移動
国会議員白書トップ
衆議院議員活動統計
 23期衆議院議員活動統計*
 24期衆議院議員活動統計*
 25期衆議院議員活動統計*
 26期衆議院議員活動統計*
 27期衆議院議員活動統計*
 28期衆議院議員活動統計*
 29期衆議院議員活動統計*
 30期衆議院議員活動統計*
 31期衆議院議員活動統計*
 32期衆議院議員活動統計*
 33期衆議院議員活動統計*
 34期衆議院議員活動統計*
 35期衆議院議員活動統計*
 36期衆議院議員活動統計*
 37期衆議院議員活動統計*
 38期衆議院議員活動統計*
 39期衆議院議員活動統計*
 40期衆議院議員活動統計*
 41期衆議院議員活動統計*
 42期衆議院議員活動統計*
 43期衆議院議員活動統計
 44期衆議院議員活動統計
 45期衆議院議員活動統計
 46期衆議院議員活動統計
 47期衆議院議員活動統計
*は在籍期

参議院議員活動統計

衆議院議員一覧







サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

中曽根康弘衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

 23期(1947/04/25〜)    5回   27031文字
 24期(1949/01/23〜)    4回   37826文字
 25期(1952/10/01〜)    1回    5996文字
 26期(1953/04/19〜)    1回   13442文字
 27期(1955/02/27〜)    1回       8文字
 28期(1958/05/22〜)    3回    1575文字
 29期(1960/11/20〜)    0回       0文字
 30期(1963/11/21〜)    0回       0文字
 31期(1967/01/29〜)    7回    4813文字
 32期(1969/12/27〜)    7回   22939文字
 33期(1972/12/10〜)   18回   49319文字
 34期(1976/12/05〜)    0回       0文字
 35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
 36期(1980/06/22〜)   29回  200914文字
 37期(1983/12/18〜)   59回  411510文字
 38期(1986/07/06〜)   26回  230342文字
 39期(1990/02/18〜)    0回       0文字
 40期(1993/07/18〜)    0回       0文字
 41期(1996/10/20〜)    1回    1410文字
 42期(2000/06/25〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第27号(1947/08/21、23期)

私は、地方自治と行政改革の問題に関しまして、警察制度の改革はいかにあるべきか、具体的の方策を論じて見たいと思います。御承知のように終戰以來の日本の治安状態は敗戰国といたしましてはかなり良好に推移いたしておるのであります。これは一方においては当局のなみなみならぬ苦心もあると思いますが、占領軍側における………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第28号(1947/08/23、23期)

二日にわたりまする各議員の熱心なる御討論を拜聴いたしまして、政府においてももちろん、われわれも非常なる示唆と感銘とを得た次第であります。各党派ないしは議員によりまして発言の表現は違うようでありますが、私は次のような点において大体において思想の一致があるように見受けた次第であります。まず第一は、地方分………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/11/11、23期)

私は、民主党を代表して、国家公務員法改正に関し質問したいのでありますが、総理大臣は所用でおりませんようですから、明日御答弁を伺います。労働大臣、大蔵大臣、臨時人事委員長に質問をいたしたいと思います。私が質問をいたしますことは、大略次の三点であります。すなわち、本改正案における憲法、行政法上の問題、第………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第25号(1948/11/30、23期)

ただいま一括議題となりました四法案並びにその修正案に対して、民主党を代表いたしまして賛意を表する次第であります。(拍手)日本国有鉄道法案並びに日本専賣公社法案は、從來の国有国営企業を一括して公共企業体に改編し、もつて企業の民主化と能率化と、それから独立採算制へ一歩前進せんとする試みでありまして、この………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第20号(1948/12/22、23期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま議題となつております両議案に対して、忍びがたきを忍んで賛威の意を表する者であります。吉田内閣成立してここに三箇月、われわれは、この内閣の能力とこの内閣の出現が日本民族の国際信用に及ぼす影響を考慮したがゆえに、国家の前途を思つて、この内閣の誕生に消極的見解をとつ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第18号(1949/04/16、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま上程されました昭和二十四年度一般会計並びに特別会計予算に対して反対の意を表するものであります。次に私は、本予算編成に関する政府の構想を批判しつつ、われわれの見解を披瀝せんとするものであります。本年度予算を審議するにあたつて、われわれがまず究明しなければならない………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第9号(1949/12/23、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいまの統制撤廃の問題に関して、関係大臣に質問をいたしたいと思います。このたびの指定生産資材割当規則を中心とする一連の統制撤廃に関しては、私は、ある程度の経緯を実は表するのであります。御存じのように、今回の統制撤廃によつて、まず第一に、国家財政の負担がかなり軽減され………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第16号(1951/02/27、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました諸予算のうち、昭和二十六年度一般会計予算を次のごとく組みかえせんことを政府に要求し、本諸原案について反対の意思を表明するものであります。(拍手)昭和二十六年度一般会計予算に対する修正――歳入、外国為替特別会計への操入れ中止五百億、歳出、一、………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第14号(1952/02/23、24期)

私は、改進党、社会党両砥代表いたしまして、ただいま議題になりました件について関係大臣に質問をいたします。私の質問は技術的な質問てありまして、こまかい点に触れまするのて、関係大臣の明快なる、親切なる御答弁をお願いいたしたいと思います。その御答弁の状況によりましては再質問の権利を留保いたしまして、ここに………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/03/02、25期)

万延元年三月三日、井伊大老は桜田門外で勤皇の志士に殺されました。昭和二十八年三月二日、吉田総理は、本議場において、政治的に殺されたと同然のことになつたのであります。勤皇の志士を井伊大老は刀をもつて切つても、時代の波を切ることはできなかつた。吉田総理も同じ例であります。なぜこのような事態になつたかとい………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第7号(1954/01/29、26期)

私の質問は三点であります。第一は国防の問題であります。第二は国際収支の危機に関する問題であります。第三は憲法に関する問題であります。ただいまより質問をいたします。昭和二十九年の今日は、独立第二回目の新春であります。形式的には独立第二回目の春を迎えたとは言え、この日本に必ずしも完全な独立国としての資格………会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 本会議 第7号(1956/11/27、27期)

━━━━━━━━━会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 本会議 第6号(1959/07/01、28期)

お答えいたします。新潟地方の地盤の沈下の原因につきましては、特別委員会の報告は少数説と多数説に分れておりまして、その結論は、地下水の大量かつ急激な揚水によるという説を重視せざるを得ないという表現になっております。それと同時に、これが対策につきましては、実情に即した対策を立てることを特に要望しておるの………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第5号(1960/02/03、28期)

防衛問題を除きまして、科学技術振興に関する岡さんの御意見には同感の点が非常に多いと考えます。防衛問題につきましては、遺憾ながら、考えを異にいたしております。特に、国産技術を保護奨励しなければならない、貿易の自由化に即応して対策をとる必要があるという御議論は、非常に傾聴すべき御議論だと思いまして、科学………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第7号(1960/02/11、28期)

科学技術庁といたしましては、第一に、ガスの自動警報装置を完全にするということ、第二に、自然発火の徴候を早期に発見する計測機を完全にするということ、第三番目に、落盤の防止のために水圧鉄柱等の研究を促進する、その他、鉱山通気、保安技術の研究を特に重視いたしまして、重点的に取り上げていくつもりでございます………会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 本会議 第4号(1967/12/08、31期)

お答えいたします。国鉄は、通勤輸送、幹線輸送等を中軸とする第三次輸送力増強計画を遂行中でありまして、建設工事等のために、来年度は約千百億円余の赤字が見込まれ、これがため、若干の定期値上げを含めた対策を要望しております。しかし、運輸省といたしましては、これは来年度予算編成に関係することでもありまして、………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第9号(1968/03/07、31期)

運輸省は、最近の自動車の非常な激増とか、あるいは交通事情の変化とか、そういう新しい事態に対応して、行政体系を刷新しなければならぬ段階に来ていると痛感しております。従来、運輸省の大臣というのは、課長とか係長だとさえいわれております。なぜかと申しますと、許可認可の権限を持っているのはその人たちであります………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第22号(1968/04/09、31期)

新東京国際空港公団法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。新東京国際空港は、将来における航空輸送需要の急激な増大と航空機の急速な進歩に対応できる国際空港として建設されるものでありますが、これが建設に当たる新東京国際空港公団においては、当面の最大の課題として空港用地の確保に………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第26号(1968/04/19、31期)

まず、航路及び航空路の問題が起きますが、復興資材及び人員の輸送は、国及び都において実施いたします。復興が進むにつれまして、民間輸送の問題が起きますが、民間事業者によりまして、小笠原航路をいずれ開設させる予定であります。小笠原航路は、当初は相当欠損になるとも思われますので、その場合には国及び都において………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第30号(1968/05/07、31期)

沿岸漁業の漁船乗り組み員の待遇改善を要することは御指摘のとおりであります。そこで、昭和三十七年以来、労働条件の改善あるいは労働環境の改善のための措置要綱をつくりまして、指導しております。労働条件の問題では、歩合制の改善、休日休暇の設定、長期雇用契約への切りかえ、船内食料の改善等が眼目であります。それ………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第35号(1968/05/17、31期)

青函連絡港湾施設の被害が若干ございまして、青森岸壁はだいじょうぶでございましたが、函館において相当な亀裂が出ました。昨日は青函連絡の航送力は約五〇%でございましたが、本日は大部分復旧いたしまして、九〇%に回復をいたしました。空港につきましては、空港間及び空港内部における電話回線、テレタイプ回線の一部………会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 本会議 第39号(1968/05/23、31期)

中国経由で日本へ飛行機の乗り入れを希望している国は、フランスとパキスタンでございます。それから外国で目下中国へ民間航空を入れている国は、フランス、パキスタン、ソ連、北鮮、モンゴル、カンボジアの国々でございます。お話しのように、東京−北京ルートというのは、非常に魅力のある国際観光ルートになると思いまし………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第13号(1970/03/26、32期)

防衛庁設置法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。この法律案は、防衛庁設置法のほか、自衛隊法並びに防衛庁職員給与法の一部改正を内容としております。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第17号(1970/04/07、32期)

板付から金浦飛行場に対する飛行は、全く防衛庁としては関知しませんでした。当方といたしましては、韓国の領海付近を通過するものでありますから、安全飛行を米軍を通じて、韓国に強くお願いをしておったのであります。私も、米軍を通じて、飛行経路が刻々私のところに通報されてまいりましたが、三十八度線付近まで行った………会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 本会議 第4号(1970/11/27、32期)

三島事件は、まことに遺憾な事件でございます。調査の結果によりますと、あのように世界的に有名な人が、面会の予約をいたしまして平穏裏に入ってきたところ、突如として手足を縛り、さるぐつわをはめたというのが状況でありまして、時の要求項目を見ますと、もし要求を聞かなければ益田総監を殺して自決するということが明………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第7号(1971/02/16、32期)

防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明いたします。まず、防衛庁設置法の一部改正について、御説明いたします。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第10号(1971/02/23、32期)

お尋ねの件は、団体の意見を会長名で伝えたものと思います。私は、自民党員として、党議及び閣議の決定に従うものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第15号(1971/03/09、32期)

昨年十二月二十一日に、日米安保協議委員会を通じまして、米軍から、八千四百名の離職者を出すということ、これを三月から六月の間に実行したいという希望の表明がありました。当方といたしましては、各省とも協議をいたしまして、ただいま労働大臣その他が申されたような政策を推進中でございますが、特に、当方といたしま………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/01/31、32期)

私は、自由民主党を代表して、佐藤内閣総理大臣に質問をいたします。(拍手)私は、今日は、日本の当面する内外の根本的問題について、政府の見解をただすこととし、残余の事項は、他日同僚の質問にお譲りいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第6号(1973/02/14、33期)

今回の通貨調整は、わが国の中小企業に対して相当な影響があるものと懸念し、その対策に万全を期しております。すなわち、金融関係につきましては、政府関係金融機関並びに民間銀行に対しまして、臨時、緊急の金融措置を講ずるように指示または要請をいたしました。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第12号(1973/03/01、33期)

第一に、商品取引所法を改正して、もっと規制する必要はないか、こういう御質問でございますが、商品取引所は、元来、商品流通を円滑にしたり、あるいは将来の取引をヘッジするという重要な機能があるところでございます。ところが、これが投機に用いられたりして、かえって、商品取引を不円滑にしたりあるいは不安を与えた………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第21号(1973/04/03、33期)

商社に買占めあるいは投機ありやということでございますが、三月の十三日から十五日にわたりまして、通産省で、六大商社について調査を実施いたしました。四十六年上期から四十七年下期にかけまして調べましたところ、四十七年九月末におきましては、通常の営業に必要な運転資金を上回る、約六千六百億円にわたるきわめて流………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第26号(1973/04/13、33期)

国際経済上の調整措置の実施に伴う中小企業に対する臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。去る二月十四日に実施されました円の変動相場制への移行は、輸出関連の中小企業の事業活動に著しい影響を及ぼすことが憂慮されております。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第27号(1973/04/17、33期)

大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。わが国の小売商店数は、百四十万店をこえ、そこに働く人々も約四百五十万人に達しておりますが、大部分の商店はきわめて零細であるので、百貨店、スーパー等の大規模な小売店の進出によって著しい影響を受ける場合が………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

木材の海外の輸出制限の動向でございますが、わが国の輸入依存率は五五%になっております。ところが、輸入量の約四分の一を占める米国におきまして、最近パックウッド法案とかあるいはアシュレー法案という法案がアメリカ国会に提出されております。パックウッド法案によれば、七七年に輸出全面禁止、アシュレー法案によれ………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第31号(1973/05/08、33期)

発電用施設周辺地域整備法案につきまして、その趣旨を御説明いたします。わが国の電力需要は、国民生活の向上と国民経済の発展に伴い、今後とも毎年一〇%程度の伸びが予想されています。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第46号(1973/06/26、33期)

PCBや水銀の汚染に関しましては、心から遺憾の意を表する次第でございます。通産省といたしましては、有害物質は極力これを使用させないという方針のもとに、いま指導しております。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第52号(1973/07/19、33期)

中小企業基本法第八条に基づきまして、先般、政府が国会に提出いたしました昭和四十七年度中小企業の動向に関する年次報告及び昭和四十八年度において講じようとする中小企業施策の概要を御説明申し上げます。初めに、中小企業の事業活動について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第58号(1973/09/07、33期)

韓国と友好親善を維持し、隣国の民生と福祉の向上に協力したいというのは、日本国民の念願であります。これは現在といえども変わっていないと思います。また、独立国家としての日本の尊厳を維持するということは、われわれ政府当局の国民に対する大きな責任であると思います。問題は、主権侵害の事実があったかどうかという………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第9号(1974/01/23、33期)

物資の調査の問題でございますが、一月七日に田中総理から指示がありまして、約千件ばかりの倉庫の調査を至急やれ、こういう御指示に基づきまして、関係各省で集まりましてその手はずをきめて、一月十六日から実施しておるところでございます。通産省といたしましては、六品目、灯油、LPG、合成洗剤、塩ビ管、印刷用紙、………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第10号(1974/01/24、33期)

石油の対策がおくれたではないか、こういう第一の御質問でございますが、私はおくれたと思っておりません。日本の国情に合うように、弾力的に処置してきたと思っております。と申しますのは、十月に中東戦争が起こりまして、各国はいろいろ措置をやりましたけれども、日本政府の場合は、日本国民の社会的心理を考えまして、………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第20号(1974/03/26、33期)

石油開発公団法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。石油開発公団は、創立以来六年余にわたり、海外における石油、可燃性天然ガスの探鉱資金の投融資業務、開発資金の債務保証業務等を通じ、文字どおり海外石油開発の中核的推進母体となって活動してまいりました。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第23号(1974/04/04、33期)

インフラストラクチュアにまで手を出すことは、経済侵略の手助けをすることにならぬかという御質問でございますが、そのように思いません。第一、インフラストラクチュアをどういうふうにやるかということは、相手国政府または公共団体等の要請に基づいて行なうものでございます。それから、仕事の内容は、そのプロジェクト………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第25号(1974/04/11、33期)

地熱発電の推進については、同感でございます。地熱発電は、日本では大体二千万キロワットの潜在力があるといわれておりまして、現在稼働中のものはわずかに三万キロワット、建設中のものが十六万キロワットでございますから、日本のこれからのエネルギー源としては、大いに注目して開発すべき部分でございます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第33号(1974/05/23、33期)

中小企業基本法第八条に基づきまして先般政府が国会に提出いたしました、昭和四十八年度中小企業の動向に関する年次報告及び昭和四十九年度において講じようとする中小企業施策の概要を御説明申し上げます。最初に、中小企業の事業活動の動向について見ますと、昨年一年は、国内面では、石油製品をはじめとする物資の供給逼………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第2号(1973/12/03、33期)

総需要の抑制につきましては、総理から御答弁がございました。通産省といたしましても、第四・四半期の民間設備投資の削減について、審議会の議を経て近く発表いたします。産業構造の転換につきましても、すでに御答弁がございましたが、石油をはじめ、資源について不急不要のものから重点的に回せという御議論については同………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第3号(1973/12/04、33期)

インフレを抑制するために、大口設備投資を規制せよ、これは同感でございまして、すでに九月から政府は建築関係の抑制を強力に実施しておりますと同時に、この十六日の緊急対策要綱におきましても、総需要抑制の一環として、設備投資の抑制、規制をすることになっております。けさほども閣議におきまして、民間設備投資、公………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第5号(1980/10/07、36期)

行政改革は現在の政治の最重要課題の一つであると心得まして、鈴木総理大臣御指導のもとに、内閣一体になって大いに真剣に努力するつもりでおります。当面は、いわゆる昭和五十五年行革と言われるもののやり残しを完成することでございまして、八つの重大法案がまだ残っております。ブロック機関の整理とかあるいは公社、公………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第12号(1980/11/06、36期)

臨時行政調査会設置法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年、わが国内外の社会経済情勢は大きく変化し、わが国は、今後、エネルギー・資源の制約、財政赤字の累積等の多くの困難を克服しつつ、経済の発展と社会の成熟化の進展、先進国家としての国際的役割りの増大等に伴う新たな課題に対応していくことが要………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第13号(1980/11/07、36期)

春田議員の第一問は、第二臨調の位置づけいかんということでございました。いわゆる第一次臨調は、高度経済成長期に当たりまして、行政の効率を中心に答申がなされたと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第7号(1981/02/19、36期)

税務職員の御苦労に対しましては、われわれもよく理解もし、配慮もしてあげなければならないと思っております。政府といたしましては、ただいま総定員法のもとに第五次定員削減計画を実施中でございまして、昨年から始めて、五年間に三万七千六百五人の定員を減らすということを、いま進行さしておる最中でございます。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第12号(1981/03/24、36期)

電電公社の経営は、関係者の努力によりましてかなり良好、順調でありまして、この点につきましては、関係者の努力を大いに評価するものでございます。しかし、この背景には、国家の独占企業で競争者がいないということ、それから、五十一年に料金を決めましたけれども、結果的に、やや余裕を持った料金となった、こういうよ………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第14号(1981/03/27、36期)

建設省におきまする審議会の答申につきましては、できるだけ尊重さるべきものと心得ております。住宅基本法制定に関する審議会の答申につきましては、いま御答弁がありましたように、建設省におきまして関係各省庁の意見を調整している最中でございまして、この推移を見守ってまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第27号(1981/05/22、36期)

私が訪米いたしました際に報告書のようなものをつくったと言われますが、そういう事実はございません。防衛庁長官が報告書をつくるということはないのです。出すとすれば総理でしょうけれども、総理に対しても、そういうものをつくった例はございません。ただ、当時私に随行した者が、部内の資料として私の行動をメモしたそ………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/10/06、36期)

行政改革を推進するため当面講ずべき措置の一環としての国の補助金等の縮減その他の臨時の特例措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。先般、政府は、行政の合理化、効率化を推進するとともに、財政再建に関する緊急な課題に対処する等のため、去る七月十日に行われた臨時行政調査会の行政改革に関………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/01/28、36期)

臨調の七月答申が今度の予算編成でどの程度実施されたかというのが第一の御質問でございますが、かなりの程度実現したと考えております。ただ、大部分の臨調委員から、たとえば給与の抑制、公務員や政府関係要員の給与の抑制が不徹底であった、こういう御批判をいただいております。しかし、今回の答申は当面の緊急措置でご………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第3号(1982/12/03、36期)

このたび、私は、内閣総理大臣に任命されました。決意を新たにし、国民の皆様の御信頼と御期待にこたえてまいります。いまや世界情勢は、問題山積の中に、いよいよ厳しい様相を呈し、さらに、内政もまた重大な転換期を迎えております。私は、この風雪を突破して、日本に新たな黎明をもたらすよう全力を尽くします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/12/08、36期)

飛鳥田議員にお答えいたします。まず、清潔、公正な政治を確立せよという御質問でございますが、まことに同感でございます。やはり民主主義は国民の信頼の上に初めて確立されると思います。そういう意味におきまして、政治家一人一人あるいは政党、政治団体、すべてが国民の意を体して、見本になるようなりっぱな清潔な行動………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第5号(1982/12/09、36期)

竹入議員にお答え申し上げます。まず、先般の自民党の総裁公選等によりまして政治の空白が起きましたことにつきましては、遺憾の意を表する次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第6号(1982/12/14、36期)

伊藤議員の御質問にお答えいたします。まず、歳入欠陥に対する責任論でございますが、本年度におきまして六兆一千億円に及ぶ租税収入の欠陥を生じましたことは、はなはだ遺憾でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第2号(1983/01/24、36期)

第九十八回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して私の施政の方針を明らかにし、国民の皆様方の御理解と御協力を得たいと思います。近年、世界は、東西の軍事的対立や南北問題という現代の構造的問題に加え、先進国、開発途上国、自由圏、共産圏を問わず、未曽有の経済的社会的困難に直面しており、失業と生活の不安………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/01/27、36期)

飛烏田委員長にお答えをいたします。まず、昨日のロッキード裁判における所見でございますが、政治家の一人といたしまして、厳粛な気持ちでこれを受けとめており、冷静にこの推移を見守っていきたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第4号(1983/01/28、36期)

竹入委員長の御質問にお答え申し上げます。まず、政治倫理の問題でございましたが、先般の論告求刑につきましては、厳粛な気持ちで受けとめております。今後、裁判の行方を冷静に見守ってまいりたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第7号(1983/02/18、36期)

上田議員の御質問にお答えいたします。まず第一は、不公平税制への不満の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第8号(1983/02/22、36期)

加藤議員の御質問にお答えをいたします。最初の御質問は、五十七兆に及ぶこの大きな借金財政をいかにするかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第9号(1983/03/03、36期)

野口議員の御質問にお答えをいたします。まず、赤字公債脱却の時期いかんという御質問でございました。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第12号(1983/03/18、36期)

渡部議員にお答えいたします。まず、運命共同体でありますが、日本とアメリ会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第13号(1983/03/22、36期)

近岡議員の御質問にお答えをいたします。まず第一は、国鉄の長期債務、青函トンネルあるいは本四架橋のような膨大な負担について、どのように対応するかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第16号(1983/04/15、36期)

矢山議員の御質問にお答えをいたします。まず、行革に取り組む基本姿勢について御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第17号(1983/04/19、36期)

山花議員の御質問にお答えをいたします。まず、第二臨調答申を白紙に戻せ、そういう御質問でございますが、白紙に戻す考えはございません。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第21号(1983/05/12、36期)

小川議員の御質問にお答えをいたします。まず、その前に、私のASEAN訪問につきまして御懇篤なお言葉をいただきまして、謹んで感謝申し上げる次第であります。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/09/10、36期)

第百回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を仰ぎたいと存じます。去る九月一日早朝、大韓航空機がサハリン西南端の海上で行方不明になるという事件があり、諸般の情報を分析した結果、当該航空機は驚くべきことに、ソ連軍用機のミサイルにより撃墜されたことが確認されております。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第4号(1983/09/12、36期)

田辺議員にお答えをいたします。多様な御質問をいただきましたので、一つ一つお答え申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第5号(1983/09/13、36期)

浅井議員にお答えを申し上げます。質問は多岐にわたりましたので、要点を簡潔に申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第6号(1983/09/20、36期)

嶋崎議員の御質問にお答えをいたします。まず第一は、安保、防衛、そのほかの政策問題について臨調がこれを検討することは越権ではないかという御質問でございますが、この臨時行政調査会設置法におきましても、行政の制度並びに運営、この問題につきまして総合的に検討するように、臨時行政調査会は使命づけられ、また、そ………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第7号(1983/10/04、36期)

佐藤議員にお答えをいたします。まず、政治資金規正法の問題でございますが、確かに、時代の変化に相応いたしまして、政治資金規正法は絶えず検討を加えていく必要があると思っております。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第3号(1984/02/06、37期)

私は、昨年十二月二十七日、再び内閣総理大臣の重責を担うことになりました。私は、現代が大きな歴史的転換期にあることを深く自覚しつつ、国際的信頼の維持強化を図り、堅実に内政を固め、二十一世紀へ向けて順を追って内外の準備を進めるべく、国民の皆様の信頼にこたえ、その御協力を得て全力を傾けて国政に取り組んでま………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第4号(1984/02/08、37期)

石橋議員の御質問にお答えをいたします。まず、選挙の結果や政治倫理に関するお話が最初にございましたが、これは御親切な御助言とし会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第5号(1984/02/09、37期)

竹入議員から、各方面にわたる極めて御示唆に富む御質問をいただきました。順次、御答弁を申し上げます。まず、時代の課題克服への具体的施策を冒頭御質問をいただきました。現代は、国際環境におきましても、また国内関係、特に財政問題等におきましても、極めて厳しい状態のもとに日本はございます。この厳しい中にありま………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第6号(1984/02/22、37期)

渋沢議員にお答えをいたします。まず、減税の真意いかんということでございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第7号(1984/02/24、37期)

上田議員にお答えをいたします。まず、前回の選挙に関する御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第8号(1984/02/28、37期)

安田議員の御質問にお答えをいたします。まず、国の都合によって財源措置や歳出抑制策が適当に行われるということは地方自治の発展を阻害しないかということでございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第9号(1984/03/09、37期)

網岡議員にお答えをいたします。最初の御質問は、雇用の安定を図るための基本政策についての御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第13号(1984/03/30、37期)

野口議員にお答えをいたします。御質問は三点であります。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第14号(1984/04/03、37期)

村山議員にお答えをいたします。まず第一は、今回の健康保険制度の改正は選挙中の公約と違うではないかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第15号(1984/04/05、37期)

左近議員にお答えをいたします。私の水泳に大きな関心を寄せていただきまして、まことにありがとうございます。大いにスポーツを振興したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第16号(1984/04/12、37期)

和田議員にお答えをいたします。確かに御指摘のように、消費者信国産業は近年非常に多様化し、拡大化し、かつ複雑化しておりまして、節度のなさあるいは消費者の無知や情報不足に基づいて、それに乗じてきているようなトラブルも少なくございません。そういう新しい事態にかんがみまして、本法を制定したいと考えておる次第………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第17号(1984/04/13、37期)

佐藤議員にお答えをいたします。まず、今回の改正案が教育の機会均等の方針に対して教育基本法の理念に反するのではないかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第18号(1984/04/17、37期)

松前議員にお答えをいたします。まず、「むつ」のあり方についての御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第19号(1984/04/19、37期)

竹村議員にお答えをいたします。まず、児童扶養手当の見直しは制度の改悪ではないかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第20号(1984/04/20、37期)

元信議員の御質問にお答えをいたします。閣僚は誠心誠意御答弁していると思います。どうぞ御質問もわきにそれずにまともな御質問をお願いいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第21号(1984/04/25、37期)

町村議員にお答えをいたします。まず、教育に対する認識と基本的理念いかんという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第22号(1984/04/27、37期)

去る四月二十五日の本会議において、臨教審法案の各党質疑に対し答弁中、国会同意は中立性を損なうと受け取られる内容がありましたが、国会同意は中立性を損なうものではありません。(拍手)皇室会議予備議員の選挙会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第23号(1984/05/08、37期)

佐藤議員にお答えをいたします。まず、教育改革のねらいは何であるかということでございますが、これは前から申し上げますように、二十一世紀を目指す世界的日本人をつくる、これが我々の教育改革であり、教育の権力支配や戦前回帰を意図するものではありません。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

鈴木議員にお答えをいたします。まず、現行公社制度を廃止して、株式会社形態に改正する理由いかんという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第29号(1984/06/15、37期)

私は、今般、国会のお許しを得て六月七日から九日まで英国ロンドンにおいて開催された第十回主要国首脳会議に安倍外務大臣及び竹下大蔵大臣とともに出席し、引き続き英国公式訪問の後、六月十三日に帰国いたしました。ここに、その概要を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第30号(1984/06/19、37期)

林議員にお答えをいたします。その前に、今回のロンドン・サミット出席に際しまして、国民の皆様方からは多大の御支援をいただき、また野党の党首の皆様方からはいろいろ御見識あるお考えを拝聴させていただきまして、厚くお礼申し上げる次第でございます。一生懸命やったつもりでございますが、必ずしも御期待に沿い得なか………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

土井議員にお答えいたします。まず、婦人差別撤廃条約を一切留保することなく完全に批准を目指すべきであるという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第6号(1985/01/25、37期)

第百二回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して施政の方針を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。私は、内閣総理大臣の重責を担って以来、戦後政治の総決算を標榜し、対外的には世界の平和と繁栄に積極的に貢献する国際国家日本の実現を、また、国内的には二十一世紀に向けた「たくましい文………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第7号(1985/01/28、37期)

石橋委員長から重要かつ膨大な質問をいただきましたので、若干時間をいただきまして、一つ一つ御答弁申し上げたいと思います。なお、ことしは社会党結党四十年でございまして、まことにおめでとうございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第8号(1985/01/29、37期)

竹入委員長にお答えを申し上げます。まず第一は、憲法問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第10号(1985/02/15、37期)

上田議員にお答えを申し上げます。まず、大型間接税の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第11号(1985/02/19、37期)

山下議員にお答えをいたします。まず、地域経済格差の是正の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第15号(1985/03/20、37期)

大島議員にお答えをいたします。第一問は、補助金等の整理合理化の基本的な考え方に対する御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第18号(1985/04/02、37期)

伊藤議員にお答えをいたします。第一問は、現在の国債の累積の状況に対する責任と返済の手順の質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第20号(1985/04/11、37期)

川崎議員にお答えをいたします。まず第一は、なぜこのような貿易摩擦の激化が生じたかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第21号(1985/04/16、37期)

細谷議員にお答えをいたします。第一問は、農業、農村の現状への対応でございます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第26号(1985/05/09、37期)

私は、今般、国会のお許しを得て、五月二日から四日までボンにおいて開催された第十一回主要国首脳会議に、安倍外務大臣、竹下大蔵大臣、村田通産大臣とともに出席し、その際あわせてドイツ連邦共和国コール首相の招待にこたえて同国を訪問し、五月七日に帰国いたしました。ここに、その概要を御報告申し上げます。今次ボン………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第37号(1985/06/18、37期)

塩島議員にお答えをいたします。共済年金の改正理由でございますが、高齢化社会の到来に備えまして、給付と負担の均衡を図り、公平で安定した年金制度の確立が不可欠であります。この趣旨に沿いまして、民間の人々については、既に基礎年金の創設、厚生年金の給付の適正化のための法律が成立しております。共済年金について………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第38号(1985/06/24、37期)

佐藤議員にお答えをいたします。まず、一票の価値の許容量の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第1号(1985/10/14、37期)

第百三回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を仰ぎたいと思います。まず、去る八月十二日に発生した日本航空一二三便の墜落事故により亡くなられた方々、御遺族の方々に対し、心から哀悼の意を表するとともに、負傷された方々に謹んでお見舞いを申し上げます。政府は、事故原因の徹底的な………会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第2号(1985/10/16、37期)

田辺議員の広範、綿密な御質問に対しましてお答えを申し上げます。まず中期防衛力整備計画と一%の問題でございますが、我々は、平和憲法のもとに、専守防衛の理念を堅持して他国に脅威を与えるような軍事大国にならず、文民統制を確保し、総合的安全保障のもとに、節度あり、かつ有効な防衛力の整備を図るというこの方針は………会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第3号(1985/10/17、37期)

浅井議員の御質問にお答えをいたします。まず日航機の事故に対しましては、心からお見舞いを申し上げ、哀悼の意を表し、事後対策に対して万全の措置を行う考え方でおります。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第4号(1985/11/12、37期)

深谷議員にお答えをいたします。まず、行政改革の今後の進め方でございますが、政府は、臨調答申を受けまして、累次にわたる行革大綱を決定して、計画的かつ着実に進行さしてきたつもりでございます。これまで行政機構の整理合理化、国家公務員数の縮減、電電、専売両公社の民営化、医療保険制度の改正、厚生年金等の制度の………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第2号(1986/01/27、37期)

第百四回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して施政の方針を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。私は、国政の重責を担って以来三年間にわたり、「戦後政治の総決算」を唱え、行財政改革を中心とする諸改革を推進し、世界に開かれ、世界とともに歩む国際国家日本を実現するため、全力を尽く………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/01/29、37期)

石橋議員の御質問にお答えをいたします。まず、スペースシャトル・チャレンジャーの不慮の事故に対しまして、心からお見舞いを出し上会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/01/30、37期)

竹入議員の御質問にお答えをいたします。まず、冒頭に当たりまして、新潟県の雪崩により御遭難なさいました皆様方、御家族の皆様方にも、心から哀悼の意を表します。政府といたしましては、山崎国土庁長官を団長とする調査団を早速派遣いたしまして、お見舞い申し上げると同時に、被災者に対する諸般の対策あるいは将来の警………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第7号(1986/02/20、37期)

児玉議員にお答えをいたします。まず、六十五年度赤字国債依存体質からの脱却の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/02/21、37期)

山下議員にお答えをいたします。まず、財政運営と不況との問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第9号(1986/02/25、37期)

上野議員にお答えをいたします。本計画は、内需を喚起して、成長促進のための新しい事業でありまして、民間の経営力と民間の資金を活用しようとする、雄大かつ適切な事業であります。この民間活力の利用につきましては、経済の運営、あるいは公的規制の見直し、あるいは公共的事業分野における新しい事業、例えば、関西空港………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第10号(1986/03/06、37期)

渡辺通商産業大臣の、去る三月一日の福岡市における発言は軽率であり、まことに遺憾であります。私も、渡辺通商産業大臣に対し、厳重に注意いたしましたが、渡辺通商産業大臣自身も、深く反省しております。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

中村議員にお答えをいたします。まず、就任以来やった仕事は何かというところでございますが、就任以来なすところ少なきを恐れております。「戦後政治の総決算」という信念のもとに、行政改革、財政改革、教育改革、税制改革等を推進し、国際国家日本、たくましい文化と福祉の国をつくるために、今後も一生懸命努力してまい………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

上原議員にお答えをいたします。まず、憲法認識と戦後政治の総決算の問題でございますが、今回の施政方針演説でも申し上げましたように、戦後四十年、日本は偉大な文化的ピラミッドを築いたと申し上げておるのであります。日本歴史でもまれに見るぐらいの大きな時代を我々は築いた。その中に果たした現憲法の役割は高く評価………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第14号(1986/03/26、37期)

平泉経済企画庁長官の、去る三月二十五日の記者会見における発言は軽率であり、おわび申し上げます。私も、平泉経済企画庁長官に対し、厳重に注意いたしましたが、平泉経済企画庁長官自身も、深く反省しております。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第15号(1986/03/28、37期)

和田議員にお答えをいたします。まず、最近、通産省の公務員が刑事事件に問われました事件は、はなはだ遺憾な事件でありまして、申しわけない次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第16号(1986/04/01、37期)

小林議員にお答えをいたします。まず、国鉄改革と国民の皆さんの御理解の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第17号(1986/04/03、37期)

伊藤議員にお答えをいたします。「増税なき財政再建」並びに六十五年度赤字公債依存体質からの脱却、この二つの方針は、今後も遵守してまいる考え方でおります。財政状況は極めて厳しい状況にあることは、私もよく知っております。しかし、この厳しい環境の中にありながらも、できるだけ歳出を節減し、増税を回避し、そして………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第18号(1986/04/08、37期)

元信議員にお答えをいたします。まず、軍縮の具体的プロセスでございますが、国際世論の醸成のほかに、やはり核の使用を含め武力衝突を未然に防止するためには、力の均衡を通ずる有効な抑止力を維持しつつ、軍備の水準を可及的速やかに低下さしていくということが大事であると思います。軍縮は、結局は、双方の安心感から軍………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第19号(1986/04/11、37期)

辻議員にお答えをいたします。まず、加入者按分率の引き上げの問題でございますが、老人保健制度の長期安定を図るという観会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第21号(1986/04/17、37期)

関議員にお答えをいたします。まず第一は、我が国の原子力利用に関する今回の法改正の趣旨でございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第22号(1986/04/18、37期)

竹村議員にお答えをいたします。まず、我が国の医療供給体制は、量的な面ではかなりの水準に達しておりますが、今後は、高齢化社会の急速な進展に伴い、医療資源を効率的に活用しつつ、医療需要の増大、多様化に対応していく必要があるのでございます。今回のこの行いは、廃止というよりも、高度化とかあるいは機能の充実、………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

私は、今般、国会のお許しを得て、四月十二日から十五日まで安倍外務大臣とともに米国を訪問し、レーガン大統領と二度にわたり会談を行ったほか、米国議会上下両院の指導者と懇談し、四月十五日に帰国いたしました。ここに、その概要を御報告申し上げます。私の今回の訪米の主な目的は、貿易経済問題を初めとする日米関係全………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

五十嵐議員の御質問にお答えいたします。まず、代行制度と地方自治の関係でございますが、今回の代行制度の改革については、その発動を著しく公益を害することが明らかである場合に限るとともに、知事の不服の申し出を含む慎重な手続を経て、最終的には執行の停止をも含めて裁判所の公正な判断を仰ぐようにしてあるわけであ………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

吉原議員にお答えいたします。まず、国鉄改革に関する基本認識でございますが、今次国鉄改革は、行政改革に残された最も重要かつ緊急の課題であると認識して、政府は、与党及び野党の皆様方の御協力もいただきまして、全力を奮ってこの法案を成立させようと強い決心をしておるものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第28号(1986/05/13、37期)

山下議員にお答えをいたします。民営化の趣旨でございますが、今までの国鉄制度というものは、全国的な一元的な公社制度でありましたために、どうしてもむだやロスが多くなってきておるわけです。そこで、民間的経営手法を入れるということ、それから労使関係において、責任体制、独自性を持たして労使にそれぞれの励み、は………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第2号(1986/09/12、38期)

第百七回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様方の御理解と御協力を得たいと存じます。さきの国政選挙後の第百六回国会において、私は、三たび内閣総理大臣に指名されました。ここに、心を新たにして誠心誠意国政の遂行に当たる決意であります。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/09/16、38期)

土井議員にお答えをいたします。まず、委員長御就任おめでとうございました。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/09/17、38期)

塚本議員にお答えをいたします。まず、靖国神社の問題でございますが、靖国神社は戦没者追悼の中心施設でありまして、この中心施設に対して、我々は今まで国民的な敬意、尊崇の念を持ってまいってきたわけでございます。私は、このような考えから、平和を祈念し、また戦没者を追悼する、そういう考えに立ちまして、昨年は憲………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第5号(1986/09/25、38期)

戸田議員にお答えいたします。まず、私の自民党研修会の講演でございますが、私は、先行した部分で、米国はアポロ計画等で実力を十分示していると一方指摘しております。それと同時に、アメリカは多人種の複合国家で、その強みもあるけれども、教育等については必ずしも容易ではない、十分手の届かないところもある、日本は………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/10/17、38期)

中沢議員にお答えをいたします。まず、老人保健法の趣旨に対する認識でございます。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第7号(1986/10/21、38期)

野坂議員にお答えをいたします。まず、米ソの核廃絶への努力でございますが、私は、レーガン大統領並びにゴルバチョフ書記長の核廃絶への努力に対して非常に評価をし、敬意を表し、かつ実りあるものになるように我々も協力してまいりたいと思っております。レイキャビクにおける会合は、決裂とおっしゃいましたけれども、私………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/10/23、38期)

田口議員にお答えをいたします。まず、再編成の目的いかんということでございます。今回の再編成は、国立病院・療養所が国立医療機関にふさわしい役割を果たせるよう質的機能強化を図るためのものであります。離島、僻地等の医療の確保については国としても十分配慮すべきであり、地方自治体等と一緒になって努力してまいり………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第10号(1986/10/30、38期)

石橋議員にお答えをいたします。まず、小さな政府と軍事費の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/10/31、38期)

川崎議員の御質問にお答えをいたします。まず円高の問題でございますが、昨年九月のG5以降ドル高是正が進展をいたしまして、これが一面においては米国内の保護主義の動きを鎮静させる役割を果たしております。が、一面におきましては、為替相場の動きが余りにもちょっと急激でありました。そういう意味におきまして、いわ………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/01/26、38期)

第百八回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して施政の方針を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。(拍手)まず、昨年十一月末の三原山の噴火により、一時離島を余儀なくされた伊豆大島の方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。幸い、噴火活動も小康を得、島民の皆様はお正月を大島で迎………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第4号(1987/02/02、38期)

私が一月二十六日の施政方針演説において述べました間接税制度の改正は売上税の創設を含めたものであります。(拍手)国務大臣の演説に対する質疑会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第5号(1987/02/03、38期)

塚本議員にお答えをいたします。まず、高松宮宣仁親王殿下の御薨去に対しまして、謹んでお悔やみ申し上げる次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/02/26、38期)

中島議員にお答えいたします。まず、六十二年度予算の問題でございますが、六十二年度予算の執行に当たりまして大事なことは、内需の振興、それから為替の安定、それから雇用対策であると考えております。内需の振興につきましては、公共事業費について五・二%の伸びを確保いたしましたほか、住宅対策あるいはさらに雇用対………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第16号(1987/05/14、38期)

早川議員にお答えをいたします。まず第一は、今日までの経済政策の認識の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第18号(1987/05/19、38期)

沢藤議員にお答えをいたします。まず、法改正の必要性でございますが、今回の改正は、現在の大気汚染の状況やその健康への影響についての論議を踏まえまして慎重に御審議をしていただいていた中央公害対策審議会答申に基づき、公害健康被害補償制度をより公正で合理的なものにするために行っているものでございます。最近の………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第1号(1987/07/06、38期)

第百九回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。私は、六月八日から十日までベネチアで開催されたサミット、主要国首脳会議に参加し、世界が当面する諸問題について各国首脳と率直な意見交換を行ってまいりました。東西関係が重要な局面を迎え、世界経済が大きな困難に直………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/07/08、38期)

岡田議員にお答えを申し上げます。まず、売上税関係法案が廃案になりましたことでございますが、まことに遺憾であります。国民の皆様に十分御理解を得られなかったことはまことに残念であると申し上げたとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/07/09、38期)

永末議員にお答えをいたします。まず、会期九十日の御要請についてでございますが、今回の臨時国会は、補正予算あるいは減税、税制改革問題、地方財政の取り扱い、そのほか重要案件が山積しておりまして、そういう意味におきまして九十日を最初お願いをしたわけでございます。六十五日となりましたが、しかし、最善を尽くし………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第4号(1987/07/16、38期)

河野議員にお答えをいたします。まず、精神障害者福祉法についてでございますが、人権の尊重等精神障害者の福祉については、社会復帰対策が極めて重要なものであるとの認識に立って、従来より医療との連携のもとにその促進に努めてきたところでございます。今回の精神衛生法改正においては、精神障害者社会復帰施設を新たに………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第7号(1987/07/28、38期)

沢田議員にお答えをいたします。まず、電電公社の株式売却に当たりまして、このようないい成果を与えてくれました旧電電の役職員の皆様方の御苦労に心から敬意を表するものであります。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/07/30、38期)

船田議員にお答えをいたします。まず、米ソ軍縮交渉の基本的認識の問題でございますが、最近の情報によりますと、米ソ間で行われておる軍備管理交渉におきまして、米ソ間で初めて現存の核兵器を大幅に削減する結果をもたらす協定をつくろうとする動きが顕著に見えまして、特にINFの問題について明るさが出てきたことはま………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第9号(1987/08/18、38期)

笹川議員にお答えをいたします。まず、税制改革の基本的考え方でございますが、戦後四十年間にわたる社会経済情勢の著しい変化等に即応して、税制全般にわたり根本的な見直しを行うことによって、二十一世紀を展望した新しい税の体系を確立するという考えで、このことはぜひともなし遂げなければならないことであると考えて………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第10号(1987/08/20、38期)

与謝野議員にお答えをいたします。今回の東芝機械の不正輸出事件は、我が国を含む西側自由主義陣営全体の安全保障に重大な問題を投げかけており、かつまた、我が国みずからの安全保障についても大きな背信行為をしていると考えており、まことに遺憾な事件でございます。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第11号(1987/08/21、38期)

永井議員の御質問にお答えをいたします。まず円相場の問題でございますが、我が国の経済の現況を見ますと、輸出がこのところやや減少ぎみではあるものの、国内需要は引き続き増加しておりまして、景気は回復局面にあるとはっきり言える段階になりました。今朝の月例経済報告におきましても景気回復という言葉が使われておる………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第14号(1987/08/28、38期)

山下議員にお答えをいたします。まず、地方自治発展のための政府の努力に関する部分でございますが、地方自治は民主政治の基盤であり、内政のかなめであるとかねてから確信し、そのように努力してきたところであります。この観点から、国の関与、必置規制、機関委任事務の整理合理化法の制定あるいは行政事務等によりまして………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第18号(1987/09/10、38期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に外しまして、今後とも、日中共同声明及び日中平和友好条約の諸原則及び精神に基づき、日中友好関係の維持発展に最大限の努力を払ってまいる所存であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第6号(1997/02/13、41期)

このたび、私が衆議院議員在職五十年に及びましたことに対し、本院から御懇篤なる特別表彰の御決議をいただきました。身に余る光栄であり、深く感謝の意を表するものであります。(拍手)この光栄は、ひとえに、私を育てていただきました群馬県民の皆様の御支援、政界の先輩や同僚の御指導、私の祖先及び父母並びに日本国の………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/09/22