斎藤勁衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  45期(2009/08/30〜)   31回出席(うち幹部出席  3回)    2回発言    3679文字発言

    衆議院在籍時通算     31回出席(うち幹部出席  3回)    2回発言    3679文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   23回出席   1回発言 外務委員会
 2位    6回出席   0回発言 国家基本政策委員会
 3位    1回出席   1回発言 青少年問題に関する特別委員会
 3位    1回出席   0回発言 安全保障委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

衆議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

国家基本政策委員会理事(第176回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第172回国会 衆議院 青少年問題に関する特別委員会 第1号(2009/09/18、45期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私、齋藤勁が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第174回国会 衆議院 外務委員会 第6号(2010/03/19、45期)

民主党の齋藤勁でございます。参考人の皆さん方、ありがとうございます。きょうの参考人質疑に同席させていただくにつけ、改めて私ども政党の立場でいいますと、国民の立場に立った情報が長い間公開をされてこなか…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12