移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計*
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

上条愛一参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    4回   12081文字
  3期(1953/04/24〜)   15回   53238文字
  4期(1956/07/08〜)    0回       0文字
  5期(1959/06/02〜)    0回       0文字




参議院本会議発言一覧

第12回国会 参議院 本会議 第26号(1951/11/30、2期)

私は日本社会党第三控室を代表いたしまして、本修正案に反対の意見を述べたいと存じます。我々は行政整理を行い、財政の節約をなして国民負担の軽減を図ることは、あえて反対するものではありません。併し行政整理は、科学的検討を経た行政機構の改革並びに事務の簡素化に伴う合理的な妥当性のあるものでなければなりません………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第32号(1952/04/23、2期)

私は社会党第二控室を代表いたしまして、海上保安庁法の一部を改正する法律案の骨子をなす海上警備隊の設置に反対するものであります。今回の海上警備隊六千三十八人の増員は、現在の海上保安機構の拡充であつて、従来の警備救難部の任務と同様とされておるのであります。ただ警備救難部は、常時パトロールして、人命、財産………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第67号(1952/07/21、2期)

私は社会党第二控室を代表しまして、只今議題となりました法務府設置法の一部を改正する法律案に反対するものであります。本法案は、従来の法務府を廃止して新たに法制局と法務省を分離設置し、更に従来法務府の外局でありました中央更生保護委員会を廃止して、この仕事を法務省の保護局において行わしめんとするのがその主………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第68号(1952/07/23、2期)

只今議題となつております自治庁設置法案並びにその関係法案の改正に関する法案に対しまして私は日本社会党第二控室を代表して反対を表明いたします。本法案は委員長報告のごとく、従来の地方自治庁、地方財政委員会、全国選挙管理委員会を廃止して、これを統合所管せんとするものであります。政府は、今回の行政機構改革の………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第33号(1953/08/04、3期)

私は、本動議に反対をいたしまして、簡単にその理由を申述べたいと存じます。第一に、労働委員会の審議の状態であります。申すまでもなく、参議院は、二院制の本領に基きまして、本法案のごとき全日本の労働階級に重大なる影響を有する重要法案に対しましては、時間の許す限り十分慎重に審議いたしまして、その妥当公正なる………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第34号(1953/08/05、3期)

私は第一に労働大臣にお尋ねを申上げます。労働省は労使関係の調整が主要任務であることは申すまでもないことであります。労使関係の基本は、労働組合法、労働基準法に明記せられてありまして、労使は対等の立場に立つて労働条件の交渉をなすべしといたされておるのであります。労働者が経営者と対等の立場に立つためには、………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第4号(1953/11/04、3期)

私は社会党第二控室を代表いたしまして、只今の緒方副総理の仲裁裁定の御説明に対して若干の御質問をいたします。御承知のごとく、公共企業体の労務者に対しましては、憲法第二十八条に明記されておりまするストライキその他の争議行為を禁止いたしまして、その代償といたしまして公労法第二十条の調停委員会並びに第二十六………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第22号(1954/03/24、3期)

只今議題となりました身体障害者福祉法の一部を改正する法律案ほか二法案につきまして、厚生委員会における審議の経過及び結果を御報告申上げます。先ず、身体障害者福祉法の一部を改正する法律案につきまして申上げます。身体障害者の障害を軽減又は除去するための更生医療の給付につきましては、長年関係者の間において要………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第23号(1954/03/26、3期)

只今議題となりました未帰還者留守家族等援護法の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会におきまする審議の経過並びに結果を御報告申上げます。未帰還者の留守家族及び未帰還者が帰還した場合における援護につきましては、第十六回国会において未帰還者留守家族等援護法が成立いたし、昨年八月一日から施行され、国………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第25号(1954/03/30、3期)

只今議題となりました日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案並びに母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審議の経過転びに結果を御報告申上げます。先ず日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律案について申上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第31号(1954/04/09、3期)

只今議題と相成りました戦傷病者戦没者遺族等援護法の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。戦傷病者戦没者遺族等援護法は、昭和二十七年四月に成立いたしまして以来、今日までに約百九十三万三千件の裁定をいたしているのでありますが、今回援護の対象を拡大する………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第35号(1954/04/16、3期)

只今上程せられました清掃法案及びあへん法案につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。先ず清掃法案について申上げます。現在清掃事業の根拠法規たる汚物掃除法は明治三十三年に制定せられましたものでありまして、五十数年後の今日の情勢に即応した清掃事業を行う上において、もはや十分………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第37号(1954/04/22、3期)

只今上程せられました狂犬病予防法の一部を改正する法律案外二法案につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。先ず狂犬病予防法の一部を改正する法律案について申上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第46号(1954/05/14、3期)

只今議題と相成りました厚生年金保険法案外二法案につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告申上げます。先ず厚生年金保険法案について申上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第52号(1954/05/28、3期)

只今上程せられました医薬関係審議会設置法案外二件について、厚生委員会の審議の経過並びに結果について御報告申上げます。第一に、医薬関係審議会設置法案について申上げます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第53号(1954/05/29、3期)

只今上程せられました請願百四件、陳情三十件につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果について御報告申上げます。これらの請願、陳情の趣旨を一括して述べますと、請願第四百十三号、保育所措置費国庫補助増額に関する請願ほか十二件の請願、陳情は、保育所その他の児童福祉施設における児童措置費に対する国………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第11号(1955/04/28、3期)

私は社会党第二控室を代表しまして若干の質疑をいたしたいと存じます。鳩山内閣に国民が期待いたしましたゆえんは、長い間吉田内閣がとり来たった向米一辺倒の外交方針を一倒した外交の自主独立と、国内政治の刷新を行なって民生の安定を期することでありました。特に選挙に際して鳩山内閣が国民に公約いたしました四十二万………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第20号(1955/06/06、3期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして本法案に関し若干の質疑をいたしたいと存じます。わが国におけるエネルギー供給の推移を見ますると、エネルギー需要の年年の増加に対し、水力発電等、輸入燃料が主たる供給源となっておりますことは周知の通りであります。これは吉山内閣以来今日まで、政府がエネルギーの増加供給………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第31号(1955/07/01、3期)

私は、日本社会党第二控室を代表しまして、昭和三十年度一恨会計予算案ほか二案につき、自由党及び日本民主党の共同修正案並びにその修正部分を除く政府原案に反対し、その理由を簡略に申し述べたいと存じます。鳩山内閣は総選挙に際して、自主独立外交を主張し、アメリカに対し防衛分担金の大幅削減を交渉して、これを社会………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11