移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

塩川鉄也衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  42期(2000/06/25〜)    4回   12547文字
  43期(2003/11/09〜)    5回    8495文字
  44期(2005/09/11〜)    9回   16616文字
  45期(2009/08/30〜)    8回   14839文字
  46期(2012/12/16〜)   14回   20739文字
  47期(2014/12/14〜)    4回    7199文字




衆議院本会議発言一覧

第150回国会 衆議院 本会議 第17号(2000/11/21、42期)

私は、日本共産党を代表して、二〇〇〇年度補正予算三案に反対の討論を行います。反対の第一は、本補正予算が、景気対策と言いながら、景気回復のかなめである個人消費を直接温めるための対策をとらず、国民的立場で不況を打開するものとなっていないからであります。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第32号(2001/05/25、42期)

日本共産党の塩川鉄也です。私は、日本共産党を代表し、緊急経済対策関連法案について質問いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第9号(2002/11/12、42期)

私は、日本共産党を代表して、内閣提出、電気事業法等改正案及び独立行政法人原子力安全基盤機構法案に関して、平沼経済産業大臣並びに細田科学技術担当大臣に質問します。(拍手)第一に、東京電力などによる原発検査の不正事件とそれを容認した国に対する怒りの声にどうこたえるのかという問題です。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第10号(2003/02/20、42期)

私は、日本共産党を代表して、産業再生機構関連法案及び産業活力再生特別措置法改正案について質問いたします。(拍手)この間、小泉内閣が進めてきた不良債権処理策は、日本経済に何をもたらしたでしょうか。昨年十二月の完全失業率は五・五%と過去最悪の水準、昨年の倒産件数は二万件に迫る戦後二番目の高水準です。にも………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第33号(2004/05/20、43期)

私は、日本共産党を代表して、有事関連法案に反対の討論を行います。(拍手)今回、政府が提案した米軍支援法など有事関連七法案とACSA協定は、昨年成立した武力攻撃事態法の枠組みに沿って、日本が米軍の戦争を支援し共同して軍事行動を遂行する体制をつくり上げるものであります。憲法九条の平和原則を真っ向から踏み………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第38号(2004/06/04、43期)

私は、日本共産党を代表して、厚生労働委員長衛藤晟一君の解任決議に賛成の討論を行います。(拍手)第一に、衛藤晟一君は、厚生労働委員長として、国民の暮らしと将来設計にかかわる極めて重大な法案である年金関連法案の十分かつ徹底した審議に責任を持つべき職責にありながら、国民の意見を聞くための公聴会も開かず、四………会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第5号(2004/10/26、43期)

日本共産党を代表して、台風災害、震災で亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げ、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。私は、震災直後、新潟県中越地震の被災地に入り、つぶさに被災者の声を聞いてまいりました。これを踏まえ、緊急にとるべき措置について四点質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第27号(2005/05/26、43期)

私は、日本共産党を代表して、郵政民営化関連法案について、小泉総理に質問をいたします。(拍手)そもそも、なぜ郵政事業を民営化する必要があるのか、この最も根本的な問題について、総理はいまだに国民に納得できる説明をしておりません。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第34号(2005/07/05、43期)

私は、日本共産党を代表して、郵政民営化関連六法案に反対の討論を行います。(拍手)反対する第一の理由は、もうけ第一の民間ではできない、国民生活に不可欠な金融のユニバーサルサービスを保障してきた郵便貯金法、簡易保険法、日本郵政公社法等、郵政関連法を廃止することであります。会議録へ(外部リンク)

第163回国会 衆議院 本会議 第5号(2005/10/06、44期)

私は、日本共産党を代表して、政府提出の郵政民営化法案について質問をいたします。(拍手)小泉総理は今回の総選挙を民営化の是非を問う国民投票だと位置づけましたが、その結果、小泉政権与党が小選挙区で得た得票は四九%にすぎませんでした。民営化に賛成とした国民は半数に満たなかったのであります。小選挙区制によっ………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第25号(2006/04/20、44期)

私は、日本共産党を代表して、行政改革関連五法案に反対の討論を行います。(拍手)小泉総理が改革の総仕上げと言う今回の法案は、簡素で効率的な政府を口実に、国民の安全や暮らしを支える公務部門を縮小し、国の責任を放棄するものであり、断じて認められません。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第14号(2007/03/16、44期)

日本共産党を代表して、関係大臣に質問します。(拍手)冒頭、昨日発覚した北陸電力志賀原発一号機における言語道断の臨界事故隠しについて、国に報告がなされなかったのはなぜか、こうした事態を国が把握できなかったのはなぜか、安全システムそのものに重大な問題があるのではありませんか。政府は、直ちに全容を解明し、………会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 本会議 第6号(2008/02/19、44期)

私は、日本共産党を代表して、地方財政計画外三法案について、総理並びに総務大臣に質問をいたします。(拍手)総理は先日の予算委員会で、地方に元気がない、経済が思わしくないと述べ、地方の疲弊を認めました。問題は、地方にどのような疲弊があり、それはなぜ生み出されたかということであります。会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 本会議 第26号(2008/04/30、44期)

私は、日本共産党を代表して、地方税三法案を再議決すべしとの趣旨の動議に反対の討論を行います。(拍手)この四月一日を迎えて、一九七四年以来続いてきたガソリン税を初めとする道路特定財源の暫定税率が廃止をされ、三十四年ぶりに本則の税率が適用されるようになりました。今回の再議決は、これを覆し、暫定税率を復活………会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 本会議 第14号(2008/12/11、44期)

私は、日本共産党を代表して、日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律案に対する賛成の討論を行います。(拍手)郵政民営化から一年を経過して、政府・与党が主張してきた民営化のメリットなるものは、根底から破綻をしているのであります。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第9号(2009/02/12、44期)

私は、日本共産党を代表して、地方財政計画外二法案について質問します。(拍手)地方自治体の基本的役割は、住民の福祉、暮らしを守ることにあります。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第12号(2009/03/04、44期)

私は、日本共産党を代表して、定額給付金の財源を確保するための特例法案の再議決を求める動議に反対の討論を行います。(拍手)政府・与党は、参議院で否決された定額給付金の財源法案を三分の二の再議決までして押し通そうとしています。しかし、定額給付金には、今なお国民の七割から八割が反対をしています。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第18号(2009/03/27、44期)

私は、日本共産党を代表して、地方税法改正案及び地方交付税法改正案の再議決を求める動議に反対する討論を行います。(拍手)地方税法、地方交付税法の両改正案は、本日、参議院で否決されました。政府・与党は、参議院が衆議院と異なる結論を出したことをしっかりと受けとめるべきであります。会議録へ(外部リンク)

第173回国会 衆議院 本会議 第6号(2009/11/20、45期)

私は、異常な国会運営を行う与党の暴挙に強く抗議の意を表明し、日本共産党を代表して、国家公務員給与法案について質問をいたします。(拍手)本法案は、自公政権下、八月十一日に出された人事院勧告に基づいて、給与本体とボーナスなどを大幅に引き下げ、国家公務員一人当たり平均十五万四千円という、過去最大規模の減収………会議録へ(外部リンク)

第173回国会 衆議院 本会議 第7号(2009/11/26、45期)

私は、日本共産党を代表して、郵政民営化凍結法案について質問をいたします。(拍手)まず、郵政民営化は何だったのかという問題です。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第7号(2010/02/16、45期)

私は、日本共産党を代表して、地方財政計画外二法案について、関係大臣に質問します。(拍手)地方自治体の役割は、住民の福祉、暮らしを守ることにあります。その役割を発揮するためには、自公政権が進めてきた構造改革路線と決別をし、憲法がうたう地方自治に基づいた住民の生活を守る政策に転換することが必要です。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第28号(2010/05/13、45期)

私は、日本共産党を代表して、田中けいしゅう内閣委員長解任決議案に賛成の討論を行います。(拍手)田中けいしゅう委員長は、与野党合意がないまま、みずから質疑終局を発議し、採決を強行しました。委員会の公平公正な運営を放棄し、法案の十分かつ慎重な審査に尽くすべき任務を投げ捨てたことは、極めて重大であります。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第32号(2010/05/27、45期)

私は、日本共産党を代表して、近藤昭一総務委員長解任決議案に賛成の討論を行います。(拍手)近藤昭一委員長は、二十五日の委員会において、与党の強行方針に唯々諾々と従って、放送法改正案の質疑を終局し、野党の質疑権を封殺して、採決を強行したのであります。委員会の公平公正な運営を尽くすべき委員長の職責を投げ捨………会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 本会議 第33号(2010/05/31、45期)

私は、日本共産党を代表して、郵政改革関連三法案に対して、反対の討論を行います。(拍手)郵政民営化は、小泉構造改革の本丸とされ、二〇〇五年の国会では百時間を超える審議が行われました。その見直しを掲げる法案を、わずか六時間、一日で審議を打ち切ったことは重大です。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第4号(2011/02/15、45期)

私は、日本共産党を代表して、地方財政計画外三法案について、菅総理並びに片山総務大臣に質問します。(拍手)まず、地域主権改革です。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第23号(2012/06/01、45期)

私は、日本共産党を代表して、国家公務員制度改革関連法案について質問をいたします。(拍手)日本国憲法は、公務員を含む全ての労働者に、基本的人権として労働基本権を保障しています。ところが、憲法制定の直後、一九四八年に、公務員の争議行為の禁止を日本政府に押しつけたマッカーサー指令によって、この基本権が公務………会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第11号(2013/03/14、46期)

日本共産党を代表して、地方財政計画外二法案に関連して質問します。(拍手)まず、東日本大震災被災地の復興の問題です。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第12号(2013/03/22、46期)

私は、日本共産党を代表して、地方交付税法改正案に対する反対討論を行います。(拍手)まず、今回の地方財政計画についてであります。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第16号(2013/04/12、46期)

私は、日本共産党を代表して、消費税転嫁法案について質問をいたします。(拍手)まず、法案の前提となる消費増税が国民の暮らしと経済に与える影響です。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第25号(2013/05/17、46期)

私は、日本共産党を代表して、いわゆる消費税転嫁法案に対する反対討論を行います。(拍手)転嫁できない消費税に四半世紀にわたり苦しめられ続けてきた、中小零細業者の悲痛な叫びが聞こえますか。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第28号(2013/05/28、46期)

私は、日本共産党を代表して、電気事業法改正案について質問します。(拍手)本法案で問われているのは、地域独占、発送電一貫体制という戦後の九電力体制を変革し、発送電分離などの電力システム改革を実現するか否かであります。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第32号(2013/06/13、46期)

私は、日本共産党を代表して、電気事業法の一部を改正する法律案に対して、反対の討論を行います。(拍手)本法案は、電力自由化などの電力システム改革を進めるというものですが、改革すべきは、我が国の戦後六十年にわたる、九電力の地域独占、民営の発送配電一貫体制という電力独占によるガリバー支配です。主要国では特………会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第5号(2013/10/29、46期)

私は、日本共産党を代表して、産業競争力強化法案について質問します。(拍手)本法案は、アベノミクス第三の矢である成長戦略の具体化として、安倍総理が、世界で一番企業が活動しやすい国に日本を変えると称して出してきたものです。会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第11号(2013/11/19、46期)

私は、日本共産党を代表して、産業競争力強化法案に対し、反対の討論を行います。(拍手)安倍総理は、この臨時国会を成長戦略実行国会にすると述べ、日本再興戦略を具体的に実行するために、産業競争力強化法案を国会に提出しました。ところが、本法案が審議入りした十月二十九日、総理の姿は議場にありませんでした。原発………会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第16号(2014/04/10、46期)

私は、日本共産党を代表し、地方自治法改正案について質問します。(拍手)今、地方自治は、どのような状態にあるのでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第17号(2014/04/11、46期)

私は、日本共産党を代表して、電気事業法等改正案について質問します。(拍手)本法案による電力システム改革の直接の契機は、三年前の東電福島第一原発事故です。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第21号(2014/04/25、46期)

私は、日本共産党を代表して、地方自治法改正案並びに第四次一括法案に反対の討論を行います。(拍手)この間の政府による市町村合併や権限移譲の押しつけは、地方自治の拡充に逆行する深刻な事態をもたらしてきました。本法案は、この逆行をさらに進めるものであります。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第25号(2014/05/20、46期)

私は、日本共産党を代表して、電気事業法等の一部を改正する法律案に対して、反対討論を行います。(拍手)電力改革は、本来、三・一一原発事故の教訓を踏まえて、戦後の発送配電一貫体制、電力独占のガリバー支配の打破と根本的な転換のために、原発政策、東電改革とセットで解決されなければなりません。会議録へ(外部リンク)

第187回国会 衆議院 本会議 第5号(2014/10/14、46期)

私は、日本共産党を代表し、地方創生関連法案について質問します。(拍手)安倍総理は、今国会を地方創生国会と位置づけ、国民が安心して働き、希望どおり結婚し子育てができ、将来に夢や希望を持つことができる、魅力あふれる地方を創生するとしています。会議録へ(外部リンク)

第187回国会 衆議院 本会議 第11号(2014/11/06、46期)

私は、日本共産党を代表して、地方創生関連法案に対する反対討論を行います。(拍手)反対理由の第一は、安倍内閣の言う地方創生は、人口減少への危機感をあおり、社会保障費と地方交付税の削減は仕方がない、足りない分は民間投資の活用と住民の自助、互助で賄えというものだからであります。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第35号(2015/06/22、47期)

私は、日本共産党を代表して、国会史上かつてない九十五日間の延長に断固反対の討論を行います。(拍手)一体何のための会期延長なのか。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第9号(2016/02/02、47期)

私は、日本共産党を代表して、安倍総理に質問します。(拍手)まず明らかにすべきは、甘利大臣辞任における総理の責任です。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第29号(2016/04/28、47期)

私は、日本共産党を代表して、衆議院選挙制度関連法案、両案に反対の討論を行います。(拍手)第一に、法案の進め方が前代未聞で異様だという点であります。会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第15号(2016/11/29、47期)

私は、日本共産党を代表して、十四日間の会期延長に断固反対の討論を行います。(拍手)政府・与党は、会期延長でTPP協定と関連法案及び年金制度改革法案を今国会で成立させると述べました。悪法を通すための会期延長は断じて認められません。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18