阿竹斎次郎参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」


参議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

   1期(1947/04/20〜)  158回出席(うち幹部出席  0回)   31回発言   20030文字発言

    参議院在籍時通算    158回出席(うち幹部出席  0回)   31回発言   20030文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   46回出席  13回発言 治安及び地方制度委員会
 2位   43回出席  10回発言 司法委員会
 3位   25回出席   0回発言 通商産業委員会
 3位   25回出席   1回発言 商工委員会
 5位   13回出席   6回発言 決算委員会
 6位    6回出席   1回発言 在外同胞引揚問題に関する特別委員会

参議院委員会役職

委員長経験

参議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

参議院委員会での理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


参議院委員会発言一覧

第1回国会 参議院 司法委員会 第8号(1947/08/05、1期)

私ちよつと分らなくなつて來たのですが、私は原案は言うまでもなく政府のものだと思うておるのです。ところが、小川さんの質問に対して政府は、あれは私のものではない審議会の意見を代弁するものである骨子だけであ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第18号(1947/08/27、1期)

憲法は公権、私権一切を書いてあります。そうすると民法は私権を書くことが原則である、この意味において第一條にこの文句ができたのでしよう。政府はこの眼目に考えられたからこういうふうに書かれたと思うが、御意…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第20号(1947/08/29、1期)

頗る簡單に意見を述べます。私は元來疎開賠償金というものは、疎開によつて起る損害を賠償するものであつて、地上権というものはそれでなくなつて來るものではないという解釈をしておる、然るに、從來裁判所は地上権…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第25号(1947/09/27、1期)

その前にちよつと一言聞きたいのです。頗る簡單です。只今御當局は經費が不十分とか過剩拘禁と言われる。それは成る程そうでしようけれども、もつと大きな原因がないか。即ち刑務所長が自分の職務を元來怠つておる。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第28号(1947/10/03、1期)

言葉尻を捉えて理屈がましいことを言うのではありませんけれども、今説明を聞くと、公共の福祉のためにならば、憲法の平等の趣旨に背くようなことになつても仕方ないということになるのですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第33号(1947/10/09、1期)

小川さんの意見を伺つたらどうですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第34号(1947/10/10、1期)

局長の答辯一應御尤もだと思うのですが、質問に對して只今のようなあなたの御答辯では、私共はそうですかといつて默つておれないと思うのです。でありますから質問に對してはもつと意義のある御答辯を願いたい。そう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第36号(1947/10/15、1期)

只今斎委員との質疑應答を承つております。就てはこの法案が施行せられた曉は、裁判につきましては、各判事の個々の意見が判決文に記載せられるものと承知いたしてよろしいのでありますか、これをはつきり伺つて置き…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第38号(1947/10/18、1期)

ちよつとお伺いしますが、この審査官の、審査員の選挙は戸所訪問はいいようにこの間御説明があつたのですが、そうでしたね……。この審査員の選挙には戸別訪問をして差支えないような御説明を承つておるのであります…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第40号(1947/11/13、1期)

そうしますと何ですか、小さな町に住んでいるものはこの恩典を受けられないことになるのですね。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第7号(1947/09/27、1期)

只今の鈴木事務官のように御説明下さいますと我々は相談し易いのであります。然るに一昨日内務大臣と地方局長が見えて、中央の代理店を地方からなくすることはできんというようなことを言われました。それから又地方…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第8号(1947/10/01、1期)

只今政府の御説明なさるように、できるだけ出先機関を整理したいと、こういうのでありますから、それ以上私共は聴かなくてもいいのですが、いろいろ詳しい御説明を聴きまして、私はこう思うておるのであります。その…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第9号(1947/10/02、1期)

合併せんとする希望を持つておるならば、ここでは合併條件だけじやないかと思いますが、合併條件のところまで話が進んだことがあるのですか、ないのですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第11号(1947/10/20、1期)

こういう大きい問題を前にして私は言葉尻を掴まえると思われるのはいやですが、九月二十四日の委員会に、内務大臣と林地方局長が見えて、そうしていわれた言葉の中に、こういう言葉が入つておつた。地方はまだ手放せ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第17号(1947/11/25、1期)

幼稚なことを念のために……。地方財政委員たる知事の俸給は、これは政府から出る俸給とは別々ですか、一緒ですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第23号(1947/12/07、1期)

私は止むを得ませんから、贊成をいたしたいと思いますが、税の本質から政府は度々地方に向つて訓令を以てこの前にも負擔の過重にならないように誡しめられておつた。然るにこんなに厖大な増額をするのでありますから…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第1号(1948/01/29、1期)

地方財政委員会の御方針を承りまして、すこぶる同感であります。從つて、私は今や申上げることは必要はないのですが、地方自治確立のために、願わくば、なるべく地方に財源を移譲して貰いたいということです。それか…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第5号(1948/03/26、1期)

吉川さんが入つて頂いた方がいいと思います。この委員會の委員長ですから……。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第7号(1948/03/30、1期)

政府の御説明によると發案權が政府にある。そうなると、私としては權限を越えるとはよう申しませんが、御答辯によりますと、氏名を公表する、公表のごときは御本人に御迷惑だと言われたが、それならば本會議に提案さ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第9号(1948/04/07、1期)

この第九條ですが、くどくなるようですが、官房長官は他との比較において重大なる職務であると言われましたが、そうなると法務總裁よりも公安委員の方が重大なる職務であるというように御解釋になるのでありましよう…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第10号(1948/04/26、1期)

私は吉川さんの御意見に賛成でその質問者は、吉川さんにお願いしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第20号(1948/05/31、1期)

衆議院の方は原案通りで通つて來るようですか、ただ施行期日だけ変つて來る程度ですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 治安及び地方制度委員会 第23号(1948/06/08、1期)

今の御説明によりますと、住民税の制限外課税を日本で余り取つておらんと思いますが、制限外課税を日本で取つておることがありましたところで、それは極く少数だと思いますが、御説明によると余計ある。私は少いと思…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 決算委員会 第1号(1949/03/30、1期)

時間の都合上頗る簡單に問います。この経済收支計算書は決算書と違うのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 決算委員会 第2号(1949/04/15、1期)

御如才ございませんが、成るべく衆参両院一致さして欲しいと思います。決算の権威のために、この委員会の決算承認の権威をあらしめるためにそうせんと意見がまちまちになるので、どつちにした方がいいか、委員長の方…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 決算委員会 第6号(1949/05/19、1期)

余りに会計の実情が乱脈なのではつきりとものが言えません。これでは実に驚きました。こんなことで管理事務が勤まるのでしようか。この問題につきましてはまた改めて分科会で審査がありますから、そのときに譲ります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 商工委員会 第5号(1949/03/28、1期)

私は細川委員に関連いたしますが、赤字の補償要求に対して当局が駈引や嘘がなかつたかということを聴きたかつたのであります。併しそれを調べるのに相当かかると思いますし、三月三十一日までに国会が議決しなければ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 決算委員会 第2号(1950/02/16、1期)

今日まで御審議願つた中で、会計検査院報告の第二百四十号「物品の売拂に当り措置当を得ないもの」これに対して証人を呼びたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 決算委員会 第3号(1950/03/24、1期)

柴田委員にお尋ねしますが、会計検査院から、こういう説明が附いた向うのものが來たときには、一応これをやることを第一に考えて御討議下さる御意思はなかつたか。それから次に農林省に伺いますが、これは意見になり…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 決算委員会 第4号(1950/04/05、1期)

人事院から八十四條第二項で要求された処分に対し、任命権者の処分と人事院の意見と一致しておらない場合、そのときは人事院はどうされるか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第16号(1950/03/18、1期)

本件は期間のあるものですから急がなければならんと思います。それから又事情がいろいろある。それを取扱う上において適当に処理せられると思います。要するに憲法の許さぬところ、院内の議事を暴行で破壞したのです…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12