移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

坂田道太衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

  23期(1947/04/25〜)   42回出席(うち幹部出席  0回)    6回発言    2590文字発言
  24期(1949/01/23〜)  148回出席(うち幹部出席  0回)   10回発言   21294文字発言
  25期(1952/10/01〜)   19回出席(うち幹部出席 18回)    5回発言   10895文字発言
  26期(1953/04/19〜)   57回出席(うち幹部出席 28回)   16回発言   34332文字発言
  27期(1955/02/27〜)  168回出席(うち幹部出席128回)   16回発言   19647文字発言
  28期(1958/05/22〜)   37回出席(うち幹部出席 19回)    1回発言      86文字発言
  29期(1960/11/20〜)   77回出席(うち幹部出席 43回)    4回発言    1307文字発言
  30期(1963/11/21〜)   83回出席(うち幹部出席 57回)    0回発言       0文字発言
  31期(1967/01/29〜)   40回出席(うち幹部出席 40回)    0回発言       0文字発言
  32期(1969/12/27〜)    7回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  33期(1972/12/10〜)   60回出席(うち幹部出席 29回)    0回発言       0文字発言
  34期(1976/12/05〜)   42回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  35期(1979/10/07〜)   10回出席(うち幹部出席  2回)    0回発言       0文字発言
  36期(1980/06/22〜)   44回出席(うち幹部出席 19回)    0回発言       0文字発言
  37期(1983/12/18〜)   23回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  38期(1986/07/06〜)    1回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。



衆議院委員長経験

文教委員会委員長(第29回国会)
安全保障特別委員会委員長(第91回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。

衆議院理事経験

文部委員会理事(第15回国会)
文教委員会理事(第22回国会)
予算委員会理事(第26回国会)
国際労働条約第87号等特別委員会理事(第48回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。

衆議院委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1947/08/07、23期)

第一囘に二萬キロ、第二囘に千三百七十三萬ポンド集まつたということでありますが、これを再製すると大體どれくらいになりましようか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1947/10/02、23期)

この請願書は、代表、熊本市出水町国府、藤田君になつております。紹介議員打出信行君外二名の方がおられませんので、代つて私が請願の趣旨を申し上げます。熊本薬學専門學校は、東日本における富山薬學専門学校とと…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1947/10/15、23期)

教科書が適當な時期に児童の手にはいらないということは、非常に遺憾なことだと思うのであります。その一番の原因が、あるいは編纂の問題、あるいは紙の問題、いろいろ先ほどから拜聴しておるのでありますが、その中…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1947/11/08、23期)

高等學校の改革の内容については、近く省令において發表されるということでありますが、この點につきまして、ご質問をいたします。從來高等學校、は文化あるいは理科というふうに二つにわかれておつたのであります。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第31号(1948/05/25、23期)

第百七十六條のいわゆる普通公共團体のものに拒否権を與えるという点についてお伺いをいたします。議会の横暴に対しまして、執行機関が反省の機会を與えるという意味におきましても、またアメリカ等の立法例におきま…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第40号(1948/06/18、23期)

こまかい問題ですが、第六條の船車とあるのはどういう意味ですか。他人の土地、建物または船車の中に立入ることができないというのは……。もう一つ附け加えます。あるいはこの場合はほとんどの場合制服の巡査がや…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1950/04/24、24期)

請願者は山形市香澄町木の実小路山形県教員組合田中新治君。紹介議員上林與市郎君、圖司安正君、池田正之輔君、志田義信君に交わりまして、請願の要旨を説明いたします。本請願の要旨は、シヤウプ勧告に基く平衡交…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1950/02/08、24期)

農業問題につきましては、同僚議員からすでにたくさん質疑が行われましたので、私はなるたけ重複を避けながら、落穂を拾うというような気持で、農村問題特に農村における資本の蓄積を、今後どうやつて行くかという点…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1950/02/13、24期)

二、三の点を御質問申し上げたいと思います。東大の総長の南原さんがアメリカに行きまして、日本の教育制度について演説をされたその中に、何でもかんでもアメリカの教育制度をそのまま移すのではなくして、日本には…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/07/24、24期)

私の質問は、文部大臣が来られてから継続いたします。それからただいまの問題でございますが、私はこの認定講習については、第一に金が非常にかかる。その土地の者はとにかく、距離の遠い者は、非常に金がかかると…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第27号(1951/05/23、24期)

すでに御質疑があつたかと思いますけれども、一、二点お伺いいたします。ただいまの第三条の予算の範囲内でというのを、もう少し御説明願いたいと思います。それともやはり各省ごとの直轄下にある研究所のそういう…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1951/11/26、24期)

請願者は静岡県賀茂郡城東町熊沢幸子君外二十万百八十三名であります。本請願の要旨は、日本教職員組合は、教育復興の立場から女教師の労働條件の改善に全力を尽し、特に産前産後の休養については、労働基準法に先が…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第12号(1951/11/29、24期)

ただいま文部省の寺中課長から、来年度の予算につきましてまだ大蔵省から何らの内示がないというお話でありますが、ちようど大蔵省からどなたか見えておられるようでございますから、大蔵省としてはいつごろその内示…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第33号(1952/06/14、24期)

私は方向をかえまして、この第八十六條の教科書の検定の問題について、久保田局長からお伺いをいたしておきたいと思います。この現行法で参りますと、用紙割当制度が廃止された後には、これをかえなければ、都道府…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第34号(1952/06/16、24期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま提案されました松本七郎君外七名からなる修正案に反対し、若林君より提案されました修正案に賛成を表するものでございます。松本七郎君外七名からなる修正案は、義務教育の…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第38号(1952/06/21、24期)

先般参考人の出席を求めまして意見を聞いたのでございますが、それを拝聴しますと、この前政府から御答弁になつたことにつきまして、若干疑問の点もございますし、不明確な点もあると考えますので、この際はつきりし…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1952/11/08、25期)

ただいま坂本委員からのお話もありますけれども、われわれ自由党といたしましては、できるならばひとつ施政方針演説後にやつていただきたい、こう思います。この機会に文部大臣、次官、課長からごあいさつがありま…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1952/11/14、25期)

白書を出すという話ですが……。第二は、学生の就職対策、これは五百九十六万が三十六万円に減つている。これは十七分の一なんです。この就職の問題につきましては、日経連が非常に現在の情勢に即しない声明を発表…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1952/12/04、25期)

大分論議も尽されたと思いまするので、一応この辺でお打切りをいただきまして、調査委員派遣の問題へ入りたいと思います。本日はこれにて散会し、次会は公報をもつてお知らせいたします。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1952/12/23、25期)

新潟大学新発田分校の統合問題に関しまして、本委員会より現地調査を命ぜられました。ただいまより調査の大要を私から御報告を申し上げます。なお足りません点につきましては、他の派遣委員より逐次御報告をお願いい…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1953/03/07、25期)

今回野党三派より御提案に相なりました教育委員会法の一部改正案に対しまして。質疑をいたしたいと存ずるのございます。こまかい点につきましては逐条審議に譲ることといたしまして、本日は全体的に総括的な質問を、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1953/07/09、26期)

関連して。日本学術会議のメンバーの改組、改選の時期が来ておるように伺つておりますが、この点につきまして、改選の時期なり、あるいはその他そのメンバーなり、哲格なり、そういつたものがもしわかりましたらお知…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1953/07/11、26期)

この山口県の小学生日記の六月二十五日の欄外に、朝鮮戦争はどうして始まつたかということ豆ありまして、やがてソ連が北鮮から兵を引揚げ、次に南鮮からアメリカが兵を引揚げましたので、北鮮と南鮮は一つの朝鮮をつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1953/07/14、26期)

関連してお尋ねをいたしたいと思います。今の教科書の問題につきまして、一年生の教科書は無償配付になつておるわけでありますが、この無償でもらつた一年生の教科書も流失をしておると思うのであります。この点につ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1953/07/20、26期)

一般教育行政につきましては、もう数回御質問をしておるわけでございますので、野原君の質問を簡潔にやつていただいて、そして一応これを打切つていただきたいと思うのですが、いかがでしようか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

公立学校施設費国庫負担法案に対する修正案を提出いたします。ただいま提案になりました公立学校施設費国庫負担法案に対する修正案につきまして、その骨子及び提案理由を御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/11/02、26期)

監理局長の一応の御答弁でございますが、どうもはつきり実態がつかめないのでございます。私はその措置については後ほどお聞きいたすつもりでございます。来年度、二十九年度において中学校に進学する児童数というも…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1953/11/04、26期)

おとといの当委員会におきまして、昭和二十九年度に異常に中学校の生徒が増加して、それに対する対策が緊急を要するという問題が論ぜられましたが、それに対して女部大臣、それから大蔵省当局からも一応の御答弁をい…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/12/05、26期)

この際大臣にお伺いいたしたいのは、前国会に本委員会におきまして、来年度の中小学校の児童の異常増加について、政府は何らかの措置をするということを言明されたようであります。そのときの答弁の中で、大体五大都…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1954/02/26、26期)

この際大臣に承つておきたいことは、日本山岳会が、昨年に第一次のマナスルの登山に次いで、ネパールのヒマラヤの標高八千一百二十五メートルのマナスル登頂をめざしまして、十四名の隊員をもつて本年もまた三月初旬…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1954/03/01、26期)

ちよつと簡単にお尋ねしたいのですが、ただいまの平和教育の内容の問題でありますが、日教組がその最高方針として定めておる中で、安保条約を廃棄しなければ、われわれの言う平和教育は達成しない、こういう一つの考…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第12号(1954/03/03、26期)

今回野原覧君外百三十二名提出の教育委員会法の一部を改正する法律案に対しまして、若干質疑をいたしたいと考えております。まず第一に本法案をどうして出さなければならなかつたかという理由につき哀して、提案の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1954/03/25、26期)

私は、第三条第二項は、第三条第一項に「ための」ということを入れることによつて、含まれるものと考えております。先ほど答弁いたしました通りであります。先ほど松平委員が人事院総裁に質問されたことと関連をす…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第26号(1954/04/20、26期)

今回文部省から僻地教育振興法案が出ましたことは、われわれとして非常にうれしく感じておる次第でありますが、われわれの満足するものでないことだけは伊藤委員も申した通りであります。しかしとにかくわが国の教育…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第32号(1954/05/21、26期)

ただいま修正議決されました盲学校及びろう学校への就学奨励に関する法律案に対しまして委員諸君の同意を得まして附帯決議の動議を提出いたします。右案文を読み上げます。附帯決議案会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第33号(1954/05/22、26期)

今回の政府提案にかかります教育職員免許法の一部を改正する法律案並びにその施行に伴う関係法律の整理に関する法律案に対しまして、産業教育振興法の精神を生かし、実習教育の充実をはかり、仮免許状の廃止に伴う教…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第34号(1954/05/26、26期)

私は自由党を代表いたしまして、本法案に賛成の意を表するものであります。元来学校給食は、国民の食生活の改善の基礎要件でもございますし、また児童生徒の生活教育としても重要な意義を有するものでありますこと…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1955/07/08、27期)

今大学学術局長のお話を聞いて、大学学術局長のお話はよくわかるのですけれども、先ほど竹尾君からお話申しましたように、今度の紛争の根本的な問題は、やはりこの四年コースにするというところにあるのではないかと…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1956/02/23、27期)

関連して。国際学術団体と日本学術会議が現在どういう活動をやっておられるか、はなはだ何ですけれどもよく了承しておりませんので、その実態についてこの際一つ事務局長から明らかにしていただきたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1956/03/16、27期)

ただいま議決されました学校給食法の一部を改正する法律につきまして、附帯決議を付するの動議を提出いたします。まずその附帯決議の案文を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第36号(1956/05/09、27期)

関連してちょっと採択地域の問題についてお尋ねしたいのですが、たとえば東京都のような場合は、普通の県とちょっと違っているのじゃないかと思いますけれども、こういうような東京都のような大きいところは、どうい…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 文教委員会 第45号(1956/06/02、27期)

ただいま議題となりました教育公務員特例法及び教育公務員特例法第三十二条の規定の適用を受ける公立学校職員等について学校看護婦としての在職を準教育職員としての在職とみなすことに関する法律の一部を改正する法…会議録へ(外部リンク)

第25回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1956/12/04、27期)

ただいま議題となりました教育公務員特例法及び教育公務員特例法第三十二条の規定の適用を受ける公立学校職員等について学校看護婦としての在職を準教育職員としての在職とみなすことに関する法律の一部を改正する法…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1957/03/14、27期)

関連。今の問題に関連して、社会教育局長としては地方に何らか誤まりは誤まりであるというような指示をされたのですか。私はこういう問題は影響するところが相当大きいと思うのです。しかしながら一応ああいう映画が…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1957/03/20、27期)

ただいま議題となっております教育用テレビジョン放送に関する要望案についてまずその案文を朗読いたします。教育用テレビジョン放送に関す会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1957/04/27、27期)

事務職員の結核休職に対する法律案の提案理由をただいま承わったのでございますが、確かに事務職員の方々の処遇につきましては、従来同一職場にありながら、一般の教職員の方々よりも、待遇が給与等についてもはなは…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 文教委員会 第27号(1957/05/18、27期)

一昨日の請願審査小委員会における請願審査の結果について御報告いたします。本日の請願日程中、日程第一から四、六、七、一〇から一二、二三、二六、三一、三三、三四、三七から四一、四五及び四六の各請願はいず…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1957/02/20、27期)

第二分科会におきまして慎重審議いたしました予算案につきまして、その審議の経過並びに結果について御報告いたします。本分科会は、昭和三十二年度予算案中、文部省所管、厚生省所管及び労働省所管に関する予算案…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1957/11/06、27期)

関連して。今日科学技術教育を振興しなければいけないということは、世界の常識であるわけでございますが、私三、四カ月前に、日本の一流の大学、また世界的にも知られた大学であります東大の施設、あるいは設備、あ…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1958/04/01、27期)

長い間非常に御苦労になったことを深く感謝を申し上げる次第でございます。こういう南極の観測というような問題は、未知の世界に行かれるわけなんで、最初からすぐ成功ということ自体がむしろ非常にまれであって、や…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1958/04/04、27期)

付帯決議を提出いたしたいと思います。その案文を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1958/04/16、27期)

ただいま可決されました農業又は水産に係る産業教育に従事する国立及び公立の高等学校の教員に対する産業教育手当の支給に関する法律の一部を改正する法律案に関しまして、次の通り要望いたしたいと存じます。要望…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1958/04/23、27期)

ちょっと関連して。簡単に提案者にお尋ねいたしたいと思いますが、この法案の第一点に、僻地学校の概念についての改正を行なっておられるように承知しておりますが、これをもう少し詳しくお話し願いたい。それから…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1958/12/19、28期)

長起立総員。よって、本案は原案の通り可決するに決しました。なお本案議決に伴う委員会報告書の作成につきましては、先例により委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1960/12/19、29期)

公立中学校の校舎の新築等に要する経費についての国の負担に関する臨時措置法案に対し付帯決議を付するの動議を提出いたします。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1961/03/29、29期)

先ほどの理事会でお話しましたことは、なるべく次の委員会において、お宅の方で修正案もあるように聞きましたから、それを出していただいて、そして結末をつけよう、またわれわれの方でもそれに対して、十分与党内部…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1961/04/21、29期)

あと村山君の質疑があるとすれば、それを大体常識的に聞いていただいて、そしてもしこの本会議の問に社会党の方でいろいろな手続があればそれをとっていただいて、再開の委員会で大体終結に持っていっていただきたい…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1961/05/10、29期)

ちょっと関連して。ただいま小林君の御質問の中で、大学を卒業して採用の際に、これは工業教員として採れないという事情、これはなかなか傾聴すべき問題であって、これは文部省の方でも、この際で、ございますので、…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2017/10/04