田中稔男衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)   49回出席(うち幹部出席 10回)   10回発言   17319文字発言
  25期(1952/10/01〜)   18回出席(うち幹部出席 10回)   12回発言   28711文字発言
  26期(1953/04/19〜)   95回出席(うち幹部出席 27回)   49回発言  158567文字発言
  27期(1955/02/27〜)  117回出席(うち幹部出席  0回)   44回発言  245477文字発言
  28期(1958/05/22〜)   59回出席(うち幹部出席  0回)   16回発言  106514文字発言

    衆議院在籍時通算    338回出席(うち幹部出席 47回)  131回発言  556588文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  167回出席  81回発言 外務委員会
 2位   48回出席   5回発言 予算委員会
 3位   45回出席  24回発言 内閣委員会
 4位   19回出席   4回発言 水害地緊急対策特別委員会
 5位   17回出席   8回発言 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
 6位   14回出席   1回発言 日米安全保障条約等特別委員会
 6位   14回出席   2回発言 労働委員会
 8位    5回出席   0回発言 海外同胞引揚に関する特別委員会
 8位    5回出席   3回発言 地方行政委員会
10位    1回出席   0回発言 不当財産取引調査特別委員会
10位    1回出席   1回発言 運輸委員会
10位    1回出席   1回発言 商工委員会
10位    1回出席   1回発言 社会労働委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

衆議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

内閣委員会理事(第3回国会)
外務委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1947/06/30、23期)

理事の數を七名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。一名だけ指名することにしまして、今日決定しておりまする六名だけを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1947/10/14、23期)

この法案の幾つかの條文におきまして細かいことを政令に讓つているのでありますが、それはもちろん結構でありますけれども、二つの點につきまして政令で規定することなく、法律としてこの法案の中に明記した方がよく…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第38号(1948/06/23、23期)

総理大臣にお尋ねいたします。外資導入の見透りでありますが、エロア資金とかその他いろいろと今日アメリカの議会で問題になつておりますが、今日までの正確な情報をお聴きしたい。それから民間の資本の導入の問題で…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1948/11/15、23期)

冨田委員の御意見に賛成でありますが、私は政府委員の方で審査状況についてごく簡單な御説明に終つたのでありますが、この点をもう少し詳しく御説明願うことが、形式的な改正のようでありますけれども、この改正案を…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1948/11/17、23期)

この法案はきわめて簡單な、單純な性質を持つておりますし、別に異議はないと思いまするので、質問等は省略して、これで採決していただいていいのじやないかと思います。これを原案通り可決いたすに御異議ございま…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1948/11/25、23期)

日本が文化国家として健全に発達するために、科学技術の面において行政を強化することはしごく賛成であります。民間團体として日本学術会議が設置されまして、その会議の業績を一般行政の上に反映させるためにも、ま…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1948/11/29、23期)

国鉄の從業員と郵政並びに電氣通信省関係の從業員とは、現業方面ではあまり違わないと思うのですが、国家公務員法の適用関係ではそれが別になつております。逓信大臣としましては、両省の現業関係の職員は、公務員法…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1948/11/30、23期)

社会党を代表したしまして両省設置法案に反対の意を表します。社会党といたしましては、実は詳細な、きわめて具体的な修正案を研究中であつたのでありますが、何せ審議の時間が限られました関係上、責任ある修正案を…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1948/12/08、23期)

補欠理事の選任に関しましては、その手続を省略して、委員長において御指名あらんことを望みます。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1948/12/12、23期)

岩本国務大臣に質問いたします。この間本会議において、民自党の辻君の質問に対して、行政整理の問題で御答弁がありましたが、その際に大臣は、以下述べることはまだ閣議決定は見ていないが、閣議決定を見るように努…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1952/12/26、25期)

日本国民は、いかなる政党に所属しようと、またどういう思想を抱こうと、これは自由であるということは、現行日本国憲法が保障しておるところであります。ところが、今度中国から引揚げて来る人々の中には、信念とし…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/02/05、25期)

私どもがここにいただいたものに、「中共地域引揚者受入援護等の大要」とありまして、中共地域と書いてあるのですが、援護庁としましては、こういう名称は一つのきまつたものとして使われているのですか。私がお尋ね…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1953/02/10、25期)

昨年十二月二十六日の本委員会の会議におきまして、私は援護庁長官に対しまして、今度の中国からの帰国者について思想調査や情報収集ということをやり、本人に不愉快な印象を与えたり、あるいはまた日本国憲法がすべ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1952/12/08、25期)

 「いかなる原因によるものであるかを問わず、」となつておりますが、滅失とか損傷とかいう事故が起る原因といたしまして、自然的原因と社会的原因とあります。そのいろいろな事例が質疑応答に大分出ております。私…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1952/12/10、25期)

木村保安庁長官の先ほどのお話のうちに、この船舶の警備活動について触れられました際に、漁船の拿捕等のこともあるというお言葉がありました。そうしますと、こう船舶の警備行動の範図において、日本の漁船が出漁い…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1952/12/17、25期)

私ども社会党左派として、政府原案に対しまして修正案を出します。修正案を私から朗読いたします。在外公館の名称及び位置を定める法律等の一部を改正する法律案に対す会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1952/12/22、25期)

私は日本社会党を代表して、本協定に対し反対討論を行わんとするものであります。本協定において、船舶という名称のもとにアメリカより貸与されるフリゲート艦及び上陸支援艇は、明らかに軍艦であります。たといそ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1952/12/24、25期)

私は鹿地事件については外務大臣に質問したかつたのでありますが、ただ一点だけ法務大臣にお尋ねいたします。これは新聞に載つておりましたが、鹿地君がいわゆるゾルゲ事件に関係をしておつたというようなことがあり…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1953/02/04、25期)

これは委員長に対する質問でありますが、昨年の暮れに外務委員長と若干の同僚議員の方が、東南アジア諸国をずつとおまわりになつたのであります。私はそのことは非常にけつこうなことだと思います。ことにまた、それ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1953/02/11、25期)

外務大臣にお尋ねいたします。一月の十七日、日本赤十字社の講堂で行われました帰国推進国民大会のとき、たしか奥村外務次官にお目にかかつたときのことだと思いますが、今後中国から引揚げる者については、思想調査…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1953/02/14、25期)

その前に大臣にお尋ねしたいのですが、去る一月二十一日に、朝鮮の巨済島の俘虜収容所を脱出した――たしか中国人民義勇軍の捕虜だと思いますが、これが対馬に上陸して、対馬にあります日本側の官憲がこれを米軍に引…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1953/02/25、25期)

私は社会党左派を代表して本協定に条件付で賛成の意を表明するものであります。この協定は、本来商業的、技術的性格を持つた協定でありますから、必要だと思うのであります。ただこれが平和条約第十三条に基くもの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1953/07/10、26期)

有田委員の御報告を私は全部お聞きすることができませんでしたが、私のお聞きしたところでも、大体事情がわかりました。新聞等の報道もありまして、私どもも舞鶴における事態を憂慮しておるものであります。佐藤委員…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

私は在日華橋の帰国問題につきまして、アジア局長にお尋ねしたいと思いますが、局長はまだ見えておられないので、これは局長が見えてからお尋ねいたしますが、その前にちよつと政務次官にお尋ね虚し上げます。私ど…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/05/29、26期)

昨日倭島アジア局長に対しまして、在日華僑の中国帰還問題につきしましてお尋ねいたしました。どうもあまり御親切な答弁でなかつたのでありますが、こまかいことはよしにしまして、ごく要点だけを岡崎外務大臣にお尋…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/06/17、26期)

政府委員の方はまだ御出席はありますか。通告順によつて質疑を許します。並木芳雄君。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/06/20、26期)

朝鮮の休戦ができるかできないかということは、わが国にとつて重大な関係がありまして、私どもはその休戦の実現が近いというので非常に喜んでおつたのであります。ところが最近御承知のごとく北鮮軍のいわゆる反共補…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1953/06/26、26期)

私の質問は主として外務大臣に対する質問でありますから、午後外務大臣の御出席を待つていたします。朝鮮休戦は、この実現がまさに目睫の間に迫つておりますが、李承晩大統領によりまして、北鮮軍のいわゆる反共捕…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1953/06/27、26期)

昨日の私の質問に対して、岡崎外務大臣は、朝鮮の休戦は、いろいろ障害はあつても結局実現するであろう、これは勘でそう考えておる、こういう御答弁がありました。私もそれは満足であります。そういうことになります…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1953/07/17、26期)

ちよつと議事進行について。去る十五日にMSA援助に関する第一回の外交交渉が行われたのでありますが、それに引続いて交渉が行われるということを聞いております。この交渉は非常に重要な交渉でありまして、外務大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1953/07/18、26期)

この条約について日本の周辺の諸国で参加していない国がないか、これをひとつお尋ねしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1953/07/21、26期)

ぜひひとつこれは政府にお願いしたいのでありまして、むしろ政府の方から積極的にこういう関係資料を委員に配付して、そうして十分研究させるという誠意があつてしかるべきだと思う。委員の要求をまつてとりそろえる…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1953/07/22、26期)

沈船引揚に関する中間賠償協定に関してお聞きいたします。今フィリピンでは大統領選挙を前にしております。ナシヨナリスタのマグサイサイ候補とリベラリスタのキリノ候補との一騎討だといわれておる。これはどつちが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/07/25、26期)

関連して一言簡単に申し上げておきます。在華同胞三万人の引揚げが実現しましたのは、実はこれは外務省のお力ではなくして、むしろその糸口をつけましたのは、今の帆足計君なり高良参議院議員という諸君であります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1953/07/27、26期)

関連して。今特調の説明員のお話によりますと、板付の補償の問題について、農林省とも相談をした上にというお話でありますが、私の聞いているところでは、農林省の方には問題はないのであつて、特調の本部とそれから…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1953/07/28、26期)

議事進行。本案についての連合審査の問題でありますが、通産委員長、大蔵委員長あたりから外務委員長に対して連合審査をやりたいという申出があつておるやに聞いております。この案件はその連合審査に十分値する案件…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

ちよつと大臣にお尋ねいたしますがブカレストで開かれる予定になつておる世界平和青年会議とかいうものに、日本からも大分参加したい希望者があるようでありますが、実は私も合化労連の組合の委員長である太田君から…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1953/07/31、26期)

昨日外務大臣にお尋ねした件でありますが、八月の二日から十六日までブカレストで開かれます第四回世界青年学生平和友好祭に、日本の学生や青年労働者の諸君多数の者がぜひ参加したいということで、旅券の交付を申請…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

大分おそくなりましたが、欧米局長にお尋ねいたします。ブカレストの世界青年学生平和友好祭に出席するために、旅券の交付を請求している青年学生諸君が相当ありますが、これに対しましては、外務政務次官からのお話…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1953/08/04、26期)

今質問のありましたいろいろな件は、結局日米労務基本契約の協定ができてから、そういうことを防止することができると思うのでありますが、この基本契約についての交渉はその後どういうふうに進んでおりますか。向う…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1953/08/05、26期)

本年の五月二十五日の夜の八時ごろに香椎線の海ノ中道駅で起つた事件でありますが、西戸崎機関区の乗務員である黒永四雄というのと池上巌というこの二人の乗務員が、米軍の兵士から何らの理由なくして暴行を受けた。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1953/08/07、26期)

政務次官にちよつとお尋ねします。再々質問した事項でありますが、例のブカレストの青年学生の平和祭に出席するために、多数の若い諸君がしびれを切らして待つておる。これと関連しまして、一体パスポートを出すか出…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

六月二十四日及び二十六日の日米両国間の交換文書を見ますと、日本側では経済安定が先決条件であるとしている。ところが向う側の回答ではもつと軽く、経済的安定は考慮さるべき必要の条件であるというようなことで、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

ちよつと関連質問を、外務大臣に一点お尋ねいたしますが、現在の憲法は、よく世間では、アメリカによつて与えられた憲法だという。私どもはそうとばかり思いませんが、この憲法の第九条に、平和に関する規定があるの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第6号(1953/07/08、26期)

一日の給食費を三十四円を四十円にしたと聞いておりますが、一体現在の事情で四十円程度でまかなえるものでしようか。これについての御所見を伺いたい。それから、災害救助法に基いて地方の方で支出しました場合に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第11号(1953/07/16、26期)

大蔵大臣に労働金庫について一点お尋ねいたします。要望的な質問でございますが、福岡県、佐賀県、山口県、その他関係諸県において、労働者が金を集めてやつておるのですが、今度の水害にあたりまして、家を破壊さ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第22号(1953/07/31、26期)

委員長に質問いたしますが、この県工事、市町村工事のことですが、これを削除するためには、特別災害平衡交付金の措置において完全な補償が得られるということを条件としております。今の御報告によりますと、建設大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第26号(1953/08/10、26期)

副総理にお伺いします。立法措置も大事でありますが、予算措置がなお大事であるということは、すべての委員から発言がありました。そこで、政令によつてわれわれの方で立法いたしました特別措置法の適用の範囲、つま…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/03、26期)

神近委員の賛同に関連いたしまして、池田さんにちよつとお伺いしたいと思います。池田さんは中共貿笏にはあまり多くを期待していないというお話がありました。私は先般中国通商視察団の一員として中国に参つて、賛易…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1954/02/05、26期)

同僚の委員からぜひひとつ李徳全女史をお招きするようにという熱烈な希望の開陳がありまして、私は党派を異にしますがまつたく同感であります。この間ある新聞の寄稿欄だつたと思いますが、東海の忘恩国というような…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1954/03/16、26期)

恩給局長にちよつとお尋ねいたします。これは具体的な事例についてお尋ねいたしますが、戦時中内地の軍の工廠、研究所というようなところに勤務しておつて、激務、過労のために肺結核になつて死んだというような場合…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第17号(1954/10/30、26期)

青柳委員から詳細なる御報告がありまして、中国に関しましてはほとんど補足申し上げる必要がないと思います。また青柳委員と私とは政党の立場は異にしておりますけれども、本問題のごときは、これは政党政派を超越し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 地方行政委員会 第10号(1954/02/12、26期)

昨年十二月十八日に開かれた久留米市議会の本会議において、久留米の市議会議員の寺崎耕君というのが、公友会所属議員二十五名の多数をたのむ横暴によつて、除名されたのであります。同僚委員諸君に事情をわかつても…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1954/03/03、26期)

延期します。私は学術体制の理想と申しますのは方に責任を持つて日本の科学行政をやるところがあり、それと対応して学術会議といつたような学者のグループの審議機関があつて、科学行政の責任官庁と審議機関がお互…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1954/03/22、26期)

大久保君の質問に関連して。非常勤職員の数が法務省関係において四万二千幾らあるということですが、この具体的な内容はどうなんですか。人事調停委員とか、民事調停委員とかありますね。具体的にああいうものを指し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1954/03/23、26期)

ちよつとお尋ねしますが、在外公館の要員に外国人も相当おると思いますが、その外国人の総数と、それから種別高級な人もあろうし、雑役や何かの人もおるでしようが、そういう種別がわかつておりましたらお知らせ願い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

建設省については、局部別の詳細な資料を提出していただきたい、その提出をまつて審議したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

厚生省にはいろいろな問題がありまして、それをこまかくやると、非常に長時間にわたりますから、私はここで国立病院と国立の結核療養所に関してお尋ねいたします。国立病院なり国立の結核療養所における定員整理の職…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1954/04/07、26期)

関連質問。この国防会議というものは非常に重要なものと考えますが、それに関する法律がこの防衛庁設置法案と同時に国会に提出あつてしかるべきだと思いますが、なぜ同時に提案しなかつたか。それからまた提案の遅れ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1954/04/09、26期)

関連して。今インドシナ戦争の話が出ましたが、インドシナ戦争は非常に深刻な段階に入つておる。しかもこのインドシナの極東における戦略的な重要性というものは、地図を開けばすぐわかる。日本とアメリカとの戦争が…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1954/04/12、26期)

ちよつと関連して。防衛出動ということでありますが、これは具体的にはどういう形態をとるものでありますか。たとえば陸上自衛隊の場合、海上自衛隊の場合、航空自衛隊の場合、その三つの場合、防衛出動というものは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1954/04/27、26期)

総理が見えませんので、副総理に内閣の責任者としてお尋ねいたしたいと思うのであります。私の質問はむしろ法案を離れて一種の政治論にわたるのでありますが、政治論に関しまして、いろいろ質問いたします場合は、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第29号(1954/04/28、26期)

関連いたしまして一点……。この二法案を見ますと、自衛隊といい、防衛庁とか防衛招集といい、国防会議といい、三つの言葉が使われております。自衛、防衛、国防、この三つの言葉の内容を聞きたいと思います。先ほど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

私は日本社会党を代表して、防衛庁設置法案及び自衛隊法案に関し、反対の討論を行わんとするものであります。自衛隊の創設は、戦後における日本再軍備の歴史における画期的なできごとであります。警察予備隊、その…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1954/05/20、26期)

提案者に御質問申し上げますが、こういう修正を施すことによりまして予算の上で経費はどれだけになりますか。そこで身分関係の問題は援護法の場合と恩給法の場合では違います。御存じのように父母の場合をとつて考…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第37号(1954/05/21、26期)

法務省の政府委員にお尋ねしますが、昨日私の質問しましたことに関連するのですが、きようの読売新聞を見ますと、在日朝鮮統一民主戦線中央議長の李浩然君が北鮮におもむくために神戸で乗船しようとしたのであります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1954/10/27、26期)

ただいま飛鳥田委員の質問にありましたが、日本において自衛隊を増強する理由として、沿海州、樺太、千島方面にソ連の兵力が配備されておる。あえてこれを仮装敵国と考えるのではないけれども、そういう兵力配備があ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/06、26期)

もう時間もございませんから、簡単に木村さんと小野さんにお尋ねしたいと思います。それぞれ二点。第一点は、皆さんが中国で働いておられました職場の中国の同僚の者、あるいは一般に中国の国民が日本なり日本人に対…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/03、26期)

私も関連しましてごく簡単に。竹島の帰属問題自体がまだはつきりしないというお話が川上委員からありました。今わが党は一応これは常識的に日本の領土だと思つておるのでありますが、この竹島に何か韓国の砲台ができ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1955/01/21、26期)

今この三百三十二名の整理は、利用し得べき欠員の数及び希望退職者数をもって充てるという御説明でありましたが、それでもなお百名足りないわけでありますが、欠員の具体的な数、それから希望退職者の今日までの申し…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1955/01/24、26期)

関連して。委員長の発言を妙に誤解して解釈すると今のようなことになりますが、委員長はそう言ったのではないのでありまして、民主党の総裁である内閣総理大臣鳩山一郎氏、こういうふうに考えて、その出席を要求した…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1955/04/06、27期)

私はなるべく同僚委員の質問と重複しないように心がけてやっていきたいと思いますが、実は先ほどからずっと私聞いておりましたが、首相の御答弁が少し低声でありますために、お話になったことが私の耳に入らぬものも…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第41号(1955/07/13、27期)

簡単でありますが、伺います。政府のこの改正法律案の提案理由説明によりますと、中国が政治的理由により貿易の独占態勢をとっているということでありますが、今日中国との自由な貿易が行われないというのは、単に…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1955/03/26、27期)

私は社会党左派を代表して、特に外交及び防衛の問題につきまして質問をいたしたいと思います。イデオロギーとしての共産主義には反対であるが、共産主義をもって立国の原理とする中ソ両国とも国交を開くことが、戦…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1955/05/10、27期)

私は、鳩山内閣の平和外交、自主外交というものの達成を心から希望するものであります。自由党の橋本委員などは、この平和外交や自主外交、これはナンセンスであるというように言って非常にけなしたのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1955/12/13、27期)

たった一問簡単に財政課長にお尋ねいたします。私の選挙区に大牟田市という町がありますが、これは今日呉市と並んで非常に失業状態の深刻な町であります。労働都市大牟田でなく、失業都市大牟田という言葉があるくら…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1955/12/10、27期)

外務大臣にお尋ねいたしますが、この数年来中国を訪問してその偉大なる建設の状況を視察した日本人の数は・今日までにすでに一千名をこえ、そのうちで国会議員だけでも百四十人に及んでおるのであります。他方、中国…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1956/02/03、27期)

外務大臣にちょっとお尋ねいたしますが、昨年末だと思いますが、アリソン大使から申し入れがあって、日本の国民が盛んに中国やソ連に行って文化交流とか経済交流をやっておる、そしてそれがいろいろな民間協定なり、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1956/02/23、27期)

まず防衛庁長官に一つお尋ねします。何でも栃木県出身者で兵馬の権を握ったのは足利尊氏とあなたと二人だということを聞いております。自衛隊がおもちゃの兵隊ならばあなたが兵馬の権をとられても私ども大して問題に…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1956/03/29、27期)

総理にお伺いいたします。日ソの国交の回復はもちろん実現しなければならない事柄でありますが、日本人の国民感情としては、日本と中国との国交回復をさらに強く要望しておるのであります。経団連の新会長となられま…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1956/03/30、27期)

それでは私からオランダの関係について簡単に質問いたします。最近イギリスで「アリスのような街」と題した映画が非常に好評を博しております。この映画のストーリーというのは、今度の戦争に際して日本軍がマレー…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1956/03/31、27期)

外務大臣に若干の御質問をいたしたいと思います。実は昨日鳩山総理にお尋ねいたしました際に御答弁がありました。それはこういうことでございます。私の賛同は、速記録でありますが、鳩山総理でなくともよろしいから…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1956/04/04、27期)

時間が時間ですから、関連してちょっと一点だけ。ソ連の経済援助は非常に評判がよい。そしてアメリカの援助については非常に警戒的な気味があるということ。これは経済企画庁のデータにもありますが、よくひもつき援…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1956/04/07、27期)

きょうの日本経済を見ますと、最近アメリカの方から話がありました余剰農産物買付の交渉を政府が断わることに内定しているということですが、これは御存じのごとくアメリカから余剰農産物を日本に入れて、その代金の…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1956/04/17、27期)

私は穂積委員の議事進行に関する御意見に賛成であります。と申しますのは、実はわが党の党内事情としまして、金融公社の案件についてまだ賛否の態度がきまっていないのであります。そしてきょう外務委員だけでなく、…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第40号(1956/05/08、27期)

大臣にごく簡単に御質問を申し上げます。アメリカで余ってもてあましておるような農産物を、いかにも恩恵がましい態度で売りつけられる、こういうことは私はどうもおもしろくないと思いますが、それはそれとしまし…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1956/05/09、27期)

関連して。海外渡航の自由は、御承知の通り憲法によって保障された基本的人権の一つでありますが、これを旅券法によって制限している。このことも非常に重大なことです。それをその旅券法の条文の解釈に相当するそう…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第44号(1956/05/16、27期)

二、三大臣にお尋ねしたいと思います。大臣の憂国の至情というようなものは、私どもも共感するところでありまして、私どももそういう気持です。ただ不幸にして意見が非常に違う。そこで私は、今度の漁業問題と関連…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第46号(1956/05/19、27期)

防衛生産ということか平気で言われておるのですが、実は私基本的な疑問を持つのであります。と申しますのは、憲法第九条では、戦争を放棄し、軍備を禁止した規定が明記されておりますが、軍備と申しましても、これは…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第48号(1956/05/23、27期)

高碕長官に一言お尋ねしたいと思いますが、松本委員から最近のフィリピンの政治的な動向についてお話がありました。フィリピンがアメリカの植民地主義に対して、非常に批判的な傾向を強めておる。私どももそう聞いて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1956/05/24、27期)

アジア局長に一問だけお尋ねしたいと思います。北鮮に帰りたいという朝鮮人の帰国問題というのは、長い間の懸案であります。これを根本的に解決することは容易ではないと思いますが、とりあえず日赤の前に四、五十人…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第50号(1956/05/25、27期)

鳩山総理にお尋ねいたしたいと思いますが、まず総理がソ連との国交を回復しよう、こういうふうなお考えをお持ちになって、そのために努力されたことにつきましては、わが党かねて敬意を表しておることは御承知の通り…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1956/05/28、27期)

重光外相に若干お尋ねいたします。このフィリピンとの賠償協定につきましては、他の委員から内容的に詳細にしてしかも非常に堀り下げた質問がすでに行われました。私はむしろこの協定が他の国との賠慣に及ぼす影響と…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第54号(1956/05/31、27期)

私は日本社会党を代表して、本決議案に賛成の意を表するのであります。沖縄が日本の固有の領土であることは歴史的に明瞭であります。さらにまたここに住む八十万の住民がわが同胞であることも明瞭な事実であります…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第57号(1956/06/03、27期)

私も穂積委員にならって、有能な外務省の高官連中に一つお願いかたがたお尋ねしたいのであります。中国の方で、戦犯を帰すというような周恩来総理の談話が発表されたのでありますが、これは必ず実現するものと考えて…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1956/07/12、27期)

時間もあまりありませんので、きわめて簡単にお聞きをしてみたいと思います。沖繩が平和条約の第一条で規定されておりますように、アメリカを唯一の施政権者とする信託統治制度のもとに置く、こういうアメリカ側の提…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1956/07/23、27期)

私もあしたやります。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第61号(1956/07/28、27期)

高碕外相代理にお伺いしたいと思います。外相代理というよりも私どもは新外相を迎えた気持でおるのであります。そのまま一つやっていただきたいのでありますが、そういうわけでございますから、新大臣就任の抱負を一…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 外務委員会 第63号(1956/08/30、27期)

重光外相がモスクワに参りまして、急に態度を変えた。重光豹変ということがいわれております。しかしながら私は決してそうではないと思います。重光外相は外務委員会その他管公開の席上でもたびたび言われたのであ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1957/02/20、27期)

岸外務大臣に対して質問いたしたいと思いますが、先般の委員会で、国会でも済んだら東南アジア方面を訪問したい、こういうふうな御意向の表明がありました。その訪問の御予定なり、あるいは特に目的についてお尋ねし…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1957/02/27、27期)

先日の委員会でインドネシアの賠償問題に関して外務大臣に御質問いたしましたが、それは要点だけに限られておりました。きょうはもっと詳細に具体的に問題点を取り上げて、主務局長であるアジア局長に一つお尋ねいた…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1957/03/16、27期)

私に与えられた時間は十分ほどでありますので、二、三点簡単に御質問を申し上げたいと思います。首相は国会が済んだらアメリカに行かれるということであります。アメリカに行かれることは決して私ども反対いたしま…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1957/05/15、27期)

四月十九日の外務委員会において、公安調査庁長官藤井政府委員の答弁が問題になったのであります。これはすでに御承知のように、アメリカ大使官が、日本の共産党やあるいは日中友好協会その他の団体の経理の内容につ…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1957/07/31、27期)

私も簡潔に質問いたしますから、答弁も一つ簡潔にお願いいたします。まず第一に、きょうは外務委員会が開かれましたが、この日米会談の内容は非常に重要でもありますし、それから九州では未曽有の大水害も起ってお…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1957/09/06、27期)

関連しまして一言お伺いいたします。外務大臣は、中国から参ります通商関係の機関は民間的な性格のものとしたい、具体的にはそれはたとえば中国進出口公司というああいうふうな団体の人を認めるというようなお考えで…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1957/10/15、27期)

米英及び国連を訪問された御報告がありました。その御報告の中になかったことでありますが、これは目下北京において交渉中の日中貿易協定のこととも関連いたしますから、ややエピソードに類することですけれども、ち…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1957/03/06、27期)

申すまでもなく一国の民主政治というものは、地方自治が健全に発達するということにかかっておるのでありますが、往々にして地方自治体が少数のボスによって聾断されておる事例が伝えられておるのであります。ボスの…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第30号(1957/05/16、27期)

簡単に大臣に御質問申し上げたいと思いますが、それはもう一、二カ月前の本委員会において御質問した事柄であります。福岡県山門郡瀬高町矢部川二丁目一帯の用水路が一部町民によって不法に埋め立てられ、これが占有…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1957/04/22、27期)

今日、不平等条約改廃の要求は国民の世論であり、かつ識者の声であります。岸総理の訪米は、この国民的要求にこたえるものでなければならないと考えます。しかし私は、遺憾ながらこの意味において総理の使命が成功す…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/02/27、27期)

ただいま手元にいわゆるブルガーニン書簡に対する政府の回答の文書が配付されたのであります。これを一読いたしますと、一口に言えば味もそっけもない、何らの理想も情熱もない外交文書にすぎないという感じがいたす…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1958/03/07、27期)

議事進行について。第二十六通常国会における各種委員会における所管大臣の出席の状況を調べてもらったのでありますが、外務委員会は二十八回開かれました。農林水産は五十八回、社会労働は五十七回、大蔵は五十二回…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/03/11、27期)

前回の本委員会において、同僚戸叶里子君から、およそ問題点と考えられる諸点につきましては、漏れのない質問が行われたようでありますが、私は重複を避けまして、若干の点について藤山外務大臣に質問申し上げたいと…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1958/03/12、27期)

岸総理大臣及び藤山外務大臣から、現在不安定を伝えられておるインドネシアの政情につきまして、政府としてはあくまでもスカルノを中心とする現在のインドネシアの中央政権を支持する、賠償問題の解決もむしろこのス…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1958/03/14、27期)

外務大臣に対しましては大体質疑は済んだのでありますが、二、三残っておる点をお尋ねいたしたい。賠償協定の実施に関する細目に関する交換公文、このうちに、「日本国政府は、使節団に対し、賠償契約を締結する適性…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1958/04/09、27期)

先月の十二日に、中国人の劉連仁という人の問題につきまして岸総理に質問をいたしましたが、すでに御承知のように劉君は、終戦直前にその使役されておりました明治鉱業所の昭和炭鉱を脱出して、北海道の山の中に今日…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1958/06/25、28期)

私は特に外務大臣の渡米問題について御質問を申し上げたいと思いますが、その前に今の帆足委員の質問に関連いたしましてもう一度私からもお尋ねしたい。沢田廉三全権が発言されましたのは、何でも六月十一日の朝鮮…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1958/06/27、28期)

沢田全権のステーション・ホテルにおける演説の内容について、今六四委員から追及的な質問がありました。大体これで済んでおると思いますが、若干要点についてさらに深めた御質問を申し上げてみたいと思います。あ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1958/07/03、28期)

今の松本委員からの質問に関連いたしまして、私も二、三補足的にお尋ねいたしたい。外務大臣、このごろはなかなか答弁が上手になられたというか、ずるくなられて、あいまいもことして捕捉しにくいような答弁で困るの…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1958/07/30、28期)

七月十二日の五大使会議で行われた中東情勢に関する判断は、まことに当を得たものであります。この正しい情勢判断がアラブ共和国を初め広くアラブ諸国民の共鳴を得たことを、私は政府とともに心から喜ぶものでありま…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1958/08/30、28期)

私は昨日発表されました佐多忠隆君の中国訪問報告書の内容に関連いたしまして、二、三お尋ねいたしたいと思います。先ほど帆足委員がお尋ねいたしましたことに対する御答弁の中で、アメリカの中国政策は、二つの中…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1958/09/01、28期)

今回藤山外務大臣が国連通常総会に出席されるために、またアメリカ政府と広範な諸問題について会談されるために、渡米されることになりましたので、社会党を代表して一言申し上げたいと思います。申すまでもなく、…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1958/10/17、28期)

まず総理にお尋ねいたしたいと思います。ブラウン記者とのインタビューの内容は、総理が全面的にこれを否定されたのであります。まあどっちが正しか、はっきりさせる証拠がないようでありますから、結局これは水かけ…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1958/10/22、28期)

十月十日新橋ステージにおきまして右翼主催によって援蒋反共台湾激励大会というのが催されたのでありますが、その会場において、中華人民共和国の国旗に火をつけて、極端な侮辱の意思を表示した者があるのであります…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1958/12/22、28期)

それではきょうはやめてこの次にしましょう。午後零時五十三分休憩会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1959/02/18、28期)

私もいずれあらためて総理と御一緒のときに本格的な質問をいたしたいと思いますが、二十分ほどの時間、中間的な質問をしたいと思います。外務大臣は外交演説で中国問題に触れております。その場合に、日中関係の今…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1959/02/28、28期)

わが社会党は、中国政策におきまして岸総理並びに岸内閣と根本的に所見を異にしておるのであります。これは私ども非常に不幸だと考えております。血は水よりも濃しという言葉があります。だからあなたにも私にも同じ…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1959/11/12、28期)

関連してちょっと総理にお尋ねいたしますが、外務省はフランス政府に対してトラン・ヴァン・フー氏の国籍問題で照会をして、そうして回答があったわけです。それを一応信頼して御答弁になったわけです。それはそれで…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1959/11/20、28期)

松本委員の質問に関連いたしまして、簡単に議事進行に関する動議を提出いたしたいと思います。国会における内閣総理大臣の発言というものはきわめて重大であります。ところが、先ほどから私どもが盛んに南ベトナム…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1959/11/25、28期)

新聞に私が何か爆弾質問をするというような報道もありますが、爆弾質問になるかどうか別といたしまして、相当の時間を要する質問であります。ところが申し合わせによって非常に短く私の持ち時間が制限されているので…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1960/03/30、28期)

 まず大臣にお尋ねしたいと思いますが、大臣楢橋渡君は、少年のころ炭鉱に働き、その後苦学して弁護士試験に及第し、今日大臣の地位につかれて、その立身出世美談はだれも知っているところであります。若いころ炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 日米安全保障条約等特別委員会 第27号(1960/05/03、28期)

本日は憲法記念日であります。日本国憲法の前文によりますと、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自働するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われら…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12