移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計*
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

小谷守参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  9期(1971/06/27〜)    2回    5388文字
 10期(1974/07/07〜)    4回    1850文字
 11期(1977/07/10〜)    1回    1670文字
 12期(1980/06/22〜)    1回    7350文字




参議院本会議発言一覧

第67回国会 参議院 本会議 第10号(1971/11/17、9期)

私は、日本社会党、公明党並びに民社党を代表いたしまして、ただいま議題となりました所得税法の一部を改正する法律案に対し、反対の討論を行なうものであります。まず、第一の反対理由は、今回の減税規模千六百五十億円が量的に少なきに失しているという点であります。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 参議院 本会議 第18号(1974/04/12、9期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま御報告のありました昭和四十七年度決算について、田中総理をはじめ関係各大臣に質問を申し上げたいと存じます。昭和四十七年という年は、田中総理にとっては、長年の宿願を果たして首相の座につかれた記念すべき年であったと思うのでありますが、皮肉にも国民にとっては深刻な不幸と苦………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第5号(1977/02/22、10期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。本案は、道路整備緊急措置法第三条第一項の規定について特例を設け、昭和五十年度の揮発油税等の決算調整額を昭和五十一年度の道路整備事業費の財源に充てることを内容とするものであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第6号(1977/03/14、10期)

ただいま議題となりました特殊土じよう地帯災害防除及び振興臨時措置法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本法律案は、衆議院建設委員長提出にかかるもので、特殊土じよう地帯災害防除及び振興臨時措置法に基づく災害防除及び農地改良に関する対策事業を引き続い………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第8号(1977/03/31、10期)

ただいま議題となりました治山治水緊急措置法の一部を改正する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、現行の治山事業及び治水事業に係るそれぞれの五カ年計画に引き続き、昭和五十二年度を初年度とする治山事業五カ年計画及び治水事業五カ年計画を策定するとともに、治………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第18号(1977/06/09、10期)

ただいま議題となりました国際観光文化都市の整備のための財政上の措置等に関する法律案につきまして、建設委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。本案は、衆議院建設委員長提出にかかるもので、国際観光文化都市がわが国の国民生活、文化及び国際親善に果たす役割りにかんがみ、これらの都市において特に必要………会議録へ(外部リンク)

第81回国会 参議院 本会議 第3号(1977/07/30、11期)

本院議員神田博君は、去る六月三十日、東京都新宿区の国立病院医療センターにおいて、心不全のため急逝されました。まことに哀惜の念にたえません。ここに私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、正三位勲一等故神田博君の霊に謹んで哀悼の言葉をささげたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 参議院 本会議 第4号(1981/10/01、12期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、鈴木総理の所信表明に対し、また現下国政の重要事項について、総理初め各大臣に御質問を申し上げたいと存じます。鈴木総理は、大平前総理御急逝の後を受けて、「和の政治」ということを信条に政権を担当されたのでありますが、あれから早くも一年三カ月が経過いたしました。「和の政治………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11