移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

丹羽五郎参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



参議院委員会発言統計

  1期(1947/04/20〜)   96回出席   75回発言   86838文字発言

※なお、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。


参議院委員会発言一覧

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第2号(1947/07/24、1期)

海運組合法の撤廃ということは、これは当然行わなければならんと考えております。資材の面は政府によつてこれを受持つてやるという今大臣のお話であつたのですが、その資材の按分ということは業界を進めるか沈めさせ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第4号(1947/08/13、1期)

ちよつと申し上げますが私の私見ですけれども、この頃のような通信が非常に不便な折、又補佐人をつけた場合、補佐人との連絡ということに多少時間がかかるということと、又今度の海難審判法というものには、特にその…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第5号(1947/08/19、1期)

この海難審判法でありますが、その審議の前に、一つ希望があるのですが、總則の第三條の第四號に「水路圖誌」ということがありますが、船舶運行に関しましては、一番この水路圖誌が大切なものであります。特に日本に…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第6号(1947/08/21、1期)

議事進行についてちよつと申上げたいと思います。この新らしい今度お出しになる「日本国沿岸に置き去られた船舶の措置に関する法律案」、これについて一應説明をお願いいたしたい、かように考えております。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第7号(1947/08/25、1期)

今五千トン以上のものの引揚げの準備をし、引揚げつつあるというお話でしたが、五千トン以上の船は引揚げた後において、それを解體してスクラツプにでもするのですか、或いはそれを運航する船に直すのですか、その點…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第8号(1947/08/28、1期)

私今この海難審判法をいろいろ研究いたしておるのですが、実はこの法案が成立いたしました場合に、この海難審判法の受審人たるべき海技免状受有者は、假に過失があり、海難審判法によつて責任を負う點あれば、これに…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第9号(1947/08/30、1期)

前に私が第一囘のこの豫備審査の折にお尋をした時は、この法案の私は勸告の點についてもお尋ねしたのですが、この勸告に對しては參審員という新らしい制度ができたから、決して誤審をするようなことは絶對ないという…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第10号(1947/09/18、1期)

只今から運輸交通委員會を開きます。実は板谷委員長が北海道の郷里にお歸りになつておりまして、ちよつと御都合があるので二十日まで來られないということで、その間早く委員會の進行を圖つて貰いたいという電報が來…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第11号(1947/09/25、1期)

今小林君のお話を承わりましたのですが、実は今日小林議員がここに御出席になつております。ところで私一應そのことをお尋ねしたい。かように考えておつたところが、今小林議員から一應の釈明はあつたのです。この新…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第12号(1947/09/27、1期)

日本国沿岸に置き去られた船舶の措置に関する法律案につきましていろいろ見たのでありますが、実はこの法律案は、今までにない、言葉を換えて言うならば、幾何学の方程式のような法律案であつて、非常に結び合いがむ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第13号(1947/10/01、1期)

今小林委員のお説の中に、大衆は七日でもよいけれども、七日で事務が完結できるか、事務の用意が完結できるかというお話でありました。私はいささかそれには意見を異にしておつて、大衆はできるだけこの一ケ月間を私…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第14号(1947/10/03、1期)

ちよつと私の質問は取消します。余りきわどくなつて來ますから……。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第15号(1947/10/07、1期)

この法案を大略目を通して見たんですが、今のこの委員會制度を以てやるというような、非常にアメリカ式な進歩したところも見受けらる點でありますが、私のお尋ねを一つして見たいのは、第五十一條の、現在自動車交通…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第21号(1947/11/17、1期)

先般委員長の代理で打合会に參りました。その席上、農林、電氣、運輸交通、この三委員会から三名ずつの小委員を出して、今日委員会を開いて、この電氣問題を解決して行こうという打合をしたのです。今日の本委員会に…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第24号(1947/12/02、1期)

私小委員に選ばれまして、先月二十二日の第一囘の問題の折、熱と光を與える緊急問題は運輸以外には何もないということで對策を講じたのでありますが、その晩から突如發熱いたしまして、漸く今日起きてここに參つたよ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第25号(1947/12/05、1期)

衆議院より送付されましたこの修正案に對して私全面的に贊成する者であります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第26号(1947/12/06、1期)

それでは、これから委員會を開會することにいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第27号(1947/12/08、1期)

今小野君の質問に對して、船鑑札船の隻數その他について、斎藤説明員の方で説明して頂きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第2号(1947/07/25、1期)

今の三好君の動議に対して全面的に私は賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第3号(1947/07/29、1期)

今、三好君の出されたこの三つの小委員会は、最も必要なる各委員会と考えておりますから、是非ともこれは委員長において御採択になつて進む努力を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第4号(1947/07/30、1期)

高價魚族、即ち「たい」、「えび」、それから「すずき」というようなものに対しまして、資材の裏付けがないから、これは統制を撤廃すべきものだという観念でこの小委員会はお決めになつたのですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第5号(1947/08/02、1期)

私は水産廳設置に関する小委員会の今日までの経過を一應本委員会に報告いたしたいと、さように考えております。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第7号(1947/08/27、1期)

第一班の岩男君外六名の委員の諸氏がこの交通難の折に遠い北海道まで行かれて、各津々浦々を御視察になつて、今我々に貴重な調査報告を得たことは、我々今後水産行政を司る水産委員といたしまして、いろいろの問題を…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第8号(1947/08/29、1期)

一應水産廰設置の小委員會の經過を申上げたいとかように考えております。水産廰設置の小委員會を設立いたしましたのは七月の三十日でありまして、その間今日まで約四囘會議を開いております。八月二十日には特に流會…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第9号(1947/09/26、1期)

私不肖ですが、水産廳設置に関する委員長をいたしておりまして今日の報告も実は水産廳設置委員会において御報告を願う筋合のものであろう、而して又我々の結論を得たことを本委員会において御報告申したい、かように…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第10号(1947/10/07、1期)

私ども、青山委員の提案に対しては、一日も早くこれを行つて、何とかこの場面の展開をしなければいかん、かように強い考えを持つております。至急お願いいたしたいと思います。賛成です。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第15号(1947/11/18、1期)

今の局長の説明で、この根拠法律を拵えるということで一部の改正をされることは了としましたが、刑罰主義でこれを行うというのについては、非常に罰金なり科料の金額が少いような氣分がいたします。今日千円又は五百…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 水産委員会 第17号(1947/12/06、1期)

水産廳問題に関しまして、最初七月十一日に、我々委員会におきまして、水産廳設置に関する調査委員会を設けようじやないかということを決定いたしまして、七月二十九日に初めて第一回の水産廳設置小委員会を開きまし…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第1号(1948/05/27、1期)

昨年第一回国会のときには、村上委員、小泉委員両委員が小委員会を二部制にいたしまして、非常にこの繁多な請願、陳情のことに、而も盛夏の折柄御建闘願つて処理ができたことを、私共委員として非常に感謝をいたして…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第3号(1948/06/09、1期)

先程私共は公聴會を開くことについては、少しく考えを異にしておりましたが、この場合に、国會法によつて、公聴會を開かなければならんという第五十一條かに規定がありますので、これによつて行けば、參議院の公聴會…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第4号(1948/06/14、1期)

大臣は只今の本会議におきまして、石炭問題について現在の石炭は五千四百カロリーのものを使つておる。併しこれを五千八百カロリーにすれば約七十万トンの節約になるというお話でありましたが、僅か四百カロリーのカ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第5号(1948/06/16、1期)

今鈴木氏のお話の中に、今回の運賃値上げによつて收入減というお話がありましたが、鈴木氏は收入減は現在政府は五%の收入減と見ておりますが、鈴木氏はこれに対してどれ程の收入減を見ておられますか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第6号(1948/06/17、1期)

今大臣は現実論のことをおつしやつたのですが、私はこれは馬鹿話になりますが、本日の新報知の「きのうきよう」というところに非常に穿がつたことが書いてあるので、ちよつと大臣に御参考までに申上げたい、かように…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第7号(1948/06/18、1期)

議事進行について、今日港則法案、港域法案その他三法案ございますが、議員としては、一應配付された法案は事前によく見て置かなければならんのが当然なのでありますが、何せ浩瀚な書類を我々は絶えず見ておるので、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第8号(1948/06/21、1期)

私午後は実は水産金融調査小委員長を勤めておりますので、それを午後一時からやりまするが、私の質問は取消して置きます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第9号(1948/06/22、1期)

岡本君は以前海運総局総務局長をやつておりまして、相当海運行政については経驗もあり、抱負も持つておる人でありまするから、福原君の後任者としては最も適当かとかように考えます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第10号(1948/06/29、1期)

今回上程されました港則法案によりますると、開港港則法というものは全部その効力を失うということに解して差支えないのでありますか。一應政府委員の答弁を頂きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第11号(1948/06/30、1期)

今委員長のお話になりました女王丸事件でありますが、本件は昭和二十三年一月二十八日関西汽船株式会社女王丸が岡山縣牛窓の沖におきまして、触雷をいたしまして、多数の死傷者を出した事件でございます。それに対し…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第13号(1948/07/02、1期)

私はこの港域法案に重大な関係を持つておりまする港則法案の中のことにつきまして、これは昨日も上程しまして、国会はこれを認めたのでありますが、その中のことについて、一應政府の意見を聴いて、この法の運用を誤…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第14号(1948/07/03、1期)

ちよつと議事進行について……速記を止めて貰いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 運輸及び交通委員会 第1号(1948/10/09、1期)

板谷委員長の御苦労に対し、委員会を代表して年長者に小泉秀吉委員より、委員長に対し謝意の意を表したいと思いますが、如何ですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 水産委員会 第1号(1948/01/30、1期)

現在の「まぐろ」漁区千二百マイルを二千二百マイルだけ殖やして十一月から三月までの間、もう千マイルだけ、即ち二千二百マイルの制限漁区を得てみたいとかように考えておるのでありますが、水産当局において、そう…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 水産委員会 第3号(1948/03/26、1期)

永江農林大臣が今度新しく御就任になつての只今の御挨拶で、自分は水産に對しては全然素人であるという御謙遜なお言葉を頂いたのでありますが、永江氏は兵庫縣に長らくいられまして、相當日本の水産ということについ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 水産委員会 第5号(1948/05/06、1期)

これは大分話が古びたような嫌いがあるのでありますが、水産廳問題について過日水産局長は五月十五日までに或るはつきりしたものにやるべく努力し、且つGHQの方からも或る内示を頂いて、今鋭意これが考究中であつ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 水産委員会 第6号(1948/05/25、1期)

只今青山君が提議しました漁業事業税に對することでありますが、私はこの漁業というものは、一般国民に非常に儲かるように考えられておる。実は農業と漁業との生産高の比を取つた比較表を見ましたが、昭和十五年の例…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 水産委員会 第8号(1948/06/15、1期)

では御報告申上げます。小委員会におきましては五月二十六日と六月十一日の二回に亘つて会議を開き、復興金融金庫勧業銀行及び農林省当局より説明を求め、或いは資料の提出を要求して愼重且つ熱心に審議いたして参り…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1948/10/15、1期)

甚だ僣越ではありますが、委員諸君にお諮りをいたしたいと考えております。只今板谷委員長から懇篤なる御挨拶を受けましたので、当委員会の長老である小泉君に、我々委員としての委員長をお迎えする御挨拶をお願いい…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第5号(1948/11/19、1期)

政府の方でもう殆ど目前に迫つているこの切替の期間に対して政府は一体見透しはどうなのか、それを一應お尋ねしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1948/11/24、1期)

今鈴木さんのお話、非常に私御尤もであると思つておりますが、実は私共も第三十六條がこの法案の一番のキイ・ポイントのようにも考えているのですが、一番末項に書いてあります、「但し、政令をもつて日本国有鉄道を…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第7号(1948/11/25、1期)

私船舶公團の大体の現在の機構の大要ということを先ず総裁から説明を聞きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第8号(1948/11/27、1期)

これは昨日予備審査において相当私突つ込んで政府委員の答弁を聞きまして了承いたしておりまするが、ただ一点お聞きしたい点は、社團法人の日本海運集会所が、仲裁の行為、或いは解決の行焉を取扱うということを政府…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 運輸委員会 第9号(1948/11/29、1期)

この法案によつて一体人の整備を相当やるのですか。又は人が殖えるのですか、その点を一つお尋ねしたい。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1948/12/06、1期)

観光調査に関する小委員会、それから請願の小委員会、両方共当然それは本委員会としてやらなければならんことだと、かように考えておるのであります。実は会期も甚だ短いようなことを承つておりますので、委員の選任…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1949/04/05、1期)

ちよつと秋山長官にお尋ねしますが、今手許に配付された若松阪神間の運賃表によつても明らかなことでありますが、かように不均衡なことで、本年は一億四千何万トンという輸送状況になつておりまして、その計画の中で…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第10号(1949/04/25、1期)

次に東京新聞社の福良君。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第11号(1949/04/26、1期)

今日やりますか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第12号(1949/04/28、1期)

私はこの本案のような、びつこな偏頗な運賃値上げということに対しては絶対に反対する者であります。理由は旅客運賃のみを上げて貨物運賃のそのままにして置く。即ち貨物運賃を据置くということは物價に影州を及ぼす…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第17号(1949/05/13、1期)

第四條の水先修業生の実務期間と言いますか、それには省令で定めるということになつておりまするが、大体政府はこれに対して何年間ぐらいの実務期間を考えているのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第18号(1949/05/14、1期)

先程小泉委員からお尋ねがあつたこの十七條の二項の点ですが、現在日本における水先人と船長との職務範囲の権限ということについては、非常ないろいろ大きな問題になつておるのですが、これによつて実は共同海損とい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第24号(1949/05/22、1期)

この海上運送法が仮に通りましても造船法案が通らないと、臨時船舶管理法というものはやはり存続するわけになつて來るわけですね、造船法とそれから海上運送法とが二つが成立して、そうして初めて臨時船舶管理法とい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第26号(1949/05/31、1期)

こういうように会期が切迫して來ましたし、且つこのような重要な法案に対して是非公聴会を開いて、この当運輸委員会の審議をして行くことが私共適法だと考えております。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1949/08/01、1期)

緑風会の小野君がお辞めになるということですが、私は甚だ事情もあることで止むを得ないことであると思いますが、緑風会においてその後任をどうするかというようなお考えがあるならば、一應聞かして頂きたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第1号(1949/10/29、1期)

委員長にお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第3号(1949/11/11、1期)

改正の第五條の二にあります「前慶ノ期日ハ船舶国籍証書ノ交付ヲ受ケタル日又ハ船舶国籍証書ニ付前回ノ検認ヲ受ケタル日ヨリ総噸数百噸以上ノ鋼製船舶ニ在リテハ四年ヲ総噸数百噸未満ノ鋼製船舷ニ在リテハ二年ヲ木製…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第4号(1949/11/21、1期)

どうぞ。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第6号(1949/11/24、1期)

第三国会において、この委員会で政府に対する要求書として、政府は日本国有鉄道の公共企業体としての自主的且能率的な運営を図らしめるため、特に左の諸点を考慮することを要求するということで、第一條、第二條、第…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第7号(1949/11/25、1期)

昨日私がお尋をした第四十六條の問題ですが、これは結局国有鉄道の財産の処置についてのことがこれに規定されてあるのですが、「営業線及びこれに準ずる重要な財産を譲渡」する、これは明らかに分つておりますが、「…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 運輸委員会 第14号(1949/12/03、1期)

いろいろこの法案を審議いたしたのですが、結局この第七條の点でありますが、これは成る程、この地方財政にも及ぼす影響のあることでありますから、これを全面的に削除いたしまして、新たに第七條に「登録ホテル業の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第8号(1950/03/17、1期)

私も前之園君と同じような考えを持つておりますが、昨年国鉄にしたという一番の本旨は、独立採算制を保つというのが一番の切替の本旨であつたように思うのであります。今ここで信濃川の発電所を拵えるために、四十億…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第10号(1950/03/28、1期)

運賃値下は甚だ私共待望しておつたことで結構だと思いますが、実は今回の値下は、国鉄自体の経営状態から、値下をしてもいいという観点からこの値下案を出したのであるか、今の説明のちよつと一端を聞いて見ると、関…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第11号(1950/04/04、1期)

ちよつと遅れて来たので……、簡單ですが……、今の政令で四月一日から六ケ月間延長したという例の戰時立法による船舶管理令が基本になつておるんであつて、ただ名前が商船管理ですか、船舶運航管理という名前に変つ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第13号(1950/04/20、1期)

前国会の折に、造船法案というものが一応出て、いろいろ政府の説明も聴いておつたのですが、その後又新らしく出された。私ちよつと委員会を一、二回欠席しておつたので、その間の事情は分りかねますので重複する嫌い…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第15号(1950/04/28、1期)

この法案の内容について、最初から疑義があつた。帥ちこの出資金に関し、債権者の立場について不可解のものがあつた。併し只今説明で、政府の交付金と同一性質のものだと分つたので賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第16号(1950/05/01、1期)

只今の説明の法案は、極く簡単なものであつて、且つ又当然任期がこの法律によつて、国会が開会されておらなかつたときに任命した委員は、その次の国会が招集された折に国会の承認を求めるという当然な単行法ですから…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 運輸委員会 第17号(1950/05/02、1期)

簡単にお尋ねします。今前之園君のお話のところにもあつたのでありまして、この第三十七條のところで、専売公社又は国有鉄道とこの港湾管理者との間に協議が調わなかつた場合には、四十一條を適用して公聴会等を開い…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2016/12/11