平井義一衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)   66回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言     544文字発言
  24期(1949/01/23〜)  137回出席(うち幹部出席 54回)   19回発言   15814文字発言
  25期(1952/10/01〜)    3回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  26期(1953/04/19〜)   92回出席(うち幹部出席 67回)   40回発言   73320文字発言
  28期(1958/05/22〜)   94回出席(うち幹部出席 77回)   17回発言   27321文字発言

    衆議院在籍時通算    392回出席(うち幹部出席198回)   77回発言  116999文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  139回出席  19回発言 水産委員会
 2位  105回出席  47回発言 内閣委員会
 3位   44回出席   0回発言 運輸委員会
 4位   40回出席   4回発言 決算委員会
 5位   23回出席   7回発言 水害地緊急対策特別委員会
 6位   15回出席   0回発言 通信委員会
 7位    8回出席   0回発言 政党法及び選挙法に関する特別委員会
 8位    5回出席   0回発言 文教委員会
 9位    3回出席   0回発言 通商産業委員会
 9位    3回出席   0回発言 経済安定委員会
11位    2回出席   0回発言 鉱工業委員会
12位    1回出席   0回発言 農林水産委員会
12位    1回出席   0回発言 文部委員会
12位    1回出席   0回発言 労働委員会
12位    1回出席   0回発言 電気通信委員会
12位    1回出席   0回発言 海外同胞引揚に関する特別委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

運輸委員会委員長(第32回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

水産委員会理事(第5回国会)
水害地緊急対策特別委員会理事(第16回国会)
内閣委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第2回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1948/05/27、23期)

栗栖安本長官にお尋ねいたしますが、栗栖長官は先ほど魚の統制は撤廃するとおつしやついましたが、野菜の統制は撤廃する考えがないように伺われるのでありますが、なにゆえに野菜の統制を撤廃しないか、これが第一点…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1949/04/28、24期)

今の御説明で、八百三十三億の場合は一年間において三十一億四千万、こういうふうに考えざるを得ないのでありますが、そのあとの半年は、必ず政府として方策を講ずるということを、ここに言明ができればしていただき…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/11/15、24期)

九州は非常に遠いので、返事が着いておらぬと思いますが、これが突然上京して来た場合は、不足でない普通の定員内でやつていただけますかどうかをお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1949/11/16、24期)

ちよつとお尋ねいたしますが、あなたの言われることは、働く漁民というのは、漁民組合の組合員並びに漁業労働組合員以外は、働かない漁民であるというように聞えますが、働かない漁民、働かない協同組合員というもの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1949/11/17、24期)

ちよつと三浦さんにお尋ねいたします。紀伊水道が瀬戸内海区からはずれては、紀伊水道單独においては資源の保護あるいは魚族の培養または許可のない船、ギャングともいわれる非合口法的漁船を取締ることは断じてでき…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1949/12/02、24期)

漁港小委員会といたしましては、十一月二日小委員会を開きまして昭和二十四年度の補正予算並びに二十五年度の漁港予算に関し、それぞれ政府当局に向つて要望する事項を協議したのであります。また十一月四日におきま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1949/12/22、24期)

私漁港小委員長といたしまして、議員提出による漁港法案を国会に提出したいという考えで、法案の作成に当つたのであります。前国会におきまして、ぜひとも提出したかつたのでありますけれども、漁業法その他の問題で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/01/26、24期)

水産資源枯渇防止法案がここに提出されることになつたことに対して、非常に感謝をしているのであります。昨年以西底びきの減船問題が起りまして、許可を取消されたものに対して国家補償を要求し、この国家補償の金額…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1950/03/08、24期)

本修正案に対しまして共産党より反対の意見が出ましたので、自由党としての態度を明確にしておきたいと考えるのであります。本修正案に対しましては、委員長の報告を了といたします。自由党といたしましては委員長報…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1950/04/24、24期)

衆議院の水産委員会においては、紀伊水道の事務局設置、有明海の事務局設置は、すでに決定事項となつておるのであります。私は有明海問題に対しましても、再三陳情いたした一人であります。今日紀伊水道の問題が参議…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/07/15、24期)

先ほど来問題になつておりました中央漁業調整審議会の委員であります。問題の富山県の安居馬孝六十三歳、これをひとつ何とか新農林大臣が片づけて、そうして円満に解決をしてくれれば、非常に仕合せと思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/07/17、24期)

漁港の災害予算につきまして、安本の山崎次長にお尋ねいたしたいと思うのであります。一昨日大蔵省の主計局長が見えまして、安本が認証したものはやるということをはつきり申したのでありますが、この点につきまして…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1950/07/21、24期)

この問題は非常に重大でありますゆえに、一言御質問を申し上げます。漁業法及び水産庁設置法の一部改正に関する法律案、参議院提出、これが第七国会以来継続審議となつておつたのでありますが、審議が遅れまして、…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1950/07/29、24期)

有明海漁業調整事務局設置に関する請願でありますが、これはすでに去る二十五日本院を通過しておるのであります。目下参議院におきまして審査を重ねておるのでありますけれども、御承知のごとく有明海はその趣を異に…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1950/07/31、24期)

中央漁業調整審議会委員の件につきまして、先般農林大臣に質問したところ、私に一任してくれという広川農林大臣の言葉を信じて、今日まで参つたのでありますが、その後農林大臣より委員長に何か通達があつたかどうか…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/01/26、24期)

有明海区漁業調整委員会事務局設置の件について御質問申し上げます。去る第九国会の最終委員会において、次の国会には必ず通過させるように懇請しておいたのでありますが、第十国会の初の委員会におきまして、委員…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1951/03/24、24期)

漁業法及び水産庁設置法の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由を簡単に御説明申上げます。この法律案は、各委員も御承知の通り、有明海の漁業の複雑性から見て、この海区を特別海区といたしたいと考える…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1951/05/10、24期)

今の松田委員の質問に関連しておるのでありますが、昨日も私は陳情を受けたのであります。能登半島のきんちやく網の操業区域に関する意見の衝突で、四十名調整委員のうちで十名が辞職をしておる。しかしその三十名で…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1951/08/06、24期)

補正予算につきまして要望いたしたいと思います。去る第十国会におきまして、有明海連合海区調整専務局を設置していただくことになつたのでありますが、当時予算がまつたくなかつた。今度の補正予算に出ているが、こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1952/02/04、24期)

有明海の件を申し上げる前に、中国の国政調査についてもあわせて御報告申し上げたいと思います。派遣委員といたしましては永田節委員、小松勇次委員と私の三人が出張の予定でありましたが、小松委員は出発前に参加…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第9号(1953/07/14、26期)

先ほど以来各委員からの質問で、大蔵当局の意向が大略わかりましたが、事は非常に急を要しております。そこで七月、八月にいろ金が現地で百二十億なければならぬ。こういうせつぱ詰まつた状態でありますので、昭和二…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第12号(1953/07/17、26期)

河川局長に一言お尋ねいたします。夜明ダムの問題は目下検討中ということでありますが、大体結論が出ましたからお尋ねすることといたします。筑後川の現状からいたしまして、将来筑後川の上流まで直轄工事でお願いし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第13号(1953/07/18、26期)

今回の九州の災害につきまして、競輪場の設置されておりますところの市におきまして、市町村の財政困難の折から、通産省といたしましては、この窮状を救うために、ただちにとは申しませんが、将来回数をふやしていた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第14号(1953/07/20、26期)

まず、銀行局長にお尋ねをいたします。先般西日本には未曽有の水害が襲いまして、あらゆる面において非常な困難を来しておるのでありまして、その救済にわれわれも地元民も政府も非常な努力を払いつつあるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第16号(1953/07/22、26期)

ただいまの綱島小委員長の報告に対して、質問をいたしたいと思います。綱島小委員長は、農林行政にかけては保利現農相にまさるとも劣らぬという確信を持つておられるので、一言お尋ねいたします。先ごろの二号台風並…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第18号(1953/07/24、26期)

先般の西日本の水害、続いて南近畿の水害におきまして、電力会社の被害が相当な額に上つておると思いますが、これがどのくらいな額に上つておるか、またはどういう方法でこれの救済といいますか、金融と申しますか、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第20号(1953/07/28、26期)

ちよつと先ほどの井出委員の御質問について、はつきりしておきたい点があります。与党の間において、政府がつなぎ資金を出したが受取らぬと、先ほどたしかそう聞いたのですが、その点をちよつとはつきりしておきたい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

ただいまの鈴木さん並びに島上さんの取消せというのは、全部取消せという意味でございますが、どこを取消せという意味ですか、ひとつお聞きしたいと思います。それからもう一つ、うしろの方に、「木村長官がいわゆ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1953/07/10、26期)

ただいまの松田委員の質問に関連いたしまして、一言長官に質問いたしたいと思います。ただいま木村長官は保安隊精神は非常に旺盛である、こうおつしやつたのであります。それは実は見方の相違であると思います。先般…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/11/04、26期)

それでは九州班の視察の報告を申し上げます。九州班は去る八月十九日から二十二日まで四日間にわたり、現地に集合、現地で解散の日程で、保安庁の現地諸部隊を主とし、あわせて先般大蔵省設置法の一部を改正して従…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/11/06、26期)

行政機構改革に伴う人員整理の上で、停年制を設けるつもりはあるかどうか。これを設けなければ、地方の市役所などは、七十を過ぎてもまた勤めておる。しかも無能な人間で、やめなければしようがないという状態である…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/11/07、26期)

援護庁の田辺次長に聞きたい、戦死者には先般一金五万円の弔慰金を差上げたのでありますが、先ほど八木さんが言われたように、一たび軍隊に召集されて、国のために尽して死んだという人に対しては戦地を問わず、内地…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/04、26期)

先般公務員に対して待命制度というものを設けて、もうすでに十一月一日からやつているが、本日の新聞紙上では一名も申出がない。こういうようなことで、先般塚田大臣は嫁入り前の女性などはかなり申込みがあるだろう…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/05、26期)

すでに辻さんがおそらく質問をしたと思いますが、次長に一つ御質問いたします。保安庁の物を買う役ですか、こういう立場の人が歴代失敗しておる。しかも保安庁は国民注視の的である。それにもかかわらず一度失敗し…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/07、26期)

 このたびの保安庁職員給与法の一部を改正する法律案に対して、自由党を代表して賛成いたすものであります。保安庁職員の現行給与は、昨年十一月の一般職の国家公務員の給与改訂と対応して定められたものでありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/17、26期)

木村保安庁長官、次長、人事局長に御質問申し上げます。実は保安隊の前身である警察予備隊のときにすでに不祥事件が起り、さきにまた厚生課長などがひつぱられて一大汚職事件を起しておるのであります。保安隊はどう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/23、26期)

保安庁の汚職事件はしばしば委員会で取上げたのであります。先ほど来各先輩委員の質問を聞いて私も非常に感銘するところが深いのであります。栗山委員の言われたごとく、満洲事変、支那事変がいかなることから起つた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/12/24、26期)

私もちよつと大局論を増原次長にお聞きしたいと思います。御承知のごとく、今日政府は行政機構改革をもくろんでおりますが、保安庁はこの際機構を改革する気はないかどうか。御承知のごとく、日本の昔の軍隊が、陸軍…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/12/25、26期)

このたびの行政機構改革並びに人員整理ということについて、塚田長官の誠意ある信念を聞いてそれを納得するならば協力を申し上げたいと思うのであります。まず塚田長官は、今日どうして役人が多いかということを考え…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1954/02/24、26期)

ちよつと宮内庁長官にお伺いいたしますが、宮内庁と皇宮警察はどういう関係にありますか。それからもう一つは清掃の問題でありますが、清掃の問題を見ましても、宮城の草刈りにいなかから来るということは非常によ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1954/03/18、26期)

ただいま議題となりました恩給法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案につきまして、提案者を代表いたしまして、提案の趣旨を簡単に御説明申上げます。公務員の在職年に対する加算制度は、旧軍人関係恩給と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1954/03/22、26期)

塚田大臣は、昨年行政機構改革に伴う行政整理ということを考えられたのでありますが、機構改革はあれやこれやで、遂にいまだ本格的なものが出ないので、定員法がここに審議をされておるのであります。私がその際能率…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1954/03/23、26期)

検察庁で四百五十六名の減員になるようですが、これは主として事務官であろうと思うのでありますが、検事が何人減るか、その点をお聞きしたいのです。大体を申し上げますれば、検事が少くなる、法務省の役人が少くな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

関連して。二千二百六十六人減らすうちで、欠員がある、それを埋めれば実際はあまり首切りはないのじやないか――まことにけつこうです。自由党はどうか知りませんが、私はそれを願う。また二千二百六十六名の整理に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1954/03/25、26期)

せつかく植木政務次官が来ておるから、質問をしなければさびしかろうと思つて質問するのですが、実は大蔵省の本省でございますが、これは予算期になれば非常に忙しい、ひまなときと忙しいときとの差がはげしいと思い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

内閣委員会の委員の気持を、私から大臣に最後に御質問申し上げます。このたびの行政整理で、六十九万四千五百四十七人を六十三万三千四十九人にする、約六万人の人間が整理されるのでありますが、塚田長官としまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1954/04/05、26期)

大久保委員の質問に関連してちよつと外務大臣にお尋ねいたしますが、今日われわれは保安隊あるいは海上警備隊を自衛隊に切りかえて拡充するということで審議いたしておるのでありまして、大久保委員が将来できる自衛…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1954/04/10、26期)

先般外務大臣、木村保安庁長官に質問をいたしました折に、やはり憲法問題に触れたのであります。ただいまの高瀬委員の質問も、要は日本の自衛隊が非常にはんぱな立場である、憲法を改正して軍隊にせぬかという意味に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1954/04/17、26期)

上村官房長にお聞きしますが、実は今度は航空部隊ができるのでありますが、できるとすれば、現在保安隊員が使つておる飛行場が何箇所かあると思いますが、これを使うのか、あるいはアメリカが使つておる飛行場を使わ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1954/04/19、26期)

先般防衛庁設置法並びに自衛隊法の審議の途上において六人の舞人を望ましているく意見を聴取したのであります。その六人の中の五人までが今日の保安隊ならいざ知らず、自衛隊になればこれは軍隊である、われわれが呼…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

自由党は二法案に対して賛成でありますから質問は省きますが、内容の中に、事件が起つて出動命令を出して、地方に自衛隊が行つた場合物資の調達をやる、その場合において、県知事に命令をすることになつておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1954/05/15、26期)

今日提出されておる法律案は、実は大したものではないと思いますので、月曜日にやつてすみやかに片づけるというなら、私の質問も月曜日に延ばしたい。しかしいろいろ御質問もあり、また十分審議すると社会党の方でお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1954/05/19、26期)

ちよつと恩給局にお尋ね申し上げますが、牢は戦後軍人軍属に援護の手を延べるということになりまして、復員局が陸海軍ともに名簿をつくつた。そこでそれは非常な間違いも多うございましよう。間違つてもやるというこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1954/05/20、26期)

私はこれには賛成をいたしますが、昨日お尋ねいたしましたように、法律を修正をして、もう調べぬでも無条件にやるということは、私は実は心配だけれども、ほんとうに恩給局があつて恩給法に基いてやるならば、やはり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第42号(1954/09/29、26期)

世界にあまり例のない大惨事を起しました洞爺丸遭難事件につきましては、まことに哀悼の念にたえません。洞爺丸遭難事件の原因はいろいろございましようけれども、私は機構改革の問題に対して質問をいたしたいと思…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/03、26期)

増厚次長にお尋ねしたいと思いますが、昨年の今ごろ練馬部隊の隊員が隊の米を盗んで酒を飲んだという汚職事件が起きてそれがために吉田総監が責任をとられたのでありますが、その後そうした汚職事件はなくなつたかど…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1954/12/06、26期)

自由党を代表いたしまして、ただいま上程になつております自衛隊法の一部を改正する法律案に賛成をいたすものであります。本案は自衛隊法第十三条第二項の規定に基いて、国会閉会中の措置として去る八月陸上自衛隊…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1954/12/16、26期)

この際大村新防衛庁長官の御就任に対しまして、心からお祝いを申し上げる次第でございます。同時に新大臣に所信をお聞きして、今後われわれが委員会を運営する上の参考にいたしたいと考えております。ごく大局をお聞…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/17、26期)

ただいま議題となりました恩給法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案につきまして提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。さきに公務員恩給に関する在職年の加算制度は原則として廃止されたのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1955/01/21、26期)

この定員法につきましては、去る十九国会において、各省ともにこの内閣委員会で審議をいたして決定をしたわけであります。福島長官はそれに基いて整理をなさる。これは当然のことであります。ただ調達庁が特殊な任務…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1958/09/16、28期)

ちょっと今の辻委員の質問に関連いたしまして、長官にお尋ねをいたします。実は防衛庁が急いで内定をしたわけでなくて、国防会議の一部の人、自民党の幹部の人が急げ、早くきめろということによってきめたのではない…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1958/10/02、28期)

今日問題になっております次期戦闘機の決定につきまして、ごく重要な点を五、六点お尋ね申し上げます。次期戦闘機を決定するにつきまして、いろいろな飛行機を長い間研究されて、防衛庁といたしましては最後にノー…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1958/10/14、28期)

郵政省設置法の一部を改正する法律案について一、二点質問を申し上げます。これは電務局を新設し、国家公務員をおそらくふやさなければならぬと思いますが、今までの郵政省と今度かりに逓信省となった場合の、人員…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1958/10/21、28期)

ちょっと関連して。私どもの子供のときには、大演習があれば十里くらい汽車に乗って見物に行ったものでありますが、最近の大演習は人気の点はどうですか。この間から私たちは、アメリカの航空機生産会社から幾つか…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1958/10/23、28期)

ちょっと関連してお尋ねいたします。昭和二十九年に保安庁から防衛庁に改正をされ、さらに国防会議を設置するときにやはり憲法問題が出まして、そのとき公聴会をやりました。そのときの委員の諸君もおると思いますが…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1958/10/31、28期)

私は自由民主党を代表いたしまして、本案に賛意を表せんとするものであります。現在の憲法は占領下に制定せられたということは、日本国民のみならず、全世界の国民が知っておるのであります。当時憲法起草委員が、…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1959/03/17、28期)

ちょっと吉村証人にお聞きします。次期戦闘機の決定の方法を天川氏に聞いたわけでありますが、国防会議にはグラマンの書類しか提出していないと私は思うのですが、ロッキードとグラマンと両方出しましたか、どうです…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1959/03/27、28期)

これは防衛計画の一環として戦闘機購入は大きな役割をするのでありますが、はからずも次期戦闘機の購入について非常な議論があるというような、いろいろな問題が起ったわけでございます。この問題が世間に出まして、…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1959/02/06、28期)

皇居造営審議会を設置する件につきまして、宇佐美宮内庁長官にお尋ねをいたします。皇居を造営するかしないかという問題に関しまして、まず長官に天皇制のあり方について所感を承わりたいと思いますが、天皇制といえ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1959/02/10、28期)

ちょっと国防会議の議長としての総理大臣にお聞きいたします。次期戦闘機の購入で非常に紅余曲折があって今日まで決定しておりませんが、防衛計画にも関係があることでありますので、近いうちに決定をするお考えがあ…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1959/02/26、28期)

防衛庁長官にお尋ねいたします。今回陸上自衛官を増員しなかったのは、どういう理由でしなかったのか。また今日は核兵器、原水爆の時代でありますが、これもだんだん改良され、変ってきております。想像のできない…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1959/03/05、28期)

ちょっと宇佐美長官に関連してお尋ねします。皇太子殿下が御結婚終了後に外国にお二方で行かれるというようなことがちまたに伝わっておりますが、その点いかがでございますか。次会は公報をもってお知らせすること…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1959/03/06、28期)

経済企画庁設置法の一部を改正する法律案に対しまして、修正案を提出いたしたいと思います。案文の内容はお手元にお配りしておりますが、朗読いたしますと、会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1959/03/25、28期)

賞勲部長にまずお尋ねいたしますが、金鵄勲章を授与された者が昭和十五年四月二十九日まで年金をもらえたが、その後は一時金になって参りました。どういうふうな経過でそうなったのか、また今日金鵄勲章を受けた者の…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1959/03/27、28期)

私は自由民主党を代表して、防衛二法案について賛成の意を表明するものであります。最近の国際情勢は、依然として力のバランスによって平和が維持されておるということは、社会党の諸君も御承知の通りであります。…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1959/04/07、28期)

私は自由民主党を代表いたしまして、本案に賛成の討論をいたします。農地改革は、御承知の通り終戦直後の占領下において行われたものでありまして、わが国において従来の社会的、経済的基盤を大幅に変革した点にお…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 内閣委員会 第30号(1959/04/30、28期)

先般政府に対して、日清、日露その他の戦役で金鵄勲章の年金をもらっておった者が停止になった、この人方がすでに非常な老齢になっておって、生活も不自由な状態に陥っておるから、何とか功労金をやっていただきたい…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12