移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計*
 5期参議院議員活動統計*
 6期参議院議員活動統計*
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

松野鶴平参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    0回       0文字
  3期(1953/04/24〜)   31回  110342文字
  4期(1956/07/08〜)  133回  372041文字
  5期(1959/06/02〜)  136回  456947文字
  6期(1962/07/01〜)    2回    7194文字




参議院本会議発言一覧

第24回国会 参議院 本会議 第25号(1956/03/26、3期)

お礼を申し述べます。ただいま、私ども永年在職のかどによりまして、特に院議をもって御丁重なる表彰をいただきましたことは、まことに身に余る光栄と存ずる次第でございます。厚くお礼を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第31号(1956/04/03、3期)

ただいま、不肖私が本院の議長に当選いたしましたことは、真に光栄に存じます。かつ感激にたえない次第でございます。本院議長の職責の重大なることにかんがみまして、至公至平、職務の上におきまして、絶対にあやまちなきように期しておる次第であります。しかしながら、同僚議員諸君が御鞭撻、御指導下さいまして、本院議………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第31号(1956/04/03、3期)

年長議員石坂豊一君から発言を求められました。この際、発言を許します。石坂豊一君。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第33号(1956/04/06、3期)

日程に入ります。日程第一、罹災都市借地借家臨時処理法第二十五条の二の災害及び同条の規定を適用する地区を定める法律案(衆議院提出)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第34号(1956/04/11、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第35号(1956/04/13、3期)

日程第一、地代家賃統制令の一部を改正する法律案日程第二、公共工事の前払金保証事業に関する法律の一部を改正する法律案(いずれも内閣提出、衆議院送付)会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第36号(1956/04/16、3期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。亀田得治君。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第37号(1956/04/18、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第38号(1956/04/20、3期)

御異議ないと認めます。よって議長は、内閣委員長に青木一男君、文教委員長に加賀山之雄君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第39号(1956/04/23、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第40号(1956/04/25、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第41号(1956/04/27、3期)

佐多忠隆君。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第42号(1956/04/30、3期)

これより本日の会議を開きます。ただいま傍聴席に、MRA創始者フランク・ブックマン博士の御一行が見えられております。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第43号(1956/05/07、3期)

本院規則第八十四条により延会いたします。次会は、明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第44号(1956/05/08、3期)

本院規則第八十四条により延会いたします。次会は、明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第45号(1956/05/09、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第46号(1956/05/11、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第47号(1956/05/12、3期)

本院規則第八十四条により延会いたします。次会の議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第48号(1956/05/14、3期)

本院規則第八十四条により延会いたします。次会の議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第49号(1956/05/16、3期)

日程第四、国際金融公社への加盟について承認を求めるの件(衆議院送付)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。外務委員会理事小滝彬君。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第50号(1956/05/18、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第51号(1956/05/21、3期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。佐多忠隆君。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第52号(1956/05/23、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第53号(1956/05/25、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第54号(1956/05/28、3期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に宮田重文君、鈴木一君、同予備員に青山正一君、榊原亨君、長谷部ひろ君を指名いたします。なお、予備員の職務を行う順序は、青山正一君を第一順位、榊原亨君を第二順位、長谷部ひろ君を第四順位といたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第55号(1956/05/29、3期)

御異議ないと認めます。内閣総理大臣から、警察法第七条第一項の規定により、小汀利得君を国家公安委員会委員に任命することについて本院の同意を得たい旨の申し出がございました。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第56号(1956/05/30、3期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第57号(1956/05/31、3期)

……(発言する者多く議場騒然、聴取不能)会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第58号(1956/06/01、3期)

岡君の発言を許可いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第59号(1956/06/02、3期)

ただいままで病気のため事故がありましたが、これより議事を主宰いたします。議長が出席いたしましたので、仮議長の選挙は必要がなくなりました。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 参議院 本会議 第60号(1956/06/03、3期)

加瀬君、時間が参りました。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第1号(1956/11/12、4期)

第二十四回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第2号(1956/11/13、4期)

ただいま、本院議長に当選いたしましたことは、私の最も光栄と存ずる次第であります。本院議長の職責の重かつ大なることは、十分承知いたしております。つきましては、誠心誠意、あやまちなく使命を果したい所存でございます。諸君の一そうの御援助と御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第2号(1956/11/13、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、各常任委員長を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第4号(1956/11/16、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第5号(1956/11/17、4期)

大竹平八郎君。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第6号(1956/11/19、4期)

次会の議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。本日は、これにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第7号(1956/11/26、4期)

日程第一、性病予防法等の一部を改正する法律案日程第二、身体障害者福祉法等の一部を改正する法律案(いずれも第二十四回国会内閣提出、同衆議院送付)会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第8号(1956/11/28、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第9号(1956/12/03、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第10号(1956/12/04、4期)

次会の議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。本日は、これにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第11号(1956/12/05、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第12号(1956/12/07、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第13号(1956/12/08、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第14号(1956/12/10、4期)

本院規則第八十四条により延会いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第15号(1956/12/12、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官訴追委員予備員に市川房枝君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 本会議 第16号(1956/12/13、4期)

日程第二、医師等の免許及び試験の特例に関する法律の一部を改正する法律案(衆議院提出)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。社会労働委員長千葉信君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第3号(1957/02/04、4期)

これより本日の会議を開きます。この際、お諮りいたします。海外旅行のため、斎藤昇君から二十六日間、小西英雄君から九日間、秋山長造君から十五日間、それぞれ請暇の申し出がございました。いずれもこれを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第4号(1957/02/05、4期)

これより本日の会議を開きます。ただいま、ニュージーランド国会議員、特別外交委員長ディ・エム・レイ氏が傍聴席に見えられましたので、諸君に御紹介いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第5号(1957/02/06、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、外務委員長に笹森順造君を指名いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第6号(1957/02/13、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第7号(1957/02/15、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。近藤鶴代君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第8号(1957/02/25、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。去る十五日議長は、内閣から予備審査のため送付された左の議案を大蔵委員会に付託した。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第9号(1957/02/27、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第10号(1957/03/04、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。久保等君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第11号(1957/03/06、4期)

これにて質疑の通告者の発言は、全部終了いたしました。質疑は、終了したものと認めます。本日の議事日程は、これにて終了いたしました。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第12号(1957/03/11、4期)

日程第二、食品衛生法の一部を改正する法律案(第二十四回国会内閣提出)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。社会労働委員長千葉信君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第13号(1957/03/13、4期)

御異議ないと認めます。内閣から、衆議院議員二階堂進君を海外移住審議会委員に任命することについて本院の議決を求めて参りました。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第14号(1957/03/15、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第15号(1957/03/18、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第16号(1957/03/20、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第17号(1957/03/22、4期)

日程第二、放送法第三十七条第二項の規定に基き、国会の承認を求めるの件(衆議院送付)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。逓信委員長剱木亨弘君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第18号(1957/03/25、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第19号(1957/03/27、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とスウェーデンとの間の条約の批准について承認を求めるの件(衆議院送付)会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第20号(1957/03/29、4期)

これより本日の会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第21号(1957/03/30、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第22号(1957/03/31、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、公営企業金融公庫法案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第23号(1957/04/05、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法の一部を改正する法律案会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第24号(1957/04/08、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、中小企業団体法案、中小企業組織法案及び中小企業組織法の施行に伴う関係法律の整理に関する法律案(趣旨説明)会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第25号(1957/04/10、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。商工委員     青柳 秀夫君運輸委員     成田 一郎君同        柴谷  要君同        岩間 正男君逓信委員     横川 正市君同日各委員会において当選した理事は左の通りである。文教委員会会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第26号(1957/04/17、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。松浦清一君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第27号(1957/04/19、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、日本国とチェッコスロヴァキア共和国との間の国交回復に関する議定書の批准について承認を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第28号(1957/04/22、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、児童福祉法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第29号(1957/04/24、4期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、電波監理審議会委員の任命に関する件を議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第30号(1957/04/26、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、国土開発縦貫自動車道建設審議会委員に、青木一男君、伊能繁次郎君、岩沢忠恭君、羽生三七君、村上義一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第31号(1957/05/06、4期)

御報告いたします。去る三月十五日、本院において議決いたしました原水爆の禁止に関する決議は、議長から岸外務大臣に対し、国際連合及び関係各国へ伝達方を依頼いたしましたところ、本日、外務大臣から議長あて、国際連合、ソ連政府、米国政府及び英国政府に伝達した旨及びこれに対しそれぞれ回答があった旨の通知に接しました。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第32号(1957/05/08、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、地方自治法の一部を改正する法律案(地方行政委員長提出)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第33号(1957/05/10、4期)

御異議ないと認めます。よって、これより発言を許します。大和与一君会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第34号(1957/05/13、4期)

議長は、速記録を調査いたしまして、御指摘のような個所があれば善処いたします。これより両案の採決をいたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第35号(1957/05/15、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。田畑金光君。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第36号(1957/05/16、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第38号(1957/05/18、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、各常任委員長を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第39号(1957/05/19、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律案(衆議院提出)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 本会議 第1号(1956/12/20、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第1号(1957/11/01、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、地方行政委員長に小林武治君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第2号(1957/11/02、4期)

大竹平八郎君。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第3号(1957/11/08、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に松平勇雄君、岡予備員に後藤義隆君、裁判官訴追委員に山本米治君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第4号(1957/11/11、4期)

定足数がないと認めます。次会は、明日午前十時より開会いたします。議事日程は、決定次第公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第5号(1957/11/12、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。昨十一日議長において、左の常任委員会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第6号(1957/11/13、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。昨十二日議長において左の常任委員会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 本会議 第7号(1957/11/14、4期)

参事に報告させます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第4号(1958/01/29、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、文教委員長に湯山勇君を指名いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第5号(1958/01/30、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、大蔵委員長に河野謙三君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第6号(1958/01/31、4期)

諸君に一言申し上げます。議長は、日豪両国国会議員団相互交歓の計画に基き、さきに衆議院議長とともにオーストラリア連邦議会上下両院議員を招待いたしましたところ、去る二十三日、空路羽田に到着されました。その後、一行は、両院の議長及び議員としばしば歓談の機会を持ちまして、日豪両国の親善友好に努め、かつまた、………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第7号(1958/02/06、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国会法第三十九条但書の規定による議決に関する件(海外移住審議会委員)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第8号(1958/02/14、4期)

藤田進君。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第9号(1958/02/19、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第10号(1958/02/21、4期)

日程第二、遺失物法等の一部を改正する法律案(内閣提出)を議題といたします。まず、委員長の報告を求めます。地方行政委員長小林武治君。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第11号(1958/02/28、4期)

これより本日の会議を開きます。一昨二十六日、日本画壇に偉大な足跡を遺された巨匠大観横山秀麿君が逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第12号(1958/03/07、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第13号(1958/03/12、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第14号(1958/03/14、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第15号(1958/03/19、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第16号(1958/03/24、4期)

ただいまの山下君の発言中、不穏当な個所がありますならば、議長は、速記録を調査の上、善処いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第17号(1958/03/28、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。松永忠二君。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第18号(1958/03/31、4期)

休憩前に引き続き、これより会議を開きます。この際、お諮りいたします。山口重彦君から、病気のため十六日間請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第19号(1958/04/04、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。伊藤顕道君。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第20号(1958/04/09、4期)

これより本日の会議を開きます。この際、お諮りいたします。井上知治君から、病気のため会期中、請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第21号(1958/04/11、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第22号(1958/04/16、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第23号(1958/04/18、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、チ九百五十七年十月三日にオタワで作成された万国郵便条約及び関係諸約定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第24号(1958/04/21、4期)

日程第一、交付税及び譲与税配付金特別会計法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)日程第二、関税法の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第25号(1958/04/22、4期)

休憩前に引き続き、これより会議を開きます。参事に報告させます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第27号(1958/04/24、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第28号(1958/04/25、4期)

休憩前に引き続き、これより会議を開きます。参事に報告させます。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第1号(1957/12/20、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 本会議 第2号(1957/12/23、4期)

御異議ないと認めます。よって、これより発言を許します。椿繁夫君。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第1号(1958/06/10、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、内閣委員長に永岡光治君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第2号(1958/06/11、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第3号(1958/06/12、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第4号(1958/06/16、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官訴追委員予備員に白木義一郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第5号(1958/06/17、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第6号(1958/06/18、4期)

佐藤尚武君。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第7号(1958/06/25、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第8号(1958/06/30、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に岡三郎君、近藤信一君、裁判官訴追委員予備員に河合義一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第9号(1958/07/03、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第10号(1958/07/04、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第11号(1958/07/07、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第29回国会 参議院 本会議 第12号(1958/07/08、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、地方行政委員長に田中啓一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第1号(1958/09/29、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、建設委員長に早川愼一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第2号(1958/09/30、4期)

議長は、第二十二号台風による伊豆地方の被害状況調査のため、関根久蔵君、小林武治君、久保等君、杉山昌作君の四名を今朝現地に派遣いたしました。その他諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第3号(1958/10/01、4期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。坂本昭君から、海外旅行のため十日間、請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第4号(1958/10/02、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員に平島敏夫君、裁判官訴追委員に成田一郎君を指名いたします。次会の議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第5号(1958/10/08、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。去る二日議長において、左の常任委員の辞任を許可した。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第6号(1958/10/17、4期)

次会の議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第7号(1958/10/20、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、警察官職務執行法の一部を改正する法律案。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第8号(1958/10/27、4期)

これより本日の会議を開きます。ただいま傍聴席に、ドイツ連邦議会議員団の御一行が見えられましたので、諸君に御紹介いたします。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第9号(1958/10/31、4期)

三浦義男君。会議録へ(外部リンク)

第30回国会 参議院 本会議 第10号(1958/11/24、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、新市町村建設促進法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第8号(1959/01/27、4期)

御報告いたします。去る十四日、議長は、皇居において、天皇陛下に拝謁し、また、東宮仮御所において、皇太子殿下にお目にかかり、皇太子殿下納采の儀につき、賀詞を奉呈いたしましたところ、天皇陛下並びに皇太子殿下から、御懇篤な御言葉を賜わりました。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第9号(1959/01/28、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、地方行政委員長に館哲二君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第10号(1959/01/29、4期)

天田勝正君。美田勝正君登壇、拍手会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第11号(1959/02/06、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。矢嶋三義君。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第12号(1959/02/13、4期)

連絡いたします。藤田進君。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第13号(1959/02/25、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。阿具根登君。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第14号(1959/03/04、4期)

これより本日の会議を開きます。内閣総理大臣から発言を求められました。この際、発言を許します。岸内閣総理大臣。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第15号(1959/03/11、4期)

御異議ないと認めます。議長において起草いたしました弔詞を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第16号(1959/03/13、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、昭和三十三年度一般会計会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第18号(1959/03/20、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、石油資源開発株式会社法の一部を改正する法律案、会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第19号(1959/03/25、4期)

日程第一、日本国とアメリカ合衆国との間の小包郵便約定の締結について承認を求めるの件(衆議院送付)、日程第二、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約の締結について承認を求めるの件、会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第20号(1959/03/27、4期)

日程第二、関税及び貿易に関する一般協定の新第三表(ブラジルの譲許表)の作成のための交渉に関する議定書の締結について承認を求めるの件、日程第三、日本国とカンボディアとの間の経済及び技術協力協定の締結について承認を求めるの件、会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第21号(1959/03/31、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、特許法等の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案(内閣提出、衆議院回付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第22号(1959/04/02、4期)

江田君にお答えいたします。必要に応じ、本会議と併行して委員会活動ができることは、本院規則第三十七条の認めているところであります。委員会活動の一種である委員派遣についてもまた同様と考えます。本会議開会中に当該委員の派遣がなされましたり、委員派遣中に本会議が開かれますことは、必ずしも好ましいことではあり………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第23号(1959/04/03、4期)

本案に対し、藤田藤太郎君外一名から、また、草葉隆圓君外三名から、それぞれ成規の賛成者を得て、修正案が提出されております。この際、順次修正案の趣旨説明を求めます。藤田藤太郎君会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第24号(1959/04/07、4期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。─────・─────会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第25号(1959/04/08、4期)

参事に報告させます。本日委員長から左の報告書を提出した。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第26号(1959/04/30、4期)

御報告いたします。去る十日、議長は、皇居において天皇陛下に拝謁し、また、十三日、東宮仮御所において皇太子殿下にお目にかかり、皇太子殿下結婚の儀につき賀詞を奉呈いたしましたところ、天皇陛下並びに皇太子殿下から御懇篤な御言葉を賜わりました。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第27号(1959/05/01、4期)

これより本日の会議を開きます。松岡平市君外一名から、賛成者を得て、「内閣委員会において審査中の防衛庁設置法の一部を改正する法律案及ひ自衛隊法の一部を改正する法律案について、すみやかに内閣委員長の中間報告を求めることの動議」が提出されております。また、斎藤昇君外一名から、賛成者を得て、「この際、防衛庁………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第1号(1958/12/10、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第2号(1958/12/15、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、運輸委員長に大倉精一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第3号(1958/12/17、4期)

これより本日の会議を開きます。この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第4号(1958/12/19、4期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。坂本昭君。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第5号(1958/12/22、4期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、繭糸価格の安定に関する臨時措置法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 本会議 第6号(1958/12/23、4期)

御異議ないと認めます。よって議長は、国土総合開発審議会委員に岸良一君、会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第2号(1959/06/23、5期)

ただいま本院議長に当選いたしましたことは、私の最も光栄と存ずるところであります。本院議長の職責の重かつ人なることはよく承知いたしております。誠心誠意、あやまちなく使命を果したい所存でございます。つきましては、諸君の一そうの御援助と御鞭撻を心からお願い申し上げます。これをもってごあいさつといたします。………会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第2号(1959/06/23、5期)

御異議ないと認めます。議長において起草いたしました弔詞を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第3号(1959/06/25、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。一昨二十三日議長において、左の常任委員の辞任を許可した。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第4号(1959/06/26、5期)

大竹平八郎君。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第5号(1959/06/27、5期)

椿繁夫君。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第6号(1959/07/01、5期)

過半数と認めます。よって本動議は可決せられました。議長は、建設委員長に岩沢忠恭君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第32回国会 参議院 本会議 第7号(1959/07/03、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。藤田進君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第1号(1959/10/26、5期)

御異議ないと認めます。よって本年七月、八月、九月における水害及び台風等による被害を調査し、その対策樹立に資するため、委員三十名からなる風水害対策特別委員会を設置することに決定いたしました。特別委員は、迫って議長において指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第3号(1959/10/28、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、一昨日の会議において設置されました風水害対策特別委員会の委員を指名いたします。これを参事に朗読させます。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第4号(1959/10/29、5期)

成瀬幡治君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第5号(1959/10/30、5期)

内閣から、八月十二日任期満了の畑地農業改良促進対策審議会委員上林忠次君、仲原善一君、伊藤顕道君の後任者を指名されたいとの申し出がございました。つきましては、この際、日程に追加して、畑地農業改良促進対策審議会委員の選挙を行ないたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第6号(1959/11/06、5期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。鮎川金次郎君から、病気のため、三十九日間請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第7号(1959/11/11、5期)

千田正君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第8号(1959/11/13、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、緊急質問の件。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第9号(1959/11/20、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、外務、委員長に草葉隆圓君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第10号(1959/11/25、5期)

これより本日の会議を開きます。本会議の開会に際し、総理大臣の出席がおくれておりますことは、議長としても遺憾に存じます。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第11号(1959/11/26、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。相沢重明君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第12号(1959/11/30、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。一松定吉君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第13号(1959/12/02、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。岡三鶴君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第14号(1959/12/07、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。森中守義君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第15号(1959/12/11、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。向井長年君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第16号(1959/12/16、5期)

御異議ないと認めます。まず、委員長の報告を求めます。商工委員長山本利寿君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第17号(1959/12/21、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。亀田得治君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第18号(1959/12/23、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。松浦清一君。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第19号(1959/12/25、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、国会の審議権の確保のための秩序保持に関する法律案について、国会法第五十六条の二の規定により、衆議院の発議者からその趣旨説明を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第33回国会 参議院 本会議 第20号(1959/12/26、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、繭糸価格の安定に関する臨時措置法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第3号(1960/02/02、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、お諮りいたします。井上清一君から、海外旅行のため、十四日間請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第4号(1960/02/03、5期)

松浦清一君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第5号(1960/02/04、5期)

日程第二、参議院予備金支出の件を議題といたします。まず委員長の報告を求めます。議院運営委員長高橋進太郎君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第6号(1960/02/10、5期)

佐多忠隆君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第7号(1960/02/12、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。阿部竹松君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第7号(1960/02/12、5期)

別に御発言もなければ、これより本案の採決をいたします。本案全部を問題に供します。本案に賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第8号(1960/02/19、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国会法第三十九条但書の規定による議決に関する件(海外移住審議会委員)を議題といたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第9号(1960/02/26、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、大蔵委員長に杉山昌作君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第10号(1960/03/09、5期)

御異議ないと認めます。よって、「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の締結について承認を求めるの件」、「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の締結について承認を求めるの件」、「日本国とアメリ………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第11号(1960/03/11、5期)

時間が来ました。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第12号(1960/03/21、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、外務委員長に木内四郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第13号(1960/03/28、5期)

日程第一、公立学校の学校医の公務災害補償に関する法律の一部を改正する法律案(衆議院提出)を議題といたします。まず委員長の報告を求めます。文教委員長清沢俊英君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第14号(1960/03/30、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、国土総合開発審議会委員に稲浦鹿蔵君、加賀山之雄君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第15号(1960/03/31、5期)

議事進行の発言として質疑を要求されておりますが、議事進行の発言と質疑とは違いますから、お認めできません。(「その通り」「おかしいじゃないか」と呼ぶ者あり)三案に対し、討論の通告がございます。順次発言を許します。秋山長造君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第16号(1960/04/06、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。鈴木寿君。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第17号(1960/04/13、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、お諮りいたします。二見甚郷君から、病気のため、会期中請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第18号(1960/04/20、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。─────・─────会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第19号(1960/04/27、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、お諮りいたします。海外旅行のため、奥むめお君から会期中、永末英一君から二十日間、請暇の申し出がございました。いずれも許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第20号(1960/05/11、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、電波監理審議会委員の任命に関する件を議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第21号(1960/05/13、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、日本電信電話公社経営委員会委員の任命に関する件を議題とすることに御異議ございません。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第22号(1960/05/26、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、新たに議席に着かれました議員を御紹介いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第23号(1960/06/01、5期)

これより本日の会議を開きます。村上国務大臣から、津波による災害報告について発言を求められております。この際、発言を許します。村上国務大臣。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第24号(1960/06/08、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程の順序を変更して、会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第25号(1960/06/17、5期)

暫時休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第26号(1960/06/20、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第27号(1960/07/15、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、石炭鉱業合理化臨時措置法の一部を改正する法律案会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 本会議 第1号(1959/12/29、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第35回国会 参議院 本会議 第1号(1960/07/18、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第35回国会 参議院 本会議 第2号(1960/07/22、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、内閣委員長に吉江勝保君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第1号(1960/10/17、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、議席の指定。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第2号(1960/10/18、5期)

御異議ないと認めます。議長において起草いたしました弔詞を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第3号(1960/10/21、5期)

内閣から、検察官適格審査会委員予備委員大谷藤之助君、畑地農業改良促進対策審議会委員仲原善一君、九州地方開発審議会委員後藤義隆君の辞任に伴う後任者の選出または指名を求めて参りました。つきましては、この際、日程に追加してその選挙を行ないたいと存じますが、御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第4号(1960/10/22、5期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。本日、大沢雄一君から議員辞職願が提出されました。辞表を参事に朗読させます。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第5号(1960/10/23、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、国務大臣の演説に関する件(第三日)。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 参議院 本会議 第6号(1960/10/24、5期)

御異議ないと認めます。まず委員長の報告を求めます。農林水産委員長藤野繁雄君。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第1号(1960/12/05、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、予算委員長に館哲二君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第2号(1960/12/07、5期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。木島義夫君から、病気のため、会期中請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第4号(1960/12/12、5期)

これより本日の会議を開きます。この際お諮りいたします。相沢重明君から、病気のため、会期中請暇の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第5号(1960/12/13、5期)

相馬助治君。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第6号(1960/12/20、5期)

これより本日の会議を開きます。この際、日程に追加して、社会保険沓査会委員の任命に関する件を議題とすることに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第7号(1960/12/21、5期)

これより本日の会議を開きます。日程第一、昭和三十五年五月のチリ地震津波による災害を受けた地域における津波対策事業に関する特別措置法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)、会議録へ(外部リンク)

第37回国会 参議院 本会議 第8号(1960/12/22、5期)

御異議ないと認めます。内閣から、運輸省設置法第九条第一項の規定により、相良千明君を運輸審議会委員に任命することについて本院の同意を求めて参りました。本件に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第3号(1961/01/30、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第4号(1961/01/31、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第5号(1961/02/01、5期)

矢嶋君。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第6号(1961/02/03、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第7号(1961/02/15、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員に小林英三君、同予備員に鹿島俊雄君、裁判官訴追委員に中野文門君、大谷藤之助君、同予備員に徳永正利君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第8号(1961/02/17、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第9号(1961/02/24、5期)

近藤信一君。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第10号(1961/03/01、5期)

東隆君。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第11号(1961/03/10、5期)

日程第一、国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案(趣旨説明)、本案について、国会法第五十六条の二の規定に上り、提出者からその趣旨説明を求めます。木暮運輸大臣。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第12号(1961/03/15、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第13号(1961/03/22、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第14号(1961/03/24、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第15号(1961/03/29、5期)

日程第一、国際法定計量機関を設立する条約の締結について承認を求めるの件(衆議院送付)、日程第二、在外公館の名称及び位置を定める法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)、会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第16号(1961/03/30、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第17号(1961/03/31、5期)

過半数と認めます。よって、本日はこれにて散会し、次会は明日午前一時より開会することに決しました。議事日程は、決定次第、公報をもって御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第18号(1961/04/01、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第19号(1961/04/05、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官訴追委員に松野孝一君、検察官適格審査会委員に中村順造君、同君の予備委員に田上松衛君、鉄道建設審議会委員に松沢兼人君、東北開発審議会委員に鈴木寿君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第21号(1961/04/12、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第22号(1961/04/21、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第23号(1961/04/26、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第24号(1961/04/28、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第25号(1961/05/12、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第26号(1961/05/17、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第27号(1961/05/19、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第28号(1961/05/22、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第29号(1961/05/24、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第30号(1961/05/26、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第31号(1961/05/29、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第32号(1961/05/31、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第33号(1961/06/02、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第34号(1961/06/05、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第35号(1961/06/06、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第36号(1961/06/07、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第37号(1961/06/08、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 本会議 第1号(1960/12/26、5期)

第三十七回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略い会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第1号(1961/09/25、5期)

第三十八回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略い会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第3号(1961/09/28、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第4号(1961/09/29、5期)

松浦清一君。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第5号(1961/09/30、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第6号(1961/10/04、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、内閣委員長に大谷藤之助君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第7号(1961/10/06、5期)

天田勝正君。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第8号(1961/10/13、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第9号(1961/10/18、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員に青田源太郎君、裁判官訴追委員に剱木亨弘君、鈴木恭一君、野上進君、谷村貞治君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第10号(1961/10/21、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第11号(1961/10/25、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第12号(1961/10/27、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 参議院 本会議 第13号(1961/10/30、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。坂本昭君。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第5号(1962/01/19、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第6号(1962/01/23、5期)

古池信三君。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第7号(1962/01/24、5期)

大竹平八郎君。(「待て待て、その前に文部大臣の言葉を直さなければならない、終戦処理とは何事か」と呼ぶ者あり)大竹平八郎君。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第8号(1962/02/09、5期)

池田内閣総理大臣。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第9号(1962/02/16、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第10号(1962/02/23、5期)

日程第一、国務大臣の演説に関する件。河野農林大臣から、農業基本法に基づく昭和三十六年度年次報告及び昭和三十七年度農業施策について、発言を求められております。発言を許します。河野農林大臣。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第11号(1962/02/28、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第12号(1962/03/14、5期)

小坂外務大臣。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第13号(1962/03/23、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第14号(1962/03/30、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第15号(1962/03/31、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第16号(1962/04/02、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第17号(1962/04/13、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第18号(1962/04/23、5期)

御異議ないと認めます。よってこれより発言を許します。大村禧八郎君。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第19号(1962/04/25、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第20号(1962/05/04、5期)

この際、日程に追加して、日本国に対する戦後の経済援助の処理に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求める件、会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第21号(1962/05/06、5期)

日程第二、鉄道敷設法の一部を改正する法律案、日程第三、船員法の一部を改正する法律案、会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第22号(1962/05/07、5期)

御異議ないと認めます。よって議長は、大蔵委員長に永末英一君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第1号(1961/12/09、5期)

第三十九回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第2号(1961/12/15、5期)

加瀬完君。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 本会議 第3号(1961/12/22、5期)

諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 参議院 本会議 第1号(1962/08/04、6期)

第四十回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 参議院 本会議 第2号(1962/08/06、6期)

このたび、私が議長を辞任したことにつき、ただいま佐藤尚武君から、議員一同を代表されまして、身に余るお言葉をいただき、感謝にたえません。私は、第二十四回国会、昭和三十一年四月、議長に選任されましてから六年有余、その間、三たび諸君の御推挙を賜わり、栄誉ある本院の議長の席を汚して参りました。私は、昨年五月………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11