川崎秀二衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)    5回   21448文字
  24期(1949/01/23〜)   11回   55510文字
  25期(1952/10/01〜)    1回   13863文字
  26期(1953/04/19〜)    0回       0文字
  27期(1955/02/27〜)    9回   11980文字
  28期(1958/05/22〜)    0回       0文字
  30期(1963/11/21〜)    0回       0文字
  31期(1967/01/29〜)    0回       0文字
  32期(1969/12/27〜)    0回       0文字
  34期(1976/12/05〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第2回国会 衆議院 本会議 第29号(1948/03/23、23期)

芦田内閣は、終戦後三年、敗戦国の戦後経済が当然にたどる苦悩と創痍が国民の台所生活にまで深く食い亡んでまいりました窮乏のさ中に誕生したのでありますから、その前途はまさに苦難に満ちていると覚悟しなければならぬのであります。しかしながら、国民生活を塗炭の苦しみより救い、祖国復興の大業に直進する機会を得たと………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第52号(1948/05/29、23期)

私は、民主党を代表して、簡單に賛成の理由を申し述ぶるものであります。国際労働機関が信念といたしておるところは、ただいま提案者よりるる御説明がありました通り、世界の恒久平和は社会正義に基礎を置かなければならない、労働條件の改善は、あらゆる犠牲を拂つてもやらなければならないということを強く申しておるので………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第22号(1948/11/27、23期)

私は、野党側を代表しまして、国家公務員法と官公吏の新給與予算の関係は一体不可分のものであるという決議案の趣旨弁明をいたしたいと思うのであります。(拍手)ただいま本院の人事委員会において審議中の国家公務員法と官公吏の新給與は表裏一体のものであるということは、きわめて明白であり、マツカーサー書簡を読んだ………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/12/11、23期)

私は、民主党を代表して、きわめて簡潔に賛成の意見を申し述べたいと思います。現業官吏や公共企業体の職員が罷業権を禁止されるということは、基本的な人権の上から見ても、また労調法制定の趣旨から見ても、まことに遺憾なことでありまするが、マツカーサー書簡のよつて來りまするところのゆえんは、過去二年間における極………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第19号(1948/12/21、23期)

私は、民主党を代表しまして、簡單に野党共同修正案に賛成の意見を述べるものであります。今や国会におきましては、歴史上、憲政史上きわめて画期的な事件が進捗しておる。すなわち、政府が今国会に提案したところの重大法案であるところの給與法案が、みずからこれを否定し、野党の共同修正案が通過をしようということは、………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第24号(1949/04/30、24期)

労働法規改正の是非が世論の対象となりましてから二年ほどになります。ここに吉田内閣によりまして労働組合法、労働関係調整法の一部を改正する法律案の提出を見たのでありまするが、この改正案は、去る二月中旬労働省試案として一般に公表されたものとは、著しい変貌を見ておるのであります。私は、まず政府はいかなる心構………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第26号(1949/05/10、24期)

民主党としての簡單なる賛成の意思を表明いたします。今日スポーツの振興について特に強調しなければならない問題に二つあると思うのであります。その一つは、スポーツの真髄でありますところの、先ほど以來御強調にはなりましたが、フエア・プレーの精神というものは、ひとり青少年のみでなく国民一般に浸潤をする、これが………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第17号(1949/11/26、24期)

民主党野党派は補正予算に反対するものでございます。(拍手)今回の予算につきまして、政府はドツジ・ラインを堅持した均衡予算であると言つておりますが、その実体は、第五国会において成立を見ましたデフレ的総予算によつて起つたところの金融の逼迫、産業の萎靡沈滯、失業者の増加によりまして不景気と社会不安が起り、………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第20号(1949/11/29、24期)

私は、野党各派を代表し、幣原衆議院議長に対する不信任案の趣旨弁明をいたさんとするものでございます。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第24号(1950/03/10、24期)

私は、民主党を代表し、昭和二十五年度総予算案に反対するものでのります。今回の一般、特別両会計並びに政府関係機関の予算案を目して、政府は昭和六年以来の均衡予算と称し、復興と安定の両性格を滞びたものとして自画自賛をいたし、しきりに楽観説を放つておりまするが、その実体はまつたくこれに反し、二十四年度予算に………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

私は、電波関係三法案の修正案に対しまして、大局的見地から賛成するものであります。今回国会に上程になりました三法案は、いずれも終戦直後以来、電波と放送がいかにすれば最も民主的かつ公共の福祉に適合するかという角度から、政府当局と関係方面において四年越しにわたるところの折衝が重ねられて来たものでありまして………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第4号(1950/07/15、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、吉田内閣総理大臣の施政方針演説に対し総理並びに関係閣僚に総括的質問を行わんとするものであります。参議院議員選挙後、わが国内外の情勢は著しく変貌を来し、講和問題の進展、共産党幹部追放問題を経て、最近隣邦韓国は北鮮軍の侵入を受けるに至りまして、わが国を囲繞する四辺の情………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第8号(1950/12/04、24期)

目下今国会の中心題目として上程されております補正予算案は、日本を初め全世界の視聴を集めて、国民関心のもとにその審議が続行されておるのでございます。しかるに本委員会の最初から、與党側は数を頼んで暴力的なるところの運営を行つて参りました。しかして本日その最終的段階にあたつては、驚くなかれ、各党の党議決定………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第8号(1952/01/26、24期)

目下国会に提出中の予算書は、明らかに財政法に背反し、憲法に背反するところの重大な疑義を含んでおるのであります。これは、今回提案を見ました昭亜一十七年度一般会計予算書の第四十六ページに継続費というものがあります。その継続費は、北海道開発事業として、幾春別川総合開発事業費二十億を含みまして、本年度の費用………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第18号(1952/03/04、24期)

ただいま私に対しまする懲罰の案件が出されておりまするが、元来国会議員は、議事の進行につきまして重大なる問題が惹起いたしました際には、発言を求める権利は自由に許されておるのであります。(拍手)私は、去る一月二十六日、再開後の国会の冒頭に起りました予算案の財政法背反並びに憲法違反の疑義の問題につきまして………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第41号(1952/05/13、24期)

ただいま提案の趣旨弁明にもありましたように、労働三立法は、わが国終戰後にできましたるところの法律といたしまして、労働組合の結成を援助し、労働者の基本的人権を認め、かつ労働者の今後日本におけるところの地位を規定したものでありまして、これが終戰後のわが国の再建に著大なる効果を上げたということは、労働大臣………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第7号(1952/11/27、25期)

私は、昨日重光総裁が大所高所から総理の所見をただされましたので、本日は内外施政の焦点につき具体的な問題をとらえて、政府の所信をたださんとするものであります。(拍手)自衛力の強化を初め、幾多の案件をめぐつて、国民が最も関心を払つておる点は、講和成立後、日本が国際社会に伍して独立国家としての性格を完全に………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第10号(1955/03/31、27期)

松前議員の御質問に対してお答えをいたします。ビキニ被災によってなくなりました久保山さんの死因は、ビキニ被災によってなくなられたのでありまするから、これは国際的にも政治的にも当然ビキニ被災によるものであることは明らかであります。しこうして、これをこまかく申し上げまするならば、生前の診療及び死後の死体解………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第13号(1955/04/27、27期)

ただいまの御質問の中に、防衛費膨張のために内政費、特に社会保障経費にしわ寄せが来ているのではないかというような御指摘がありましたが、さようなことはございません。むしろ、本年の社会保障経費は、失業対策費を含めまして一千六億となり、昨年に比べて五十一億も増加をいたし、わが国において初めて予算歳出総額の一………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第14号(1955/04/28、27期)

成田議員からお尋ねのありました、ビキニ関係の慰謝料の配分について申し上げます。ビキニ関係の慰謝料の配分につきましては、根本官房長官を委員長といたしまして、各官庁の委員の打合会を十数次にわたり開会いたしました結果、本日次のように配分計画を決定いたしました。第一、治療費二千五百四十七万四千円、第二、慰謝………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第15号(1955/04/30、27期)

平野議員の御質問にお答えいたします。旧軍人恩給並びに遺家族援護につきましては、本予算におきましても十分考慮をいたしましたし、逐年これを強化いたしていく方針であります。ことに、予算編成の途上におきまして、民主党政調会よりも強い要求があったのと相待ちまして、ベース・アップの一部が実現をいたしました。いわ………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第18号(1955/05/19、27期)

学童の修学旅行につきましては、平素から文部省とも連絡をとりまして、児童の社会的知識を広める機会として万遺憾のないよう、特に災害の起らぬよう措置をいたしておりますが、厚生省として特に注意をいたしておりますのは、旅行先における食品衛生を中心としてであります。一昨年あたり、かなり旅先では食中毒等の事故があ………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第26号(1955/06/09、27期)

健康保険法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由を御説明いたします。今回の改正案の具体的な提案理由に入ります前に、当面いたしておりまする健康保険の諸問題とこれの処理対策につき御説明いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第33号(1955/06/25、27期)

ただいま総理大臣からも御答弁がありましたが、恩給法及び遺族援護法における年金等の支給は、国家補償の精神に基いたものでありますから、国民の最低生活を維持することを究極の目標といたしておりますいわゆる社会保障制度とは、一応出発点としては区別されるべきものであろうと考えております。私は、戦没者、遺族等の今………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第50号(1955/07/29、27期)

ただいま御決議になりました健康保険の赤字対策につきましては、本年度予算において一応の責任ある措置を講じたのでありますが、御趣旨の通り、これをもって足れりとせず、社会保障の中心課題であります健康保険制度の将来の健全なを発展をはかるためには、根本的施策の緊急性を感ずる次第であります。従って、この意味にお………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第51号(1955/07/30、27期)

ただいま御質問の、第三国人戦犯の援護対策に対しましては、過ぐる戦争における経緯とその跡始末といたしまして、日本としても、これを放置することは――国の名誉上、逡巡することはできないと考えております。山下議員の御指摘の通り、五月の中旬に二名の戦犯が釈放されたにもかかわりませず、日本の社会の受け入れ態勢が………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10