移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

伊藤宗一郎衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

  29期(1960/11/20〜)  129回出席(うち幹部出席  0回)    3回発言    5082文字発言
  31期(1967/01/29〜)  137回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  32期(1969/12/27〜)   79回出席(うち幹部出席  4回)    0回発言       0文字発言
  33期(1972/12/10〜)  137回出席(うち幹部出席100回)   10回発言   19751文字発言
  34期(1976/12/05〜)   99回出席(うち幹部出席  0回)    1回発言    1111文字発言
  35期(1979/10/07〜)   21回出席(うち幹部出席 21回)    1回発言    2442文字発言
  36期(1980/06/22〜)   45回出席(うち幹部出席 24回)    0回発言       0文字発言
  37期(1983/12/18〜)   58回出席(うち幹部出席  0回)    3回発言    1755文字発言
  38期(1986/07/06〜)   45回出席(うち幹部出席 14回)    0回発言       0文字発言
  39期(1990/02/18〜)   47回出席(うち幹部出席  5回)    0回発言       0文字発言
  40期(1993/07/18〜)   22回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  41期(1996/10/20〜)    0回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言
  42期(2000/06/25〜)    3回出席(うち幹部出席  0回)    0回発言       0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。



衆議院委員長経験

逓信委員会委員長(第77回国会)
災害対策特別委員会委員長(第106回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。

衆議院理事経験

農林水産委員会理事(第69回国会)
科学技術振興対策特別委員会理事(第72回国会)
大蔵委員会理事(第75回国会)
逓信委員会理事(第89回国会)
科学技術委員会理事(第118回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。

衆議院委員会発言一覧

第37回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1960/12/15、29期)

私は、今度初めて選挙で国会に出て参りまして、また最初の委員会の社会労働委員会で質問を申し上げるものでございますが、私は、正直に言いまして、今度の病院のストというものはやはり起るべきものが起きたというふ…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1961/06/02、29期)

ただいま議題となりました国民年金法の一部を改正する法律案に対する修正案について、私は自由民主党を代表して、その提案の理由を御説明申し上げます。今国会に政府から提出された国民年金法の一部を改正する法律…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1962/02/07、29期)

今ちょっと議論がありましたけれども、もう戦後十六年もたちまして、もはや戦後ではないといわれる時代に、日本の政治が一刻も早く戦争の跡始末から脱却して新しい方向に向かうことを念願している一人でございます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1973/12/01、33期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、安井吉典君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1974/02/21、33期)

ただいま森山長官から、ワシントンの会議の模様について御報告があり、またそれに関連して、各国のエネルギー問題あるいは原子力開発のこれからの進め方についても多少触れられましたけれども、この会議とは面接関係…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1974/04/03、33期)

大臣が来ましてからまた続けますけれども、とりあえず、原子力局長その他の方々に質問をいたします。原子力行政の推進について、たいへん多難な局面でありながら、各位には日夜御奮発を賜わっておりまして、当委員…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第12号(1974/04/25、33期)

当委員会では、しばらく原子力の問題で、特に分析研等の問題で、いろいろ慎重な審議が行なわれておりました。そのわれわれの委員会の審議なり要望に基づきまして、森山長官をはじめ科学技術庁は、鋭意原子力発電の推…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1974/05/15、33期)

きょうはラジオアイソトープのことにしぼりまして、主として科学技術庁にお伺いをいたしたいと思います。おくればせながら、わが国の原子力の平和利用の問題もだいぶ進展をしておりまして、われわれの国民生活にも…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1974/04/26、33期)

きょうからいよいよ電源開発促進の二法案につきまして大蔵委員会で審議が始まるわけでございますけれども、まず私は、この法案の提出をされた背景といいますか、そういうようなことにつきまして当局の答弁をお願い申…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1974/07/31、33期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、安井吉典君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1974/10/22、33期)

時間が三十分ということでございますから、前置きは省略をいたします。それにしても原子力船「むつ」が、わが党の幹部あるいは政府御当局、あるいはまた科学技術庁、それぞれの方々の御努力によりまして、一応当面…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1975/09/11、33期)

動議を提出いたします。委員長の互選は投票によらないで、八木昇君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1975/10/01、33期)

ただいま提案理由の説明を拝聴いたしました。この両法案は、前国会ですでに本委員会を通過した法案でございまして、十分審議を尽くした両法案であります。したがって、改めて提案理由を聴取したわけでございますから…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1977/11/16、34期)

先ほど私の名前が出まして、稲村委員からもお勧めがございましたので発言をさせていただきます。六月の何日でしたか、私かモスクワへ行きまして、ラーピン・ソ連テレビ・ラジオ国家委員会議長という方とお目にかか…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1979/11/26、35期)

今回のKDDの不祥事件につきまして、ただいま、郵政大臣御就任早々でございますけれども、郵政大臣から御報告を受けました。しかし、御報告は御報告でございまして、御就任早々ではございますけれども、今回のこの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

第六分科会における審査の経過について御報告いたします。本分科会におきましても二日間審査を行い、昨三月十二日終了いたしました。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

第一分科会における審査の経過を御報告いたします。本分科会の審査は、去る七日及び昨八日の二日間にわたり行いました。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

第二分科会における審査の経過を御報告いたします。本分科会においても同様に二日間審査を行い、昨日終了いたしました。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2017/10/04