移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計*
 11期参議院議員活動統計*
 12期参議院議員活動統計*
 13期参議院議員活動統計*
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

安武洋子参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

 10期(1974/07/07〜)    2回    5679文字
 11期(1977/07/10〜)    3回   10216文字
 12期(1980/06/22〜)    1回    2605文字
 13期(1983/06/26〜)    5回   15530文字




参議院本会議発言一覧

第75回国会 参議院 本会議 第12号(1975/05/23、10期)

私は、日本共産党を代表して、製造たばこ定価法及び酒税法の各一部を改正する法律案について総理並びに関係大臣に質問します。いま物価の値上がりが国民の暮らしを激しく圧迫していることは言うまでもありません。実情を正しくあらわしていない総理府の消費者物価指数で計算した国民の実質収入でさえ、昨年は前の年より五%………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 参議院 本会議 第21号(1975/07/03、10期)

私は、ただいま議題となりました中西一郎委員長に対する問責決議案の提案趣旨説明に対し、日本共産党を代表して質問いたします。まず第一点は、参議院に送付された公選政治資金の二改正法案についての審議に当たって十分慎重な審議を行い、この改正案が持っている数多くの疑義について十分に各党とも質疑を行うことができる………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 参議院 本会議 第14号(1978/04/10、11期)

私は、日本共産党を代表して、昭和五十年度、五十一年度決算について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。これら両年度の予算は、昭和四十八、九年の物価狂乱と戦後最大の不況のもとで編成されたものであります。三木内閣は、歴代自民党政府の高度成長政策がもたらした当時の日本経済と国民生活の危機を前にして、「静………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 参議院 本会議 第15号(1979/05/30、11期)

私は、日本共産党を代表して、昭和五十二年度決算について総理並びに関係大臣に質問いたします。昭和五十二年度予算は、当初、財政再建を目指すということで、公債依存率が前年度よりも低く抑えられましたが、他方では、財政再建のためには国民も応分の負担をすべきである、こう称し、国民生活へのしわ寄せが一層強められ、………会議録へ(外部リンク)

第90回国会 参議院 本会議 第4号(1979/12/01、11期)

私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問いたします。最初に、総選挙結果に対する総理の認識と政治姿勢についてお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 参議院 本会議 第7号(1980/11/07、12期)

私は、日本共産党を代表して、防衛庁設置法等の一部を改正する法律案について質問いたします。本法案は、潜水艦隊を創設し、航空自衛隊補給本部を新編成するなど、アメリカの世界戦略、アジア戦略に基づく日米共同作戦体制が一層強化される中で、対米従属、憲法違反の自衛隊を増強しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 参議院 本会議 第8号(1983/11/18、13期)

私は、日本共産党を代表して、行革関連六法案に関し総理に対して質問をいたします。最初に、中曽根内閣、自民党が、田中議員辞職勧告決議案の棚上げと一連の悪法の成立を図るために、単独強行採決、単独会期延長のファッショ的暴挙を相次いで行ったことに対し、厳しく抗議をいたします。また本院でも、わが党は早くからロッ………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 本会議 第23号(1984/07/16、13期)

私は、日本共産党を代表して、健康保険法等改正案について総理並びに関係大臣に質問いたします。それに先立ち、まず私は、自民党が我が党の質疑続行要求を退け、本法案を強引に採決し、一千万を超す反対署名を寄せ連日のように請願行動を行っている多くの国民の声をじゅうりんしたことに対し、国民の怒りを代表して強く抗議………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 参議院 本会議 第20号(1985/06/07、13期)

私は、日本共産党を代表して、いわゆる労働者派遣法案に対する反対討論を行います。本法案は、幾千万の我が国労働者の基本的人権や労働条件にかかわる重大な法案であります。それは、戦後営々として労働者が築き上げてきた民主的労働法制を根底からゆがめ、資本の飽くなき合理化と利潤追求の前に無権利状態の労働者を大量に………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 参議院 本会議 第3号(1984/12/21、13期)

私は、日本共産党を代表して、国民年金改正法案について総理並びに厚生大臣に質問いたします。総理、我が党の宮本議長が日ソ両党会談でも明らかにしたように、今日の世界政治の差し迫った中心課題は、核戦争阻止、核兵器の完全廃絶であり、これはまた日本国民の切実な願いであります。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 参議院 本会議 第3号(1985/10/18、13期)

私は、日本共産党を代表して、中曽根総理に質問いたします。質問に先立ち、日航機事故で犠牲になられた方々に対し御冥福をお祈りし、御遺族に心からの哀悼の意を表します。同時に、政府に対し、事故原因の徹底究明と十分な補償、厳重な再発防止策を求めるものです。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11