八百板正衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   4329文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   2823文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   7152文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第50号(1947/10/28、23期)

私は、ここに臨時農業生産調整法について、所見の一端を申し述べたいと存ずるものであります。この法律は、その第一條、第二條において、ただいま大臣よりも述べられましたごとく、目的及びその内容を述べてあるのであります。すなわち第一條に、「この法律は、重要な農産物の生産及び供出を確保するため、公正且つ計画的に………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第20号(1948/12/22、23期)

私は、農地改革に関連する二、三の点をお尋ねいたしたいと存ずる者であります。農地制度の改革は、終戦後日本民主化のためにとられた最大の政策であつたことは、今さらこれを論究する必要はないのでありますが、これは単に戦後の日本の最大の変革であつただけでなく、日本の歴史の上から見ても、大化の改新以來最大の経済的………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  1回発言   2207文字発言
  第2回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  1回発言    229文字発言
  第3回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  0回発言      0文字発言

  23期通算  82回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 78)  2回発言   2436文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 財政及び金融委員会
            59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59)  1回発言    229文字発言

 電気委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  1回発言   2207文字発言

 経済安定委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 経済安定委員会理事(第3回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 電気委員会 第10号(1947/09/27、23期)

電力危機突破に関する決議案について、日本社會黨を代表いたしまして贊成の意見を述べるものであります。本案に関する質疑を通じまして、今日電力危機突破のためにどのようなことが必要であるかということは、十分…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第55号(1948/07/04、23期)

日程第一六、第一七の請願者は、いずれも福島市長佐藤元治君外、紹介議員は原孝吉君であります。表題の通りでありますから、よろしく採択せられことんを望みます。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22