中島武敏衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  33期(1972/12/10〜)    4回    7344文字
  35期(1979/10/07〜)    1回    3062文字
  36期(1980/06/22〜)    1回    3897文字
  37期(1983/12/18〜)    2回    7823文字
  38期(1986/07/06〜)    1回    2512文字
  40期(1993/07/18〜)    2回    6804文字
  41期(1996/10/20〜)    2回    6084文字




衆議院本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第46号(1973/06/26、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、現在重大な社会問題、政治問題となっている水銀、PCBなど有害物質による汚染問題について、田中総理並びに関係大臣に質問をいたします。熊本大学第二次水俣病研究班による第三水俣病の発見に引き続き、有明海沿岸各地、徳山湾などに水俣病の疑いのある患者が発見され、さらに全国………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第4号(1973/12/10、33期)

私は日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の昭和四十八年度補正予算三案に対し、反対の討論を行なうものであります。(拍手)今日、深刻な経済情勢のもとで、国民は大きな不安と強い憤りを感じております。刻一刻と物価は急騰し、インフレは高進しています。しかも、大企業や商社による買い占めや売り惜しみによって、………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第22号(1975/05/24、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました会期延長問題について、反対の討論を行うものであります。(拍手)まず、今回の会期大幅延長が、徹頭徹尾自民党と政府の党利党略に基づくものであり、国民生活圧迫、民主主義否定の悪法の成立を企図したものであることは、全く明白であります。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第21号(1975/12/20、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま発議されました五日間にわたる会期再延長に対して、国民の怒りを体して、反対討論を行うものであります。(拍手)私は、会期再延長に、二つの理由から断固反対します。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第25号(1980/05/16、35期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、大平内閣不信任決議案に対し、その提案理由には同意できない点もありますが、内閣不信任そのものに賛成の討論を行うものであります。(拍手)大平内閣が、本院でかつてない少数支持という異常な成立をしてから六カ月、その悪政に対する国民の憤りの声はいよいよ高まり、国のすみずみ………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第10号(1982/03/09、36期)

私は、日本共産党を代表して、昭和五十七年度予算三案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)政府予算は、端的に言って、レーガン政権の核戦略と深く結びついた危険きわまりない軍拡予算であり、財界の意に沿って財政、税制、金融上の恩典を集中する大企業奉仕の予算であり、国民には実質増税、福祉切り捨て、公………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第15号(1985/03/20、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、いわゆる補助金カット一括法案について、総理並びに関係閣僚に質問いたします。今回の法案を詳細に分析し、また趣旨説明やこれまでの政府答弁を聞いて、私は心の底からの怒りを抑えることができません。生活保護、児童福祉、老人福祉、障害者福祉、義務教育等々の各分野にわたって戦後………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいまの総理の帰国報告に関し質問いたします。私は、日本国民の根本的利益の擁護、日本外交の自主性の確立、民族自決権尊重の立場を貫いてこそ、世界平和も経済摩擦の真の解消も初めて実現できると確信するものでありますが、この立場から日米首脳会談の経過と結果を見るとき、重大………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第14号(1987/04/23、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、昭和六十二年度一般会計、特別会計及び政府関係機関予算三案に対して、反対の討論を行います。予算案の内容について論ずる前に、議長裁定についての我が党の見解を申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 本会議 第25号(1994/06/08、40期)

私は、日本共産党を代表して、九四年度政府予算三案に対して、反対の討論を行うものであります。(拍手)今国会の一連の論戦を通じて明らかになったことは、羽田内閣が国民にとって無責任かつ危険きわまりない反動内閣であり、不信任に値する内閣であるということであります。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第16号(1996/04/11、40期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました公営住宅法の一部を改正する法律案について質問いたします。周知のように、公営住宅は戦後間もなくの一九九一年に制度化され、公団、公社住宅制度と並んで我が国の公共住宅制度の中核を担ってきました。戦後の住宅難の時期は収入の下から八〇%までの階層を対象に比較………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第41号(1998/05/21、41期)

私は、日本共産党を代表して、バーミンガム・サミット報告について、総理に質問いたします。第一に、インドの核実験をめぐる問題であります。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第26号(1999/04/27、41期)

私は、ただいま議題となりました都市基盤整備公団法案について、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問いたします。第一に、政府が公団賃貸住宅の建設、供給から撤退しようとしている問題についてお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/02/16