移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計*
 14期参議院議員活動統計*
 15期参議院議員活動統計*
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

神谷信之助参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

 10期(1974/07/07〜)    4回   11911文字
 11期(1977/07/10〜)    1回    2424文字
 12期(1980/06/22〜)    0回       0文字
 13期(1983/06/26〜)    3回    7862文字
 14期(1986/07/06〜)    0回       0文字
 15期(1989/07/23〜)    1回    2283文字




参議院本会議発言一覧

第75回国会 参議院 本会議 第19号(1975/06/30、10期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま報告された「地方財政の状況に関する報告」及び、それに関連する政府の地方財政対策について、総理並びに関係大臣に質問いたします。まず、今日の地方財政をめぐる基本問題についてであります。今日、地方財政は昭和二十八年から三十年にかけて全国を巻き込んだ赤字団体転落の時期、四………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 参議院 本会議 第18号(1975/12/24、10期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました昭和五十年度の公債の発行の特例に関する法律案について、反対の立場を表明し、討論を行うものであります。(拍手)わが党は、本法案の重要性にかんがみ、一貫してその徹底審議と公聴会開催を主張してまいりました。しかるに自民党は、衆議院はもちろん、参議院でも国………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 参議院 本会議 第9号(1976/05/10、10期)

私は、日本共産党を代表して、昭和五十一年度地方財政計画及び地方交付税法等の一部を改正する法律案について総理並びに関係閣僚に質問いたします。今日、地方財政はかってない危機に陥っています。五十年度赤字団体は、昭和三十年の三十六都道府県を上回る三十九都道府県に及び、黒字見込みは三、四団体にすぎないという戦………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 参議院 本会議 第14号(1977/05/20、10期)

私は、日本共産党を代表し、総理並びに関係各大臣に質問いたします。本題に入る前に、緊急の問題について一言質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第9号(1979/03/16、11期)

私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問をいたします。現在、自民党政府の大企業本位の高度成長政策の破綻は、地方自治体と地域住民に深い傷跡を残しています。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 本会議 第28号(1984/08/06、13期)

私は、日本共産党を代表して、健康保険法等の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。私は、まず、本法案が社会労働委員会において深夜に採決されるという異常な事態が生じたことについて強く抗議するものであります。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 参議院 本会議 第13号(1985/04/17、13期)

私は、日本共産党を代表して、いわゆる補助金カット一括法案について総理並びに関係大臣に質問いたします。まず、指摘したいことは、本法案の審議についてであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 参議院 本会議 第11号(1986/04/18、13期)

私は、日本共産党を代表し、国の補助金等の臨時特例等に関する法律案について、総理並びに関係大臣に質問いたします。まず、当面する緊急問題についてお伺いします。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 参議院 本会議 第9号(1992/04/09、15期)

私は、日本共産党を代表して、平成四年度の予算三案に対して反対の討論を行います。反対の第一の理由は、本予算案が、宮沢総理の言う生活大国は言葉だけで、国民の暮らし、福祉、教育を切り捨て、民活の名による大企業優遇の臨調行革路線を継続、強化する内容だからであります。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11