移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

前之園喜一郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  1期(1947/04/20〜)    2回    6610文字
  2期(1950/06/04〜)    6回   32140文字




参議院本会議発言一覧

第2回国会 参議院 本会議 第6号(1948/01/24、1期)

国家の政策を樹立するに当りましては、何よりも先ず国民生活の実態を綜合的に全面的に通観して、各種の問題を正確に認識することが最も大事であることは申すまでもないところであります。片山内閣総理大臣は、その施政方針演説において、昭和二十三年度における政策の全貌を発表せられ、恒久的な再建計画の第一歩の踏出しと………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 本会議 第49号(1950/05/01、1期)

只今議題となりました会計検査院法の一部を改正する法律案につきまして、その内容の概略と決算委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。現行会計検査院法の第四條によりますると、内閣は検査官の任命につきましては両議院の同意を経なければならないことになつておりまするが、検査官の任期が満了い………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 参議院 本会議 第10号(1950/12/09、2期)

只今上程になりました鉄道建設促進に関する決議案につきまして、提案理由の説明を申上げたいと存じます。先ず案文を朗読いたします。わが国は、終戰後資源に乏しい狭あいな国土にぼう大な人口を擁しているが、国家の再建には、産業の開発と物資の円滑な流通とを最も必要とするものである。然るに国有鉄道にあつては、鉄道敷………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第6号(1951/01/29、2期)

私は国民民主党を代表いたしまして、吉田総理大臣に対し、最も重要なる二三の問題について質問をいたさんとするものであります。昭和二十六年の国際情勢はまさに戰争と平和の関頭に立つと言われるのでありますが、国連の平和へのあらゆる努力にもかかわらず、戰争への傾斜度が日々濃厚になりつつあることは見逃すことのでき………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第26号(1951/03/19、2期)

只今議題となりました昭和二十四年度特別会計予備費使用総調費(その二)ほか四件の事後承諾を求める件に関する決算委員会の審議の経過並びに結果について御報告いたします。初めに本件の内容について大略を説明いたします。先ず昭和二十四年度特別会計予備費使用総調書(その二)について申上げます。昭和二十四年度各特別………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第30号(1951/03/26、2期)

決算委員会におきましては、昭和二十三年度決算につきまして、第八国会から引続き審議を続けておりますが、昭和二十三年度決算検査報告の批難事項六百二十三件中、終戰処理費に関するものは八十五件の多きに達し、その所管官庁である特別調達庁の業務運営については世上とかくの噂がありますので、本委員会は公団及び終戰処………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 本会議 第51号(1951/06/02、2期)

昭和二十三年度決算検査報告批難事項第三百九十七号、いわゆる二重煙突事件が、社会的、政治的関心の極めて大きいことに鑑み、その審査に関して去る三月二十六日の本議場において特に中間報告をいたしましたが、本件に関し愼重且つ詳細に審議し、その審査を終了いたしましたので、審査の結果を御報告いたします。本件の概要………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第5号(1951/10/16、2期)

サンフランシスコにおける平和会議は、日本国民が困苦忍従によつて連合国の信用を回復したるその基盤の上に立ち、首席全権初め全権団、議員団各位の御努力によつて、大多数の招請国と共に調印を了せられ、講和成立の見通しを明確にせられたるものでありまして、深くその労を謝する次第であります。私は国民民主党を代表いた………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11