蔵内修治衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

  28期(1958/05/22〜)  104回出席(うち幹部出席  0回)    2回発言    5729文字発言
  29期(1960/11/20〜)  184回出席(うち幹部出席  0回)   12回発言   39021文字発言
  30期(1963/11/21〜)  129回出席(うち幹部出席113回)   11回発言   20932文字発言
  31期(1967/01/29〜)  114回出席(うち幹部出席 84回)    2回発言    3264文字発言
  32期(1969/12/27〜)   61回出席(うち幹部出席 21回)    2回発言    2927文字発言
  34期(1976/12/05〜)   97回出席(うち幹部出席 20回)    1回発言   11234文字発言
  ↑委員会名称等の詳細はクリック先の各期別議員活動ページ参照。

 ※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
  「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。



衆議院委員長経験

商工委員会委員長(第69回国会)
内閣委員会委員長(第87回国会)

 括弧内は初任の国会会期を示します。その後の会期での就任状況は「衆議院委員会発言統計」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

衆議院理事経験

社会労働委員会理事(第48回国会)
石炭対策特別委員会理事(第48回国会)
外務委員会理事(第61回国会)
商工委員会理事(第84回国会)

 括弧内は初任の国会会期を示します。その後の会期での就任状況は「衆議院委員会発言統計」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

衆議院委員会発言一覧

第30回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1958/11/01、28期)

ただいまの法案に対しまして、自由民主党並びに日本社会党の両党による附帯決議を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1959/12/01、28期)

滝井委員の質問でこまかい点を大体網羅しておりますので、この臨時措置法の具体的な内容、そういうもので、まだ未確定な要素はできるだけ除いて、基本的な問題で二、三の点について質問をするようにいたします。第…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 社会労働委員会 第43号(1961/06/06、29期)

私は自民、社会、民社三党を代表いたしまして、年金福祉事業団法案に対する附帯決議を提出いたしたいと思います。趣旨は一読して明瞭でございますので、趣旨説明を省略いたしまして、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第42号(1961/05/26、29期)

そこで今までの整備事業団、合理化事業団の買いつぶしのなにを見て参りますと、やはり見るからに低能率の炭鉱を買いつぶしておると思いますが、日本の炭鉱の能率からいいまして、平均能率を越えた炭鉱でも買いつぶし…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1961/10/20、29期)

萩原社長にごく簡単に、同僚委員から御質問がありました以外の点について御質問を申したいと存じます。ただいまの石炭廃業の規範になっておりますのは、申すまでもなく、石炭鉱業合理化審議会による三十四年の決定…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1961/10/21、29期)

武内さん、重枝さん、南部さんに、それぞれごく簡単に一、二点ずつお伺いをいたしたいと思います。昨日私は、大手の石炭協会の萩原会長に伺ったのでありますが、今の石炭合理化法による千二百円のコスト・ダウンと…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1962/03/07、29期)

大滝常務さんに一点だけ伺いますが、ただいま滝井委員が数字をあげてお話しになりました通り、三十六年に入りましてからの需給の実勢は非常に伸びておるわけです。これはもう御承知の通りなんです。そこでこの実勢の…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1962/03/08、29期)

合理化法と事業団法の両方につきまして、ごく数点になるべく問題を集約して御質問をしようと思います。昨日、政務次官も局長もお聞きになったと思いますが、古河鉱業の第二会社移行の問題について私ごく概略だけ大…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1962/03/28、29期)

参考人もお疲れでしょうから、簡単に伺います。実は原参考人に、雇用安定法との関係で、租鉱だとか第二会社とかの問題が、どうも現在の民法とか商法の通念に反するような気がいたしまして、この点いろいろ質問したい…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1962/04/09、29期)

大臣に一点だけ、合理化業務の促進についてお伺いしたいと思いますが、御承知の通り、ただいま六百二十万トンの合理化が進行しておるわけでございます。それに対して、ワク外に二百万トン近い申し込みがある。今度の…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1962/09/01、29期)

私はごく基本的な問題だけについて石炭局側の御意見を聞いておきたいと思うのであります。それは合理化政策の基本についてであります。日本の石炭政策が大きな曲がりかどというか、転換期にきておることは御承知の…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1962/10/24、29期)

有沢団長以下諸先生、大へんお疲れであろうと思いますので、できるだけ質問を簡単に、かつ具体的な問題にしぼろうと思います。そこで一番最初に有沢先生に伺いたいのでありますが、今度の答申案は、要するに石炭が…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1963/05/21、29期)

去る五月七日、山口県小野田市大浜炭鉱において起こりました炭鉱内出水災害につきまして、私、蔵内修治、岡田利春、稲富稜人の三名は、石炭対策特別委員会から派遣され、現地調査を行なってまいりましたので、ここに…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1963/06/24、29期)

時間がありませんから、問題を二点にしぼって承りたいと思います。第一点は、この条文についてちょっと確認をしておきたいと思う点であります。この産炭地の売り掛け金の回収に関する今度の法律でありますが、これ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1964/11/09、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によることなく中村寅太君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ満場の御賛成をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1965/01/26、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、加藤高蔵君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1965/02/04、30期)

この際、動議を提出いたします。理事は、その数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1965/04/27、30期)

去る四月九日爆発災害を起こしました日鉄鉱業株式会社伊王島炭鉱の事故について、御報告申し上げます。派遣委員は、加藤高蔵委員長、田中六助、多賀谷真稔、細谷治嘉、伊藤卯四郎の各委員及び私であり、現地におい…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1966/04/14、30期)

石炭鉱業合理化臨時措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議の趣旨を、三党を代表いたしまして簡単に申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1966/04/21、30期)

参考人にも長時間でお疲れでございましょうし、時間も経過しましたから、ごく簡単に伺います。堀坂さんに伺いますが、産炭地域の基盤整備のための、たとえばボタ山処理であるとか、土地造成であるとか、水道事業、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1966/06/08、30期)

時間がありませんから、ごく簡単に…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1966/07/13、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によることなく、野田武夫君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ満場の御賛成をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1966/07/28、30期)

今度の答申について、大蔵、通産両大臣に少しこまかく御質問を申し上げる予定でおりましたが、いろいろな都合があって時間がだんだん迫ってまいりまして、大臣の御都合もございましょうから、きょうはごく基本的な問…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1966/08/12、30期)

参考人の方も、相当長時間にわたりましてお疲れだろうと思いますから、ごく簡単に質問をいたしたいと思います。実は、昨日二時からの予定が四時以降に下がったものですから、私、参考人の方々の御意見を聞いてない…会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1966/12/19、30期)

炭鉱離職者臨時措置法の一部を改正する法律案について、大臣及び政府当局に重要なる数点について御質問をいたしたいと思います。第一に、石炭鉱業の現状は、もうすでに大臣もよく御承知のとおりでございますが、石…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1967/05/18、31期)

ただいま可決せられました炭鉱離職者臨時措置法の一部を改正する法律案について、次の附帯決議案を付したいと存ずるのでございます。もちろん四派共同の提案でございます。まず、案文を読み上げます。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1969/04/10、31期)

去る四月二日、雄別炭鉱株式会社茂尻鉱で発生いたしました爆発事故について、現地調査の結果を御報告申し上げます。派遣委員は、平岡忠次郎委員長、石野久男君、用畑金光君、大橋敏雄君及び私、蔵内修治の五名であ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1972/04/13、32期)

大橋君の質問に関連して、一問だけお尋ねいたしておきますが、実は、援護法の改正によって四款症以上は年金が支給される、一目症以下については一時金で処理されている。ところが目症の中において、爾後重症という状…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/03/29、32期)

委員長及び野党の委員の方々に御了解をいただいて、ごく簡単に関連質問をして済ましたいと思います。いろいろ先輩議員からもお話がございましたので、私はごく簡単に問題だけを伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1977/04/27、34期)

私は、産炭地域の問題について質問をしたいと思うのでありますが、産炭地域の問題を大別いたしまして、石炭の鉱害復旧の問題及び産炭地の市町村の地方行財政の問題、この二つに分けて御質問をしたいと思うのです。き…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/02/20