移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計*
 19期参議院議員活動統計*
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

井上美代参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

 18期(1998/07/12〜)    5回   13363文字
 19期(2001/07/29〜)    4回   25369文字




参議院本会議発言一覧

第144回国会 参議院 本会議 第4号(1998/12/04、18期)

私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問をいたします。今、日本経済は、消費税の五%への引き上げ、医療費アップなどを契機として消費不況が深刻化し、完全失業率は四・三%、相次ぐ企業倒産など、戦後最悪、一刻の猶予も許されない事態に陥っております。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 参議院 本会議 第8号(2000/03/22、18期)

私は、日本共産党を代表し、国民年金法等三法案と共済四法案への反対討論を行います。公的年金は、国民の老後の所得、将来の生活の基盤をなすものであり、国民の生存権に深くかかわり、徹底した審議が不可欠のものです。しかし、きのう国民福祉委員会において、自民、自由、公明の与党三党は、審議が全く不十分なまま数の横………会議録へ(外部リンク)

第147回国会 参議院 本会議 第23号(2000/05/12、18期)

私は、日本共産党を代表して、社会福祉事業法等の一部を改正する法律案について質問いたします。昨日、私が会った母親は、自分が元気なうちに知的障害と自閉症の重複障害を持った二十七歳のこの子が安心して暮らせる社会をつくってほしいと必死で訴えられました。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 参議院 本会議 第26号(2000/05/19、18期)

私は、日本共産党を代表して、児童手当法の一部を改正する法律案について反対の討論を行います。私どもに電話をかけてきた母親は、息子の勤める運送会社が経営難で厚生年金を一方的に国民年金に切りかえられた、息子の所得は二百万円台、この四月に孫が生まれたばかりなのに児童手当は所得制限を超えて支給されないという、………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 参議院 本会議 第31号(2001/06/13、18期)

私は、日本共産党を代表して、確定拠出年金法案、いわゆる日本版四〇一k法案について質問をいたします。本法案そのものについての質問に入る前に、老後の生活保障の根幹をなす公的年金制度について質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第14号(2001/11/28、19期)

私は、日本共産党を代表して、雇用対策臨時特例法案について質問をいたします。九月の完全失業率は五・三%、過去最悪となりました。求職をあきらめた潜在的な失業者を加えれば、十人に一人が失業をしております。また、先日発表された全国私立学校教職員組合連合会の調査によると、親のリストラ、破産、廃業などで授業料が………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第5号(2002/11/13、19期)

日本共産党を代表して、母子及び寡婦福祉法等の一部改正法案について質問をいたします。今回の法案は、今年三月に出された母子家庭等自立支援対策に基づくものですが、この対策の中で、法案を待たずして八月実施となったのが児童扶養手当の見直しでした。満額支給される場合の所得制限二百四万八千円を百三十万円未満にまで………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第18号(2003/04/18、19期)

私は、日本共産党を代表して、雇用保険法案について坂口厚生労働大臣に質問をいたします。完全失業者は三百五十万人、社会保障負担と増税による四兆円の国民負担増で、不況の一層の深刻化が懸念されております。再就職は大変難しく、失業の長期化が進んでおります。失業は、本人にとっては、人間としての尊厳を奪われ、自殺………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第27号(2004/06/04、19期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま提案のあった厚生労働委員長国井正幸君の解任決議案に対する賛成の討論を行います。まず、私は、昨日の参議院厚生労働委員会で行われた、議会制民主主義を破壊し、良識の府であるはずの参議院の歴史に取り返しの付かない汚点を残した暴挙に対し、満身の怒りを込めて糾弾をいたします。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11