移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

小林勝馬参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)   31回   27053文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第23号(1947/08/18、1期)

民主党は高橋啓君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第56号(1947/11/24、1期)

民主党は油井賢太郎君を指名します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第10号(1948/02/03、1期)

民主党は岩木哲夫君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第31号(1948/04/07、1期)

民主党は高良とみ君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第52号(1948/06/23、1期)

只今議題となりました全国選挙管理委員会の委員の補欠指名は成規の手続を省略し、その補欠として指名せられる者を、議長の指名に一任するの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第59号(1948/07/04、1期)

石坂豊一君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第60号(1948/07/05、1期)

岡田宗司君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第2号(1948/10/12、1期)

小林英三君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第5号(1948/10/23、1期)

小林英三君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第11号(1948/11/15、1期)

民主党は谷口弥三郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第12号(1948/11/16、1期)

千田正君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第11号(1948/12/13、1期)

只今議題となりました放送機構改革に関する請願について、通信委員会の審査の経過並びに結果を御報告申上げます。その願意としますところは、放送事業体を複数とし、均等の機能を與え、又現有の独占的な改選機構を改革して、その対立によつて、民主主義の基礎條件たる反対意見、及び対照的傾向の存花並びに発表を助成し、事………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第13号(1949/04/11、1期)

民主党は高橋啓君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第23号(1949/05/09、1期)

私は防災対策につきまして一言述べたいと存ずるのでございます。我が国が世界でも稀なる天災国であることは周知の事実であるのでございまして、一昨年、昨年におきましても、風水害、地震その他によりまして、大きな被害を受け、尊い人命を幾多失つたことが、まだ私たちの耳目に新らしく記憶されておるところであるのでござ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第29号(1949/05/18、1期)

私は皆様方の御賛成を得まして、通信事業復興促進に関する決議案を上程いたしたいと存じます。如何に国家再建を叫びましても、生産の増強なくては再建も復興もでき得ないのでありまして、この問題解決には、運輸交通と共に、通信事業の復興こそ欠くべからざる問題と存ずるのであります。逓信委員会におきましても、数次に亘………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第32号(1949/05/23、1期)

只今議題となりました簡易生命保險及び郵便年金積立金運用再開に関する請願十三件及び同陳情五件、福島縣耶摩郡檜原村字劍ケ峯に特定郵便局設置の請願、福島縣滝根町菅谷に無集配特設郵便局設置の請願、佐賀電話局の電話交換方式変更及び局舎建設に関する請願、奈良縣天川村川合無集配特定郵便局を集配局とするの請願、福島………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第4号(1949/10/31、1期)

栗山君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第6号(1949/11/08、1期)

北條君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第15号(1949/11/19、1期)

本員は、図書館運営委員長の選挙につきましては成規の手続を省略いたし、議長において指名せられんことの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第18号(1949/11/24、1期)

只今議題となりました請願について、電気通信委員会の審査の経過並びに結果について御報告申上げます。先ず郡山電報局独立に関する請願及び郡山電話局独立に関する請願の願意としますところは、郡山には電信局と電話局とあつたが、先般の機構改革により電報電話局と一局にされたが、今回電信回線も拡充されることになり、一………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第19号(1949/11/25、1期)

民主党は奥主一郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第21号(1949/11/29、1期)

只今議題となりました請願について、電気通信委員会の審査の経過並びに結果について御報告申上げます。先ず電報配達通数きん少局の電報配達要員廃止反対に関する請願の願意としますところは、電報通数月百五十通以下の局の電報配達要員は全面的に廃止され、臨時雇者に配達させることになつたが、これでは迅速性と通信の秘密………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第14号(1950/01/30、1期)

私は民主党を代表して、吉田内閣総理大臣の施政方針演説並びに一般政治問題について質問したい。自衛権の問題につきましては、本議場においてすでにしばしば論議が繰返され、総理は武力を伴わないでも自衛権があるということを言つておられるが、武力を伴わない自衛権の主張によつて我が国の安全保障が如何に維持されるかと………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第16号(1950/02/08、1期)

田中利勝君の動議に賛成します。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第17号(1950/02/10、1期)

竹下君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第19号(1950/02/17、1期)

只今議題となりました外航配船促進に関する決議案に関し、発議者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申上げます。先ず案文を朗読いたします。日本船舶による輸出入物資の輸送は、わが国経済自立上、国際收支改善の見地より、はた又民間自由貿易の不可欠の要件として、その制約は占領下の現在止むを得ない事情があるとはい………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第25号(1950/03/08、1期)

木下源吾君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第35号(1950/03/31、1期)

只今議題となりました請願及び陳情について、電気通信委員会の審査経過並びに結果について御報告申上げます。先ず宮城県湯ノ原、二井宿両局間に單独電話線架設の請願、福島県須賀川局、岩瀬郡西部町村直通電話架設に関する請願、岩手県衣川村に電話架設の請願、出雲掛合両局間に電話回線架設の請願及び鹿児島県伊崎田地区に………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第37号(1950/04/03、1期)

私は民主党を代表いたしまして、只今議題となつておりまする昭和二十五年度の本予算案に対しまして反対するものであります。(拍手)政府は今回の一般、特別両会計並びに政府関係機関の予算案を以て、昭和六年以来初めての均衡予算であり、名予算であると自画自讃しておられるのでありますが、この予算こそ吸上げ超過の予算………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第5号(1949/12/17、1期)

本員は栗山議員の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第6号(1949/12/21、1期)

私は去る第五国会におきまして本院が満場一致を以て可決いたしました簡易生命保險及び郵便年金の積立金の運用再開に関する決議に対しまして、政府のこれがその後の取扱い方につきまして質問いたしたいと思います。簡易保險及び郵便年金の詳細は省略いたしますが、現在三十有余年の歴史を持つて、契約数九千余万件、保險契約………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11