植原悦二郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  2回発言   6635文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  3回発言  17166文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   4351文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  6回発言  28152文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

自由討議につきまして、私が党の幹部会で、一言かようにしたらいいのではなかろうかという参考の意見を申したところが、小沢君がそれを本会議でやれと言う。私にはとんだ祟りになつたので、はなはだ迷惑に感ずるのでありますが、議会政治のために、私の所見の一端が皆様方の御参考になれば、仕合せであります。御承知のごと………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

本日ここに炭鉱問題がきびしく論議されるに至りましたことは、わが国の産業復興の現状に照らして、何といたしても少なくとも三千万トンの石炭が必要であるということでございます。この石炭を、政府の提案しておるところの国家管理法案によつて増産できるか、あるいは他にその方法ありやということが、国民が知らんとするも………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第5号(1948/01/23、23期)

私は、ここに片山首相に対して、日本の現状に照し、国政上變理上、民主的平和国家建設のため、産業経済復興のため、国民生活安定のため、最も重要なる施策と思われまするもの数項につきまして、質疑を試みんとするものであります。第一の問は、加速度的に高進するインフレ対策の問題であります。現内閣は、昨年八月、インフ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第6号(1948/01/24、23期)

簡單ですから自席からお願いいたします。昨日の私の質問に対して、総理大臣と今の大蔵大臣の答弁との間においては、多少の食い違いがあることを私は認めます。総理大臣は、今までのこの政府の財政計画は健全財政であつたということを、昨日は固執なされた。しかるに、今日大蔵大臣は、その健全財政を固執なさらない態度をは………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第59号(1948/06/09、23期)

申すまでもなく、芦田内閣成立後すでに四箇月有余を経過いたしております。にもかかわらず国民は、その政治、その政策の実体について、未だ何ものをも把握することができません。(拍手)もちろん、芦田内閣は民主、社会、国民協同党の三派の政策協定を基盤として組織されたものであることは、天下周知の事実であります。し………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第21号(1948/12/23、23期)

私は、片山君の御提案になりました内閣不信任案に対して反対の意思を表明する者であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  2回発言   5536文字発言
  第2回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  9回発言  25799文字発言
  第3回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言
  第4回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  23期通算  54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54) 11回発言  31335文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  11回発言  31335文字発言

内閣委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)   0回発言      0文字発言

外務委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1947/10/11、23期)

ちよつと野坂君の質問に関連してお許しを願いたいと思います。ただいま野坂君の御質問は、中勞委が千八百圓の基準をもつて現在の状態では生活できないと考えて、その基準をかえることを政府に申し出たときに、政府は…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1947/11/15、23期)

この所得税法の一部を改正する等の法律案の附則の第一條に、この法律施行の期日は、各規定について政令でこれを定めるとありますが、もしこの政令の内容がかわりますればこれを伺いたいと思いますが、その材料があれ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1948/03/30、23期)

二十二年度の災害復旧費の二億七千万円の問題は、議論の余地のないことだと思います。大蔵大臣自身も、非常な差迫つた問題で、国民の一致する意見だ、こういうお話であります。西村君の質問も、農産物を生産維持する…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1948/03/31、23期)

ただいまの質疑應答の模樣をみますれば、私どもがここに質疑應答をするのは、一予算委員会の問題ではありません。事の事実をはつきりといたして、国民に示さなければならないということを、総理大臣はお忘れになつて…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1948/04/01、23期)

関連質問でひとつお尋ねいたしたいと思います。その前に議事進行でひとつ言うことをお許し願いたい。これは昨日の小坂君の質問に対してのことでありますが、実は私の永い議会生活に、関連質問を許す場合には、質疑者…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1948/05/22、23期)

今鈴木君の石炭の問題に対する御質問中、関連質問としてお許しを得たいと思いましたが、鈴木君の御質問が終つたときの方が、すべて便利だと思いまして、それを待つておつたのでありますが、石炭の問題について、鈴木…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第32号(1948/06/14、23期)

ちよつと関連して、はつきりいたしておきたいと思います。ただいま大蔵大臣と西村君の質疑應答を伺つていますというと、大蔵大臣の言として、新聞、ラジオを通じて国民の間に傳えられたことは誤報である、そういうこ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第34号(1948/06/16、23期)

私はこの問題についてちよつと関連質問をいたします。加藤勞働大臣は、先刻社会党の党議として、軍公利拂はいたさない、これを廃止するということが党議である。しかしこの内閣は連立内閣であるから、連立内閣の意向…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第36号(1948/06/21、23期)

私の本会における質問に対しては、ほとんどお答えというものが一つもないと申しても、あまり極端な言葉ではなないと思います。第一に、私は外資導入のことについて、ことごとに現政府は進駐軍を口実として、いろいろ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第40号(1948/06/25、23期)

ただいまの石炭の問題についての関連質問でありますが、了解できない点を、この際承ついておきたいと思います。ただいま本間君と水谷商工大臣の質疑應答の間に、私が聴き得ましたことは、本年度に三千六百万トンと…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 予算委員会 第44号(1948/07/02、23期)

この場合に私は新しい憲法、民主主義ということについて、国民に明瞭ならしむるために、一言政府に対してお答えがあるならば、お答えを願いたいし、お答えがなければ、お答えがなくてもやむを得ないものとして、私は…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12