移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

小泉純一郎衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  33期(1972/12/10〜)    1回    2712文字
  34期(1976/12/05〜)    0回       0文字
  35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
  36期(1980/06/22〜)    0回       0文字
  37期(1983/12/18〜)   10回    6888文字
  38期(1986/07/06〜)    1回     313文字
  39期(1990/02/18〜)    0回       0文字
  40期(1993/07/18〜)    0回       0文字
  41期(1996/10/20〜)   15回   38805文字
  42期(2000/06/25〜)   42回  443932文字
  43期(2003/11/09〜)   26回  220309文字
  44期(2005/09/11〜)   10回   98623文字




衆議院本会議発言一覧

第75回国会 衆議院 本会議 第7号(1975/02/21、33期)

私は、自由民主党を代表して、ただいま提案されました酒税法の一部を改正する法律案及び製造たばこ定価法の一部を改正する法律案に対し、総理大臣並びに大蔵大臣に若干の質問をいたしたいと思います。わが国経済が、高度成長から低成長時代に移行した現在、福祉充実のために増大する財政需要に対し、財源をいかに充足すべき………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第13号(1985/03/09、37期)

私は、ただいま議題となりました昭和六十年度予算三案について、自由民主党・新自由国民連合を代表して、政府原案に賛成の討論を行います。(拍手)六十年度政府予算案において最大の支出項目は国債費であり、その額は社会保障関係費の九兆五千億円を上回り、十兆二千億円余に及んでおります。今や我が国の財政構造は、政策………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第5号(1986/02/07、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の趣旨及びその概要を御説明申し上げます。この法律案は、去る五日大蔵委員会において全会一致をもって起草、提出したものでありまして、昭和六十年度の水田利用再編奨励補助金に係る所得税及び法人税について、その負担の軽減を図るため、同補助金のうち、個人が交付を受………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/02/13、37期)

ただいま議題となりました昭和五十九年度歳入歳出の決算上の剰余金の処理の特例に関する法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この法律案は、昭和六十年度補正予算における特例公債の追加発行を極力抑制するため、昭和五十九年度歳入歳出の決算上の剰余金の全額を一般財源に充当………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第9号(1986/02/25、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、公的年金制度の長期的な安定と整合性ある発展を図るため、六十一年四月から国民共通の基礎年金制度を柱とする新たな年金制度が実施されることにかんがみ、国民年金特別会計に基礎年金勘定を設ける等、所要………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第13号(1986/03/25、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における内外の経済情勢の変化に対応し、関税率等について所要の改正を行おうとするもので、その主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第14号(1986/03/26、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、本法律案の主な内容を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第21号(1986/04/17、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この法律案は、最近における財政収支、社会経済情勢の推移及び累次の臨時行政調査会の答申等の趣旨を踏まえ、財政資金の効率的使用を図るため、国の負担金、補助金等に関する臨時特例等の措置を講じようとするもの………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第23号(1986/04/22、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この法律案は、政府が、現在、臨時通貨法によって発行を認められております五百円以下の臨時補助貨幣のほかに、天皇陛下の御在位六十年を記念して、特別に十万円及び一万円の臨時補助貨幣を発行できることとし、他………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第26号(1986/05/08、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この法律案は、特例公債の発行等、昭和六十一年度の財政運営に必要な財源の確保を図るための特別措置を定めようとするもので、その主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第30号(1986/05/21、37期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、大蔵委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。近年、我が国金融・資本市場が国際金融センターとして発展していくことへの内外の要請が高まっております。本案は、このような要請に対応し、外国為替公認銀行が海外から調達した資金を海外に貸し付けるいわゆるオ………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第20号(1989/06/09、38期)

国民健康保険制度の抜本的改革についてのお尋ねですが、これまでも老人保健制度や退職者医療制度を創設するとともに、昨年には国民健康保険法の改正を行い、国と地方が一体となって制度の安定化を図る仕組みを導入したところでございます。しかしながら、国民健康保険は、高齢者や低所得者の増大、医療費や所得水準の地域格………会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第3号(1996/12/03、41期)

厚生行政をめぐる疑惑についてのお尋ねでありますが、今回の不祥事に関与しているおそれがある職員から事情聴取等を行い、事実関係の確認をした上で厳正な処分を行うこととしております。また、職務関係者等との会食等の全面禁止など、厚生省を挙げて綱紀粛正の徹底に取り組んでおります。さらに、社会福祉施設整備補助金や………会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第6号(1996/12/13、41期)

ただいま議題となりました介護保険法案、介護保険法施行法案及び医療法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。まず、介護保険法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第7号(1997/02/14、41期)

山本議員にお答えいたします。政管健保の国庫負担繰り延べと医療費の適正化についてでありますが、政管健保の国庫負担繰り延べについては、先ほど三塚大蔵大臣が答弁したとおりでありますが、厚生省としては今後とも残額の計画的な返済について強く財政当局に求めていきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第13号(1997/02/28、41期)

樽床議員にお答えいたします。郵便貯金制度についての意見を述べよということでございますが、私が主張しているのは郵便貯金制度だけではありません。郵便貯金も簡易保険も、郵便事業いわゆる郵政三事業民営化がなぜ必要かといいますと、それは郵政省だけの改革ではありません、この三事業民営化は、行政、財政、金融、さら………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第23号(1997/04/08、41期)

健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。二十一世紀に向けて、社会経済の活力を損なわず、公平公正で効率的な社会保障制度を確立するためには、社会保障の構造改革を進めていくことが必要であります。社会保障制度の中核となる医療保険制度については、将来にわたり制度を安定的に………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第31号(1997/05/06、41期)

塩田議員にお答えいたします。男女の労働者を支援する仕組みについてのお尋ねですが、働く両親が仕事と子育てを両立できるような環境を整備することや、また要介護者を抱える家族を支える社会的な仕組み、これを構築していくことは、これからも大変重要なことだと考えております。だからこそ、今国会において児童福祉法改正………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第34号(1997/05/13、41期)

児童福祉法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。児童福祉法は戦後間もない昭和二十二年に制定されましたが、近年、少子化の進行、夫婦共働き家庭の一般化、家庭や地域の子育て機能の低下、会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第5号(1997/10/17、41期)

横光議員にお答えいたします。介護と子育て支援についてのお尋ねですが、介護につきましては新高齢者保健福祉推進十か年戦略、いわゆる新ゴールドプラン、子育てにつきましては子育て支援のための施策、いわゆるエンゼルプラン、この着実な推進を、税制改革時の議論を踏まえながら進めていきたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第8号(1997/10/31、41期)

中川議員にお答えいたします。有効期間のある許可等の更新手続を撤廃すべきとの御提案でございますが、医薬品販売や食品営業等の営業に当たっては、国民の健康を守る観点から、衛生等の面において一定の水準を常に保っため、許可の更新や立入検査等を行っているところであります。更新を行わないで、行政側からの立入検査や………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第15号(1998/03/10、41期)

若松議員にお答えいたします。国際年金通算協定についてのお尋ねですが、ドイツとの間については、日独社会保障協定の締結に向け、来月にも署名が行えるよう、現在両国政府部内で最終調整を行っているところであります。協定の署名が行われ次第、協定案とともに、協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等を定めた国内法案………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第24号(1998/03/31、41期)

国民健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。今回の改正は、近年の高齢化の進展等に伴い、市町村国民健康保険における退職者に係る老人医療費拠出金の増大、老人加入率が著しく高い市町村国民健康保険の保険者数の増加を踏まえ、医療保険制度等の抜本改革が行われるまでの間におい………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第27号(1998/04/09、41期)

年金資金を使って特定目的会社が発行する証券を購入することに対するお尋ねだと思いますけれども、年金資金は公的な資金でありますので、これは確実、有利に運用しなければならない。年金福祉事業団やあるいは委託した民間金融機関がそういう面を考えて証券投資を行っているはずでありますので、厚生省が年金資金を使って株………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第31号(1998/04/21、41期)

保育環境や育児介護施設の充実についてのお尋ねでありますが、保育については緊急保育対策等五か年事業を推進してまいりましたが、昨年、児童福祉法を五十年ぶりに改正いたしました。平成十年度予算において、すべての保育所で乳児保育を行える体制の整備や延長保育の充実を図ったところであります。また、介護については、………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第37号(1998/05/12、41期)

社会保障関係費の重点配分についての御質問ですが、社会保障関係費の上限枠が外れても、私は、無原則な、むちゃな要求をするつもりはありません。財政構造改革の趣旨にのっとって、重点化、効率化を図って、予算編成を行いたいと考えております。財政構造改革の考え方について御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第41号(1998/05/21、41期)

ただいま議題となりました感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律案及び検疫法及び狂犬病予防法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第27号(2001/05/07、42期)

このたび、私は、皆様方の御支持を得、内閣総理大臣に就任いたしました。想像を超える重圧と緊張の中にありますが、大任を与えてくださった国民並びに議員各位の御支持と御期待にこたえるべく、国政の遂行に全力を傾ける決意であります。(拍手)戦後、日本は、目覚ましい経済発展を遂げ、生活の水準も飛躍的に上昇しました………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第28号(2001/05/09、42期)

鳩山由紀夫議員の御質問にお答えいたします。初めに、小泉内閣において構造改革ができるのか、その理由のお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第29号(2001/05/10、42期)

中井議員にお答えいたします。最初に、私の内閣の人事等についてのお尋ねがございました。小泉内閣と森内閣との違いについてもお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第32号(2001/05/25、42期)

麻生議員にお答えいたします。緊急経済対策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第33号(2001/05/29、42期)

大石議員にお答えいたします。我が国の教育の現状及び教育改革、さらには、教育三法は対症療法であり、真の教育改革にはならないのではないかという御指摘とお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第40号(2001/06/15、42期)

五十嵐議員にお答えいたします。金融機関がシステムとして個人保証等に依存し過ぎているのではないかとの御指摘であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第1号(2001/09/27、42期)

ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。九月十一日に米国において発生した同時多発テロは、米国のみならず人類全体に対する極めて卑劣かつ許しがたい攻撃であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第2号(2001/10/01、42期)

鳩山議員にお答えいたします。同時多発テロ発生時の初動対応と七項目の措置についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第3号(2001/10/02、42期)

東議員にお答えいたします。最初に、今回提出される予定のテロ対策法案に関する御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第4号(2001/10/09、42期)

昨日未明、米国及び英国は、アフガニスタンにおけるアルカイーダのテロリスト訓練施設及びタリバンの軍事施設に対する攻撃を開始しました。既に繰り返し表明しているとおり、米国で発生した今回のテロは、米国のみならず、国際社会の自由と平和、民主主義に対する重大な挑戦であり、我が国としては、米国を初め関係諸国と協………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第5号(2001/10/10、42期)

石破議員にお答えいたします。まず、審議促進に対する御協力、激励に感謝申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第10号(2001/10/30、42期)

私は、十月十九日から二十二日にかけて、中国の上海で開催された第九回アジア太平洋経済協力首脳会議に出席するとともに、その機会を利用して、韓国、オーストラリア、米国、シンガポール、ペルー、ロシア、中国、マレーシア及びインドネシアの九カ国の首脳と個別会談を行ってまいりました。これらの結果について御報告いた………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/11/09、42期)

仙谷議員にお答えいたします。まず、国債発行額三十兆円枠についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第17号(2001/11/16、42期)

上川議員にお答えいたします。雇用対策全般にわたりまして御質問でございますが、今後の雇用対策推進に対する決意についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/01/22、42期)

城島議員にお答えいたします。アフガニスタン復興支援についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第4号(2002/02/04、42期)

小泉内閣に対する支持率が低下し、私の改革への姿勢が後退するのではないかと懸念する声があります。しかし、私の改革への決意は全く揺るぎません。(拍手)引き続き改革に邁進するとの決意を持って、私は、施政方針演説を行います。(拍手)私は、就任以来、我が国が持続的な経済成長を取り戻すためには、経済・財政、行政………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第6号(2002/02/06、42期)

鳩山議員にお答えいたします。お互い、高い志を持って改革に邁進したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/02/07、42期)

都築議員にお答えいたします。小泉改革に反対する自由党は抵抗勢力と考えるかとのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第20号(2002/04/04、42期)

特殊法人改革に対する政府の基本方針についての御質問でございます。特殊法人改革については、昨年、道路四公団の民営化や都市基盤整備公団、住宅金融公庫、石油公団の廃止等、踏み込んだ内容の特殊法人等整理合理化計画を策定いたしました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第26号(2002/04/19、42期)

宮沢議員にお答えいたします。今般の医療制度改革の全体像、基本的考え方についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第28号(2002/04/25、42期)

山本議員にお答えいたします。個人情報の保護に関する法律案のねらい及び意義についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第29号(2002/04/26、42期)

菱田議員にお答えいたします。法案の必要性、国民の権利との関係、地方自治との関係についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第32号(2002/05/14、42期)

茂木議員にお答えいたします。瀋陽総領事館事件についての基本認識に関してであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第36号(2002/05/21、42期)

八代議員にお答えいたします。公社化の基本的考えについてでございます。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第1号(2002/10/18、42期)

私は、就任以来、内政にあっては「聖域なき構造改革」を断行し、外交においては国際協調を基本に主体的な役割を果たす、との揺るぎない姿勢を貫いてまいりました。この一年半、厳しい状況の中でしたが、自由民主党、公明党、保守党三党による連立政権の強固な基盤に立って、政策の実現に努めてまいりました。先般、構造改革………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/10/21、42期)

鳩山議員にお答えいたします。日本経済低迷の原因、中小企業経営者の涙に関するお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第3号(2002/10/22、42期)

藤井議員にお答えいたします。最初に、日本経済が厳しさを増している理由は緊縮財政をとっている小泉内閣の経済政策の失敗に起因しているという御指摘がありました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/11/07、42期)

山本議員にお答えいたします。デフレ解消のため、需要刺激策など、新たな不良債権が発生しない方に力を入れるべきではないかとのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第8号(2002/11/08、42期)

木下議員にお答えいたします。デフレ対策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/01/21、42期)

石井議員にお答えいたします。まず、補正予算についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第4号(2003/01/31、42期)

天皇陛下におかれましては、御病気御療養中であります。陛下の一日も早い御快癒を、国民とともに心からお祈り申し上げます。(拍手)内閣総理大臣として、今、私に与えられた職責は、我が国の経済と社会の再生です。小泉内閣として、「聖域なき構造改革」を推進するとの考えのもと、今後の国政に当たる基本方針を申し述べ、………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第5号(2003/02/03、42期)

岡田民主党幹事長にお答えいたします。私の経済政策の結果責任についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第6号(2003/02/04、42期)

小沢自由党党首にお答えいたします。私並びに小泉内閣の進める構造改革に対しまして御意見並びに御批判を賜りまして、まことにありがとうございます。せっかくの機会でありますので、若干、私の考えを述べたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第10号(2003/02/20、42期)

小沢議員にお答えいたします。大恐慌時代の経験を踏まえたデフレ不況へのあるべき対応策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第11号(2003/02/28、42期)

栗原議員にお答えいたします。長期計画の一本化の趣旨についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第16号(2003/03/20、42期)

イラク問題についての政府の基本的な考え方を明らかにし、皆様の御理解と御協力を得たいと思います。(拍手)数時間前、米国を初めとする国々は、イラクが国際社会の平和と安全に与えている脅威を取り除くための最後の手段として、イラクに対する武力行使を開始しました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第21号(2003/04/08、42期)

今野議員にお答えいたします。実効性の担保、自己情報コントロール権、表現の自由の担保の必要性についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第26号(2003/05/06、42期)

城島議員にお答えいたします。雇用情勢に対する認識及び見通しについてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第38号(2003/06/05、42期)

私は、五月二十九日から六月四日まで、サンクトペテルブルク建都三百周年記念行事及び主要国首脳会議に出席するため、ロシアのサンクトペテルブルク及びフランスのエビアンを訪問しました。日ロ首脳会談では、平和条約締結問題、エネルギー分野での協力等、幅広い問題について協議を行い、本年一月の私の訪ロの際に合意した………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第42号(2003/06/24、42期)

中川議員にお答えいたします。米国に対し国連主導の枠組み構築を目指すことを主張していくべきではないかとのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第1号(2003/09/26、42期)

演説に先立ち、一言申し上げます。本日早朝、釧路沖を震源とする強い地震が発生しました。被害に遭われた方々に対して、心からお見舞い申し上げます。政府としては、今後とも、地震等の災害への対策に万全を期してまいります。会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/09/29、42期)

菅議員にお答えいたします。まず、総裁再選に対する祝意をいただきまして、ありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第1号(2004/01/19、43期)

昨年十一月に行われた総選挙において国民の信任をいただき、再び内閣総理大臣の重責を担うことになりました。(拍手)構造改革なくして日本の再生と発展はないというこれまでの方針を堅持し、「天の将に大任をこの人に降さんとするや、必ずまずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしむ」という孟子の言葉を改めてかみしめ、断………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第2号(2004/01/21、43期)

菅議員に答弁いたします。自衛隊のイラク派遣は憲法違反ではないかというお尋ねではございますが、現在の現地の治安情勢は、必ずしも予断を許さない、安全とは言えない状況であるということは私も認めます。しかし、自衛隊は、これまでの調査や各種の情報を踏まえまして、非戦闘地域の要件を満たす区域において人道復興支援………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第3号(2004/01/22、43期)

武正議員に対する答弁に先立って、昨日の松本議員の質問に対する補充答弁をいたします。自衛隊活動に係る国会承認についてでありますが、イラク特措法によれば、国会承認の対象は、基本計画に定められた対応措置の実施についてであり、具体的には、人道復興支援活動または安全確保支援活動を自衛隊の部隊等が実施すること、………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第4号(2004/01/27、43期)

原口議員にお答えいたします。イラク派遣に対する基本的認識についてでございますが、イラクの復興に対して世界各国が協力する必要があると思います。イラクの安定というのは、日本のみならず、国際社会全体の平和と安全の観点からも重要であります。こうした考え方に基づきまして、我が国にふさわしい貢献として、自衛隊の………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第5号(2004/01/29、43期)

二十七日の本会議の答弁において、私より、サマワ市評議会が現在存在しているとの発言をいたしましたが、これを撤回します。これは、サマワ市評議会議員は総辞職したとのオランダ軍及びCPAからの情報に基づく報告を受けたからであり、現地情勢については引き続き注視する必要があると考えております。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第13号(2004/03/11、43期)

永田議員にお答えいたします。昨年の臨時国会召集の要求に対する対応でございますが、昨年、内閣に提出された臨時国会召集の要求に対しては、政府としてこれに適切に対応するため、国民生活にかかわる諸課題を整理し、これをもとに予算編成を行った上で、本通常国会の召集を図ったものであり、迅速かつ適切に対応していると………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第18号(2004/03/30、43期)

永岡議員にお答えいたします。民営化法案の意義についてでございますが、道路関係四公団の民営化は、行政の構造改革の一環として行う特殊法人改革の中で最も重要なものであり、民営化委員会の意見を基本的に尊重して法案を作成し、国会に提出したものであります。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第19号(2004/04/01、43期)

能勢議員にお答えいたします。法案の早期成立の必要性と社会保障制度改革についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第35号(2004/05/25、43期)

私は、五月二十二日、北朝鮮の平壌を訪問し、日朝首脳会談を行いました。私は、金正日国防委員長との会談で、拉致問題及び核問題やミサイル問題といった安全保障上の問題等について、大局的かつ率直な意見交換を行いました。この首脳会談の結果、今後の日朝関係を進めていく上で、日朝平壌宣言がその基礎であり、同宣言を双………会議録へ(外部リンク)

第160回国会 衆議院 本会議 第2号(2004/08/02、43期)

報告に先立ち、一言申し上げます。平成十六年七月、梅雨前線豪雨は、新潟県、福島県、福井県等に大きな被害をもたらしました。お亡くなりになった方々の御冥福をお祈りするとともに、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第1号(2004/10/12、43期)

ことしは豪雨や台風による災害が多発し、多くの人が犠牲になりました。被害に遭われた方々に対して、心からお見舞い申し上げます。被災地の早期復旧復興を図るとともに、情報伝達や高齢者の救援が迅速になされるよう、防災対策の改善を図り、災害に強い国づくりを進めてまいります。バブル崩壊後、長期にわたり我が国経済は………会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第2号(2004/10/13、43期)

岡田議員にお答えいたします。内政、外交上の重要課題の優先順位についての御質問であります。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第3号(2004/10/14、43期)

横路議員にお答えいたします。経済の現状についてのお尋ねです。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第7号(2004/11/02、43期)

谷本議員にお答えいたします。香田さんがテロの犠牲になられたことに対しまして、心から哀悼の意を表したいと思います。また、このような残虐な、非道な行為に対しては、強い憤りを覚えるものでありまして、御家族の方々に対しまして、心からお悔やみを申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第15号(2004/12/03、43期)

ただいまの御決議に対して所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択されました御決議の趣旨を十分に体しまして、日米関係を一層緊密なものへと発展させ、アジア太平洋地域ひいては世界の平和と繁栄を実現すべく最大限の努力を払っていく考えであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第1号(2005/01/21、43期)

演説に先立ち、ただいまの御決議に対して所信を申し述べます。(拍手)政府といたしましては、ただいま採決された御決議の趣旨を十分に体しまして、インド洋沿岸諸国に対する国際的支援活動において積極的な役割を果たしてまいる考えであります。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第2号(2005/01/24、43期)

岡田議員にお答えいたします。被災地復興支援についてでございますが、まず、被害に遭われた方々、そして今なお困難な生活を余儀なくされている方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第3号(2005/01/25、43期)

小宮山議員にお答えいたします。まず初めに、私の本会議質疑に臨む考え方についてでございますが、国会は国権の最高機関であります。国民の代表たる議員が国の基本的な政策について審議する場であり、私はこれまで、国会における質疑において、常に誠意を持って丁寧に答弁してまいりました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第6号(2005/02/15、43期)

萩生田議員にお答えいたします。十七年度予算の特色でございますが、一般歳出を三年ぶりに前年度以下に抑制し、新規国債発行額を四年ぶりに減額するなど、財政規律堅持の姿勢を明確にするとともに、増額するのは社会保障と科学技術振興の分野のみ、公共事業関係は四年連続、防衛費は三年連続マイナスとするなど、めり張りの………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第7号(2005/02/22、43期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に体しまして、日露両国の利益に合致する戦略的パートナーシップの構築に向けて、ロシアとの間で幅広い分野での協力を進めるとともに、我が国固有の領土である北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結し、………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第10号(2005/03/10、43期)

ただいまの御決議に対して所信を申し述べます。地球温暖化は、その影響が将来の世代にわたり、また、地球全体に及ぶ問題であり、世界各国が一体となって取り組む必要があると認識しております。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第11号(2005/03/15、43期)

古川議員に答弁いたします。新防衛大綱策定に当たっての決意についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第14号(2005/03/22、43期)

答弁に先立ち、今般の地震について一言申し上げます。去る三月二十日に発生した福岡県西方沖を震源とする地震は、福岡県及び佐賀県で震度六弱を記録し、大きな被害をもたらしました。お亡くなりになられた方の御冥福をお祈りするとともに、被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第27号(2005/05/26、43期)

柳澤議員にお答えいたします。郵政民営化の目的、必要性、なぜ今民営化なのかという点についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第36号(2005/07/26、43期)

私は、七月六日から七月九日まで、英国のグレンイーグルズで行われた主要国首脳会議に出席するとともに、カナダ、ロシア及びG4の首脳と個別に会談しました。今回のサミットの会議当日、ロンドンにおいて連続爆発事件が発生しました。しかし、G8として、このような卑劣な行為に屈することなく会議を進め、よりよい世界を………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第38号(2005/08/02、43期)

ただいまの御決議に対して所信を申し述べます。政府といたしましても、種々の機会において、いかなる問題も武力によらず平和的に解決するとの我が国の戦後一貫した立場を表明してまいりました。会議録へ(外部リンク)

第163回国会 衆議院 本会議 第3号(2005/09/26、44期)

このたびの総選挙の結果を受け、三たび内閣総理大臣の重責を担うことになりました。改革なくして成長なし、民間にできることは民間に、地方にできることは地方にとの方針のもと、自由民主党及び公明党による連立政権の安定した基盤に立って、引き続き構造改革を断行する覚悟であります。(拍手)私は、就任以来、我が国の再………会議録へ(外部リンク)

第163回国会 衆議院 本会議 第4号(2005/09/28、44期)

前原議員にお答えいたします。今回の解散と議会制民主主義との関係についてでございますが、衆議院の解散は衆議院議員の身分を失わせる重い行為であることを認識しつつ、選挙により新たに民意を問うことの要否については、内閣がその政治的責任において決断すべきものと考えております。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第1号(2006/01/20、44期)

内閣総理大臣に就任して四年九カ月、私は、日本を再生し、自信と誇りに満ちた社会を築くため、改革なくして成長なし、この一貫した方針のもと、構造改革に全力で取り組んでまいりました。この間、改革を具体化しようとすると、逆に、成長なくして改革はできない、不良債権処理を進めれば経済が悪化する、財政出動なくして景………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第2号(2006/01/23、44期)

前原議員に答弁いたします。豪雪対策でございますが、被害に遭われた方々や今なお困難な生活を余儀なくされている方々に対し、心からお見舞い申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第3号(2006/01/24、44期)

神崎代表に答弁する前に、昨日の衆議院本会議における長島議員の質問に対しまして補足答弁をさせていただきます。日中両国のナショナリズムへの対応、信頼構築についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第16号(2006/03/23、44期)

松本議員に答弁いたします。行政改革の意義についてでありますが、私は、国の役割を見直し、国が行う必要がないのであれば民間にゆだね、無駄を徹底的に省くことにより、民間の主体性や自律性を高め、その活力が最大限に発揮されるようにする環境を整えることにより、我が国の経済を活性化し、国民が豊かで安心して暮らすこ………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第20号(2006/04/06、44期)

石崎議員に答弁いたします。医療制度改革の基本的な考え方についてですが、医療制度については、急速な高齢化の進展に伴う医療費の増加が見込まれます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第23号(2006/04/14、44期)

江崎議員に答弁いたします。法案の基本理念についてですが、今般の法案は、幅広い金融商品について横断的な利用者保護の枠組みを整備することにより、金融資本市場の公正性、透明性を確保するものであり、このことを通じ、利用者利便を向上させ、貯蓄から投資への流れを支え、国際市場としての我が国市場の魅力をさらに高め………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第29号(2006/05/11、44期)

寺田議員に答弁いたします。在日米軍の意義、役割及び米軍の変革についてでございますが、アジア太平洋地域には、依然として不安定で不確実な状況が存在しております。在日米軍の抑止力は、我が国及び地域の平和と安定にとって不可欠な役割を果たしていると認識しております。また、米国が、新たな安全保障環境に最も適切に………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第30号(2006/05/16、44期)

下村議員に答弁いたします。教育基本法案を提出した理由でありますが、戦後、教育基本法の理念のもとで構築された教育諸制度は、国民の教育水準を向上させ、我が国の社会発展の原動力となってきたと思います。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18