀議員の御質問にお答えいたします。堀議員は、先程四千カロリー以下の石炭を切捨てるというお話であつたのでありますが、我々切捨てる考えは持持ておりません。恐らく配炭公團の取扱から七月一日以降これを除外するという意味を切捨てるというお話だろうと思つて、その意味でお答えいたします。切捨てる意思は持つておりま………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第26号(1949/05/13、1期)

木内さんの御質問にお答えいたします。木内さんのお話のお母さんたちの切実なる御希望については、誠に我々もそのように考えるのであります。只今原料のことにつきましては青木国務大臣よりお答をいたしましたので、これに蛇足を加えることを差控えます。ただこれが現物化につきましては、大体二十三年度においては、晒を除………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第28号(1949/05/16、1期)

(「しつかりやつて呉れ」と呼ぶ者あり)只今本院において御決議に相成りました水力電源開発に関する決議案に対しまして、政府の所見を申述べます。水力電源の開発が最も重要であり、殊に資源の乏しい日本におきまして、これが開発は緊急事であり、最も重点を置かなければならないものであるという点につきましては、全く政………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第29号(1949/05/18、1期)

池田君の御質問に対して御答弁申上げます。先ずその前に、池田君に誤解であるようでありますから申上げて置きますが、私はこの質問に対して政務次官でよかろうと言つたようなお答えをした覚えはございません。そのことをはつきり申上げて置きます。ただ私は今朝司令部に用事がありまして、定例会見日でありまして、午前中は………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第32号(1949/05/23、1期)

お答えいたします。復金融資に関する監査の報告につきましては、先程中西君が言われました通りに、衆議院において私はお答えしたと今日も同じお答えを申上げる外はありません。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第4号(1949/10/31、1期)

田中議員の私に対する御質問にお答え申上げます。第一の御質問は、多角的通商協定の実現についてどう考えておるかというように承知いたしました。御承知のように只今は相対的な二国間の通商協定であります。多角的な通商協定はいたしておりません。併しながら実質的に申上げますというと、例えばポンド・ブロツクに対すると………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第7号(1949/11/10、1期)

波多野さんの御質問にお答え申上げます。先ず第一に、ポンドの引下げによつて円ルートの維持の問題でありますが、ポンドの引下げによつて果して輸出が維持できるか、從來の輸出が維持できるかどうかというような御質問と私は思うのでありますが、これは我々の考え方といたしましては、ポンドが約三〇%切下げられた、そこで………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第8号(1949/11/11、1期)

中小企業対策に対する御質問に対してお答えを申上げます。中小企業が日本の経済復興の上に非常に重大な意義を持つておることは十分承知いたしておりまするし、又非常な関心を以てこれに対処しておるのであります。金融につきましては、これが運転資金については、大体日本銀行から、中金又は勧銀、興銀を通じまして、運転資………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第9号(1949/11/12、1期)

三好さんの御質問にお答えいたします。中小企業の対策について、恒久的な対策についてというお話であつたと思うのでありますが、御承知のように中小企業が日本の産業の構造の上に占めるところの重要さに鑑みまして、これが保育、指導について、我々は十分の関心を持たなければならならぬと考えておるのであります。ただ問題………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第10号(1949/11/14、1期)

天田さんの私に対する分についてお答えを申上げます。中小企業が日本の経済産業の上に占むる重要性については、政府としては十分認識いたしておる次第であります。集中生産といい、或いは企業合理化ということは、結局するところ、一方においては高度の操業を行うということと、他方において経営の能率化ということでありま………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第14号(1949/11/18、1期)

企業合理化の問題についてお答えを申上げます。企業合公化は今日におきましては、為替の一本レートであるところの国際価格への鞘寄せ、並びに企業の合理化を促進する、或いは容易にするための統制の撤廃、そういつた点をバツク・スクリーンといたしまして、そうして結局企業の合理化ということは、操業度を高めるということ………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第15号(1949/11/19、1期)

お答え申上げます。補給金の撤廃についての処置についての問題でありますが、御承知のように日本の基礎産業に対する政府の助成を廃して、できるだけ早く自立態勢に持つて行くということは、これらの基礎産業の将来のために最も望ましいことでありまして、この点は小畑議員も御同感であつたように存ずるのであります。そこで………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第16号(1949/11/21、1期)

岩間さんの御質問が、生活水準の変化と産業構造の変院についてというお話でありますが、ただそれだけお話になりましたので、意図されるところが甚だ私には、はつきり致しかねるのでありまするが、併しながら文字の通りに解釈いたしまして、生活水準の変化が直ちに産業構造に変化を及ぼすということは、無論因果関係はござい………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第18号(1949/11/24、1期)

只見川の問題についてのお話でありますが、只見川の電力を開発することは、これは日本の産業界にとつても、又電力需給の常時化という意味から申しましても、必要であることはもとよりであります。これについては先般松井議員の質問のときにもお答えいたしたのでありますが、この只見川の電力をいわゆTVA方式によつて開発………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第10号(1950/01/25、1期)

お答えします。中小企業の対策についてのお尋ねでありましたが、資金面におきましては大体この運転資金といたしまして二十億円を目途といたしまして、見返資金から日銀のオペレーシヨンによつて行わしめたい。又設備資金に対しては十五億円の限度におきましてこれが融資をいたしたい。又商工中金の増資或いは債券発行等につ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第12号(1950/01/27、1期)

お答え申上げます。配電会社が高率料金の收入を確保するために低廉な深夜電力の供給を停止しておると、こういうお話であつたようでありますが、大体におきまして冬季におきましては、余剩電力の生ずることは稀なのであります。ただ出水が非常に多いような場合に余力が生ずる場合もあり得ると思うのでありますが、お話のよう………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第14号(1950/01/30、1期)

この農村関係についての機械の問題、或いは又肥料の問題についてのいろいろお話を承わつたのでありますが、この点はお説の通りにこれが農村の行政政策と全然別な産業政策の面でありまするけれども、これは渾然一体をなして行われて行かなければ、今後の日本の農村の基礎が確立されないと私は信じておるものであります。従つ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第15号(1950/01/31、1期)

私に関連した問題については、大体大蔵大臣並びに青木安本長官からお答え申上げましたので、ここに重ねて重複することを避けたいと思いますが、貿易公団の滯貨の処理につきましては、輸入滯貨については大体三百六十円のレートによつてこれが拂下を実行しており、又輸出滯貨につきましても適当なる価格においてこれが処理を………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第16号(1950/02/08、1期)

田中さんの御質問にお答え申上げます。第一の御質問は、対中共貿易の問題であつたと存じます。この問題については、しばしばこの前の緊急質問のときにもお答えを申上げておるのでありますが、対中共貿易が日本の貿易にとつて重要であるという点については、何人も異議のない点であります。そこで従来の中共貿易は、香港を通………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第5号(1949/12/17、1期)

栗山議員の御質問に対して、私に関係する部分についてお答えを申上げます。第一は、供託金制度は既契約需用家にも適用するのかどうかという御質問であつたと思うのでありますが、供託金制度は新らしい制度でありまして、今直ちに画一的に全国に実施して、既契約需用家に大きな影響を及ぼすということについては、十分種々の………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11