鹿島守之助参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」


参議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

   3期(1953/04/24〜)  175回出席(うち幹部出席 19回)   27回発言   33106文字発言
   4期(1956/07/08〜)   57回出席(うち幹部出席  0回)   14回発言   11079文字発言
   5期(1959/06/02〜)   64回出席(うち幹部出席 53回)   10回発言   15929文字発言
   6期(1962/07/01〜)   37回出席(うち幹部出席  8回)    6回発言    9035文字発言
   7期(1965/07/04〜)   20回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言    2403文字発言
   8期(1968/07/07〜)    9回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言

    参議院在籍時通算    362回出席(うち幹部出席 80回)   59回発言   71552文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  219回出席  39回発言 外務委員会
 2位   68回出席  16回発言 建設委員会
 3位   55回出席   2回発言 予算委員会
 4位   13回出席   1回発言 決算委員会
 5位    5回出席   1回発言 日米安全保障条約等特別委員会
 6位    1回出席   0回発言 大蔵委員会
 6位    1回出席   0回発言 図書館運営委員会

参議院委員会役職

委員長経験

外務委員会委員長(第32回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

外務委員会理事(第22回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


参議院委員会発言一覧

第16回国会 参議院 建設委員会 第5号(1953/06/25、3期)

外国から来た人が言いますのに、どうも日本の道路はひどい、何よりも先ず道路を直さなければならんと。吉田総理も道路を何とかしなければならん。自由党の佐藤幹事長が建設大臣の頃も大いに道路を直さなければならん…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 建設委員会 第16号(1953/07/23、3期)

私はこの建設業法改正案につきましては、政府の説明を十分了承いたしまして賛成いたしますが、併しこれに満足するものではございません。建設業法が制定されまして、従来全く放任されておりました建設業に登録制度が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 建設委員会 第19号(1953/07/28、3期)

この法案には賛成いたします。併し現在日本の総合開発なり電源開発が遅れている、これは国際的に見て……。議論が多くあつて実際において進まない原因の一つは土地の問題だと思います。この改正によつてどれだけそれ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 建設委員会 第4号(1953/10/13、3期)

今度の計画には一兆一千億という非常に厖大な金でございまして、いい加減貧乏をしている日本としては容易ならざる金であり、予算措置もかなり困難だろうと思いますが、それで何とかしてこの節約の方法はないか。日頃…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 参議院 建設委員会 第6号(1953/10/21、3期)

もう時間もございませんから一言お尋ねしたいのですが、この要綱はまあ観念上の一つのエクイテイーの、正義公平の観念から出ておるのか、それとも電源開発を促進さそうというそういう意思からか、この要綱の趣旨です…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 建設委員会 第2号(1953/10/31、3期)

実業界の一部では、有料道路になつても産業上重要な道路は至急直してもらいたい。その製品が何ぼ舗装をよくしてもこわれる、道路が悪いためにこわれる。それからスピードの点ですね、早く物を送れる、それからトラツ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 参議院 建設委員会 第4号(1953/11/04、3期)

ちよつと外交政策とも関連しておりますから、速記をとめて下さい。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 建設委員会 第2号(1953/12/04、3期)

今設計の話が出ましたが、私たちは、かなり旧海軍の施設をやつておられた人が大分会社に入つて来ております。例えば私たち海岸堤防だとか、そういうものの海軍のほうの意見を聞いてみますと、いろいろ今度の設計を見…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 参議院 建設委員会 第3号(1953/12/07、3期)

ちよつとそれに関連いたしまして、確かに今江田委員が言われたように、調査研究は非常に重要でございますが、これは政府でやつてもらいたいのですが、我々のほうでも民間でも痛感いたしまして、自分たちの技術改善を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 外務委員会 第26号(1954/04/27、3期)

私は自由党を代表して、日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定について承認を求める件ほか三件に対し賛成の意を表します。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第2号(1953/12/15、3期)

まあ私の考えでは、アメリカの民間の会社というふうなものは利益の一%に該当するものを研究に充てているようですですから大体そういうような心組でおります。それで皆一緒になつているのですね。会社の現業をやつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第3号(1953/12/16、3期)

来年度の公共事業費を査定し或いは予算を組む場合に、査定される場合に、労賃ということは非常に大きな要素であることは申すまでもないことと思いますが、前の国会での予算委員会で小笠原大蔵大臣から、今九州では人…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第10号(1954/02/23、3期)

ちよつと関連していますが、調査の問題ですけれども、予算の問題も重要でございますが、今日技術者が、まあ全国にダムや総合開発ができたために調査能力がある技術者が、非常に数が少いのじやないか、この点どうお考…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第45号(1954/05/30、3期)

土地収用法の一部改正に関する請願に関し所見を述べさせて頂きたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第47号(1954/06/02、3期)

私はこの際、通商産業委員会に付託されております砂利採取法案について、当建設委員会として、次に申述べますような案で修正の申入れをするよう取計らつて下さることを希望いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第10号(1954/11/09、3期)

ちよつとお伺いしたいのですが、今度ヨーロツパ、アメリカずつと廻つて来て、住宅が非常な勢いで建ちつつある。数だけでなしに質も非常に立派である。それは都市計画も関連してだ。そういう調査ですね、諸外国におけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 建設委員会 第11号(1954/11/29、3期)

ちよつと、三重、愛知県の請負人につきましては、土木工業協会が、私は土木工業協会会長をしておるのですが、斡旋いたしましたので、その今田中さんが嫌がる請負人をひつぱたいたということでございますが、そんなこ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第4号(1955/05/17、3期)

きわめて平凡な質問でございますけれども、このガット加入によりまして日本の経済自立といいますか、日本の国際貸借上大体どのくらいな改善ができる見通しですか。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第10号(1955/06/14、3期)

関連です。私、昨年の秋ヨーロッパ、それからアメリカを回ったのですが、受けました印象は、ことに公使あたりには若すぎるのじゃないか、参事官、公使等はずっと若すぎるのじゃないか、大使が老朽ということもありま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第11号(1955/06/17、3期)

まず日ソ交渉の問題についてお伺いしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第18号(1955/07/19、3期)

この巨頭会談で日本にどれだけ利害関係があるかということは、まだ電報も短かくて十分検討できませんけれども、非常に私注意を引いたことは、フランス代表が軍縮で節約したその金でそれを未開発の援助計画に使う、こ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第19号(1955/07/22、3期)

それにちょっと関連して質問したい。移民の大体の歴史から見ますと、たとえばイタリアあたりが大へんな移民国だ、あれは一つのサンプルですが、第一段階はともかくその国でどちらかというと、生存競争で負けたような…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第21号(1955/07/26、3期)

本日まず伺いたいのは、特別円問題の解決に関する日本国とタイとの間の協定に関する件でござい捜すが、この第二条に関しまして、日本国の資本財及び日本人の役務の提供に関し、今日すでに合意された条件及びその態様…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第22号(1955/07/27、3期)

イタリアにおきましては、季節移民と申しますか、たとえばアルゼンチンの小麦の収穫のようなときには、大量にイタリアから向うへ行きまして、その収穫が終りますとまた帰ってくる、こういうような移民の方法がありま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第1号(1955/08/19、3期)

ただいまから外務委員会を開会いたします。まず、理事補欠互選の件を議題といたします。本委員会は先に理事草葉隆同君が委員を辞任せられ、また理事苫米地義三君が委員を辞任いたしましたので、現在理事が二名欠員に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 外務委員会 第2号(1955/09/14、3期)

けっこうです。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 参議院 決算委員会 第25号(1955/07/07、3期)

サービスのことに関連いたしまして、今度私は海外に回ってみたのですが、イギリスあたりは建設業というようなものは、内地では今あまり仕事がないので、それでアフリカだとか、中近東あたりに非常に何と言いますか、…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 参議院 外務委員会 第12号(1956/12/06、4期)

だいぶ情勢が変ったにつきましては、前に新聞報道ですけれども、アメリカがアジアの原子力センターをフィリピンのマニラに置くということになったのですが、日本の方が産業が非常に発達しておる、それからまた学者も…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 外務委員会 第6号(1957/03/05、4期)

この日本とインド、日本とドイツの文化協定を比較してみますと、第二条に、インドの方には、相手国の政府職員が自国の科学的、工業的機関において訓練を受け得るための便宜を与えることを定めているようです。この規…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 外務委員会 第7号(1957/03/07、4期)

この文化外交に対して二、三希望を申したいと思うのですが、どうも日本の文化外交というものになりますと、芸能だとかそういう趣味だとかいまだに富士山だとか、広重だとか、浮世絵だとか、能だとか、こういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 外務委員会 第12号(1957/04/02、4期)

条約局長が来られておりますから伺いますが、ポーランドの方の協定はアコードになって、片方のチェコはプロトコール、訳し方も片方は協定、片方は議定書と、これはどこに差があるのでございますか。それから条約文の…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 参議院 外務委員会 第14号(1957/04/11、4期)

ちょっと、できれば速記をとめていただきたいのです。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 外務委員会 第3号(1957/11/08、4期)

派遣しているだけでなくて希望者を募興して、特にそういうのをそこのスペッシャリストみたいなふうに育成するということはないのですか。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 参議院 外務委員会 第4号(1957/11/09、4期)

それと関連して、今回答を求めるわけじゃないのでございますけれども、前の講和会議のときに日本は人種平等を提案し、豪州の総理のヒューズの反対で否決されてしまったのです。しかし人種平等というような提案を出す…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 外務委員会 第2号(1958/02/11、4期)

国際協力に関連した問題で伺いたい。今年からヨーロッパの方で欧州共同市場、コンモン・マーケットとユーラトムすなわち欧州原子力共同体が効力を発生することになりますので、ヨーロッパではシューマン・ブランなど…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 外務委員会 第7号(1958/02/27、4期)

第一条第二項で、「日本国に対し、インドが英連邦諸国に与える特恵若しくは利益又はインドが国境貿易を容易にするため隣接国に与える利益の享受を要求する権利を与えるものではない。」こういう例外がありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 外務委員会 第10号(1958/03/18、4期)

あるいはダブるかもしれませんけれども、この点御容赦願いまして、一、二質問したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 外務委員会 第14号(1958/04/03、4期)

第三条に、「バンドンにおいて開催されたアジア・アフリカ会議における決定の精神に従って」云々とありますが、こういうアジア・アフリカ会議の決定の精神、こういう条項がどういう趣旨で入るか、その経過をちょっと…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 外務委員会 第16号(1958/04/15、4期)

関連して。インドネシアの方へ賠償物資として三百万ドルほど繊維品を送るというようなことが言われていますが、これはほんとうでございますか。会議録へ(外部リンク)

第28回国会 参議院 予算委員会 第13号(1958/03/17、4期)

私はまずもって北海道開発庁長官である石井副総理に、北海道開発に関する若干の問題に関し御所見を伺いたいと存じます。もとより質問のうちには、単に北海道開発庁長官としてでなくて、他の大臣の所管に関連する問題…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 参議院 外務委員会 第13号(1959/03/26、4期)

このブラジルとの間の関税で、今後あそこのウジミナスの建設に関する何かこちらから売ったものに特恵はありませんか。ああいう製鉄とか建設に関して、何か今回の協定で便宜を得るもの……。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 外務委員会 第4号(1960/03/15、5期)

永野委員からの質問に関連いたしまして、スエズ運河の国際入札についてですが、金利が非常に高い。これは問題なく高いのです。国際入札に参加するには入札保証金、いよいよ落札してそれをやりますときに契約保証金、…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 外務委員会 第7号(1960/03/29、5期)

アルゼンチンの移民のことについてちょっと伺いたいのですが、ブラジルなんか人種平等で、ちっとも人種的偏見はないのですが、アルゼンチンなどは、ホワイト・オンリーのように聞いたのですが、どういう種類の移住民…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 外務委員会 第12号(1960/07/15、5期)

それに関連して、これはシンガポールは含まれるのですか、含まれんのですか。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 参議院 日米安全保障条約等特別委員会 第5号(1960/06/10、5期)

私は、新安保条約にはぜひとも経済援助並びに協力に関する規定を挿入してもらいたいことを、機会あるごとに、岸総理大臣、藤山外務大臣、自民党の幹部、財界要路の各位に要望していた次第でありますが、今回これが実…会議録へ(外部リンク)

第35回国会 参議院 外務委員会 第3号(1960/09/01、5期)

小坂外務大臣におかれては、近々第十五回国連総会に出席のため渡米せられ、その節ハーター国務長官やジロン国務次官初め米国多数の要路者と会見されるよう承わっており、日米経済協力問題もその議題にあるように承知…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 外務委員会 第5号(1961/02/28、5期)

日本とブラジル合衆国の間の文化協定のこの前文に、「国際連合憲章の高遠な理想」云々とあるし、それからイギリスと日本と、グレート・ブリテンそのほかの方にないのですが、その区別はどういう点でございますか。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 外務委員会 第13号(1961/04/25、5期)

ちょっとそれに関連しまして。パキスタンと西ドイツとの間に投資条約ができているのですが、日本は、何かそういう交渉がありますか。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 参議院 外務委員会 第18号(1961/05/30、5期)

賠償の経過についてのほかの委員の要求がありましたが、マリキナ・ダムの入札が延び延びになっているのは、これは見通しはどうですか。いつごろになりますか。大統領の選挙前ですか。後になりますか。デリケートな問…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 外務委員会 第4号(1962/02/20、5期)

このインドネシア、パキスタンの協定ですが、まあわれわれ外国へ行きますと、向こうの会社で自分の飛行機を持っておるのがあるのですね。もうほとんど、タクシーみたいなものじゃなしに、自分でたいてい持っておるの…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 参議院 外務委員会 第11号(1962/04/10、5期)

私も資料をいただきたいのです。大臣の補足説明では西独との関連性が非常に引かれておりますが、西ドイツでは、私の知る限りでは、与党はもちろん野党もあっさり通しておりますから、国会における議事録、討論、その…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 参議院 外務委員会 第1号(1962/10/31、6期)

ただいまから外務委員会を開催いたします。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 参議院 外務委員会 第2号(1962/11/01、6期)

ただいまから外務委員会を開催いたします。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 外務委員会 第3号(1963/02/05、6期)

賠償の説明と関連いたしまして、賠償は進んでおりますけれども、経済協力というものは進まない。それと一緒にまたひとつ説明をしていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 参議院 外務委員会 第10号(1963/03/07、6期)

それに関連しまして、今予想外に、タイ国に対して技術援助を八百万ドルも実は受取り勘定になっておるのですが、その内容はどんなものでございますか。件数は六件あるのですが、大体どんなものですか。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 参議院 予算委員会 第8号(1964/03/06、6期)

当面の重要な政治、外交問題につきまして、総理大臣、または外務大臣に若干の質疑を行ないたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 参議院 外務委員会 第5号(1965/02/25、6期)

それに関連して、実業家の立場から見ますと、この条約はぜひやってもらいたい。私のほうでは、ビルマ賠償で、その税金かけて、ビルマが非常に高いんですよ。あれは賠償だから、それでだいぶ長い間議論しましてね、向…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 参議院 外務委員会 第10号(1967/06/13、7期)

それに関連いたしまして、いまの岡田委員の言われるのに全く同感なんです。できるだけアジアを包含する。しかし、いままでのあれから言いますと、私は経済団体に関係していますが、これはスカルノのいた時分ですが、…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 参議院 外務委員会 第21号(1967/07/20、7期)

私あたりの関係しておる会社でも、持ち出そうとすれば持ち出す問題はあります。それで私はこれはぜひ通してもらいたいのです。野党の方にも通してもらいたい。通したからと言って、害にはならない。それから、いまや…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12