移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計*
 9期参議院議員活動統計*
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

塚田十一郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  8期(1968/07/07〜)    1回     952文字
  9期(1971/06/27〜)    2回   11314文字
 10期(1974/07/07〜)    0回       0文字
 11期(1977/07/10〜)    8回    7071文字
 12期(1980/06/22〜)    0回       0文字




参議院本会議発言一覧

第16回国会 参議院 本会議 第22号(1953/07/15、3期)

お答え申上げます。私も非常にこのたびの西日本の災害については心痛をいたしておりますので、自治庁の立場といたしまして、先般来いろいろ調査をたしております。その結果、只今までに大体判明いたしておりますところでは、今度の西日本災害によりまして、地方が、府県及び市町村が負担を増加すると考えられまず数字が百三………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第2号(1953/10/30、3期)

お答え申上げます。地方公務員の給与につきましては、どこまでも国の公務員の給与との権衡をとつて絶えず処置をいたしたいと考えております。地方公務員法の趣旨もそのようになつておると存じますので、従つて国の措置が決定いたしまして、それに伴つて措置を必要とする場合には、そのような措置を地方財政計画の上にもとつ………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第3号(1953/11/02、3期)

お答え申上げます。最初に地方負担の増加に伴う財政計画について申上げたいと存じます。このたびの災害に伴いまして地方に負担の増加いたしますもの、及び地方に租税の減免、減収に伴う収入の減少のありますもの、そういうものを考慮いたしました結果、国から新たに財政措置をしてやらなければならないと一応結論を出してお………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 本会議 第4号(1953/11/04、3期)

お答え申上げます。仲裁裁定に対して政府がとるべき態度、つまり公労法十六条の解釈につきましては、労働大臣から政府の見解をまとめて申上げましたので、私といたしましてはあの見解に立つて国会の御意思が明らかになつた場合に考えるという立場であります。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 本会議 第2号(1953/12/01、3期)

お答え申上げます。行政機構改革につきましては、まだ最終結論は得ておりませんけれども、着々と進捗いたしております。先ず第一段に事務の整理すべきものを検討いたしました。次には機構の簡素化について検討いたしまして、今それらの検討から当然の結論として出て来るはずであるところの人員がどの程度整理できるかという………会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 本会議 第5号(1953/12/07、3期)

お尋ねのうち、私の所管の分についてお答え申上げます。先ず第一に、この災害地の税の減収と今度のこの給与の財源の措置の関係のお尋ねでありますが、これは御承知のように、災害地の税の減収は、先般の国会におきまして、国会側の御意思を尊重して、これは別途に特別の起債で措置をするということになり、又冷害地の分は特………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第5号(1954/01/28、3期)

行政改革を抜本的に是非ともやりたいという強い考え方のございますことは、只今総 理からお答え申上げた通りでありますが、今度の行政改革におきましても、機構の簡素化と人員の整理ということの二本建にして考えをいたしておるわけであります。この二本は、勿論相互に関係があるわけでありますから、大体そのように目標を………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第6号(1954/01/29、3期)

科学技術の振興の必要につきましては、政府も全く同感でございます。現在の機構より何らかもつといいものがあるということであるならば、是非そういう機構をこの機構改革の機会に考えたいというので、鋭意検討いたしておるのであります。先般国会側の科学技術振興議員連盟から、科学技術庁というものを新設したらどうかとい………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第7号(1954/01/30、3期)

行政機構改革に関しましては、私から代つてお答えを申上げます。行政機構の改革は、御指摘のように能率化、簡素化に本旨があることは、私もその通りであると考えておるわけであります。その上でなお余剰人員があれば、人員の整理も行うということに、又もう一つの狙いがあると考えているわけであります。従つて今度の行政機………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第10号(1954/02/17、3期)

警察法の改正と地方財政との関係についてお答え申上げます。今度の改正によりまして府県に新らしく追加で需要が増加すると考えられますものは、総額で三百十五億という算定になつております。そのうち市町村のほうがなくなりますので、市町村から移管できますものが二百十億程度あると考えられますので、新たに百五億を二十………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第12号(1954/02/25、3期)

教育公務員特例法の一部を改正する法律案は、立法論として殊に平等という観点からおかしいじやないかというお尋ねでありますが、私はかようには考えません。なぜかと申上げますと、地方公務員としての身分においては同じでありますが、その上に教育職員という身分がついておる人だちがこの法律の対象になつておるのでありま………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第18号(1954/03/15、3期)

只今議題となりました行政機関職員定員法の一部を改正する法律案の提案理由について御説明申上げます。御承知のように、戦時から戦後に引続き複雑厖大となつて参りました行政を簡素化し、我が国情にふさわしい行政体制を樹立いたしますことは、政府が常に意を用いて参つたところでありまして、すでに数回に亘り行政整理を断………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第19号(1954/03/17、3期)

只今議題となりました地方税法の一部を改正する法律案、入場譲与税法案並びに昭和二十九年度の揮発油譲与税に関する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概略を御説明申上げます。現行地方税制は、シヤウプ勧告を基礎として、昭和二十五年に制定されたものでありますが、その一部は未だ実施に移されない等、世上に相………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第21号(1954/03/19、3期)

お答え申上げます。十分注意しておつたつもりでありますが、若しもお尋ねの点で答弁が漏れましたら改めて御注意を頂きたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第25号(1954/03/30、3期)

お尋ねの件につきまして、私のほうで調査をいたしました結果を御報告申上げます。事実は確かにその通りにあつたという回答であります。ただ幸いなことに、集配人は郵便の秘密ということを十分に守つてくれて、秘密は漏らしておらなかつたということでありますので、その点は一応安堵いたしておるわけであります。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第28号(1954/04/02、3期)

年金制度を統合するという考え方は、私もその通りでなければならないと考えるわけであります。ただ何にいたしましても、現在御承知のように国の一般公務員については恩給法、府県については恩給条例、市も恩給条例、町村は恩給組合法というようになつて、又国家公務員及び府県公務員たる雇用員、市町村の公務員であつても、………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第37号(1954/04/22、3期)

どのようにいたしましても地元の自治団体には御迷惑のかかつておるということは、御指摘の通りだと思うのであります。例えば使われておる固定資産が民間に払下げられるということであれば、固定資産税も取れる。又、ガス税、電気税も取れるということであれば、それだけ非常に地元は財政的に豊かになるわけでありますけれど………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第3号(1954/12/02、3期)

御指摘のようにこの仕越工事の立替が非常にあつて、業者の方々にも御迷惑をかけ、又自治団体としても非常に困つておることはよく承知をいたしておるのでありまして、自治庁長官として私も非常に憂慮をいたしておるところであります。ただ問題は御承知のように直接の所管が私どもの立場ではありませんので、私どもとしまして………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 参議院 本会議 第14号(1970/04/28、8期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。まず、沖繩復帰のための準備委員会への日本国政府代表に関する臨時措置法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 参議院 本会議 第4号(1971/10/21、9期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、わが国が現在直面いたしておる緊急の諸問題に関し、佐藤総理大臣並びに関係閣僚に対し若干の質問を行ないたいと存じます。質問に先立ちまして、天皇、皇后両陛下には、先般、欧州諸国御訪問の旅を終えられ、つつがなく御帰国あらせられましたことについて、国民の一人としてつつしんで………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 参議院 本会議 第21号(1972/06/16、9期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となっております佐藤内閣総理大臣の問責決議案に対し、反対の意見を表明するものであります。反対の第一点は、このたびの問責決議案は全く意味のないものであるからであります。佐藤内閣成立以来、衆議院において内閣不信任案が提出されたことは、このたびで五回でありま………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第12号(1978/03/31、11期)

ただいま議題となりました法務省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法案の内容は、矯正行政の適切な運用を図るため、沖繩刑務所及び東京医療少年院の位置の表示等を改めること、出入国管理行政を有効適切ならしめるため、羽田空港ほか三カ所に入国管理………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第18号(1978/04/26、11期)

ただいま議題となりました恩給法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法律案は、現行の恩給年額を、昭和五十二年度における国家公務員給与の改善を基礎として、本年四月分以降、五・九%ないし七・一二%増額するとともに、普通恩給等の最低保障額の引き上げ………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第21号(1978/05/12、11期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。まず、審議会等の整理等に関する法律案は、行政機構の簡素化及び合理化を推進するため、行政機関に置かれた審議会等のうち、社会経済情勢の変化に伴い必要性の低下したもの、活動の不活発なもの、設置目的等が類似………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第23号(1978/05/31、11期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。共済関係二法案は、国家公務員及び公共企業体の各共済組合から支給する既裁定の年金につきまして、恩給における措置にならい、本年四月分以降約七%増額するとともに、退職年金等の最低保障額及び寡婦加算の額の引き………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第24号(1978/06/07、11期)

ただいま議題となりました三案件につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。まず、行政管理庁設置法の一部を改正する法律案は、行政機構の簡素合理化を図るため、函館、旭川及び釧路の三地方行政監察局を廃止するとともに、北海道における行政相談業務執行体制の確保を図るため、北海道管区行………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第25号(1978/06/14、11期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。これら二法律案は、いずれも、公務員制度審議会の答申の趣旨に基づき成案を得たものであります。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第2号(1977/12/21、11期)

ただいま議題となりました四法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。これら四法律案は、いずれも第八十三回国会に提出され、衆議院において可決、本院において継続審査となったものであります。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 参議院 本会議 第5号(1980/02/14、11期)

私は、このたび、国会議員として勤続二十五年に達したとのゆえをもちまして、本院において表彰をいただきました。ただいまはまた徳永正利先生から議院を代表して丁重な御祝辞をちょうだいいたしまして、まことに光栄これに過ぎるものはございません。顧みますれば、私が最初に国会に議席を得ましたのは、昭和二十一年四月、………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11