斎武雄参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」


参議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

   1期(1947/04/20〜)  144回出席(うち幹部出席  0回)   51回発言   45376文字発言
   2期(1950/06/04〜)   76回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言      93文字発言

    参議院在籍時通算    220回出席(うち幹部出席  0回)   53回発言   45469文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  130回出席  17回発言 法務委員会
 2位   67回出席  34回発言 司法委員会
 3位   11回出席   2回発言 懲罰委員会
 4位    8回出席   0回発言 運輸委員会
 5位    3回出席   0回発言 商業委員会
 6位    1回出席   0回発言 建設委員会

参議院委員会役職

委員長経験

参議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

参議院委員会での理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


参議院委員会発言一覧

第1回国会 参議院 司法委員会 第2号(1947/07/10、1期)

本法について私は五つの点について質問をしたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第4号(1947/07/26、1期)

この法律は無論憲法の十七條から來ておるのでありますが、憲法の十七條には「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、」とこういうふうになつておるのでありまして、この法律の第一條には「故意又は過…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第5号(1947/07/28、1期)

第五條の「別段の定があるときは、その定めるところによる。」ということになつておりますが、結局特別法でもやりますが、特別法はここに附則として削除された以外にあるのでしようか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第6号(1947/07/30、1期)

この改正刑法によりますというと、執行猶予の決定する範囲を広くして、非常に結構だと思うのでありますが、私は更に進んで宣告猶予ということを考えておるのであります。いわゆる言渡を猶予するということを考えてお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第7号(1947/08/01、1期)

提案理由は大体了承いたしましたが、「連合国占領軍、その將兵又は連合国占領軍に附属し、若しくは随伴する者の財産」とあります。これは所持禁止の法律であると思いますが第一條の二項に「日本国の通貨又は連合国占…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第8号(1947/08/05、1期)

私は只今の修正案に賛成する者であります。賛成の理由は、同じ資格のある同じ素養のある者が帰つて來る時期によつて差別をするということはいかんことだと思うので、この修正案に賛成するのであります。同じ素養のあ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第9号(1947/08/06、1期)

私は委員長が言われたように総則は総則として、総則のみについて自由に質疑した方がよいと考えます。総則のみに限定する、そういうように考えます。結局五十八條まで………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第10号(1947/08/07、1期)

「皇室ニ對スル罪」を廃するということは、これは止むを得ないことでありまして、憲法上当然であると考えるのでありますが、只今七十三條に、「危害ヲ加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ處ス」と、非常に重い刑罰に現…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第11号(1947/08/11、1期)

私は守屋さんにお伺いいたします。守屋さんは長年の間両性の平等ということを主張されまして、そうして男子も罰しろ、こういう請願を長年の間したということについては敬意を表します。然るに今日のお話によりますと…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第13号(1947/08/13、1期)

本法案第一條について民事局長に御答弁を願います。国家賠償法は新らしい憲法の十七條から発した法律と考えておるのであります。十七條によるというと、「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第15号(1947/08/19、1期)

私もこの機会にちよつとお願いして置くのでありますが、それは只今刑事局長から、必要のない勾留は成るべく避けて早く保釈を許す。そういう方針で指令しているということでありまして、これは非常に我々の感謝すると…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第16号(1947/08/20、1期)

この機会に司法大臣にお伺いしたいのでありますが、刑法の二百三十條の二、第三項でありますが、第三項によりまするというと、名譽毀損の犯罪の行為は、「公務員又ハ公選ニ依ル公務員ノ候補者ニ関スル」云云というこ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第18号(1947/08/27、1期)

両大臣の御答弁によつて第一條の内容は分つたのでありますが、私の考えを申上げまして、私の考えと同樣であるかどうかということを今一應念を押して置きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第20号(1947/08/29、1期)

賃借の申入れを一年間延べることがよろしいか惡いかということは、見樣によつて違うと思うのでありますが、私は現状においては、一年間延ばした方がいいと考えておるのであります。折角臨時処理法によつて家屋居住者…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第22号(1947/09/17、1期)

彈劾裁判所の性格と訴追委員会の性格をここでお聴きして置きたいと思うのであります。彈劾裁判所は、刑事訴訟法と同じ手続でやるのであるか、或いは訴追委員会の性格上、檢察官との資格の関係をお聴きするのでありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第23号(1947/09/18、1期)

彈劾法と分限法律案との関係をお伺いするのでありますが、免官の場合は彈劾法に一任して、その他のことは分限法によつてやるという御趣旨でありますが、その関係をお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第25号(1947/09/27、1期)

この前にも質問をしたのでありますが、「訴追委員會は、情状により訴追の必要がないと認めるときは、罷免の訴追を猶豫することができる。」こういう規定になつておりまして、それに對する不服の方法がないのでありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第30号(1947/10/06、1期)

新らしい憲法によつて、裁判所が独立されて、司法省の機構が変更される、これは当然なことでありましようが、この機会に私大臣にお願いして置きたいのは、大臣は司法大臣としてその人を得たのでありまして、この改革…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第31号(1947/10/07、1期)

先程山下委員から、天皇皇后その他の方々の告訴について、総理大臣に代理権があるということにつきまして御説明があつたのであります。総理大臣が代理権を持つということについては、先程の御説明によつて了承したの…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第33号(1947/10/09、1期)

私は松村さんの修正案に賛成する者であります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第34号(1947/10/10、1期)

第一點は調査官の職務をお伺いするのであります。第一條の調査官というものは裁判に必要な學説とか、判例とか、或いはそういう関係法令を調べることが職務であつて、主たる目的であつて、具體的事件の記録を調査した…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第35号(1947/10/14、1期)

第三條についてお伺いいたしたいと思います。第三條には「審判は、一人の家事審判官が、参與員を立ち会わせ、又はその意見を聴いて、これを行う。」、こういうようになつております。第三項には「家事審判所は、相当…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第36号(1947/10/15、1期)

先程中村委員から御質問がありましたが、重ねて一点だけ質問したいと思いますが、それは十八條の投票の秘密ということでありまするが、先程の御答弁には投票の内容を陳述する義務を負わないのである、こういう方面か…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第37号(1947/10/16、1期)

補則の五十一條に「審査の施行に関する費用は国庫の負担とする。」とありますが、幾らくらいの予算を取りますか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第39号(1947/11/06、1期)

私はこの原案に贊成する者であります。そうして松村委員のお話にあつた通り、速かに根本的に更に改正する準備を政府當局にお願いしたいのであります。それから只今の小川さんの修正意見でありますが、若し修正される…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第45号(1947/12/04、1期)

私は鬼丸委員の修正意見に賛成する者でありますが、ちよつと確めて置きたいのは、第百四十三條となつておりますが、只今そう申されましたが、この第百四十三條というものはないので、これは附加するのではないでしよ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第46号(1947/12/05、1期)

この法案によつて、副檢事を全国に幾らぐらい殖やすという予定であるか、当局の御考を聴きたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第47号(1947/12/06、1期)

只今の松村委員の修正案に贊成いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第1号(1947/12/10、1期)

只今議題となりました理事の補欠の選挙につきましては、投票の方法を省略して、委員長の指名に一任したいことの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第7号(1948/03/26、1期)

これは現行犯の場合が多いというわけでありますが、その場合に、逃走の虞れある場合においては、逮捕はできるというのでありますが、刑事訟訴法においては四十八時間以内に裁判所に持つて來なければなりませんが、そ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第10号(1948/03/31、1期)

新刑事訴訟法案によりますと、刑法の百九十三條から百九十八條の官吏等の浜職罪については、檢事が不起訴にしたときは、告訴若しくは告發人は裁判所に對して、裁判所の審判に付することを請求することができる。その…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第12号(1948/04/02、1期)

第四十七條に「檢事正は、前條の規定により議決書謄本の送付があつた場合において、」こういうことがありますが、これは期間の定めはないでしようが、例えば何日内にそういうことをするとか……。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第19号(1948/05/01、1期)

松村さんの動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第21号(1948/05/05、1期)

裁判官の報酬の第十條について御質問申上げます。生計費及び一般賃金事情の著しい変動を來たす。そういう場合に最高裁判所が自由に裁判官の給與について、決めることができる。こういう規定でありますがそういうふう…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第1号(1948/10/15、1期)

理事の選挙につきましては、互選の方法を省略いたしまして、委員長の指名に一任いたしたいと思います。そういう動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第4号(1948/11/12、1期)

昨年この改正に…。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第5号(1948/11/13、1期)

昨日は起訴して無罪になつた場合、その場合に問題になつたのでありますが、私はその反対のことも言えると思います。起訴する場合において檢事は愼重に取扱つた、それでも無罪になつた場合においては止むを得ないので…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第8号(1948/11/20、1期)

祕書官の資格は判事若しくは判事補であると只今言われましたが、裁判する人が不足の今日、判事になる人が不足の今日、判事から持つて行つて祕書官にするというのはどういうものであるか、その点をお伺いしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第11号(1948/11/30、1期)

鬼丸委員の御意見に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第2号(1948/12/08、1期)

刑事訴訟法について質問したいのですが、刑事訴訟法を施行するについて、政府は如何なる考えを持つておるか、こういうことを質問したいのでありますが、それは新刑事訴訟法の場合に、求刑をするのであるかということ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第4号(1949/01/08、1期)

最高檢察廳の橋本檢事が調べておつて、檢察廳は健全なりという発表をしたのですが、それについてどういうふうにお考えですか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第5号(1949/01/09、1期)

梅原という人は今寮に入つておりますか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第9号(1949/01/29、1期)

その場合はよろしいと解釈しますか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 懲罰委員会 第4号(1949/05/22、1期)

私は大野委員の御意見に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 懲罰委員会 第5号(1949/05/23、1期)

星野君の委員会における言説は、議場における言葉の範囲を逸脱しないと考えるのであります。從つて星野君は無罪を主張します。この点については大野さんの議論に賛成します。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第3号(1949/03/28、1期)

檢察の運営に関しては、当委員会は重大な関心を持つておるのでありますが、横浜地方檢察廳のいろいろの汚職事件がありましたが、それについて事件の内容及び現在の状況を法務総裁からお伺いいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第7号(1949/04/26、1期)

この機会に連続犯についてお尋ねしたいのですが、この前に大野委員から質問がありましたが、岐阜の裁判所においては、連続犯について別々に公訴を提起しておる、こういう事件がございますが、これは全国に沢山あると…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第11号(1949/05/10、1期)

連続犯の一部について裁判があつたとき、その他の部分については処罰されないように規定する考えがあるかどうか、ちよつとお聴きいたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第18号(1949/05/21、1期)

大野さんの修正案に賛成するものあります。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第4号(1949/06/18、1期)

これより法務委員会を開きます、裁判、檢察の運営に関する委員会であります。先ず米子事件について、楢原檢事正から報告をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第10号(1949/10/24、1期)

九州班の出張について御報告します。伊藤委員長に松村真一郎君と僕の三人で九州を調査して参りました。九州出張班については報告書によつて詳細御了承願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 参議院 法務委員会 第25号(1951/06/02、2期)

只今の伊藤君の動議に賛成をいたします。会議録へ(外部リンク)

第11回国会 参議院 法務委員会 第1号(1951/08/17、2期)

私のほうは東北でありますが、青森とそれから山形、新潟を調査したのであります。それについての報告は厖大でありますから報告書によつて御覧願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12