花村四郎衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)  117回出席(うち幹部出席  0回)   34回発言  157101文字発言
  24期(1949/01/23〜)  155回出席(うち幹部出席 76回)   14回発言   56627文字発言
  25期(1952/10/01〜)   10回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言    1949文字発言
  26期(1953/04/19〜)   87回出席(うち幹部出席 62回)   13回発言   40718文字発言
  27期(1955/02/27〜)   40回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言   10723文字発言
  29期(1960/11/20〜)   27回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言

    衆議院在籍時通算    436回出席(うち幹部出席138回)   65回発言  267118文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  296回出席  31回発言 法務委員会
 2位   93回出席  31回発言 司法委員会
 3位   30回出席   0回発言 文教委員会
 4位   12回出席   3回発言 政党法及び選挙法に関する特別委員会
 5位    4回出席   0回発言 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
 6位    1回出席   0回発言 地方行政委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

法務委員会委員長(第5回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

法務委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 司法委員会 第2号(1947/07/09、23期)

ちよつとただいまのこの管轄区域の対する関連質問をいたしたいと思うのでありますが、この管轄区域を設定するについての司法省の基準は一体何におかれたのか。行政区劃を基準にされたのであるか。あるいは地域的に見…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第4号(1947/07/16、23期)

国家賠償法はまことに簡單な條文からなつているのでありますが、相当にこれは重要な議案であると認めてよかろうと思うのでありますが、すでに委員会が本日開かれることが前々から明瞭いたしているにもかかわりませず…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第5号(1947/07/26、23期)

私は前回の質問に次いで本法案に対する質疑が残つておるのでありますが、大臣もお忙しいことであろうと思いまするので、大臣に関する質問を先にして、本案に直接関係のある質問は後回しにいたしたいと思います。そこ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第6号(1947/07/28、23期)

今の問題に對して関連してちよつと質問いたしたいと思います。――賠償責任に関しまして国家が責任を負う旨の国家賠償法ができたのでありますが、まことに本法案たるや少しの進歩的のところが發見できぬと申し上げて…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第7号(1947/07/29、23期)

ただいまの第一條の違法という文字ですが、民法の損害賠償の規定は不法という文字を用い、しかも国家賠償に関しまする諸外国の立法例も不法という文字を用いておるのですが、それを特にここで違法という文字を用いた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第8号(1947/07/30、23期)

私の質問は首相にお聴きしたいところであるのでありますが、ご多忙のほどを察しまして、西尾官房長官を煩わした次第であります。そこで私の質問は三點にわかつのでありますが、まず第一に法律案についてお尋ねいたし…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第12号(1947/08/04、23期)

今の三十四條の質問に牽連してお尋ねいたしたいと存じます。この規定は懲役刑も罰金刑も同一に扱つておるようでありまするが、これは少なくとも罰金刑はやはりその他の懲役禁錮の刑と区別をして考えるということが、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第13号(1947/08/05、23期)

私は佐瀬君の修正の動機に賛成をいたす一人でございます。修正の理由については、佐瀬君がことこまかに論じられましたので、これを大體私の趣旨辯明採用をいたしてよいと思うのでありますが、一言だけ私の意見を申し…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第16号(1947/08/08、23期)

私は実は他の委員會に出ておりましたので、刑法の質問ができませなかつたので、あるいは重複する點もあらうかと存じますが、名譽毀損に関しまする最後の二百三十二條中に、同條の次へ一項を加えてあります皇室の名譽…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第25号(1947/08/23、23期)

ちよつと簡單にお伺いいたしておきたいと思うのでありますが、この家事審判に関します事柄のきわめて重大でありますことは、多く申し上げるまでもないことであります。そこで家事審判の審判官、あるいは參與、もしく…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第27号(1947/08/26、23期)

私は議事進行と申しまするか、委員長に對して一應お尋ねをいたしたいと思うのであります。実は本日の議院運営委員會において、松岡議長が、本国會の會期の延長をいたしまする説明のうちで、その理由の一つとして、司…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第29号(1947/08/29、23期)

安本長官にお尋ねいたしたいと思います。まず第一に本法律の第一條のうちに、「經濟安定本部總裁は、經濟安定の緊急施策の実施に」云云とありますが、この經濟安定の緊急施策というのは、いかなるものでありましよう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第34号(1947/09/19、23期)

私は改正民法に関しまする質問を行いまする前に、司法大臣に對しまして緊急質問を若干いたしてみたいと思います。すでに御承知のごとく、最近におきまして司法權に関する重大なる問題として、社會の耳目を聳動した事…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第35号(1947/09/20、23期)

片山總理大臣に對して若干質問をいたしたいと思います。そこで先ほどの刑法の一部改正に関する問題についてでもありますが、首相の職務權限についてのご意見がきわめて不明確であつたように考えられますが、要するに…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第36号(1947/09/22、23期)

関連して、…。私は昨日の質問に繼續して行こうと相なつておつたのでありますが、遲れてまいりましたので、鍛冶君が大體質問をせられたので、わたしはなるべく重複を避けて首相の明快なる答辯を希うものであります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第40号(1947/09/27、23期)

私はこの經濟査察官の臨檢、檢査等に関する法案に質してみたいと思うのであります。近来出てまいりまする法律案を見ますと、ほとんどすべてが、その末項に罰則の規定が設けられておる。おそらく現在政府で出された…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第44号(1947/10/03、23期)

私は自由党の提案になりまする修正案に対して、賛意を表さんとするものでございます。政府が今回の刑法の一部改正の法律案におきまして、皇室に関する罪を全面的に削除をいたしましたのみならず、国交に関しまする重…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第46号(1947/10/08、23期)

今のに関連質問をちよつと附け加えたい……。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第70号(1947/12/06、23期)

ただいま議題となりました法律案に對し、各派共同提案になる修正案を提出いたしたいと思います。その修正案の案文を朗讀いたします。昭和二十二年法律第七十二號日本国憲法施行の際現に效力を有する命令の規定の效…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 司法委員会 第71号(1947/12/08、23期)

以上兩件の陳情書は、本委員會において了承しおかれんことを望みます。暫時休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第3号(1947/08/02、23期)

私も大體ただいま林君のお述べになりました趣旨に贊同する一人であります。ここにおいてただ目標なしに自由討議をいたしましても、その收穫たるやまことに微々たるものであろうと思うのであります。とにもかくにも政…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第8号(1947/08/18、23期)

政黨が法律化されまするこの場合において、その設立行為竝びに性格、行動等が法文化され、ある程度の制約を受くべきことは當然であると申さなければならぬのであります。從いまして政黨の組織に関しましても、政黨の…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第15号(1948/05/01、23期)

本日は提案理由の説明を聴く程度に止め、質問は次会にまわされんことを希望いたします。なおこの機会に法務総裁の大阪並びに神戸における朝鮮人の学校閉鎖事件に関する報告あらんことを希望いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第16号(1948/05/05、23期)

私はただいま議題に上つておりまする本案に対しまして、法務総裁に若干お尋ねをいたしたいと思うのであります。まず第一に、判事の裁判制度の上における地位でありまするが、わが国の新憲法下におきまする裁判制度…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第17号(1948/05/06、23期)

昨日は法務総裁にお尋ねをいたしまして、中途で打切ることになつたのでありますが、本日は内閣総理大臣に一應お尋ねをいたしたいと思つております。裁判官と檢察官について、その本質的な性格から見、あるいは憲法そ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第18号(1948/05/07、23期)

司法権の運用に関係をもつております裁判官並びに檢察官に対し、他の行政官と比較をいたしまして、優遇をせなければならぬということは、これは長い間提唱せられておつたところでございまするが、遂に実現の機会を得…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第20号(1948/05/21、23期)

民主自由党を代表いたしまして、原案は新憲法下における訴訟法として適当なるものと認めますので、原案に賛成をいたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第35号(1948/06/18、23期)

刑事訴訟法は裁判権を実行するものである。この裁判権と憲法上の司法権とは同一に見てよいか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第41号(1948/06/25、23期)

ただいま議題に相なつておりまする刑事訴訟法改正法律案についての質問をいたしまする前に、関連質問として、一応法務総裁にお尋ねいたしておきたいと思うのであります。それは西尾国務大臣に関する問題であります。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第45号(1948/06/29、23期)

私は刑事訴訟法に関連して、鉄道保安について総理大臣及び運輸大臣にお伺いします。私は鉄道運輸の被害者の一人であります。長崎縣から、私の東京の住所宛に送つた貨物が紛失して以來、すでに六箇月経過しましたが、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第46号(1948/06/30、23期)

前会の継続をいたしまして御質問いたしたいと思います。改正刑事訴訟法の時に関する効力についてちよつとお尋ねしたいと思います。現行刑事訴訟法で訴訟が進行中新刑事訴訟法が実施をいたされることに相なりました場…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第48号(1948/07/02、23期)

ただいまの猪俣君の質問とちよつと牽連して、厚生省の政府委員に伺いたいと思いますが、先ほどの御答弁によりますると、第三條第二項に該当する少年のうちで、強制教育を受くべき性格をもつた青年は家庭裁判所の審判…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 司法委員会 第50号(1948/07/04、23期)

本案を提案いたしました理由といたしましては、「公訴権の実行に関し民意を反映せしめてその適正を図る」というようなことが主たる理由に相なつておるようでありまするが、まず不起訴処分に関してのみ民意を反映せし…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第7号(1948/06/28、23期)

市町村のことはきめてあるのでありますが、東京のごとく市町村と異なつた区制が布かれておるところは、どういうぐあいに解釈しておられましようか。それでは御質疑も大体終了いたしたようでありますから、これから…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1949/05/21、24期)

私は司法警察権と牽連いたしまして、経済調査廳の問題に関しまして若干の質問をいたしたいと思うのであります。まず第一にお尋ねいたしたいことは、経済調査廳法の第一條に、経済調査廳の職務権限が大体において規…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1950/07/26、24期)

十二名だとすれば偶数ではございませんか、奇数にしておく方がよいのではないですか。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1950/07/29、24期)

これはいずれの主張も相当な理由を持つておるものでありますが、本案はとにもかくにも及ぼす影響はすこぶる大きいものがありますので、あらゆる面から十分に研究し、検討する必要があろうと思うのですが、まず第一に…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1950/12/06、24期)

ただいま任務分担の分野のよつてその教育がきまるという話でしたが、予備隊のその與えられた任務分担の領域いかん。それから第二にその任務分担の分野に相応するいかなる教育をなしつつあるか、その教育内容の詳細。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1951/02/08、24期)

議事進行について……。梨木君の質問は実は質問に名をかりて、本報告書を承認すべきやいなやの討論をしておるように考えられるのでありますが、委員会の審議の現段階からいたしまして、質問を許される場合を考えてみ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1951/03/20、24期)

朝鮮学校の問題に索連してただ一点だけお伺いしておきたいと思うのですが、先ほど来の御説明によりますと、本問題はPTAの会合が無届であつたということが原因になつて起つておるように聞きとつたのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1951/05/21、24期)

司法書士法の一部を改正する法律案に対する修正意見を申し上げたいと存じます。この意見の提唱者は、花村四郎、北川定務、田嶋好文、鍛冶良作、押谷富三、山口好一、中村又一、猪俣浩三、田万広文、上村進でありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1951/05/29、24期)

 私は追放解除に関してお尋ねをいたしたいと思うのであります。多分世耕委員から詳細なる質問があられたことであろうと思いますので、あるいは重複するおそれもあろうと存じまするが、若干政府の所信を伺いたいと思…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1951/09/18、24期)

私は簡単に登記所廃止問題について法務総裁にお尋ねをいたしたいと思うのであります。今日各方面から登記所廃止に関する反対陳情がわれわれの手元に参つておるのでありますが、今日の法務府における機構並びに登記所…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1951/10/18、24期)

今回大阪拘置所が、大阪北区の錦町にあります天満予定地に移転をするということに相なつておるという話でありまするが、大阪拘置所の移転すべきことについてはわれわれが何らの異論をさしはさむわけではありません。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1951/11/26、24期)

私は本日初めて京大事件の真相をつぶさにお聞きいたしたのでありますが、新聞その他で聞いておりまする範囲におけるよりも、より明確なる事情を御報告願いまして、まことに感謝にたえないと、申し上げたいのでありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1952/03/03、24期)

ただいま押谷委員の質問に対する学生御両人の答弁をお聞きいたしておつたのでありますが、支離滅裂、しかも浅薄なる常識のもとに立つてこういう重大なる問題を判断されたから、この問題が大きく浮び上つて来ておるも…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1952/03/06、24期)

簡單に警視総監にお尋ねしたいと思います。治安維持に関する問題は、すこぶる広汎にわたるのでありますが、本委員会の調査の中心をなしておりまするものは、要するに大学の学園内における集会、結社、出版物並びに言…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第42号(1952/04/25、24期)

私は総論的な質問を一、二点簡單にいたしまして、詳細なる点につきましては、各論に讓りたいと思います。そこで一般質問としてだんだん進んで参つたのでありますが、どうも政府当局の答弁をお聞きしておりましても…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1952/12/10、25期)

始まりの岩崎邸におつた病人ですが、部屋の掃除はだれがやるのですか。掃除夫がおつて……。なんて名前を出すことはとめられておつたんでしようね。しやべくちやならぬというように。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1952/12/13、25期)

関連して。ちよつと国警長官にもう少しはつきりさせたいと思います。初めにスパイ事件に関係のある某と言うたのは、ただいま問題になつた三橋正雄を意味するものですか。猪俣委員が鹿地氏の弁護人として、鹿地氏の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1953/07/14、26期)

ちよつと関連して国警長官にお尋ねしたい。ただいま国警長官の御答弁によりますと、逮捕状を出すときは署長並びに隊長の承認を得なければいけないという内規がある、こういうお話でしたね。そういう内規がありますか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1953/07/16、26期)

私は一点だけ簡単に質問いたします。これは昨日ですか、国警長官に一部質問をいたしたのでありまするが、申し上げるまでもなく刑事訴訟法百九十九条においては、警察から逮捕状を請求し得るものは司法警察職員という…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1953/07/21、26期)

今回の改正案でありますが、この法案を見てみましても、要するにこれは木に竹を継ぐような感があるのであります。元来新刑事訴訟法は、御承知のごとく大陸法を一面において模倣しておると同時に、反面において米国法…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1953/07/28、26期)

私は猪俣委員の御主張とは多少異なるのでありまするが、本案がよつて提出せられた道筋、理由については、局長から詳細なお話があつたのでありますが、われわれといたしましてもまことにけつこうな案であり、かくのご…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1953/07/30、26期)

新聞記者に発表をなさることは、官房長官として毎日行事の一りとしてやつておるように承つておりますが、それはそうでしようか。だが、それはともかくといたしまして、先生のお尋ねの、あの当時の心境はそうであつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1953/08/04、26期)

鹿地さんにお尋ねしたいのですが、この三橋証人の主張しておりますところは大体においてあなたに対して不利益な事柄が多いと思うのですが、不利益ばかりでなくしてことさら犯罪に引き込もうとする意図のあることも明…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1953/08/06、26期)

ただいま議題となりました接収不動産に関する借地借家臨時処理法案について提案理由の御説明を申し上げます。御承知のように終戦直後旧連合国占領軍の進駐をみるや、ただちに不動産の接収を開始したのであります。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1953/09/25、26期)

ただいま議題と相なつておりまする刑事裁判権に関する行政協定改訂に関する問題でありまするが、外務大臣に質問をすべく通告をいたしておつたのでありまするが、外務大臣が出席せられませんので、法務大臣に御質問を…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/11/07、26期)

保全経済会の性格が匿名組合であることは承知しておつたという話でしたね。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/12/04、26期)

ただいま問題に相なつておりまする官公労の争議、すなわち三社五現業の争議行為が各方面で盛んに行われておるようでありまするが、この争議行為のいかなるものであるかという、その大体の全貌について御説明を願いた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第54号(1954/05/12、26期)

私は人権蹂躪問題に関しまして、厚生当局なかんずく麻薬取締りを所管しております局長に対して質問を試みようとするものであります。申し上げるまでもなく麻薬に関する司法警察権は、特段のある事情に基いて厚生省…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第64号(1954/05/28、26期)

鍛冶君の質問に牽連して、簡単に三人のお方のどなたでもよろしゆうございますからお尋ねをいたしたいと思います。売春行為のなき世の中をつくり出さなければならないという問題に対しましては、おそらく何人も反対は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第65号(1954/05/29、26期)

外国人の出入国に関する小委員会の経過の中間報告をいたしたいと存じます。(一)二月十六日、左の十二名をもつて当小委員会を設置しました。小委員長花村四郎、小委貝小林かなえ君、佐瀬昌三君、田嶋好文君 鍛冶…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1956/12/13、27期)

私は更正保護の問題について法務大臣並びに大蔵省の主計局長に若干質問をいたしたいと存じます。すでに時間もありませんから、きわめて簡単に要点だけをお伺いいたしたいと思います。この更生保護の制度が今の時代…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1957/02/19、27期)

私は抵当証券法について若干政府に質問をいたしたいと思うのであります。抵当証券法が昭和六年八月一日に施行せられまして、今日まで二十六年の長きにわたってこれが実施をせられてきておるのでありまするが、その…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12