吉川久衛衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  2回発言   2990文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言   3700文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   6690文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第25号(1947/08/15、23期)

連合軍総司令部が、海外同胞の引揚に関し、きわめて困難なる事情にもかかわらず、多大の同情と非常なる好意と努力とを示されていることは、全国民とともに感謝にたえないところであります。しかしながら、終戰後満二ヶ年を経た今日、なお百万に近い同胞が各地に残留していることは、真に悲しむべきことと申さねばなりません………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第74号(1947/12/08、23期)

ただいま議題となりました法律案について、財政及び金融委員会における審査の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。金融機関再建整備法の一部を改正する法律案についてでありますが、本改正案の骨子は、左の三点であります。第一点は、金融機関はその損失処理に際して、退職金支給財源に充てるため、任意積立金の三分の………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第14号(1948/02/03、23期)

私は、国民協同党の立場から、日本経済再建の緊急にして根本の問題について若干申し述べてみいと思います。日本の今日のインフレーシヨンは、縮小再生産の一方でありまして、まことに心配でなりません。第一次世界大戰後のドイツのインフレは、拡張再生産が行われつつ高進したのでありました。しかしそれでも、遂に一九二三………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 61回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 38 委員 21)  5回発言   2151文字発言
  第2回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 13)  2回発言   1224文字発言
  第3回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

  23期通算 114回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 70 委員 42)  7回発言   3375文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

財政及び金融委員会
            72回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 70 委員  0)   7回発言   3375文字発言

海外同胞引揚に関する特別委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)   0回発言      0文字発言

労働委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)   0回発言      0文字発言

経済安定委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

水害地対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

財政及び金融委員会理事(第1回国会)
財政及び金融委員会理事(第2回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第3号(1947/07/09、23期)

先日の御説明の中で、ちよつと私聞き漏らしたのではないかと思う点を、もう一ぺん伺つておきたい。国民貯蓄組合法の一部改正に関する法律案の中での御説明を、農業会等非課税團体を廃止するというようなふうに伺つた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第23号(1947/10/02、23期)

私は本案のお考え方については異議はございません。むしろ遅きに過ぐる措置であるとさえ考えるのでありますが、ただこの支給率の出し方であります。この出し方について官公組の代表と政府側との間に打合せでもなさつ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第24号(1947/10/04、23期)

政府職員に對する一時手當の支給に関する法律案について動議を提出したいと思います。前會の委員會において勞働委員會との連合審査を行うか、公聴會形式か、證人申請の形式によつて、関係方面の意見を徴するかという…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第41号(1947/11/27、23期)

昨日本委員會において可決せられました企業再建整備法の一部を改正する法律案につきましては、臨時石炭鑛業管理法案との関係から、施行期日について再檢討する必要がありますので、これを再議せられんことを望みます…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第49号(1947/12/07、23期)

ちよつと今の次官の御説明を伺いますと、何かそれを發表することによつて、政府の千八百圓ベースとの関係について、国民に疑惑をもたせるようなことになりはしないかということが案じられますが、その點何かお考えに…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第1号(1947/12/11、23期)

私は国民協同党の立場から、一言申し上げます。ただいまの政府の新物價体系の政策は、前議員からもお話がありました通り、おそらく支えきれないのではないかと思います。きわめて危険なる状態にあると思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第47号(1948/06/25、23期)

本案に関しては、委員の間になお愼重に審議したい問題が残つております。それをひとつ懇談の形でお願いしたいと思います。これから私が申し上げます修正案は、あらかじめ各派において内交渉をいたしまして、それぞ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12