移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計*
 7期参議院議員活動統計*
 8期参議院議員活動統計*
 9期参議院議員活動統計*
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計*
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

鈴木一弘参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  6期(1962/07/01〜)    3回    8532文字
  7期(1965/07/04〜)    5回   12212文字
  8期(1968/07/07〜)    6回   28820文字
  9期(1971/06/27〜)    6回   22565文字
 10期(1974/07/07〜)    5回   27577文字
 11期(1977/07/10〜)    3回   14196文字
 12期(1980/06/22〜)   15回    9302文字
 13期(1983/06/26〜)    3回   13613文字




参議院本会議発言一覧

第43回国会 参議院 本会議 第10号(1963/02/22、6期)

私は、公明会を代表して、先ほど趣旨説明のありました政府提出の中小企業基本法案に対して、総理大臣、大蔵大臣、通産大臣に質問いたすものであります。質問の第一点は、貿易自由化と中小企業についてであります。わが国企業のうちで、全事業所数の九九%を占めている中小企業の立場は実に重要であります。一方、近づいてい………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 本会議 第31号(1963/07/01、6期)

私は、公明会を代表いたしまして、ただいま議題となっております職業安定法及び緊急失業対策法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行なうものであります。(拍手)現在行なわれております失業対策事業を中心とする失対制度は、昭和二十四年のドッジ・ラインの実施により、大量の失業者の発生を予想して、緊急失対と………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 本会議 第17号(1965/04/28、6期)

私は公明党を代表いたしまして、ただいま議題となっております公職選挙法の一部を改正する法律案に反対の討論をなさんとするものであります。反対の第一の理由は、本改正案提出に至る不純な動機であります。その動機は、いわゆる集団移動の問題にあると見るのでありますが、衆議院の島上議員の発言によって、集団移動をあた………会議録へ(外部リンク)

第49回国会 参議院 本会議 第4号(1965/08/11、7期)

私は公明党を代表して、ただいま議題となっております昭和四十年度一般会計補正予算(第1号)に対し、反対の討論を行なうものであります。反対の大きな理由としては、第一に、国際通貨基金について、ドルを中心とした国際流動性が再検討の必要に迫られ、国際流動性強化に対する考え方が、金本位制、新国際通貨創設など、次………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 参議院 本会議 第20号(1966/04/02、7期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となっております昭和四十一年度一般会計予算外二予算に対し、反対の立場から討論を行なうものであります。反対の第一の理由は、予算の性格についてであります。政府は、今回の予算編成にあたり、政治課題はいわゆる不況克服と同時に物価安定にあると主張しており、そのために思い切っ………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 参議院 本会議 第4号(1965/12/27、7期)

私は公明党を代表いたしまして、ただいま議題となっております各補正予算に対し、反対の討論を行なうものであります。理由の第一は、今予算案の中で、租税及び印紙収入等の見込み額が大幅に減少するという理由から、二千五百九十億円に及ぶ公債発行に踏み切ったことであります。この公債発行を契機として、政府の経済政策は………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 参議院 本会議 第7号(1967/04/01、7期)

私は、公明党を代表して、昭和四十二年度一般会計暫定予算外二案に対して、反対の態度を表明するものであります。反対の第一の理由は、暫定予算の性格についてであります。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 参議院 本会議 第20号(1968/05/13、7期)

私は公明党を代表いたしまして、ただいまの昭和四十二年度漁業の動向に関する報告等につきまして、主要な数項を総理並びに関係大臣に質問をいたします。まず第一に、わが国民が動物性たん白質の六〇%を摂取している水産物の需給と価格についてであります。会議録へ(外部リンク)

第60回国会 参議院 本会議 第3号(1968/12/13、8期)

私は公明党を代表して、総理並びに関係閣僚に質問を行なうものであります。佐藤内閣の経済政策の重要な柱である経済社会発展計画が、経済の実態と大きくかけ難れていることはすでに決定的であり、全く経済計画の意義を失っているのであります。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第39号(1969/07/30、8期)

私は提出者といたしまして、健康保険法及び船員保険法の臨時特例に関する法律等の一部を改正する法律案に対して修正案を提出いたしましたので、その趣旨説明を行なうものであります。さて、近年、医療技術の進歩は目ざましいものがあります。しかし、国民がその恩恵に浴し、満足しているかというと、そうではありません。か………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 参議院 本会議 第40号(1969/07/31、8期)

渋谷邦彦君にお答え申し上げます。医療保険制度が国民の健康を守り、生命を守るものである、こういう御趣旨からの御質問でございましたけれども、この国民の健康と生命を守ることについては、全く同感であります。その点、渋谷君の指摘されたように、今回の強行による健康保険法の改悪ということは、はなはだよろしくない、………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第4号(1970/02/19、8期)

私は公明党を代表して、政府の所信表明に対して、総理並びに関係閣僚に若干の質問を行なうものであります。佐藤総理は、一九七〇年を「内政の年」と銘打っておりますが、その最大の焦点は、物価の上昇をいかに抑制し、国民生活の安定をはかるかということだと思うのであります。私は激動の一九七〇年における日本経済の方途………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第10号(1971/04/23、8期)

ただいま議題となりました二法案について、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、日本原子力船開発事業団法の一部を改正する法律案は、船価の大幅上昇等の事情により、建造着手の遅延から、同法の廃止期限内においては原子力第一船「むつ」の開発を完了することが困難となったため、同法の廃止期限を昭………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 参議院 本会議 第12号(1971/05/12、8期)

ただいま議題となりましだ法案につきまして、委員会における審査の経過と結果について御報告申し上げます。本法案は、海洋開発の促進に資するため、政府及び民間の共同出資による認可法人として海洋科学技術センターを設立し、海洋科学技術に関する総合的試験研究、共同試験研究施設の供用並びに研究者及び技術者の研修等、………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 参議院 本会議 第7号(1972/03/15、9期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となっております租税三法案について質問を行なうものであります。昨年末の円切り上げは、戦後一貫してとられてきた輸出優先経済が種々の国際的摩擦を引き起こしたのが主要な原因であります。ここに至って、わが国経済は大転換を迫られるに至りました。その転換の方向は、従来の民間設………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 参議院 本会議 第12号(1972/04/28、9期)

私は、公明党を代表して、昭和四十七年度一般会計予算外二予算に対し、反対の討論を行なうものであります。反対の第一の理由は、基本的政治姿勢であります。佐藤内閣の無定見な外交、防衛政策は、多極化しつつある国際情勢の中で十分に対処していないものがあります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第5号(1973/02/15、9期)

私は、公明党を代表いたしまして、ドル切り下げ及び円の変動相場制移行について質問を行なうものであります。総理は、円の再切り上げが避けられない場合、それは相当な政治責任が生ずると答弁をしております。今回、変動相場制に移行したということは、いかに政府が弁解をしようとも、実質上の円の再切り上げになったという………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第11号(1973/04/11、9期)

私は、公明党を代表し、昭和四十八年度予算三案に反対の討論を行ないます。最初に、田中内閣の政治姿勢と政権担当に多大の疑問を感じますので、その点をまず申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 参議院 本会議 第12号(1974/03/06、9期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました租税三法の改正案に対して、一括して総理及び大蔵大臣にお伺いをいたします。いまわが国は、終戦直後に匹敵するような破局的インフレに直面しており、この一年で卸売り物価、消費者物価ともに急上昇し、物価の狂乱状態はついに朝鮮動乱のときを上回る勢いとなっております………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 参議院 本会議 第21号(1974/05/15、9期)

私はただいま議題となっております日本国と中華人民共和国との間の航空運送協定の締結について承認を求めるの件に対し、公明党を代表いたしまして賛成の討論を行なうものであります。日中両国の友好は、両国の交流始まって以来、実に何千年の歴史を持つものであります。しかしながら、日中両国間は近年戦争状態にあったこと………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第7号(1975/03/14、10期)

私は、公明党を代表して、ただいま提案されました所得税法の一部を改正する法律案外二法案に対し、三木総理並びに大蔵大臣、厚生大臣に対して質問を行うものであります。政府自民党が行ってきた高度経済成長政策は、国民をインフレの中に落とし、社会的不公正をより拡大してきております。インフレーションの最大の弊害は所………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第19号(1975/06/30、10期)

私は、発議者を代表いたしまして、ただいま議題となりました参議院議長河野謙三君に対する不信任決議案の趣旨説明を行います。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第11号(1975/11/12、10期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となっております酒税法並びにたばこ定価法改正案に対し、総理並びに関係大臣に対し質問をいたします。前国会においてこの値上げ両法案が廃案となった際、全国民は皆一同に大喜びをいたしまして、これで安心して酒、たばこがのめると真実の声を上げたのであります。その声を全く無視し………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第15号(1975/12/15、10期)

私は、公明党を代表して、昭和五十年度の公債の発行の特例に関する法律案について質問をいたします。質疑に先立ち、二つの政治責任を総理、大蔵の両大臣にただしたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第10号(1977/04/22、10期)

私は、ただいま提案されました昭和五十二年度の公債の発行の特例に関する法律案に対し、総理大臣並びに大蔵、厚生両大臣に若干の質問をいたすものであります。まず、国債発行の基礎となる財政の取り組みについて伺います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第7号(1979/02/21、11期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました租税特別措置法の一部を改正する法律案について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。大平総理の政策構想が織り込まれていると言われる新経済社会七カ年計画の基本構想には、ゆとりと生きがいのある社会建設の具体的な青写真は一向に明確にされておりません。一方で、………会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第4号(1980/01/30、11期)

私は、公明党を代表いたしまして、さきの政府演説に対し、総理及び関係閣僚に若干の質問をいたします。さて、二十一世紀への助走とも言うべき八〇年代に入った今日、内外ともに重大かつ深刻な問題がわれわれの行く手をさえぎっており、国民は多くの生活の不安を感じております。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第8号(1980/03/31、11期)

私は、公明党を代表して、ただいま提案されました昭和五十五年度の公債発行の特例に関する法律案に対して、総理並びに関係大臣に質問をいたします。昭和二十二年三月に制定された現在の財政法は、戦前の公債発行による財政破綻という苦い経験を反省してつくられたものであります。それは、財政法第四条において赤字国債の発………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 参議院 本会議 第12号(1980/11/28、12期)

ただいま議題となりました二法案について、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。両法案は、一般の政府職員の給与改定に伴い、この例に準じて、裁判官及び検察官の給与を改定しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第9号(1981/03/27、12期)

ただいま議題となりました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図るため、判事の員数を十六人、裁判官以外の裁判所職員の員数を十三人、それぞれ増加しようとするものであります。委員会にお………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第22号(1981/06/03、12期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、商法等の一部を改正する法律案は、最近における経済情勢及び会社の運営の実態にかんがみ、会社の自主的監視機能を強化し、その運営の一層の適正化を図る等のための改正を行おうとするもので、その主な内容は次の………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第23号(1981/06/05、12期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、出入国管理令の一部を改正する法律案は、最近における出入国者の飛躍的増加、外国人の在留目的の多様化等の状況にかんがみ、これに対応できるよう現行法制を改め、また、わが国社会に定住している長期在留外国人の………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 参議院 本会議 第12号(1981/11/27、12期)

ただいま議題となりました両法案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、供託法の一部を改正する法律案は、国の財政の現状にかんがみ、国の歳出の縮減を図るため、昭和五十七年度から昭和五十九年度までの間、供託金に利息を付することを停止しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第10号(1982/03/31、12期)

ただいま議題となりました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図るため、判事の員数を八人、裁判官以外の裁判所職員の員数を一人、それぞれ増加しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第12号(1982/04/09、12期)

ただいま議題となりました刑事補償法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法案は、最近における経済事情にかんがみ、刑事補償法に基づく、未決の抑留もしくは拘禁または自由刑の執行等による補償の額の算定基準となる日額の上限を四千八百円から七千二百円に引き………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第14号(1982/04/16、12期)

ただいま議題となりました二法案のうち、まず商業登記法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、最近の社会経済情勢に対応して、商号の仮登記をすることができる場合を拡大しようとするもので、その主な内容は次のとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第15号(1982/04/23、12期)

ただいま議題となりました証人等の被害についての給付に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法案は、警察官の職務に協力援助した者の災害給付制度の改善に伴い、証人等の被害についての給付制度においても同様の改善を行おうとするものであり、その内………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第18号(1982/05/14、12期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。まず、民事訴訟法及び民事調停法の一部を改正する法律案は、裁判事務の実情にかんがみ、送達手続の合理化等を行い、民事訴訟手続等の適正円滑な進行を図ろうとするものであって、その主な内容は次のとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第25号(1982/08/04、12期)

ただいま議題となりました外国人登録法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、外国人登録制度の合理化を図るため、市町村長による登録事項の確認期間の延長、登録証明書の携帯義務を課す最低年齢等の引き上げ、登録証明書を携帯しなかった者に対する法定………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第26号(1982/08/20、12期)

ただいま議題となりました裁判所法等の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、経済事情の変動及び民事訴訟の実情にかんがみ、裁判所法、民事訴訟法及び民事訴訟費用等に関する法律をそれぞれ一部改正しようとするものであり、その主な内容は次のとおりであ………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第2号(1981/12/22、12期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。両法案は、一般の政府職員の給与改定に伴い、この例に準じて、裁判官及び検察官の給与の改定を行おうとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 参議院 本会議 第9号(1983/03/31、12期)

ただいま議題となりました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図るため、判事の員数を七人増加しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 参議院 本会議 第14号(1983/05/13、12期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、最近における区分所有建物に関する管理及び登記等の実情はかんがみ、区分所有建物に関する管理の充実及び登記の合理化を図るため、二法律を改正しようとするもので、その主な内容は次のとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 本会議 第8号(1984/03/23、13期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました物品税法の一部を改正する法律案外二法案に対し、総理並びに関係大臣に質疑を行います。戦後三十八年を経た現在、我が国のさまざまな制度について再検討の時期が来ております。特に、現行税制度については、直接税、間接税のいずれもが、本来の趣旨と現実納税実………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 本会議 第19号(1984/06/27、13期)

ただいま議題となりました昭和五十九年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置等に関する法律案に対し、私は公明党・国民会議を代表して反対の討論を行うものであります。昭和四十年に建設国債が発行され、十年後の昭和五十年に赤字国債が発行されて今日に至り、本年度末には建設国債の発行残高六十八兆四千億………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 参議院 本会議 第6号(1985/01/30、13期)

私は、公明党・国民会議を代表して、施政方針演説に対し、総理大臣並びに関係各大臣に経済、財政を中心に若干の質問をいたします。中曽根内閣が発足して以来、政治の方向に大きな変化が生じております。それは、政治倫理問題を放置していることであり、また、戦後政治の総決算の名のもとに、増税と低福祉と軍拡の路線が強引………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11