移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

松平恒雄参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)  188回  248576文字




参議院本会議発言一覧

第1回国会 参議院 本会議 第1号(1947/05/20、1期)

只今参議院議長の投票の結果、不肖松平がその選にあたりましたことは、誠に光栄とするところであります。ここに謹しんで御引受けをいたします。すでに御引受けをいたしました以上、新憲法の精神を遵奉し、且つ公正無私、議長の重責を果したいと思います。率直に申上げますと、私は議会のことにつきましては極めて不慣れの者………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第1号(1947/05/20、1期)

木檜三四郎君より発言を求められております。この際許可いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第2号(1947/05/21、1期)

投票の結果を御報告いたします。投票総数二百二十五。名刺の数もこれと符合しております。投票の過半数は百十三であります。小林次郎君    百五十九票会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第3号(1947/05/22、1期)

御異議ないと認めます。明日の議事日程は公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第4号(1947/05/23、1期)

投票の結果を御報告いたします。投票総数二百七、名刺の数もこれと符合しております。投票の過半数は百四でございます。片山  哲君   二百五票会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第5号(1947/06/03、1期)

御異議ないと認めます。これより議長は各常任委員長を指名いたします。外務委員長       佐藤 尚武君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第7号(1947/06/28、1期)

これより本日の会議を開きます。日程、参議院規則案(木内四郎君外二十四名発議)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。議院運営委員長木内四郎君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第8号(1947/07/01、1期)

これより本日の会議を開きます。請暇件につきお諮りいたします出淵勝次君より病氣につき二十日間請暇の申出がございました。許可をいたして御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第9号(1947/07/02、1期)

佐藤尚武君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第10号(1947/07/03、1期)

御異議ないと認めます。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は公報を以て御通知いたします。今日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第11号(1947/07/04、1期)

御異議ないと認めます。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は公報を以て御通知に及びます。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第12号(1947/07/05、1期)

御異議ないと認めます。明後七日午前十時より開会いたします。議事日程は公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第13号(1947/07/07、1期)

休憩前に引続き会議を開きます。この際異議がなければ、議事日程に追加し、会期の延長の件についてお諮りをいたします。議長は、衆議院議長と協議の結果、国会の会期を八月三十一日まで五十四日間延長することに協定いたしました。議長が協定いたしました通りに決定することに御異議がございませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第14号(1947/07/09、1期)

御異議ないと認めます、よつて在外同法引揚問題に関する請願及び陳情書を審査するため、二十五名の特別委員会を設けることに決しました。つきましては規則第七十九條によりまして、特別委員は議長が指名いたします。特別委員の氏名を参事をして朗読いたさせます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第15号(1947/07/11、1期)

法條君の動議に御異議ございませんか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第16号(1947/07/25、1期)

御異議ないと認めます。次に中央農地委員会の委員に国会議員を充てる件でございます。本件につきましては議院運営委員会は異議がない旨の決定をいたしました。内閣総理大臣の申出にかかる本件を容れることにご異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第18号(1947/08/01、1期)

議長において起草いたしました幸田成行君に対する弔詞を朗読して、弔詞贈呈の件をお諮りいたします。参議院ハ帝国学士院会員、帝国藝術院会員、文化勳章受領者、文学博士幸田成行君ノ長逝ヲ哀悼シ、恭シク弔詞ヲ呈ス会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第19号(1947/08/04、1期)

小林君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第20号(1947/08/08、1期)

御異議ないと認めます。つきましては松村真一郎君  高瀬荘太郎君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第21号(1947/08/12、1期)

御異議ないと認めます。次に派遣議員変更の件についてお諮りいたします。過般決定いたしました電力復興及び開発状況実地調査のための派遣議院中、橋本萬右衛門君は取消し、西川昌夫君は黒部方面を九州方面に変更の旨電氣委員長より申出がございました。右の申出を許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第22号(1947/08/15、1期)

総員起立と認めます。よつて本感謝決議案は全会一致を以て可決せられました。水谷商工大臣より発言を求められました。水谷商工大臣会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第24号(1947/08/21、1期)

この際御報告をいたします。マツカーサー元帥政治顧問及び連合軍総司令部外交部長ジヨージ・アチソン大使が飛行機事故により不慮の死を遂げられましたことは、誠に痛惜の至りに堪えません。よつて議長は一昨十九日、議長の資格において取敢えずアチソン邸を訪問いたし、係官を経て、引籠り中の同夫人に対し深厚なる哀悼の意………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第25号(1947/08/22、1期)

御報告をいたします。議長は昨二十一日正午、連合軍最高司令部にマツカーサー元帥を訪問して、民間貿易開始並びに貿易基金設定に対する感謝決議文を呈し、尚アチソン大使の不慮の死に対して、議長の資格において弔意を表しました。その他諸般の報告は御異議がなければ朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第26号(1947/08/25、1期)

御異議ないと認めます。これにて本日の議事日程は議了いたしました。次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第27号(1947/08/26、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、労働省設置法案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。決算委員長下條康麿君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第28号(1947/08/29、1期)

日程第一、特許法等の一部を改正する法律案、内閣提出、衆議院送付を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。鉱工業委員長稲垣平太郎君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第29号(1947/08/30、1期)

日程第二、昭和二十二年度一般会計予算補正(第一号)を議題といたします。尚本案については少数意見の報告書が提出されております。先ず委員長の報告を求めます。予算委員長桜内辰郎君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第30号(1947/09/15、1期)

來馬琢道君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第31号(1947/09/18、1期)

御異議ないと認めます。両案を一括して議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。皇室経済法施行法案特別委員長徳川宗敬君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第31号(1947/09/18、1期)

今次関東地方水害状況報告のため、内務大臣、厚生大臣及び農林大臣より発言を求められております。この際発言を許可いたします。木村内務大臣。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第32号(1947/09/20、1期)

今次水害による被害状況報告のため、運輸大臣より発言を求められております。この際発言を許可いたします。苫米地運輸大臣。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第33号(1947/09/29、1期)

御異議ないと認めます。水谷商工大臣。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第34号(1947/09/30、1期)

日程第二、日本国沿岸に置き去られた船舶の措置に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。運輸及び交通委員長板谷順助君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第35号(1947/10/06、1期)

日程第二、大蔵省預金部等の債権の条件変更等に関する法律案、内閣提出、衆議院送付を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第36号(1947/10/11、1期)

御異議ないと認めます。次会は明後十三日午前十時より閉会いたします。議事日程は決定次第広報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第37号(1947/10/13、1期)

御異議ないと認めます。つきましては、木檜三四郎君を仮議長に指名いたします。(拍手)これにて午後一時まで休憩をいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第38号(1947/10/15、1期)

この際一言申上げます。今回占領地視察のため参られました英国下院議員團の一行が、只今傍聴席に見えられましたことは欣幸とするところでございます。これよりご紹介をいたします。ゼ・レヴエレンス・ゴルドン・ラング会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第39号(1947/10/16、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、財團法人理化学研究所に関する措置に関する法律案(内閣提出)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。商業委員長一松政二君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第40号(1947/10/20、1期)

御異議ないと認めます。和田国務大臣。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第41号(1947/10/22、1期)

日程第七、岐阜地方裁判所多治見市部を設置することに関する請願、日程第八、広島高等裁判所岡山支部設置に関する請願、先ず委員長の報告を求めます。司法委員会理事松井道夫君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第42号(1947/10/31、1期)

遠山丙市君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第43号(1947/11/01、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。予算委員長桜内辰郎君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第44号(1947/11/05、1期)

休憩前に引続き会議を開きます。遠山丙市君より片山総理大臣の発言に対し質疑したい旨の通告がございました。これより許可いたします。遠山丙市君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第45号(1947/11/06、1期)

休憩前に引続きこれより会議を開きます。国務大臣の演説に対し質疑の通貨がございます。これより逐次通告順によりまして質疑を許可いたします。川上嘉市君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第46号(1947/11/07、1期)

木内四郎君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第47号(1947/11/08、1期)

過半数と認めます。浅岡信夫君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第48号(1947/11/10、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件(第三日)、これより質疑を許します、寺尾豊君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第49号(1947/11/11、1期)

本院規則第八十四條によりまして、本日はこれにて延会いたします。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第50号(1947/11/12、1期)

これより会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第五日)昨日に引続き質疑を許します。中西功君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第51号(1947/11/13、1期)

堀越儀郎君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第52号(1947/11/15、1期)

日程第二、職業安定法案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。労働委員長原虎一君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第53号(1947/11/19、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第55号(1947/11/21、1期)

これにて本日の議事日程は議了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第56号(1947/11/24、1期)

林国務大臣。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第57号(1947/11/26、1期)

議長において起草いたしました清水武夫君に対する弔詞を朗読して、弔詞贈呈の件をお諮りいたします。参議院ハ議員清水武夫君ノ長逝ヲ哀悼シ恭シク弔詞ヲ呈ス会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第57号(1947/11/26、1期)

日程第四十、国字国語問題の研究機関設置に関する請願、先ず委員長の報告を求めます。文化委員長山本勇造君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第58号(1947/11/28、1期)

御異議ないと認めます。つきましては彈劾裁判所の裁判員に夾馬 琢道君 松村真一郎君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第59号(1947/11/29、1期)

御異議がないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。予算委員長桜内辰郎君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第60号(1947/12/01、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。司法委員長伊藤修君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第61号(1947/12/03、1期)

御異議ないと認めます。つきましては、中山 寿彦君  三木 治朗君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第62号(1947/12/05、1期)

御異議ないと認めます。よつてこれより発議者に対し趣旨説明の発言を許します。佐々木良作君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第63号(1947/12/06、1期)

御異議ないと認めます。先づ委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第64号(1947/12/07、1期)

総員起立と認めます。鈴木直人君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第65号(1947/12/08、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 本会議 第66号(1947/12/09、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。鉱工業委員長稲垣平太郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第4号(1948/01/22、1期)

つきましては、補欠として宇都宮登君を指名いたします。尚この際議院運営委員補欠として、平沼弥太郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第5号(1948/01/23、1期)

御異議ないと認めます。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第6号(1948/01/24、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件、(第三日)昨日に引続き、順次質疑を許します。高瀬荘太郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第7号(1948/01/26、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第四日)。一昨日の前之園君及び平岡君の質疑に対し、農林大臣より発言を求められました。この際許可いたします。波多野農林大臣。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第8号(1948/01/27、1期)

姫井伊介君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第9号(1948/01/30、1期)

総員起立と認めます。(拍手)岡元義人君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第10号(1948/02/03、1期)

岩木哲夫君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第11号(1948/02/04、1期)

在外同胞引揚問題に関する特別委員長より、先に議員を派遣して調査した北海道及び東北における在外同胞受入態勢について、その結果を報告するため発言を求められました。つきましては、御異議なければこの際これを許可いたします。在外同胞引揚問題に関する特別委員長中平常太郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第12号(1948/02/06、1期)

日程第一、復興金融金庫法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。尚本案については少数意見の報告書が提出されております。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第30号(1948/04/06、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、檢察廳法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。司法委員会理事岡部常君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第31号(1948/04/07、1期)

高良とみ君に発言を許します。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第32号(1948/04/14、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。決算委員長下條康麿君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第33号(1948/04/26、1期)

油井賢太郎君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第34号(1948/04/28、1期)

西川昌夫君に発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第35号(1948/04/30、1期)

これにて本案に対する討論の通告者は終りました。本案に対しまして中村正雄君より、成規の賛成者を得て修正案が提出されております。この際、修正案についてその説明を求めます。中村正雄君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第36号(1948/05/01、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田秀雄君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第37号(1948/05/06、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。司法委員会理事、岡部常君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第38号(1948/05/07、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員会理事伊藤保平君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第39号(1948/05/21、1期)

來馬琢道君の発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第40号(1948/05/26、1期)

御異議ないと認めます。よつてこれより発議者に対し趣旨説明の発言を許します。中平常太郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第41号(1948/05/28、1期)

御異議ないと認めめます。先ず委員長の報吉を求めます。予算委員長桜内辰郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第42号(1948/05/31、1期)

日程第一、農地開発営團の行う農地開発事業を政府において引き継いだ場合の措置に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず、委員長の報告を求めます。農林委員長楠見義男君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第43号(1948/06/04、1期)

過半数と認めます。寺尾豊君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第44号(1948/06/07、1期)

阿竹斎次郎君の発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第45号(1948/06/08、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件、大蔵大臣より発言を求められております。北村大蔵大臣会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第46号(1948/06/09、1期)

御異議ないと認めます。次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第47号(1948/06/10、1期)

御異議ないと認めます。次回は明日午前十時より開会致します。議事日程は決定次第広報を以つて御通知致します。本日はこれにて散会致します。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第49号(1948/06/12、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件、(第五日)昨日に引き続き、順次質疑を許します。油井賢太郎君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第50号(1948/06/14、1期)

運輸大臣は直ぐ見えるそうであります。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第51号(1948/06/19、1期)

御異議ないと認めます。つきましては、その補欠として羽生五郎君を指名いたします。尚この際お諮りいたします。一昨十六日、鈴木安孝君より理由を附して予算委員辞任の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第52号(1948/06/23、1期)

御異議ないと認めます。つきましてはこの補欠として指名される者に岡正雄君を指名いたします。(拍手)これより表決を行います。岡正雄君を全国選挙管理委員会の委員に指名することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第54号(1948/06/28、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、民事訴訟法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。司法委員会理事岡部常君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第55号(1948/06/29、1期)

これより会議を開きます。今次の北陸地方における震災状況説明のため官房長官より発言を求められました。苫米地国務大臣。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第56号(1948/06/30、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。決算委員会理事太田敏兄君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第57号(1948/07/01、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、製造たばこの定價の決定又は改定に関する法律案(内閣提出、衆議院送付を議題といたします。尚本案については少数意見の報告書が提出されております。先ず委員長の報告を求めます。財政及び金融委員長黒田英雄君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第58号(1948/07/03、1期)

これより会議を開きます。大蔵大臣より発言を求められておりますから発言を許します。北村大蔵大臣。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第59号(1948/07/04、1期)

投票の結果を報告いたします。投票総数百七十四票、白色投票即ち両案に賛成のもの百十七票、青色票即ち両案に反対のもの五十七票、よつて両案は可決せられました。(拍手)賛成者(白色票)氏名 百十七名会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第60号(1948/07/05、1期)

御異議ないと認めます。両院協議委員の氏名を参事をして朗読いたさせます。国家行政組織法案及び刑事訴訟法の一部を改正する法律案両院協議会協議委員会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第60号(1948/07/05、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。農林委員長楠見義男君。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第1号(1947/12/10、1期)

御異議ないと認めます。特別委員会の氏名を朗読いたさせます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 本会議 第2号(1947/12/11、1期)

報告をいたさせます。本日内閣から予備審査のため左の議案が送付された。よつて議長は、即日これを委員会に付託した。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第1号(1948/10/11、1期)

御異議ないとみとめます。次回は明日午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第報告を以て御通知いたします。本日はこれにて解散いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第2号(1948/10/12、1期)

御異議ないと認めます。よつて在外同胞引揚問題に関する特別委員会を設置することに決しました。特別委員の氏名を朗読いたさせます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第3号(1948/10/13、1期)

御異議ないと認めます。(拍手)次回は明日十一時より開会いたします。議事日程は決定次第報告を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第4号(1948/10/14、1期)

投票の結果を報告いたします。投票総数二百十三票、名刺の数もこれと符合いたしております。投票の過半数は百七票でございます。吉田  茂君   百四十四票会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第5号(1948/10/23、1期)

御異議ないと認めます。よつて議員派遣の件は決定いたしました。これにて本日の議事日程は終了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第7号(1948/11/09、1期)

御異議ないと認めます。これらの請願及び陳情は、委員会において閉会中継続審査を終了したものでございます。まず委員長の報告を求めます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会元委員長中平常太郎君。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第8号(1948/11/10、1期)

山田節男君。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第9号(1948/11/11、1期)

御異議ないと認めます。つきましては檢察宮適格審査委員会の委員に徳川宗敬君及び前之園喜三郎君を指名いたします。これにて本日の議事日程は終了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第10号(1948/11/12、1期)

これにて本日の議事日程は終了いたしました。次回の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第11号(1948/11/15、1期)

大野幸一君の発言を許可いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第12号(1948/11/16、1期)

総員起立と認めます。千田正君。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第13号(1948/11/17、1期)

これにて本日の議事日程は終了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以つて御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第14号(1948/11/22、1期)

日程第一、国際電氣通信條約に加入することについて承認を求めるの件(内閣提出、衆議院付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。外務委員長佐藤尚武君。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第15号(1948/11/26、1期)

御異議なしと認めてあります。これより発議者に対し趣旨説明の発言を許します。千葉信君。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第16号(1948/11/27、1期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程第一、食糧の輸入税を免除する法律の一部を改正する法律案、日程第二、金資金特別会計法の一部を改正する法律案(いずれも内閣提出、衆議院送付)、以上両案を一括して議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第17号(1948/11/29、1期)

休憩前に引続き、これより会議を開きます。報告をいたさせます。本日委員長から左の報告書を提出した。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 本会議 第18号(1948/11/30、1期)

制限時間がございますから、お進めを願います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第1号(1948/12/01、1期)

御異議ないと認めます。よつて在外同胞引揚問題に関する特別委員会を設置することに決しました。特別委員の氏名を朗読いたさせます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第3号(1948/12/04、1期)

これより会議を開きます。この際お諮りいたします。本日、左藤義詮君より予算委員を、橋本萬右衛門君より議院運営委員を、それぞれ理由を附して辞任したいとの申出がございました。いずれも許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第4号(1948/12/06、1期)

稲垣平太郎君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第5号(1948/12/07、1期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、浅井清、山下興家、上野陽一を人事官に任命することについて同意を求めるの件を議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第6号(1948/12/08、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件(第四日)、昨日に引続き順次質疑を許します。堀真琴君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第7号(1948/12/09、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りして決定いたしたいことがございます。建設委員長より、東京都内庶民住宅建設状況及び区画整理事業実地調査のため、東京都内に來る十一日、一日間の日程を以て石坂豊一君、原口忠次郎君、仲子隆君、島津忠彦君、岩崎正三郎君、島田千寿君、堀末治君、水久保甚作君、石川一衛君、………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第8号(1948/12/10、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。栗栖赳夫君より病気のため十六日間請暇の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第9号(1948/12/11、1期)

日程第二、科学技術行政協議会法案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。内閣委員長河井弥八君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第9号(1948/12/11、1期)

御異議ないと認めますこれより発議者に難し趣旨説明のため発言を許します。木下辰雄君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第10号(1948/12/12、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。大蔵委員会理事九鬼紋十郎君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第11号(1948/12/13、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。農林委員長楠見義男君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第12号(1948/12/14、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。法務委員会理事宮城タマヨ君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第13号(1948/12/15、1期)

これより本日の会議を開きます。本日はこれにて延会いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第14号(1948/12/16、1期)

これより本日の会議を開きます。議事の都合により、本日はこれにて延会いたしたいと存じます。御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第15号(1948/12/17、1期)

これより本日の会議を開きます。本日はこれにて延会いたします。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第16号(1948/12/18、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、家庭用石炭並びに公用石炭の特別價格設定に関する請願を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。経済安定委員長佐々木良作君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第17号(1948/12/20、1期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、砂糖消費税法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第18号(1948/12/21、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りをいたします。本日、重宗雄三君より地方行政委員を、寺尾豊君より商工委員をそれぞれ理由を附して辞任の申出がございました。いずれも許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第19号(1948/12/22、1期)

御異議ないと認めます。これより発議者に対し趣旨説明のための発言を許します。岡本愛祐君。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 本会議 第20号(1948/12/23、1期)

過半数と認めます。よつて本件は可決せられました。議長は中西功君を懲罰委員会に付託たします。暫時休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第1号(1949/02/11、1期)

御異議ないと認めます。よつて在外同胞引揚問題に関する特別委員会を設置することに決しました。議長が選任いたしました特別委員の氏名を朗読いたさせます。在外同胞引揚問題に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第2号(1949/02/12、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたしたいことがございます。昨日、原口忠次郎君及び梅津錦一君より議院運営委員を、三木治朗君より在外同胞引揚問題に関する特別委員を、本日、池田七郎兵衛君より予算委員を、油井賢太郎君より懲罰委員を、それぞれ理由を附して辞任の申出がございました。いずれも許可するこ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第4号(1949/03/26、1期)

木檜三四郎君より発言を求められております。許可いたします。木檜三四郎君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第5号(1949/03/30、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。厚生委員長塚本重蔵君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第6号(1949/03/31、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。大蔵委員長桜内辰郎君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第7号(1949/04/01、1期)

これより本日の会議を開きます。参事をして報告いたさせます。本日内閣から左の議案を提出した。よつて議長は即日これを地方行政委員会に付託した。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第8号(1949/04/04、1期)

休憩前に引続きこれより開会いたします。この際、岡元義人君の緊急質問の発言を許します。岡元義人君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第9号(1949/04/05、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第二日)、昨日の国務大臣の演説に対し、これより順次質疑を許します。田中利勝君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第10号(1949/04/06、1期)

堀真琴君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第11号(1949/04/07、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第四日)、昨日に引続き順次質疑を許します。帆足計君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第12号(1949/04/08、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第五日)、昨日に引続き順次質疑を許します。柏木庫治君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第13号(1949/04/11、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。決算委員会理事中平常太郎君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第14号(1949/04/15、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。川上嘉市君より、病氣のため会期中請暇の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第15号(1949/04/18、1期)

北條君何ですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第16号(1949/04/19、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。藤枝昭信君より病氣のため会期中請暇の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第17号(1949/04/20、1期)

中西功君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第18号(1949/04/25、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。前之園喜一郎君より病氣のため十一日間請暇の申出がございました。許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第19号(1949/04/26、1期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りして決定いたしたいことがございます。法務委員長より、檢察及び裁判の運営等に関する調査のため、今期国会中、千葉縣に岡部常君及び鈴木安孝君を三日間、滋賀縣及び京都府に來馬琢道君及び星野芳樹君を六日間の日程を以て派遣いたしたい旨の申出がございました。これら四名の議………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第20号(1949/04/28、1期)

御異議ないと認めます。よつて選挙法改正に関する特別委員会を設置することに決しました。参事をして議長の指名いたしました特別委員の氏名を朗読いたさせます。選挙法改正に関する特別委員会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第21号(1949/05/06、1期)

休憩前に引続き、これより会議を開きます。議長は休憩に際しての発言を取消し、これを、定足数を欠いておりますから暫時休憩をいたしますに改めます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第22号(1949/05/07、1期)

時間は一、二分ほか余つておりませんから、その範囲ならよろしうございます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第23号(1949/05/09、1期)

小杉イ子君の発言を許します。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第24号(1949/05/11、1期)

本院規則第八十四條により延会いたします。明日は午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第25号(1949/05/12、1期)

御異議ないと認めます。堀真琴君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第26号(1949/05/13、1期)

御異議ないと認めます。木下源吾君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第27号(1949/05/14、1期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程第一、日本専賣公社法の一部を改正する法律案、日程第二、日本専賣公社法施行法案、(いずれも内閣提出、衆議院送付)以上両案を一括して議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第28号(1949/05/16、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、会期延長の件についてお諮りいたします。議長は衆議院議長と協議の結果、国会の会期を五月二十三日まで七日間延長することに協定いたしました。議長が協定いたしました通り決定することに賛成の諸君の起立を請います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第29号(1949/05/18、1期)

御異議ないと認めます。栗山良夫君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第30号(1949/05/20、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。運輸委員長板谷順助君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第31号(1949/05/22、1期)

御異議ないと認めます。伊東隆治君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第32号(1949/05/23、1期)

御異議ないものと認めます。先ず委員長の報告を求めます。大蔵委員会理事九鬼紋十郎君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第33号(1949/05/24、1期)

御注意をいたします。制限時間が経過いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第35号(1949/05/26、1期)

御異議ないと認めます。先ず委員長の報告を求めます。内閣委員長河井弥八君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第36号(1949/05/27、1期)

休憩前に引続きこれより会議を開きます。日程第二、国立病院特別会計法案を休憩前に引続き議題といたします。本案の委員長報告は休憩前になされました。本案に対し討論の通告がございます。天田勝正君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第37号(1949/05/28、1期)

木下源吾君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第38号(1949/05/30、1期)

日程第一、議員金子洋文君、中西功君、岩間正男君、原虎一君、板野勝次君、細川嘉六君、中村正男君、カニエ邦彦君、天田勝正君を懲罰委員会に付託するの動議、(草葉隆圓君外一名提出)議員松嶋喜作君、浅岡信夫君、加藤常太君、池田宇右衛門君、岡元義人君、北村一男君、矢野酉雄君を懲罰委員会に付託するの動議、(木下源………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 本会議 第39号(1949/05/31、1期)

御異議ないと認めます。五月二十六日、内閣総理大臣から運輸省設置法第九條第一項及び附則第二項の規定に基き、太田三郎君、岡田信次君、栢原語六君、木村隆規君、平井好一君、松浦薫君を運輸審議会委員に任命することについて本院の同意を求めて参りました。本件に関し議長は予め、これを議院運営委員会に諮りましたところ………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第1号(1949/10/25、1期)

御異議ないと認めます。つきましては、その補欠として、議院運営委員に羽生三七君、三木治朗君及び山下義信君を指名いたします。議事の都合により、これにて暫所休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第2号(1949/10/26、1期)

御異議ないと認めます。よつて議長は伊藤修君を指名いたします。本日の議事日程はこれにて終了いたしました。次会の議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第3号(1949/10/28、1期)

御異議ないと認めます。木下源吾君。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第4号(1949/10/31、1期)

只今の議決に基き、懲罰を宣告いたします。中西功君に対し、国会法第百二十二條第三号により、三十日間の登院停止を命じます。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第6号(1949/11/08、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件。内閣総理大臣より発言を求められております。これより発言を許します。吉田内閣総理大臣。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第7号(1949/11/10、1期)

日程第四、お年玉つき郵便葉書等の発売に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。先ず委員長の報告を求めます。郵政委員長山田佐一君。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第9号(1949/11/12、1期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件。昨日に引続き順次質疑を許します。三好始君。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 本会議 第10号(1949/11/14、1期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件。一昨日に引続き順次質疑を許します。市來乙彦君。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11