国会議員白書トップ衆議院議員天野久>23期国会活動まとめ

天野久衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  4回発言  11229文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  4回発言  11229文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第18号(1947/07/26、23期)

今、わが国の現状におきまして一番問題でありますのは、食糧問題であることは、申し上ぐるまでもございません。しかして、この食糧問題につきましては、朝夜こぞつてこれが危機突破に奔走をいたしておることにつきまして、まず、私がこれについて申し上げたいことは、本年の危機突破に対しては、この努力、いわゆる連合軍の………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第25号(1947/08/15、23期)

ただいま議題となりましたる、各党共同提案にかかる海外同胞の引揚に対する感謝並びにその帰還促進に関する決議案の趣旨を弁明いたします。まずその全文を朗読いたします。海外同胞の引揚に対する感謝並びにその帰還促進に関する決議衆議院は、連合軍総司令部が海外会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第57号(1947/11/11、23期)

在外残留同胞の引揚問題に関しましては、御承知の通り去る八月の十五日、木議場におきまして、その促進につき全会一致をもつて決議せられたのであります。その後も引揚の特別委員会その他において、それぞれ関係方面に対する陳情、懇請等の活動もなお引続いて行われておりますことも御承知の通りであります。しかしてこの間………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第75号(1947/12/09、23期)

ただいま議題と相なりました、海外同胞引揚に関する特別委員会の成立以来今日に至るまでの審議経過の大要について御報告いたします。本委員会は、去る七月十日本会議の決議によつて、同月二十九日議長指名をもちまして委員三十名をもつて成立し、爾来回を重ねること十六回、今日なお海外に残留し、筆舌に盡せぬ辛酸をなめつ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 39回出席(長 15 代理理事 2 代理 0 理事 16 委員  6)  5回発言   5211文字発言
  第2回国会 17回出席(長  7 代理理事 2 代理 0 理事  4 委員  4)  3回発言   2911文字発言
  第3回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  3回発言   3446文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

  23期通算  65回出席(長 22 代理理事 4 代理 0 理事 25 委員 14) 11回発言  11568文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

海外同胞引揚に関する特別委員会
            28回出席(長 22 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   3回発言   2453文字発言

通信委員会
            24回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 20 委員  0)   6回発言   7128文字発言

労働委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)   2回発言   1987文字発言


委員会委員長経験

海外同胞引揚に関する特別委員会委員長(第1回国会)
海外同胞引揚に関する特別委員会委員長(第2回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

通信委員会理事(第1回国会)
通信委員会理事(第2回国会)
建設委員会理事(第3回国会)
建設委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 通信委員会 第7号(1947/08/15、23期)

特定局制度が廢止されるか、あるいはそのままやられるか。いわゆる局長自由任用か一般任用かということでありますが、私はこの特定局長を幾分やりました經驗から、多少意見を申し上げてみたいと存じます。郵便局の事…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第8号(1947/08/22、23期)

この局の設置に對してはむろん反對するものではありませんが、參考にひとつ當局から聴いておきたいと思います。本委員會で局の設置の請願を認めた場合、いわゆるこの請願を承認した場合に、御當局としてはそれを必ず…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第10号(1947/08/29、23期)

今椎熊政府次官から御説明がありましたので大體これはいいかと思いますが、今言われるように不便な土地、いわゆる利用戸數が少い土地ほど必要を感じでおるので、そういう所において以前請願局制度というものがありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第21号(1947/11/20、23期)

ちよつとお尋ねいたします。舊法の第七條に「郵便専用ノ物件ハ何等ノ賦課ヲ受クルクトナシ」とあります。新法にはこれが盛られておりませんが、これは新憲法から申しまして、平等というような意味からこれを削除され…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第22号(1947/11/21、23期)

ただいま政府當所の答辯を承りました。大體了承いたしましたが、第一の問題に對して、特殊な技能手當及び夜勤手當を出されておるということであります。これについてはなおよく愼重に檢討されて、爭議等の勃發の因を…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第1号(1947/12/11、23期)

それではこれより会議を開きます。私が年長のゆえをもちまして、特別委員長の選任せられるまで、委員長の職務を行います。これより委員長の互選を行います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第9号(1948/04/16、23期)

一言御挨拶を申し述べさしていただきます。不肖私、第一回、第二回国会を通じまして、微力にもかかわらず、各位の絶大なる御支援によりまして、大過なく今日まで委員長を務めさしていただきましたことに対して、まこ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 通信委員会 第2号(1948/01/30、23期)

この際逓信大臣に一、二お尋ねしておきたいと思います。大臣が労働問題について非常にお骨折り下さつて、曲りなりにも逓信事業の運行を続けておられることに対しては、その御労苦に対して感謝いたします。そこで今…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第3号(1948/11/19、23期)

ちよつとお尋ねいたします。去る十七日から愛の週間を催して、全国的に国民に呼びかけるというお話を聞いておりますが、これに対して政府はどういう方法をもつて具体的にやつておられるか、おわかりであればお知らせ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1948/11/11、23期)

ただいま大臣の御説明によつて、災害復旧費等についてのお骨折りは感謝いたしております。なお一層の御努力を願いたいと存じますが、その点で一つ伺つておきたいことは、昨年も一昨年も水害がありまして、しかして昨…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1948/11/12、23期)

大蔵省の御説明に対して――たいへんにその災害に対する御関心を持たれて感謝いたしておりますが、そこでつけ加えて申し上げたいことは、今大蔵省当局の御説明は、災害復旧はどうしてもやらなければならぬから努力す…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12