国会議員白書トップ衆議院議員館俊三>23期国会活動まとめ

館俊三衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  2回発言   5112文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   2650文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   7762文字発言

本会議発言一覧

第3回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/11/16、23期)

まず第一に私が皆さんたちに聞いてもらいたいと思いますことは、全日本の労働者階級が何がゆえにこの公務員法が議会を通過することを阻止してくれろと言つておるかということである。これをよく聞いてもらいたい。(発言する者あり)しやべるな。静かに聞いてもらわなければいけない。この公務員法が通過する事柄と、七千三………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第19号(1948/11/24、23期)

今議長から宣告されました、北海道の官公労働組合の諸君に対する家庭用の暖房石炭の購入資金を即時支給してもらいたいということ、もう一つは、北海道及び東北六縣を主体とする地方、新潟・長野・北陸・信越地方を主体とするいわゆる雪寒地帯に対する寒冷地給をも即時支給してもらいたいという決議案でございますが、この決………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第19号(1948/12/21、23期)

私は、労働者農民党を代表いたしまして、今議題となつておりますところの給與ベースの法案に対して反対の意を表明するものであります。前の議会において、政府は、国家公務員法だけを通過させたらすぐ議会を解散する、こういうことを建前としておつたのであります。しかるに野党が、公務員法と同時に給與ベースを含んだとこ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 19回発言  76932文字発言
  第2回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  2回発言   6892文字発言
  第3回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  5回発言  15575文字発言
  第4回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  3)  4回発言   6168文字発言

  23期通算 109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員100) 30回発言 105567文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸及び交通委員会
            58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 58) 18回発言  74444文字発言

 労働委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  3回発言   9380文字発言

 運輸委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  5回発言  15575文字発言

 人事委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  4回発言   6168文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第2号(1947/07/07、23期)

簡單に一つ、もう濟んだようなことでありますが、從來の国鉄の經營の考え方は、建主改從とかいうことを言つておつたのでありますけれども、今度新たに合理化ということを言われております。この積極的合理化というこ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第4号(1947/07/21、23期)

私は政府の方たちの組合説明のひまを見て、緊急なる北海道の鉄道そのものについて、ちよつとお話をしておくことが非常によいと考えますので、明日に延ばさないで一つの時間をいただきたい。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第6号(1947/07/28、23期)

私考えますのに、今前田委員及び小笠原委員から出た質問は、要するに私的獨占禁占法というものができたので、戰爭中における、あるいは戰爭前における獨占事業というものが云々されるような事情になつてきた。その云…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第9号(1947/08/08、23期)

まず第一に今問題になつておることについてお伺いしたいのですが、水産廳がかりに決定されまして、水産行政全部の中に漁船に関する造船事業、あるいは漁船を動かすところの乘組船員、そういうものの管轄が全部水産廳…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第10号(1947/08/11、23期)

水産局あるいはまた農林省において、水産廳設置ということに理論的に賛成であるかどうかということを一番先にお聴きしたかつたのでありますが、今局長さんの御説明で、理論的にまた現実的にも贊成であるというお話で…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第12号(1947/08/20、23期)

海難審判法そのものには大體贊成いたしますが、この要綱の中に「海難の原因を明らかにし、以てその發生の防止に寄與する」ということがある。それに一番目のところにある審判の客體を海技免状、受有者のみにおかずに…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第13号(1947/08/23、23期)

社會黨を代表して海難審判法案に贊成をいたします。海難審判法は新しい憲法が發布されまして、もとの懲戒法その他の法律がこの新憲法に牴觸するところがうるというわけで、それを直されたという一つの趣旨と、もう一…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第14号(1947/08/25、23期)

大分時間が經ちましたので、希望というか、所見というか、述べておきたいと思いますが、この国鉄の小さなわく内で考えます場合においては、国鉄再建ということが第一眼目として取上げらるべき現状であると私し思つて…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第15号(1947/08/28、23期)

置き去られた船はその所有主が必ずあつたものであると思う。ところがその所有主はこれを引揚げても建造費あるいは修繕費に多額を要するために、置き去られたような形に現在なつておると思います。もしこれを政府で處…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第19号(1947/09/25、23期)

前に重井委員から質問の第八條に関連しての問題でありますが、この第八條の道路運送委員會の構成、これがやはり第八條の末尾で「この法律に規定するものの外、道路運送委員會の組織及び運用、委員の資格及び任期その…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第20号(1947/09/27、23期)

ちよつと今の井谷氏の質問ですが、これについてもう一度お聴きしておきたいことは、こういうふうに地方の委員に業者がこの案で消えておるのですが、言いかえてみますと、消していいか、置いていいかという御判斷に迷…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第23号(1947/10/04、23期)

條文についての理解を得たいという意味で質問をいたします。第五條の「免許、許可または認可には、條件を附することができる。」ということです。はなはだなさけない話でありますが、免許、許可、認可ということはど…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第24号(1947/10/06、23期)

簡單なことでありますが、第十一條で「自動車運送事業を經營しようとする者は、命令の定めるところにより、事業計畫を定め、主務大臣の免許を受けなければならない。」「前項の免許は、前條に掲げる種類ごとに、これ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第36号(1947/11/19、23期)

江差、東瀬棚間は約九十キロございまして、約三年越しで請願もしておりますし、また運輸省においても、そのことについては十分御了解になつておられることと思いますが、この新しい議會にあらためてもう一度請願をし…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第40号(1947/12/03、23期)

本請願は紹介議員は鈴木里一郎君となつておりますが、お見えになりませんし、それに會期の都合もありますので、議事進行のぐあいから代つて請願をいたしたいと存じます。遠州地區内における国營トラツク運營中止に関…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第42号(1947/12/06、23期)

貴重な時間を拜借して突然に緊急動議を出しまして相濟みませんが、會期も餘すところいくらもなくなつておりますので、どうにも時間をいただかなければならないような緊急事態と思いますから、御了承を願いたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1947/08/19、23期)

ちよつと御質問いたしたいと思います。職業安定法が審議されておる場合に、完全雇傭の問題を取上げて言うのは、現在の經濟上の立場、あるいは現実の日本の立場から、めんどうなことであるとは思いますけれども、ちよ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1947/09/30、23期)

緊急質問を提出したいと思いますが、お許ししていただけますか。理著席〕会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第24号(1947/12/05、23期)

地域の問題について、今給與局長の、組合側がなかなか納得しかねる、單一組合だから本部で地域給というものを額をきめて發表しがたい、しておらない、またしたがらないという説については、私もその内情を覚えており…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第1号(1948/01/29、23期)

今の伊能長官の報告に対して二、三私の見解を述べておきたいと思います。北海道と東北方面の交通事情に対して鉄道部内においても最重点的に施策を講ずる、国全体としても超重点的にこれを扱つていくというお話があつ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第12号(1948/06/09、23期)

大臣のいらつしやる間にほんの一言だけ。これはちよつとはずれた話ですけれども、今度の鉄道運賃の値上げには、国営自動車の運送料金というものが含まれておるのか、おらないのか、これをお聴きいたしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1948/11/11、23期)

ちよつとお尋ねしておきたいのは、この表を今ここで見ておるのですが、現在第一・四半期の配分がすべて済んでしまつたかどうか。第二・四半期の配分がすでに現地に届いてしまつたかどうか。第三・四半期の分について…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1948/11/15、23期)

一般的な質問をいたしたいと考えておつたのでありますが、運輸大臣がお見えになつておらないので、大臣の御出席を特に要望したいと思います。それから第二点は、運輸省設置法案と本法案との相違いかんという御質問…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1948/11/22、23期)

本委員会で審議いたしておりますところの日本国有鉄道法案につきましては、回を重ねて本委員会で審議いたしておるのでありますが、その委員会の空氣といいますが、審議の状態を見ておりましても、また土曜日における…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1948/11/28、23期)

私も函館に籍を有する者として特別これをお願いしたいのであります。実はいろいろの風聞が飛びまして、函館の埠頭の未完成のままにあの工事が中止されるのだという風説が市民一般にありまして、先日市民大会まで開き…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1948/11/30、23期)

私は労働者農民党準備会を代表して本案に反対するものでありますが、その反対の趣旨をごく簡略に説明いたしたいと思います。本案は鉄道総局そのままのものでありまして、從來の非能率的の運営を継続するにすぎない…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1948/12/08、23期)

大蔵大臣に簡單に一つお尋ねしますが、人事院案の六千三百七円を政府は受諾をしておらないのでありますが、この人事院案の六千三百七円は、徹底的に政府では惡いということで受諾をしなかつたのかということをちよつ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1948/12/10、23期)

私は全逓の参考人の御意見に対して、こういう受取り方をしたいのであります。それは今質問があなたになされて、全逓は七千三百円を固執するかどうかということの質問がありましたが、組合員は、組合の鬪爭において、…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1948/12/14、23期)

私は農民党を代表いたしまして、この提案に賛成をいたします。但し今社革の代表者が言われたごとく、また共産党の代表者が言われたごとく、第五條第二項というものについては多少の保留をする氣持を持つておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/12/21、23期)

関連して人事院総裁に伺いたいと思いますことは、私は考え違いをしておりました。それは、但し予算または法令に基いて支給される場合はこの限りでない、こういう項目はもとはなかつた。それがはいつた。そこで野党が…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22