竹山祐太郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  4回発言   9406文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  3回発言   9189文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  7回発言  18595文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第46号(1947/10/15、23期)

ただいま議題となりました国家公務員法案ほか一件に関して、委員会審議の経過並びに結果の御報告を申し上げます。本案の重要性は、申し上げるまでもなく、憲法第十五條の「公務員を選定し、及びこれを罷免する事は、国民固有の権利である。」ということに基きまして、今まで長い間天皇の官吏として、明治以來国民の上に立つ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第58号(1947/11/13、23期)

旱害対策につきまして、国民協同党を代表いたして意見を申し上げ、政府の所信を伺いたいと思います。同僚ニ君から旱害に対する應急対策の熱烈なる御意見がございましたから、私はこの点については多弁を要さないと考えます。申し上げるまでもなく水害も惨憺たる結果でありますが、あの旱害のときにおける、農民のまことに拷………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第68号(1947/11/28、23期)

明治維新以来七十五年の歴史を有する内務省が、新憲法並びに新自治法の精神に則りまして、ここに解体することとなり、ただいま議題となりました三法案の提案を見たのであります。ここに決算委員会における審議の経過並びに結果のご報告を申し上げる次第であります。本案は、さきに八月に一度、地方自治委員会、公安廳及び建………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第75号(1947/12/09、23期)

ただいま議題となりました請願七件は、いずれも行政機構に関する問題であります。行政機構改革に関しては、当議場においてもしばしば御論議のある通り、緊急かつ重大なる問題であります。委員会においても、これが研究論議を続けつつあるところでありまして、政府もまたこれが研究処理を進めつつあるような次第であります。………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/01/28、23期)

ただいま議題となりました賠償廳臨時設置法案について、委員会の経過並びに結果について御報告を申し上げます。本案は、二十六日付託、昨日委員会を開き、外務大臣の説明を求めて審議に入りました。本案は申すまでもなく、ポツダム宣言受諾に伴う残されたる大きな義務たる賠償を最も迅速的確に行い、もつて国際信義に答える………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第30号(1948/03/24、23期)

私は、国民協同党を代表いたしまして、総理大臣及び経済安定本部長官の演説に対し、総理及び関係閣僚に若干の質疑をなさんとするものであります。まず第一に、現下の窮迫せる国際政局において、わが国の地位がいかなる状態に置かれておるか、これに対する総理大臣の所信を率直端的に承りたいと思うのであります。もとより、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第43号(1948/04/27、23期)

ただいま議題となりました国家行政組織法施行までの暫定措置に関する法律案について、委員会の経過並びに結果を御報告申し上げます。現在の行政官廳法は、この五月二日をもつ効力を失うのであります。また経済安定本部は、四月三十日までをもつてやはり効力を失うのでありまして、それに伴う法律につきまして、政府は国家行………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 28回出席(長 28 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  2回発言    530文字発言
  第2回国会  5回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    153文字発言
  第3回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
  第4回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  23期通算  38回出席(長 30 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言    683文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

決算委員会
            31回出席(長 30 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   3回発言    683文字発言

通信委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

決算委員会委員長(第1回国会)
決算委員会委員長(第2回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1947/08/08、23期)

ただいまより會議を開きます。本日は本委員會で當初から問題になつておりました政府直轄の地方特別官廳について、行政機構に関する本委員會の當然の問題といたしまして審議をいたしたいと考え、政府からまず現状に…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第20号(1947/11/20、23期)

先ほどの島村委員の重大な御質問に對しては、明日また主税局長がお見えの際に重ねてひとつ御審議を願いたいと思います。関連した御質問がなければ本日はこの程度で散會をいたしたいと思いますが、御異議ございません…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1948/07/04、23期)

これは正式に言えば内閣の予算をとらなければならぬ。厚生省の予算から内閣所属の審議会の予算を出すということはいけないことになる。そこで委員長の言うような便法なり、あるいは必要に應じては補正予算なり、予備…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 23期(1947/04/25〜)  1本提出

質問主意書一覧

輸出綿織物専業小工場の機能発揮に関する質問主意書
第1回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1947/10/18提出、23期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16