佐藤栄佐久参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」


参議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  13期(1983/06/26〜)   96回出席(うち幹部出席 21回)    4回発言   12116文字発言
  14期(1986/07/06〜)   61回出席(うち幹部出席 22回)    4回発言   21271文字発言

    参議院在籍時通算    157回出席(うち幹部出席 43回)    8回発言   33387文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   67回出席   5回発言 商工委員会
 2位   31回出席   3回発言 予算委員会
 3位   21回出席   0回発言 外交・総合安全保障に関する調査特別委員会
 4位   15回出席   0回発言 議院運営委員会
 5位    9回出席   0回発言 選挙制度に関する特別委員会
 6位    4回出席   0回発言 法務委員会
 7位    2回出席   0回発言 外務委員会
 7位    2回出席   0回発言 建設委員会
 9位    1回出席   0回発言 内閣委員会
 9位    1回出席   0回発言 地方行政委員会
 9位    1回出席   0回発言 科学技術特別委員会
 9位    1回出席   0回発言 大蔵委員会
 9位    1回出席   0回発言 運輸委員会
 9位    1回出席   0回発言 社会労働委員会

参議院委員会役職

委員長経験

参議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

外交・総合安全保障に関する調査特別委員会理事(第102回国会)
議院運営委員会理事(第104回国会)
予算委員会理事(第106回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


参議院委員会発言一覧

第101回国会 参議院 商工委員会 第3号(1984/04/06、13期)

佐藤栄佐久でございます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 参議院 商工委員会 第10号(1984/07/24、13期)

先ほど大臣のお話の中にありましたように、景気は回復しつつあるということであります。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 参議院 商工委員会 第2号(1985/11/21、13期)

日本における原子力発電の歴史は、昭和三十二年に日本原子力発電株式会社ができまして、三十六年に東海発電所の建設が始まりまして、四十一年に稼働を始め、二十年に及ぶわけでございますが、私は、この間、四十九年…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 参議院 商工委員会 第7号(1986/04/17、13期)

情報促進に関して御質問をいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 参議院 予算委員会 第1号(1986/10/06、14期)

第一班の調査の概要について御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 参議院 予算委員会 第12号(1987/05/15、14期)

自由民主党の佐藤栄佐久でございます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 参議院 予算委員会 第16号(1987/05/20、14期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和六十二年度予算三案に対しまして、政府原案に賛成し、日本社会党・護憲共同及び公明党・国民会議から提出された修正案に反対する討論を行います。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 参議院 商工委員会 第3号(1987/09/01、14期)

今回の東芝機械事件は、虚偽の申請をしてココム規制違反物資を輸出したゆゆしき問題であり、この事件は西側の一員たる我が国の国際的信用を失墜させたのみならず、政府の日米関係安定の努力や企業の円高時代における…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12