五十嵐文彦衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  40期(1993/07/18〜)  161回出席(うち幹部出席114回)   26回発言  128873文字発言
  42期(2000/06/25〜)  176回出席(うち幹部出席 26回)   40回発言  429955文字発言
  43期(2003/11/09〜)   84回出席(うち幹部出席  0回)   24回発言  262515文字発言
  45期(2009/08/30〜)   90回出席(うち幹部出席 13回)    1回発言    4554文字発言

    衆議院在籍時通算    511回出席(うち幹部出席153回)   91回発言  825897文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  200回出席  38回発言 財務金融委員会
 2位  158回出席  24回発言 予算委員会
 3位   31回出席   6回発言 総務委員会
 4位   29回出席   5回発言 大蔵委員会
 5位   18回出席   3回発言 郵政民営化に関する特別委員会
 6位   12回出席   2回発言 文教委員会
 6位   12回出席   3回発言 規制緩和に関する特別委員会
 6位   12回出席   1回発言 災害対策特別委員会
 9位    9回出席   3回発言 税制改革に関する特別委員会
10位    7回出席   1回発言 決算行政監視委員会
11位    4回出席   1回発言 科学技術委員会
11位    4回出席   0回発言 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
13位    3回出席   1回発言 内閣委員会
14位    2回出席   0回発言 文部科学委員会
15位    1回出席   0回発言 議院運営委員会
15位    1回出席   1回発言 厚生労働委員会
15位    1回出席   0回発言 農林水産委員会
15位    1回出席   0回発言 厚生委員会
15位    1回出席   1回発言 法務委員会
15位    1回出席   0回発言 海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会
15位    1回出席   0回発言 決算委員会
15位    1回出席   0回発言 商工委員会
15位    1回出席   0回発言 安全保障委員会
15位    1回出席   1回発言 宗教法人に関する特別委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

災害対策特別委員会委員長(第172回国会)
財務金融委員会委員長(第181回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

大蔵委員会理事(第132回国会)
規制緩和に関する特別委員会理事(第132回国会)
予算委員会理事(第132回国会)
文教委員会理事(第136回国会)
財務金融委員会理事(第151回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1993/12/01、40期)

日本新党の五十嵐ふみひこでございます。さきがけ日本新党を代表いたしまして質問をさしていただきますけれども、当選してまだ四カ月の新人議員がこの総括質問の場に出させていただくということは、私は国会の歴史…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 科学技術委員会 第2号(1994/06/03、40期)

さきがけ・青雲・民主の風の五十嵐ふみひこでございます。本日は、各党各会派の御協力を賜りまして、時間の配分をお譲りいただきまして、まことにありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号(1994/10/27、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。同僚議員がいろいろ御質問されておりますけれども、なるべく重複しないようにということで、まず最初に、九月未の台風二十六号の被害がございました。人的被害は幸いかつて…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 税制改革に関する特別委員会 第2号(1994/10/20、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。私は、旧連立与党時代から税を担当させていただいておりまして、また新政権でも税を勉強させていただきました。二つの税制協議会、税調を体験させていただいたという立…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 税制改革に関する特別委員会 第3号(1994/10/24、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。私は、政府案に賛成の立場から質問をさせていただきます。私は、昨年も旧連立与党の税制プロジェクトチームの立場から年度改正にタッチをさせていただきました。昨年の…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 税制改革に関する特別委員会 第9号(1994/11/09、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。野党・改革の皆さんが本委員会にまたも欠席をされている。しかも、その理由が、修正案の作成が間に合わないということでございました。そもそも国民福祉税以来、野党の皆さ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1994/10/12、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。遅くまで御苦労さまでございます。私は、政治理念と政治姿勢、この問題について質疑をさせていただきたいと思いますけれども、あらかじめ質問の通告をしていない問題に…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第5号(1995/03/15、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。与党の立場からでございますけれども、与党も野党もございませんけれども、この問題について質問をさせていただきます。今回出されました政府側の案というのは、あくまでも…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第7号(1995/04/27、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。私は、今回の規制緩和推進計画、この政府計画が策定をされまして、また今回、先ほどの大臣のお言葉のように、三年計画に短縮をされたということについて、これはやはり一歩…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第9号(1995/05/24、40期)

与党三党を代表して、三人の参考人の方々に御質問させていただきます。本日は、お忙しいところ大変ありがとうございました。貴重な御意見をちょうだいをいたしました。正直言って、どう考えていいのかなと思うこと…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1995/01/25、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。初めに、今回の大震災の犠牲者そして被災者に対して、心からその御不幸に対して哀悼の意を表し、またお見舞いを申し上げるところでございます。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1995/03/08、40期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、案文を朗読し、趣旨の説明といたします。関税定率法及び関税暫定措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1995/04/25、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。前略でやらせていただきますが、今度の保険業法の改正、私は、規制緩和を進めることによって新たなビジネスチャンスを拡大するという意味で、このような金融面での規制緩和…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1995/02/06、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。提出されました補正予算案には賛成でございますが、大事なのは第二次補正でございます。先ほど、二十四日を提出の目標とするという大臣のお話がありましたけれども、二…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1995/02/10、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。私は、党の立場というよりは、この問題をずっと勉強させていただいてきた者の一人として御質問をさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1995/03/30、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。三重野証人、前日銀総裁にお尋ねをいたしますが、まず最初に、私は与党三党を代表してお尋ねをいたすわけでございますけれども、私は、今回の二信組の問題ですね、二信…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1995/04/11、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。私は前回の本委員会で三重野前日銀総裁に尋問をさせていただきまして、そのときにスキーム決定に至る、いわゆる巷間言われている疑惑というものについては大体氷解されたと…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第28号(1995/05/17、40期)

新党さきがけの五十嵐ふみひこでございます。佐々木委員のお時間を少しちょうだいをいたしまして、早目にすることができました。ありがとうございます。最初に、村山内閣の命題となっております行革について、総理…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第33号(1995/06/17、40期)

さきがけの五十嵐でございます。ぜひ、いろいろな国民が感じている疑問を解明するために、誠実にお答えをいただきたいと思うわけですけれども、ともかく今度の二信組の問題は、政治家絡みの情実人事が多額の焦げつ…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 宗教法人に関する特別委員会 第6号(1995/11/08、40期)

さきがけの五十嵐でございます。宗教法人法の改正案について御質問をさせていただきますけれども、私は、信教の自由ということについて、そもそも論から少し論を起こしたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1995/10/26、40期)

さきがけの五十嵐でございます。現下の経済状況は大変厳しいものがございますけれども、その主な要因は、やはり資産デフレということになるかと思います。私は、この資産デフレは、WTO時代に入った経済の国際化…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1996/02/23、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。最近、いじめ、自殺問題が大変深刻になってまいりました。私は私なりにこの問題を考えておりますけれども、どうも最近は、幼いころから競争の世界へ投げ込まれていってしま…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1996/03/13、40期)

さきがけの五十嵐でございます。まず最初に、この委員会に新進党の委員の皆様が出席をされておりません。その原因は、予算委員会の採決阻止のための座り込み、ピケが行われている、これが不正常な状態になっている…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1996/01/31、40期)

さきがけの五十嵐ふみひこでございます。御苦労さまでございます。あらかじめの質問通告とはちょっと外れるかもしれませんけれども、先輩議員の御質問をずっと聞いておりまして、論点が幾つかに整理されるな、国民…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1996/04/02、40期)

さきがけの五十嵐でございます。住専問題についておさらい的な質問をさせていただこうと思っていたのですが、まず最初に、けさの報道を拝見をいたしますと、政府・与党内に、金融三法の中から将来の財政資金の投入…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1996/04/08、40期)

私は、最近、地元に帰って選挙区の皆様と話をする機会がかなりありますけれども、帰りますと、ただ税金を入れるのがいいか悪いかという議論はもう終わってしまった。むしろ、バブルを発生させ、そしてその処理に失敗…会議録へ(外部リンク)

第148回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(2000/07/17、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。本日、私は、大づかみにそごう問題の本質を政治論議してまいりたいと思うのですが、その前に、同僚委員の質問を聞いていまして一つだけ気になることがありますので、最初に質問さ…会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(2000/11/01、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。休憩前の同僚議員の質疑を聞いておりまして、どうも基本的なところでいろいろな問題があるのではないか、特に、これまでさんざん言われてまいりました護送船団方式に対する批判、…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号(2001/02/28、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。ちょっと風邪を引いて、声が汚くて申しわけないと思いますが、よろしくお願いをいたします。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号(2001/03/14、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、柳沢大臣はおられませんけれども、二月二十七日の我が党同僚議員の長妻委員に対する答弁の事実上の訂正が行われましたが、この訂正を議事録の修正で済ませてしまおうとい…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 財務金融委員会 第16号(2001/06/08、42期)

民主党の五十嵐でございます。まず最初に、今の原口委員の質問の続きをさせていただきたいのですが、たびたび似たようなお話をさせていただいて大変恐縮なんですが、柳沢大臣に、国債、地方債のリスクウエートはゼ…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第5号(2001/02/14、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、本日、経済、財政、行政改革の諸問題について、政府のお考えをただすという立場でやってまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第15号(2001/03/02、42期)

ただいま数字がちょっと変わりまして、二時五十一分現在、株価は一万二千三百四十一円であります。(発言する者あり)また下がっている、そうすると四百円近い下落になっているわけであります。これはもはや、上がっ…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第18号(2001/05/28、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。故福田赳夫先生にゆかりの者として、小泉純一郎総理大臣の誕生を心からお祝いを申し上げるところであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号(2001/10/12、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。特別委員会が開かれておりますので余り、大臣お二人におかれましては、間もなくこの委員会でまたお仕事をしていただくことで、大変恐縮でございますけれども、よろしくお願いを申…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号(2001/10/31、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、柳沢大臣にお尋ねをいたしますが、ウィリアム・シードマンという方を御存じだと思いますが、お会いになったことがあるのか、それから、どういう評価を大臣としてされてい…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第6号(2001/11/06、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。本日は、まず、証券税制に関する租税特別措置法案についてお尋ねを申し上げますが、まず財務省にお尋ねを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第7号(2001/11/07、42期)

大変偉い方にやっとお出ましをいただきましたので感謝を申し上げつつ、時間が短いので簡潔にお答えを願いたいと思います。森長官にお尋ねをいたします。森長官、株取引については詳しいですか。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号(2001/11/30、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。民主党のネクストキャビネットの金融担当大臣を仰せつかっておりますので、目下の最大の問題である不良債権問題につきまして、建設的な意見も含めてお話をさせていただきたいと思…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第14号(2001/12/13、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、自社さ政権時代に金融改革のプロジェクトチームで柳沢さんと御一緒だったのですね。そのときに、私は、財政と金融の分離ということを、あるいは日銀の独立性の強化というこ…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 予算委員会 第4号(2001/11/12、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。半年前に小泉総理に、小泉改革はかば焼きのにおいだけという話をさせていただきましたが、その状況は今でも変わっておりません。むしろ、ウツボが案の定大変ふえてより活発になっ…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号(2002/04/05、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、二十五年前にアメリカの西海岸に行きまして、そのときに大変驚き、感心をしたことがございます。夕方になってどんなにレストランが込んでいても、障害のある方や、あるいは…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第2号(2002/01/28、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私の方は、まず第二次補正についてそもそも論を少しやってみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号(2002/04/02、42期)

民主党の五十嵐でございます。まず、柳沢大臣が、一月危機、二月危機、三月危機と言っていたけれどもないじゃないかということを再三発言され、それをまた小泉総理大臣も全く同じようにお話をされているわけですが…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第13号(2002/04/23、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、月末が迫ってまいりまして、同時に、四月の月末はゴールデンウイークを控えた月末になるわけです。私の周囲にもかなりたくさんの銀行関係者がおりますけれども、通常の年…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第16号(2002/05/17、42期)

おはようございます。民主党の五十嵐文彦でございます。当法案を民主党でもヒアリングを受けたわけでありますが、当初、かなり実務的、技術的な法案であるというふうに伺っておりまして、説明もそのような状況であ…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第21号(2002/06/12、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、一問だけ財務大臣に伺おうと思いますが、今の格付問題なんですけれども、私は、実は正直なところどっちもどっちだと思っておりまして、ムーディーズの方も、エンロンで大…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第23号(2002/07/09、42期)

五十嵐文彦でございます。今発言されました中野委員は、私の選挙区の隣、地続きの選挙区でございまして、埼玉県の西部地域なんですが、まさに、小川信用金庫というところが破綻をいたしまして、後を引き継いだ信用…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(2002/04/12、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、石原大臣と同様にかつて記者でありまして、長い間この永田町周辺におりますけれども、かつて日本の政治、諸悪の原因は自民党総裁選挙にある、こう言われました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第9号(2002/02/13、42期)

おはようございます。民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、通告をしていないんですが、通告後に入ってきた情報が大変重要でかつ確度が高いものなので、質問をさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第10号(2002/02/14、42期)

今お話を伺いましたけれども、大変、私の方こそ、国民の方こそ遺憾であります。当該職員、佐藤さんは公務で出張させたと言っているわけですから、これは公務である以上、細かい変更等は当然報告があるべきであり、…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第18号(2002/02/26、42期)

民主党の五十嵐でございます。最初に、金融問題をめぐるさまざまな疑惑や不祥事が起きております。幾つかただしておきたいと思いますが、最初にまず、破綻をいたしました石川銀行の件についてお尋ねをしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第29号(2002/07/22、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、前回の予算委員会でも、本質的な日本経済の根幹の問題、これをお話ししたいということでさせていただきましたけれども、その続き、あるいは一部では繰り返しになるかもしれ…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号(2002/10/29、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、速水日銀総裁にお尋ねをしたいと思いますが、あすの三十日には金融政策決定会合があると承知しておりますけれども、追加の緩和措置を検討されているんでしょうか。私ども…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第6号(2002/11/13、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。二法案につきまして質問させていただきますが、本会議質問で幾つか指摘をいたしましたがそのお答えが不十分であったということで、まずその問題を詰めていきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号(2002/11/19、42期)

お答えをいたします。私もまさしく、決済性預金だけが優遇されるということになれば、定期性預金からのシフトが起きる。それによって、かえって安定的な融資というものができなくなってくるおそれがありますし、あ…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2002/10/24、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。昨年の五月の末に、当委員会で私が総理に対して、小泉構造改革というのは、かば焼きのにおいだけはさせているけれども、なかなか焼き上がってまいりませんねということを申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第3号(2003/02/12、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、竹中金融担当大臣に、私は、最初はそれほどの問題かなと考えていたんですが、党内でかなり竹中発言に対する反発が強いものですから、最初にお尋ねをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第6号(2003/02/25、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、税制からお伺いをいたしたいと思いますが、消費税の総額表示という仕組みが、これは十六年四月一日導入ということでありますけれども、今回の改正に盛り込まれました。こ…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号(2003/04/15、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。まず、保険業法改正案に入る前に、一点。小手川さんおいでになっておられますか。まだ来ていないんだ、早く終わったから。それでは後回しにします。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第16号(2003/05/21、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。まず、預金保険法第百二条の発動を決めたその根拠を伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第21号(2003/06/10、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。この法律ぐらいたちの悪い、モラルに欠ける、でたらめな法律はないな。口のうまい竹中大臣の話を聞いていても、つじつまが全然合っていないじゃないですか。我が国は自由主義経済…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第22号(2003/06/11、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、各参考人に、私の持ち時間、限られているものですから、たくさんのお聞きをしたいことがございますので、簡潔にお答えをいただきたいということをお願い申し上げておきま…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第25号(2003/07/04、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。福井日本銀行総裁それから三木保有機構理事長には、お出ましをいただきまして本当にありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第26号(2003/07/16、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、やみ金の問題をやらせていただきますが、六月に大阪の八尾市で大変悲惨な事件が起きました。当初は一万五千円借りただけで、相当な額を返したにもかかわらず厳しい取り立…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 法務委員会 第28号(2003/07/01、42期)

民主党の五十嵐文彦でございます。当法案を審議するに当たりまして、そもそも論から少し、もう最後のようですから、考えてみたいと思うんですが、今一生懸命持ち合い株の解消というのを、政府・与党のみならず、我…会議録へ(外部リンク)

第158回国会 衆議院 財務金融委員会 第2号(2003/12/04、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。同僚委員三人の質問を受けて、総括的に質問させていただきたいと思います。松本委員の一番最後の質問でありますけれども、証券取引法第二十四条の二第一項、訂正報告書の提出命令…会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 予算委員会 第12号(2004/02/18、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。同僚議員の質問に引き続いて、今の新生銀行の上場問題についてまずお話を伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第2号(2004/01/28、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。政府の方は、小泉さんも竹中さんも、景気がよくなったよくなった、いい方に向いているんだということをおっしゃっているわけですが、確かに、景気循環は底から上向きの方向に行っ…会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号(2004/02/26、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。まず最初に、公債特例法についてお伺いをしたいと思うんですが、最初に一点、財務大臣に確認をさせていただきたいんです。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第6号(2004/02/27、43期)

ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する法律案に対する修正案の提案理由の説明をいたします。政府提案の税制改正案は、将来に対するビジョンや理念を何ら示さないまま、一方的に国民に対して負担増を…会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第7号(2004/03/02、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。おととい、年金問題をテーマにした某民放テレビ局の特別番組の収録がございまして、与野党ともたくさんの、合計十人の議員が出ていたわけですが、そこで与党側の議員さんが、一斉…会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号(2004/03/17、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。四人の参考人におかれましては、お忙しい中おいでをいただきまして、まことにありがとうございます。御質問を順次いたしますけれども、簡潔にお答えをいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第14号(2004/03/31、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。最初に、きょう、為替が百四円台に入りました。これはかなり重大な問題だと思いますし、また、FBを発行して為替の介入資金を調達してきた、しているという状況から見ても、銀行…会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第16号(2004/04/13、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。日銀の山口さん、来ておられますね。お忙しいというので、日銀さんへの質問を最初にしようと思っています。おられますね。それでは質問を始めます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第19号(2004/04/20、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。参考人の皆様には、大変御苦労さまでございます。ありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第20号(2004/04/21、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。理事等の皆さんには、地方公聴会に出張しての調査、御苦労さまでございました。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 財務金融委員会 第28号(2004/06/09、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。福井日本銀行総裁におかれましては、お忙しい中おいでをいただきましてありがとうございます。きょうは、少し長目にお時間をいただいておりますので、ゆっくりと議論をさせていた…会議録へ(外部リンク)

第160回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号(2004/08/04、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。竹中大臣におかれましては、参議院選挙での御当選おめでとうございます。大物の一年生議員が誕生したわけでありますけれども、普通の候補者であれば私も問題にしようとは思わない…会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2004/10/19、43期)

五十嵐文彦でございます。民主党の次の内閣の総務大臣という役職を仰せつかっております。全閣僚においでをいただきましたけれども、所管が、私がきょう御質問する分野が、国と地方の役割分担、そして財投というこ…会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 総務委員会 第4号(2004/10/28、43期)

五十嵐文彦でございます。朝早くから御苦労さまでございます。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 総務委員会 第8号(2004/11/16、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。決算を総務大臣から御報告いただき、また補足説明を総裁からいただきました。公社としての初年度の決算でありますけれども、私は、生田総裁の経営御努力は大変なものだというふう…会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 予算委員会 第19号(2005/03/01、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、以前に総理に対して、改革、改革とにおいばかりを出させて、実体が、本物のかば焼きが出てこないウナギ屋さんのおやじさんということを失礼ながら言わせていただきましたが…会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 総務委員会 第3号(2005/02/22、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。今、時間の都合で十分に思いを同僚議員が伝えられなかったかと思いますので、私も今の問題を引き続きちょっとやらせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 総務委員会 第6号(2005/03/02、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。総理、よくおいでいただきました。ありがとうございます。昨日の衆議院予算委員会の私の質問に対する、時間制限がもうぎりぎり迫った中での総理の答弁の中で、民主党は郵政公社化…会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 総務委員会 第14号(2005/04/14、43期)

民主党の五十嵐でございます。私も最初に竹中さんに五日の件をお伺いしなければならないと思っているんです。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 総務委員会 第18号(2005/06/09、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。連日、麻生大臣におかれましては、特別委員会とのかけ持ちで大変御苦労さまでございます。特別委員会で黙ってお座りになっているのはさぞ苦痛であろうなと思って、きょうは第一義…会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会 第7号(2005/06/03、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。私は、政治家としての議論をまずしたい。どういう日本をつくっていくのかというビジョンを持つことが今の時代に大変大切であります。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会 第17号(2005/06/21、43期)

五十嵐文彦でございます。私、実は時事通信社の記者をかつてしておりまして、もう三十数年国会審議を見てまいりましたし、永田町の取材それから霞が関の取材をしてまいりました。私のこの長い経験の中で最も頭のい…会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 郵政民営化に関する特別委員会 第23号(2005/07/04、43期)

民主党の五十嵐文彦でございます。総理にまず最初にお願いをしておきたいと思うんですが、総理のお得意の分野ですと大演説になりがちでございますので、手短に、的確に御答弁をいただきたいとお願いを申し上げてお…会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第3号(2010/05/11、45期)

民主党の五十嵐文彦でございます。早速質問に入ります。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12