移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計*
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計*
 14期参議院議員活動統計*
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

桧垣徳太郎参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  9期(1971/06/27〜)    7回     305文字
 10期(1974/07/07〜)    6回    6639文字
 11期(1977/07/10〜)    5回    4140文字
 12期(1980/06/22〜)    9回    4521文字
 13期(1983/06/26〜)    2回    3094文字
 14期(1986/07/06〜)    5回   26006文字




参議院本会議発言一覧

第70回国会 参議院 本会議 第5号(1972/11/13、9期)

常任委員長の選挙は、その手続を省略し、議長において指名することの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第4号(1973/01/31、9期)

各種委員の選挙は、いずれもその手続を省略し、議長において指名することとし、また、裁判官訴追委員予備員の職務を行なう順位は、これを議長に一任することの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第5号(1973/02/15、9期)

私は、ただいまの竹田君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第17号(1973/06/01、9期)

各種委員の選挙は、いずれもその手続を省略し、議長において指名することの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第22号(1973/06/22、9期)

私は、ただいまの竹田君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 参議院 本会議 第25号(1973/07/04、9期)

私は、ただいまの竹田君の動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 参議院 本会議 第1号(1973/12/01、9期)

常任委員長の選挙は、その手続を省略し、いずれも議長において指名することの動機を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第5号(1975/02/14、10期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、衆議院大蔵委員長提出によるものでありまして、昭和四十九年度に政府から交付される稲作転換奨励補助金等について、所得税法及び法人税法上の軽減措置を講じようとするものであります。すなわち、同補助金等の………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第7号(1975/03/14、10期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、当面の財政事情及び国債整理基金の資金状況等を勘案し、財政資金の効率的活用を図るため、昭和四十八年度の一般会計歳入歳出の決算上生じた剰余金に限り、当該剰余金のうち、公債等の償還財源に充てるべき率に………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第8号(1975/03/26、10期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、入場税法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第9号(1975/03/31、10期)

ただいま議題となりました四法律案につきまして、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、所得税法の一部を改正する法律案外二法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第14号(1975/12/13、10期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、二法律案の概要を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第18号(1975/12/24、10期)

ただいま議題となりました昭和五十年度の公債の発行の特例に関する法律案について、委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、景気の停滞等により、昭和五十年度の補正予算において見込まれる租税収入及び専売納付金の減少を補うため、財政法第四条第一項ただし書きの規定によるいわゆる建設公債のほ………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 参議院 本会議 第7号(1978/10/20、11期)

ただいま議題となりました四法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。まず、給与関係三法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第10号(1979/03/30、11期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法律案は、国家公務員の旅行の実情等にかんがみ、内国旅行における旅費の定額のうち、日当、宿泊料及び食卓料については一八%ないし二七%、また移転料については一〇%程度、それぞれ引き上げるとともに、現下の………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第13号(1979/04/27、11期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法律案は、身体障害者の福祉の向上を図るため、厚生省の付属機関として新たに国立身体障害者リハビリテーションセンターを埼玉県所沢市に設置して、身体障害者の治療、訓練及び指導、調査研究等を行わしめるととも………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第17号(1979/06/06、11期)

ただいま議題となりました元号法案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法律案は、元号が国民の日常生活において長年使用され、広く国民の間に定着しており、かつ、大多数の国民がその存続を希望しているところから、元号を制度として明確で安定したものとするため、その根拠を法律で………会議録へ(外部リンク)

第88回国会 参議院 本会議 第4号(1979/09/07、11期)

ただいま議題となりました恩給法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。本法律案は、現行の恩給年額を昭和五十三年度における国家公務員給与の改善を基礎として、本年四月分以降平均三・六%増額するとともに、普通恩給等の最低保障額の引き上げ、旧軍人等の加算………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 参議院 本会議 第12号(1980/11/28、12期)

ただいま議題となりました国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案は、議員の歳費月額を明年三月三十一日までの間は従前の額に据え置くこととするものでありまして、委員会におきましては、審査の結果、全会一致をもって可決すべきものと決定いたしました。以上、御報告申し上げます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第10号(1981/03/31、12期)

ただいま議題となりました武器輸出問題等に関する決議案につきまして、自由民主党・自由国民会議、日本社会党、公明党・国民会議、日本共産党及び民社党・国民連合を代表して、提案の趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第11号(1981/04/02、12期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして御報告申し上げます。まず、国会議員互助年金法の一部を改正する法律案は、昭和四十九年三月三十一日以前に退職した国会議員に給する互助年金について、本年四月から基礎歳費月額を現行の五十八万円から六十万円に改定するとともに、高額所得者に給する普通退職年金について、………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 参議院 本会議 第22号(1981/06/03、12期)

ただいま議題となりました裁判官弾劾法の一部を改正する法律案につきまして御報告申し上げます。本法律案は、最高裁判所から裁判官訴追委員会に罷免の訴追をすべきことを求められ、または裁判官訴追委員会から裁判官弾劾裁判所に罷免の訴追をされている裁判官については、公職選挙法第九十条の立候補による公務員の退職に関………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第8号(1982/03/03、12期)

ただいま議題となりました参議院規則の一部を改正する規則案につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。本案は、今次の参議院改革協議会の答申に基づき総予算審査方式の改善を行うため、所要の本院規則の改正を行おうとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第10号(1982/03/31、12期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして御報告申し上げます。まず、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案は、昨年の特別職の職員の給与に関する法律の一部改正により、本年四月から政務次官の俸給月額が改定されることに伴い、同様に改定される予定の議員の歳費月額を昭和五十八年三月………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第19号(1982/05/28、12期)

ただいま議題となりました自由民主党・自由国民会議、日本社会党、公明党・国民会議及び民社党・国民連合の四派共同提案に係る第二回国際連合軍縮特別総会に関する決議案につきまして、提案者を代表し、提案の趣旨を御説明いたします。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 参議院 本会議 第2号(1981/12/22、12期)

ただいま議題となりました国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律案は、国会議員の秘書の給料月額等が、特別職の職員の給与に関する法律の一部改正に伴い本年四月から改定されますが、昭和五十六年度の期末手当及び勤勉手当の額の算出の基礎となる給料月額等につきましては、政府職員と同様、従前のとおり………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 参議院 本会議 第13号(1983/05/11、12期)

勝又議員の御質問についてお答えをいたします。まず、郵便貯金につきまして、臨調答申は各種の指摘、提言を含んでいるのでございますが、なかんずく定額郵便貯金の見直しに関する臨調答申の指摘につきましては、利用者国民に深くかかわる問題でもありますので、今後、関係方面の御意見を伺いながら十分慎重に検討すべきもの………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 参議院 本会議 第7号(1983/10/07、13期)

穐山議員の御質問にお答えをいたします。御質問は、電電公社の改革の展望と年金のあり方についてであったと承っております。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 参議院 本会議 第17号(1985/05/17、13期)

ただいま議題となりました国の補助金等の整理及び合理化並びに臨時特例等に関する法律案につきまして、補助金等に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法律案は、国の財政収支の改善を図るとともに、財政資金の効率的使用を図るため、累次の臨時行政調査会の答申の趣旨を踏まえ、国の負担………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 参議院 本会議 第9号(1986/11/11、14期)

ただいま議題となりました昭和六十一年度補正予算三案の委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。今回の補正は、九月十九日、政府が決定した総合経済対策を推進するため、公共事業費の追加を行うほか、給与改善費等当初予算作成後に生じた事由に基づき、特に緊要となった事項について措置を講ずることとし………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 参議院 本会議 第3号(1987/01/30、14期)

本院議員岩動道行君は、去る一月二十五日、心筋梗塞のため、大田区の東邦大学附属大森病院において忽焉として逝去されました。まことに痛惜、哀悼の念にたえません。私は、ここに同僚議員各位の御賛同を得て、議員一同を代表し、従三位勲一等故岩動道行君のみたまに、謹んで追悼の言葉をささげたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 参議院 本会議 第9号(1987/03/31、14期)

ただいま議題となりました昭和六十二年度暫定予算三案の予算委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。今回の暫定予算は、昭和六十二年度予算の年度内成立が困難な事情にありますので、国政運営に支障を来さないよう、四月一日から五月二十日までの期間について編成されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 参議院 本会議 第11号(1987/05/20、14期)

ただいま議題となりました昭和六十二年度予算三案の予算委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。昭和六十二年度予算は、現下の経済情勢にかんがみ、内需主導型経済成長への転換と景気の着実な拡大に資するとともに、他方、我が国財政の大幅な不均衡の改善を図るため、歳出の徹底した節減合理化を行う方針………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 参議院 本会議 第3号(1988/01/28、14期)

私は、自由民主党を代表して、現下の内外の重要課題について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。国民的期待の中でスタートした竹下内閣は、組閣以来既に土地国会をこなし、ASEAN首脳会談で貢献し、財政再建と内需拡大を盛り込んだ新年度予算を編成したほか、日米両国の友好発展の基礎を固めるなど、成熟への対応………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11