加藤勘十衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  4回発言  28663文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05) 17回発言  32216文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 21回発言  60879文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第9号(1947/07/02、23期)

私は日本社会党を代表しまして、政府の施策に関し、若干の疑義を表明して、政府の所信をお尋ねしたいと存じます。わが国現下の情勢が、民族興亡の危機に臨み、これが打開のためには、もはや一刻の躊躇をも許さないものがあることは、昨日、本議場における片山総理大臣の御演説にあつた通りであります。私は、政府が大胆率直………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第22号(1947/08/07、23期)

ただいま議題となりました政府提出にかかる労働省設置法案の、委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、わが国現下の労働問題の重要性に鑑み、労働行政機構を整備強化して、諸般の労働政策を強力に実施、推進するために、労働行政を専管する一省を新設せんとするものであります。本案はすでに幣………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第59号(1947/11/15、23期)

ただいま議題となりました、政府提出にかかる失業保險法案及び失業手当法案の審議の経過並びに結果を御報告いたします。両法案は、現下の経済危機突破の総合的な対策として樹立いたしました経済緊急対策の一環として制定を見ることとなつたのでありますが、そのうち失業保險は、新憲法により定められました国民の最低生活の………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第73号(1947/12/06、23期)

私はここに、隠退蔵物資等に関する特別委員会を代表いたしまして、委員会における調査の経過概要を中間的に御報告申し上げたいと存じます。本委員会は、隠退蔵物資等に関する調査のために、去る七月二十五日院議をもつて設置せられまして、今日まで四箇月余り、その間委員会を開きますこと二十数回に及びまして、あるいは報………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第28号(1948/03/22、23期)

ただいまの浅沼君の御質問のうち、私に関する部分についてお答え申し上げます。御質問の第一の要旨は、現在起りつつある爭議の中で、官公廳職員諸君や、石炭とか電力とかいうような主として公共事業に関する労働者諸君の爭議が多いのはどういうわけか、こういうような点にあつたと思うのであります。さらにこれに加えて、官………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第29号(1948/03/23、23期)

ただいま川崎君から、現下の重要問題である労働問題に関して、もろもろの角度から御検討になりました御質問がなされたのであります。これに対しまして、私は御質問の要旨を要約しつつ順次お答え申し上げたいと存じます。第一の点は、現在の官公廳職員組合の諸君が要求を出して鬪つておられる、それは経済的剛事の形を備えて………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第31号(1948/03/25、23期)

ただいまの大原君の御質問にお答え申し上げたいと存じます。現在の全逓を中心とするも全公官労組合の爭議状態につきまして御憂慮のお言葉が出ましたが、これはお言葉の通り、その立場のいかんにかかわらず、国民としてきわめて憂慮すべきことでありまして、できればこういう事態がきれいになくなる、また將來も起らないよう………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第33号(1948/03/27、23期)

ただいま発生しつつある官公廳労働組合の爭議に対しまして、各党を代表されました皆さんが、それぞれ国民代表の立場において真摯に御意見お開陳になりましたことに対して直接関係をもつ私といたしましては、きわめて謙虚に皆さんの御意見をお伺いいたしまして、もし皆さんの御意見の中において政府がとり得る御意見がありま………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第34号(1948/03/29、23期)

ただいまの加藤吉太夫君のご質問にお答え申し上げます。御質問の要旨は、労働者に罷業権があつて罷業をしておる。同じ勤労者でありながら、農民は苦しんでおるにもかかわらず、罷業をすることができない、こういう点に対する私の見解はどうか、こういう御質問であつたと存じます。この点につきましては、申し上げるまでもな………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第35号(1948/03/30、23期)

本田君の御質問にお答えをいたします。本田君のお尋ねの要旨は、昨年の二・一ゼネストの場合と今回の場合と、二度までも指令なりあるいはメモランダムを発せられたということは、いかにも遺憾のきわみである、こうした爭議を起すに至つた組合の中においても、半数くらいの組合員は爭議に反対であるが、それにもかかわらず、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第43号(1948/04/27、23期)

ただいまの林君の御質問にお答えします。生産管理の法的解釈につきましては、所管大臣である法務総裁が答えられることと存じまするが、ただ一点、私にお尋ねになりました、物を生産することが大事と思うか、所有権に関する資本家の支配が重いとするか、こういう点について、どういう見解をとるかという御質問でありましたが………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第52号(1948/05/29、23期)

ただいま御決定になりました国際労働機関への復帰の問題につきましては、御趣旨のありましたところ、十分政府といたしましても了承いたしております。從つて、御趣旨の精神に基きまして、政府としても最善の努力をいたしたいと考えております。ついででありますから、この機会にこの問題に関する若干の御報告を申し上げて、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第56号(1948/06/05、23期)

ただいま尋ねになりました点において、私の所管にかかりまする賃金安定策に対する私の所信をお答え申し上げます。川島君の御意見によりますれば、三千七百円ペースは、前年に比較すると、インフレの還元計算によれば、わずか二十七円五十銭にしかならない、この程度のもので、はたして賃金安定策は講じちれるか、こういうよ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第57号(1948/06/07、23期)

林君の御質問は、三千七百円べースがはたして維持できるかどうか、こういう御質問でありましたが、一昨日のこの議場においてお答えいたしましたる通り、現在の政府がもち得る数字的根拠によりますれば、それは一應の妥当性、合理性をもつておるということについては、変りないのであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第58号(1948/06/08、23期)

ただいま倉石さんから、現下の労働諸問題に関して御質問がありましたが、これを要約いたしますれば労働法規の改訂をする意思はないかどうか、三千七百円ベースと物価改訂とよく調和が保たれると思うかどうか、組織労働者に重点をおいておるのは誤りでないかどうか、最後に失業問題、こうした点に対しての御質疑であつたと思………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第61号(1948/06/11、23期)

ただいま藤田君の御質問のうちで、もし私に関係ありとすれば、三千七百円賃金ベースが維持できるかどうかという点でありますが、この点につきましては、ただいま安定本部長官よりお答えいたしました通りでありますから、御了承願います。(「違う違う」と呼ぶ者あり)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第63号(1948/06/14、23期)

ただいま外資導入について御質問になりましたが、御趣旨は外資の導入の点にあらずして、外資導入を前にして、現在の労働者の状態に対する対策はどうか、こういう点にあつたと思うのであります。御趣旨によりますれば、外費導入を前にして、労働者の思想が混乱し、労働爭議か頻発し 労働者が日本経済の破壊に向つてきつつあ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第68号(1948/06/22、23期)

ただいま御質問になりました、小千谷における理研会社の労働組合の問題につきまして、労働組合の健全なる発展が日本民主化の大前提である、こういう点においては、もとより清沢君と同意見でありまして、事実もし、お示しになりましたような、組合を御用組合化する方向に向けておられるとするならば、健全なる労働組合の発展………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第73号(1948/06/29、23期)

明確に労働行政の範囲に関する御質問でありますれば、私の所管に関する限り明確にお答えいたすのでございますが、ただいまは主として運輸大臣に対する御質問であつたと思いますから、私は‥‥。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第75号(1948/07/01、23期)

ただいま鈴木さんから御質問のありました、公務員に関する、殊に公益事事業に関する労働者の争議の場合に、現在の日本の実情においては阿らか法的措置を講ずべき段階にきておると思うがどうか、こういう御質問でありました。この点に対しましては、ただいま総理大臣からはつきりお答えされましたる通り、現在の法律において………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第76号(1948/07/02、23期)

予算編成に際して、将來に向つて確信のないことになぜ承認を與えたか、こういう御質問の第一の趣旨でありましたが、この点に対しましては、しばしば委員会等においても答えておりまする通り、予算編成が行われ、閣議において審議が行われました当時においては、その給與算出の基礎において妥当性をもち、合理性あるがゆえに………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 48回出席(長 47 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言      6文字発言
  第2回国会 10回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言     31文字発言
  第3回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   2909文字発言

  23期通算  62回出席(長 55 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  5回発言   2946文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

労働委員会
            26回出席(長 26 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   1回発言      6文字発言

隠退蔵物資等に関する特別委員会
            24回出席(長 22 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

不当財産取引調査特別委員会
             8回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言     31文字発言

内閣委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   3回発言   2909文字発言


委員会委員長経験

隠退蔵物資等に関する特別委員会委員長(第1回国会)
労働委員会委員長(第回国会)
労働委員会委員長(第2回国会)
不当財産取引調査特別委員会委員長(第回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1947/08/26、23期)

三浦寅之助君。同時に私は今後の婦人の勞働、就職を考えてみますと、婦人は男と比べて、どうしても家庭の用事をしなければならない。主婦の役目を考えてみますと、今後の婦人の職業の指導なり補導は副業的なもの、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 不当財産取引調査特別委員会 第2号(1948/01/31、23期)

今の質問は主として司法大臣の管轄、所管に属すると思いますが……。第一番に伺いたいのは、この不当財産の特別委員会が進展過程において、再び原君のごとき、現職の国会議員の中から刑事上の被疑者がもし出たとい…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1948/11/15、23期)

今おつしやつた新しく課を新設するという定員の、資料二にある員數は、現在あるというのはその廃止される委員会の職員ですか。第五條までには何もございません。第六條におきまして第二項の「内閣総理大臣は前項の…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1948/11/17、23期)

いや討論はある。あるがその前にちよつと聞きたいのですが、今表を見せてもらいますと、ほとんど大部分が差しもどしというと、結局緩和されたことになる。緩和されることについて一体何を標準にして緩和されたのか、…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1948/11/26、23期)

参考人の方々が御供述くださいますことに対しては、私ども非常に参考になると思うのでありまして、つつしんで拜聴いたしたいと思いますが、この問題は、案の重要性にかんがみて、公聴会を開いてもらうように社会党か…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16