移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

平林太一参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    2回    4209文字
  3期(1953/04/24〜)    9回   19887文字




参議院本会議発言一覧

第13回国会 参議院 本会議 第49号(1952/06/09、2期)

現に上程せられました職犯在所者の釈放等に関する決議案に対しまして、ここに自由党を代表いたし賛成の意見を述べるものであります。思うに、我が国が独立国となつて国際社会に復帰できるように相成りました現在において、なお且つ我々の同胞が戦犯の名において苦役を続けておりますることは、誠に痛恨の極みであります。こ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第63号(1952/07/05、2期)

外務委員長報告に相成りましたインドとの平和條約の締結について承認を求めるの件に関し、ここに自由党を代表し、賛成の討論、意見を述べるものであります。賛成の基本的理由たるべき本條約の特質とするところは、過ぐる六月三日、先にインド側の最終草案に対し、我が外務省と在京インド大使館との間に通常の外交経路による………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第12号(1953/06/18、3期)

ここに私は無所属クラブとして、この際、内閣総理大臣吉田茂君以下関係大臣に対して、昨日来、今なお尽し得ざりしと思わるる、主として対外交渉諸案件、数点に対してお尋ねをいたします。首相吉田君においては、極めて神聖なるべき当議場において、しばく見受けられたる感情興奮に激することをなさらず、心静かに、総理大臣………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第12号(1953/06/18、3期)

と申して過言でありません。然るに昨今ややもすれば日英関係を阻害するかに見受けられる諸案件の続出する傾向は、誠に寒心に堪えざるものがあります。政府においては日英外交について如何なる方策を持たれるや、説明を求むるものであります。最後に自由党議席の諸君に一言申したい。(拍手)諸君は吉田内閣のいわゆる手代番………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 本会議 第28号(1953/07/29、3期)

議題と相成りました昭和二十五年度一般会計、特別会計並びに政府関係機関の決算に対しましてここに少数意見を述べざるを得ざるに至りましたことは、国家の現状に鑑み誠に遺憾といたすところであります。先ず第一に申述べたきことは、只今委員長より詳細に亘り殊に切々たる報告に接しましたことく、会計検査院が指摘いたして………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 本会議 第6号(1953/12/08、3期)

只今一括上程に相成りました昭和二十八年度第二補正予算案に対し、私はここに無所属クラブを代表し、且つ参議院日本自由党を代表して、反対の意見を表明し、(拍手)進んでこれが趣旨を答弁をいたさんといたすものであります。本予算案に対しては、只今までの反対討論によつて極めて明白であります。のみならず、本案に対し………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第24号(1954/03/29、3期)

第三次補正予算に対し反対の意を表明し、これが理由を明確にいたすものであります。反対の第一の理由となすものは、吉田君、吉田内閣の現下の様相、生態、姿なるものが、恰もビキニ水爆の灰をかぶつたまぐろのごとき状態にあるということであります。(拍手)この事実は蔽うべからざる事実であります。現に本日も、曽つては………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第37号(1954/04/22、3期)

只今首相吉田君は、この発動に対しては法文、法律に基いていたしたのである。かような答弁であります。併しこの答弁は、佐藤検事総長も、同様の法律に基いてこれが手続をいたしたということを明らかに申しておるのであります。でありますから、この問題に対しましては、もはや法律上の問題に対しましては、政府と検察権の対………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第42号(1954/05/07、3期)

入場税法案に対し、無所属クラブを代表して反対の意を表明するものであります。要約して、反対理由に対し特に重要と認むる二つの事柄を明瞭にいたして、その理由といたすものであります。第一は、入場税の国税移管によつて生ずる予算の見込額の総額は百九十五億円と算定いたされております。これに対しまして、先刻は成瀬君………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第54号(1954/05/30、3期)

企業資本充実のための資産再評価等の特別措置法案、内閣提出案原案及び衆議院修正案、更に小林政夫君修正案、右三案を一括いたしまして、総括いたしまして(「議長みたいなことを言うな」と呼ぶ者あり)ここに無所属クラブを代表し、且つ参議院日本自由党を標榜して(拍手)反対の意を表明し、これが理由を明示せんとするも………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 本会議 第13号(1955/05/13、3期)

北富士演習場米軍実弾射撃問題に対し、この際、内閣総理大臣鳩山一郎君、外務大臣重光葵君に対し、その所信をただし、且つこれが責任に対し、これを明確にせられることを望むものであります。質疑に先だちまして、現地の事情を申し上げるのでありまするが、ことに実弾射撃開始以来、現地住民の多くの人々はこんぱい、恐怖、………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11