小沢佐重喜衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09) 10回発言   5589文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  5回発言   4788文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  4回発言   4048文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 19回発言  14425文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第13号(1947/07/07、23期)

日本自由党では、まず上林山栄吉君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

日本自由党では、植原悦二郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第23号(1947/08/09、23期)

日本自由党は、まず第一に三浦寅之助君を指名することにいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第27号(1947/08/21、23期)

日本自由党では、まず菊池義郎君を指名したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第32号(1947/08/30、23期)

私は日本自由党を代表いたしまして、ただいま議長発議になる会期延長の件に関し、反対の討論をいたさんとするものであります。言うまでもなく、新憲法における最初の国会、すなわち第一回国会は、去る五月二十日召集されました。このいわゆる第一回国会におきましては、明治憲法におけるその時とは違いまして、その会期の決………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第45号(1947/10/14、23期)

日本自由党では、まず石山賢吉君を御指名申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第45号(1947/10/14、23期)

日本自由党では、次ぎに塚田十一郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第50号(1947/10/28、23期)

日本自由党では、まず岩本信行君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第57号(1947/11/11、23期)

日本自由党は、在外同胞引揚げその他に関しまして、まず菊池義郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第58号(1947/11/13、23期)

自由党では、平野農林大臣罷免問題に関し、北浦圭太郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/02/02、23期)

日本自由党では、まず前田郁君を御指名申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第25号(1948/03/18、23期)

民主自由党は、まず第一に八木一郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第45号(1948/05/06、23期)

民主自由党では、中嶋勝一君を指名申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第46号(1948/05/07、23期)

私は、民主自由党を代表いたしまして、ただいま議長発議によりまして議題に供されました会期延長の件に関するわが党の考え方を申し上げると同時に、これに対する政府の率直な声明を得た上におきまして、われわれは本案に関する態度を決定いたしたいと存ずる次第であります。申し上げるまでもなく、国会法第十二條には、「国………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第49号(1948/05/25、23期)

民主自民党では、まず第一に岩本信行君を発言者として指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第5号(1948/12/07、23期)

辻君の御質問のうち運輸省所管の部分を御答弁申し上げます。現下の国鉄電化問題は、きわめて重要でかつ緊急な大きな国策問題であるということは、お話の通りであります。すなわち現在の国鉄、たとえば東北本線あるいは東海道、山陽その他の主要幹線七千キロを、かりに電化したといたしますれば、これによつて約二百七十億か………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/12/15、23期)

お答え申し上げます。お話のように、日本海運の再建が、日本経済の復興あるいは貿易の振興、あるいはただいまもお話のような国際収支の改善に大きな貢献をなすものであることは、お説の通りであります。從つて、まず日本海運の再建について考えてみたいと思うのでありまするが、御承知のように、過般の戰争によりまして、日………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第15号(1948/12/17、23期)

成重君にお答え申し上げます。お話のように、現在海員ストが進行中であるということは、まことに遺憾な次第であります。だんだん詳細に成重君がお話の通りの経過を経まして、現在の爭議になつたのでありまするが、その爭議になつた大きな原因は、大体三つあるのであります。その一つは、お示しの現在の水準に対する三〇%の………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第16号(1948/12/18、23期)

ただいま可決になりました決議案の趣旨は、十分了承いたしました。従いまして、政府といたしましては、かねてこの線に沿うて努力して参つたのでありますが、ここに満場一致をもつて、ただいまの決議がありました以上は、ますます鞭撻いたしまして、皆さんの御協力のもとに、すみやかにこれを解決したいと思うのであります。………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 49) 26回発言  10229文字発言
  第2回国会 85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 85) 38回発言  24379文字発言
  第3回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  4回発言   3054文字発言

  23期通算 152回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員139) 68回発言  37662文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           117回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員117) 66回発言  37382文字発言

 政党法及び選挙法に関する特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  7)  1回発言     72文字発言

 労働委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

 水害地対策特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  1)  1回発言    208文字発言

 予算委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水害地対策特別委員会理事(第1回国会)
 政党法及び選挙法に関する特別委員会理事(第1回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1947/06/27、23期)

理事の選挙はその数を三名といたしまして、選挙の手数を省きまして、委員長指名にお願いいたします。土井 直作君    坪川 信三君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1947/07/05、23期)

どうでしよう。これは僕の方でも三名で承諾してくれということでしたが、今度だけは、その辺でがまんしてもらつたらどうです。ようやく抽籖で三名ときめてきた。この事情を申し上げる。初めてのことであるから、先…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1947/07/08、23期)

今の再質問ができぬというような制約がいけないので、十五分のうちでやればいいのでしよう。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1947/07/09、23期)

委員長の今の宣言になつたことで結構ですが、もし明日さらに自由討議、あるいは議会運営について自由討論をした後に、なお発言者があり、時間があつた場合は、やはりいわゆる議題をきめない自由討論にして継続しても…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1947/07/28、23期)

この問題は中野君の説に私も賛成だけれども、こういう小さい問題だからいいが、大きい問題のときのことも相当考えていかぬと、衆議院が非常に威信を失墜するような問題が起る。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1947/08/02、23期)

これは常任委員長会議の結果なんですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1947/08/04、23期)

山口君から前会お話のあつた今後国会に出す議案、その見透し、時期等については………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1947/08/07、23期)

自由討議の問題ですが、今度は各派に時間を與えて、人数は各党で適当に定めてはいかがですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1947/08/14、23期)

これは昨日私からいろいろ懇請したのですが、一言申し上げます。現在の状態における水害対策は、やはり議会が率先してその復興に対する積極的な援助と指示が必要だと思いますので、ぜひ設置を願いたいと思います。委…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1947/08/15、23期)

そればかりじやないでしよう。地方裁判所というものはいかぬじやないかという点………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1947/08/19、23期)

異議ないのですが、私の方ではまだ党の方へ言つておりませんから仮決定ということに……会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第19号(1947/08/27、23期)

土井君の考えはまことに結構です。政府に関係なく、議會自體で自主的に、法案の審議が未了であるから延ばしたいとういことについては私も贊成です。そうするとどういうわけで閉會することができないのか。換言すれば…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第20号(1947/08/28、23期)

今までは會期延長は政府の都合でやつたが、今度は国會がやるのだから、議題として大きな問題だから、討論することは當然である。こういう採決の方法をしたいと思う。議長に答申するにしても、議長は參議院議長と相…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1947/10/13、23期)

小島君の考えもいいけれども、委員會の考えは委員會の考えとして、運營委員會としてはまた運營委員會の見地から大體の方針をきめた方がいいのじやないか、最初から合同委員會で議論してきめるというのではなくして、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1947/10/16、23期)

さつき官房長官が一箇月とおつしやつたのは、もちろん二十日からの意味ですね。七十三件という中には撤囘法案を差引いてですか、含んでおるのですか。それから持株會社、これは例の集中排除法との関係におきまして…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第35号(1947/10/20、23期)

やはり同じ問題ですが、一體刑法上の申告罪という意味ですが、たとえば犯罪がわかつても、議院の請求がなければ罰することができないというのですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1947/10/22、23期)

證人の義務違反を明確にする。その方がいいかもしれん。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1947/10/29、23期)

つまり議長は懲罰にしないで陳謝で收めたい。その反對の意見は懲罰に付する。これは裏と表で結局同じ意見ではないか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1947/10/30、23期)

そうすると一番先が公務員法、二番目が職業安定法、それから豫算案一括ということになりますね。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第42号(1947/11/12、23期)

大體その必要性は認めるけれども、なおその現在の委員會の申出だけでは、ただちにこの前の申合せ事項に該當するものとは思われない。議長において再調査の上、前に決定したわく内にはいるものと認めた場合には議長に…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第43号(1947/11/14、23期)

行先よりも任務の内容の方が重要だ。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第44号(1947/11/17、23期)

違う點だけの要項でも出してもらつて審議すれば、あとは法文の體裁だけになると思う。今日はこの程度で散會いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第49号(1947/12/05、23期)

選擧を省略して、議長指名でいいでしよう。それから訴追委員豫備員の十人の順位を申し上げますと、一が社會黨、二が自由黨、三が民主黨、四が社會黨、五が自由黨六が民主黨、七が社會黨、八が国民協同黨、九が自由…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 議院運営委員会 第50号(1947/12/08、23期)

やはり開會式は再開直前の方がいいのではありませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水害地対策特別委員会 第1号(1947/08/15、23期)

私個人としては異議はないのでありますが、從來の慣例として理事の數は運營委員會で一定の限度で決定しておるのであります。それを特例を開いて本委員會だけで十名と決定することは手續上どうかと思いますので、委員…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第1号(1947/07/30、23期)

理事はその數を七名とし、委員長において御指名あらんことを希望いたします。井伊 誠一君    細野三千雄君会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1947/12/10、23期)

法制部というものは、事務総長のもとに置かないことになるのですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1948/01/21、23期)

この前の委員会の問題は、これとは違う。もう一つ、一應全員を辞職した形にしようというのは、必ずしも全部変つてしまうという意味ではない。一應再編成するという建前にしてもらえば、しやすいというのである。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1948/01/24、23期)

大体に私も山口君の説に賛成する一人でありますが、その第一は、国会法の解釈から、二十一の常任委員会のうちで、こういう問題を審議する委員会があるかといえば、嚴格に解釈したならばおそらくない。そういうものが…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1948/01/26、23期)

今、司法大臣の言うところによると、これ以上できぬというのですから、これでは折角司法大臣が出席されても、何の意味もなさぬと思う。從つて要求者の言われるように、総理大臣に即時ここへ出てもらうように要求いた…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1948/02/04、23期)

ちよつて読んでもらいたい。中央公職適否審査委員会に関する特別委員会設置に関する件会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1948/02/07、23期)

大体私の方では、意見を出している者もありますし、まだ出していない者もあります。これは相当意見もあるので、もう少し延ばしていただきたいと思います。本日の議題はこれで終了したわけですが、ほかに何か御意見…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1948/02/13、23期)

この前の片山内閣の出現のときは、とにかく挙国内閣というものが何とかできるだろうという見透しのもとにあつたのです。ところがわれわれとしては、この前はもちろんのこと、その前の連立内閣の二度の経驗によつて、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1948/02/16、23期)

各派交渉会の問題ですが、普通の議案ならば前日あたり各派交渉会を開くのですが、この問題の重要性に鑑みて、できるだけ早く時期をきめていただきたい。ほかに何かありませんか。――なければ本日はその程度で散度…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第16号(1948/03/16、23期)

各派交渉会でいつきまつたのですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1948/03/20、23期)

だれも希望がなければ私の方で……。それから厚生は一つあるが、農民党が出しますか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1948/03/23、23期)

あれは法規からいえば問題が起るのでしようが、しかし実際にあたつてはこれと同じように、やはりここで是正するのが適当ではないか。法規が違いますから……。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第20号(1948/03/26、23期)

委員会省略の要求が附帶している。それから各党の委員の辞任及び新任の届けは今日とりまとめできるでしようか。今日中に出すように願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1948/04/06、23期)

石田組の言う宿舎も必要ですが、現在の滯在費用あるいは歳費では、実際おちついておれないのではないかと思う。だからこれに関連して、いろいろ待遇すべきものはする、一方また制裁を加えるということでいかなければ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1948/04/13、23期)

事務総長の方からこういう案が出るについては、やはり根本の原因を探究して出席率が自然に旺盛になるようにやることが適当だ。そういう具体的な案は何かというと、たとえば滯在費を上げるとかという問題も加味されて…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号(1948/04/14、23期)

ちよつと忘れましたが、十七條の規定には両院とも議長、副議長は一名ということになつておりますが、これは衆議院に限つては副議長二名にするという改正案を出したいのであります。その理由は、参議院の議席の倍であ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第29号(1948/04/15、23期)

衆議院規則百二十二條の二項を入れたのはどういう点にあつたのか。次に七十二條。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1948/04/28、23期)

こういうものに対しては特質のあるものとして許すことにしたい。それでは今の小沢君、徳田君の議論は、調査に行く人がその氣持をもつてやるということで、派遣することを承認するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1948/05/06、23期)

それよりしようがない。次に三十四條の二。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1948/05/24、23期)

党議でなく、個人の意見を発表するんだね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1948/05/25、23期)

ちよつと皆さんの御了承を得ておきたい。昨日の本委員會において豫算が正式に提出される前に大蔵大臣の財政演説があつて、二日間大體本會議で質問しようというお話私は遅れて話の最中に参つたのですが、私の頭では豫…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1948/05/28、23期)

今椎熊君の提案には、それ自體は賛成ですが、黨内事情もあるので、施行は第三国會からということにお願いしたと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号(1948/06/02、23期)

総長の案がいいと思うが、決算委員長の了解を得た上で、必要に應じて決算委員会を連合してやるようにすればいいと思います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第41号(1948/06/03、23期)

どうでしようか、すでに四時になんなんとしている。御承知の通りこの問題は三日も四日ももみにもんで結論に達しない問題を、本会議を招集しておいてこれから議論しても、とても一時間や二時間で結末はつかぬと思いま…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号(1948/06/10、23期)

ここは一応散会して、各党の態度を決めた上、あらためて会期の問題を取扱うことにしたらどうですか。十二日の午前十時より本委員会を開くことに御異議ありませんか、会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第49号(1948/06/12、23期)

私の方では昨日役員会を開いたが、現段階においては、延ばすことはやむを得ないが、幾日延ばすかということについては相当議論がある。殊に中野君の言われたこの間の本会議における言明の問題もあるし、いまただちに…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第51号(1948/06/15、23期)

いま石田君が言われるように、私の方の内部の話ですが、三つの意見がある。はたして二十日までに審議ができるかどうか。またせんだつて延ばさないときめたにもかかわらず延ばさなければならないということも考えなけ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第52号(1948/06/17、23期)

今度また三十日まで延ばしてあとでまた延ばすというようなことになると、非常にかつこうの悪い問題になるのですが、この点について與党の諸君は、あとは延ばさぬという自信があるのですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第53号(1948/06/18、23期)

ただいま決算委員長の言う通りの経過だつたのです。ただ今私が遅れたのは役員会を開いてその問題を役員会でやりまして、二人とあるのを取消して、一人ということにきまりました。ただ問題が残つておるのは、実際上次…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第54号(1948/06/19、23期)

書面か何かで来たのですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第55号(1948/06/21、23期)

この案では政務官の待遇はどんな程度になるのですか。それから政務官設置法案については、一応お持帰りを願つて、各党で御研究を願う、そう決定して異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第57号(1948/06/23、23期)

石田君の今言つた通り、あの当時のことは御承知のはずだ。しかし委員長の言う通り期間が切迫していても、審議できないことはないのだから、受けつけないということはわれわれとしても言えないが、国会の委員会ではこ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第66号(1948/07/03、23期)

私はその旅費は取れないと思います。なぜならば、すぐ翌日から審査にかからなくてはならないのですから、もらえる余地はないと思う。理論上旅費は要らない。滞在雑費は出すべきだと思います。というのは、会期は終つ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第68号(1948/07/05、23期)

提案趣旨は簡単にしていただきたい。今両院協議会が開かれている間に、議決のできるものは議決してはどうですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第71号(1948/07/08、23期)

たとえば各党に大きな箱を置いて、係りの給仕に預り証みたいなものを渡しておけば、設備としては実現が可能じやないか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第72号(1948/07/09、23期)

この委員会の所管を…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第73号(1948/07/10、23期)

事務当局で準備してもらつて、開会直前にやればいい。本日はこれで散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第83号(1948/10/05、23期)

政府がどれだけの議案を出すか、参考にそれを問い合せてからきめたらいかがですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第84号(1948/10/07、23期)

今お話がありましたけれども、御承知の通り国会法には首班の指名ということは他の議案に優先してこれを行うということがはつきりしている。ただ問題は国会の構成は旧議院法とは違つて、今は成立とか構成ということが…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1948/10/11、23期)

昨日の交渉会でも、皆さんにお願いしたのですが、私の方としても、明日ただちに総理大臣の指名ができるというようなことは、今ただちに断言できませんが、今の情勢から見ますと、一日も速やかに政局を收拾しなければ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1948/10/12、23期)

議長が、ぼくと広川が怒られたと言われたのは、それはただ言葉の上の言いまわしで、ぼくら怒られもなにもしない。ただ、多少君たちの言うことと食い違いが生じているじやないかというので、そこで総裁だけではわから…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1948/10/13、23期)

今椎熊君のおつしやる通り、正式な返事はいたしておりません。それかといつて進行を休んでおるわけではなく、誠意をもつて進行中であります。結論においては今椎熊君のお話の通り、もう少し時間を貸していただいて、…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1948/10/14、23期)

大体この際は山崎君の辞職の慰留ということが議題になつておるのであつて、辞職を許可するかどうかという点まではまだ入つていないと思う。まず慰留ということによつてあるいは飜意することがあるかもしれないのであ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22