移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

仙谷由人衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  39期(1990/02/18〜)    1回    3658文字
  41期(1996/10/20〜)    4回   10671文字
  42期(2000/06/25〜)    1回    4356文字
  43期(2003/11/09〜)    1回    3907文字
  44期(2005/09/11〜)    4回   10317文字
  45期(2009/08/30〜)    9回   27436文字




衆議院本会議発言一覧

第120回国会 衆議院 本会議 第18号(1991/03/12、39期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました地価税法案につきまして、この法案が不十分な改革にとどまっているものの、各党の意見に配慮しつつ、一定の修正を経た上、速やかに成立をさせるべきであるとの立場に立って、総理並びに関係各大臣に質問いたします。(拍手)まず最初に、総理にお尋ねをして………会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第6号(1996/12/13、41期)

私は、民主党を代表して、新進党提案のいわゆる消費税率据え置きに関する二法案につきまして、反対討論をいたします。私ども民主党は、真剣た議論を重ね、その結果、右二法案に反対するという選択をいたします。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第22号(1997/04/04、41期)

私は、米駐留軍用地等に関する特別措置法の一部を改正する法律案について、民主党を代表して、質問いたします。橋本総理、総理は昨年の九月十日、沖縄県の大田知事と会談し、政府の沖縄に対するそれまでの施策が不十分であったとの反省の言葉を知事に伝え、沖縄の諸懸案の解決に向け全力を挙げるとの決意を表明されました。………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第45号(1997/06/12、41期)

辻第一議員の質問にお答えをいたします。政財官の癒着の構造、天下りにメスを入れることになるのかという御質問でございますが、我々が提出いたしておりますこのような公共事業コントロール法案が成立いたしますと、公共事業委員会が設置されますので、その中で事実を明らかにすることによって、そしてその公共事業委員会の………会議録へ(外部リンク)

第143回国会 衆議院 本会議 第6号(1998/08/25、41期)

私は、民主党を代表し、金融安定化関連六法案のうち、不動産権利関係調整法案等五法案を中心に、総理並びに関係大臣に質問をいたします。小渕総理、柳沢国土庁長官、中村法務大臣、宮沢大蔵大臣、あなた方は何をしようとしているのですか。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/11/09、42期)

私は、民主党・無所属クラブを代表して、塩川財務大臣の財政演説と、今年度補正予算案並びに関連する諸法案に対する質問を行います。(拍手)まず、総理の政治姿勢について伺います。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第41号(2004/06/15、43期)

民主党の仙谷由人でございます。私は、民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました小泉内閣不信任決議案に対し、賛成の立場で討論を行います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第20号(2006/04/06、44期)

民主党・無所属クラブの仙谷でございます。私は、ただいま議題となりました内閣提出二法案に対しまして、民主党・無所属クラブを代表して、総理並びに厚生労働大臣に質問をいたします。あわせて、民主党・無所属クラブ提出の法案に対しても質問をいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第29号(2007/05/11、44期)

ただいま議題となりました平成十七年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)外四件につきまして、決算行政監視委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。これらの各件は、財政法の規定に基づき、国会の事後承諾を求めるため提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第168回国会 衆議院 本会議 第19号(2008/01/11、44期)

民主党の仙谷由人でございます。私は、民主党・無所属クラブを代表して、内閣提出のいわゆるテロ新法を憲法五十九条二項により再議決すべしとの動議に対し、反対の討論をいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 本会議 第15号(2008/12/12、44期)

民主党・無所属クラブの仙谷由人でございます。ただいま議題となりました憲法第五十九条第二項に基づき、いわゆる金融機能強化法案の本院議決案を議題とし、直ちに採決すべしとの動議に対し、反対の立場で討論いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第6号(2010/02/02、45期)

渡辺議員から、今国会提出予定法案における幹部職人事の取り扱いについてのお尋ねがございました。幹部職員人事の内閣一元管理は、縦割り行政の弊害を打破する、官邸主導で適材適所の人材を登用することを目的とするものでございます。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第9号(2010/02/23、45期)

阿部議員から、子ども手当の評価とその体制整備について御質問をいただきました。子ども手当は、次代の社会を担う子供一人一人の育ちを社会全体で応援しようとするものでありまして、新政権といたしましては、本格的な子供施策の充実に向けた第一歩であると考えております。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第16号(2010/03/25、45期)

大村議員から、B型肝炎訴訟の対応方針についてお尋ねがございました。先ほど菅副総理からも答弁がございましたが、私も、札幌地裁からの今回の提案につきましては、政府として持ち帰ったところでございますので、今後、この問題に対してどのように対応するか、政府部内で総合的、全般的に検討するということにいたしており………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第19号(2010/04/06、45期)

このたび政府から提出いたしました国家公務員法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。社会経済の変化に対応し、複雑多様化する行政課題に迅速かつ果断に取り組み、省益を超えた国民本位の行政を実現するためには、内閣による人事管理機能の強化を図り、内閣主導で適材適所の人材を登用する………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第28号(2010/05/13、45期)

橋本博明議員から、国家戦略局設置の意義、ねらいについてお尋ねをいただきました。また、現在の国家戦略室から局への変更の趣旨についても御質問をいただきました。橋本博明議員の御指摘のとおり、各省各局による従来の縦割り、補助金、天下りのこの行政、これを廃さなければいけない。日本という国全体の立場から戦略的な………会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第3号(2010/10/07、45期)

総理からほとんどお答えをいたしておりますので重複になる可能性が高いと思いますが、あえて御指名をいただきましたので答弁をいたします。まず、渡辺議員から、政府の主導的な対応について御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第7号(2010/11/11、45期)

橘慶一郎議員から、公務員制度改革の推進体制について、御心配と、公務員制度改革推進についての心情あふれるお励ましも含めた御質問をいただいたと考えております。蓮舫大臣からも、適材適所の人事を行った結果であると我々は考えておりまして、そして、現在の体制は、玄葉大臣、蓮舫大臣、私、それから前の、副大臣大島さ………会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第9号(2010/11/16、45期)

東順治議員の、ビデオ映像の流出に係る責任についての御質問をいただいておりますので、お答えいたします。これまでお答えいたしておりますが、本事案については、まず捜査当局による事実関係の解明が急務であると認識をいたしております。また、政治の責任といたしましては、その結果を踏まえて、責任のあり方と再発防止策………会議録へ(外部リンク)

第181回国会 衆議院 本会議 第2号(2012/10/31、45期)

私は、民主党・無所属クラブ・国民新党を代表し、総理の所信表明演説に関連して質問を行います。(拍手)今月八日、山中伸弥教授がiPS細胞研究でノーベル賞を受賞されることが発表されました。また、昨日は、文化勲章を受章されるとのことであります。心から敬意を表し、お祝い申し上げます。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18