石原円吉衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   2358文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   2311文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   4669文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第12号(1947/07/05、23期)

捕鯨許可に関する感謝決議案を上程されましたので、提案者を代表いたしまして、提案の理由並びに趣旨弁明をさしていただきます。まず決案文を朗読いたします。今回、連合国最高司令官から、南氷洋の捕鯨について第二回目の出漁を許可せられたことは、わが国現下の食糧事情に深く同情せられた高い人類愛によるものであつて、………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/12/15、23期)

水産業復興促進に関する緊急質問をいたします。わが国現下の水産業は、荒廢からいまだまつたく回復し得ない状態であります。国内重要産業の全分野にわたる総合的、経済的復興、特に食糧対策の見地から、これが急速なる復興をはかることは当面緊急の要務であります。しかして、南極捕鯨の許可、漁業用資材の輸入等連合軍多大………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 13回発言  26854文字発言
  第2回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 11) 10回発言  23148文字発言
  第3回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  8回発言  18041文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言   3820文字発言

  23期通算  57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 48) 34回発言  71863文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

水産委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 48)  34回発言  71863文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

水産委員会理事(第2回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1947/07/05、23期)

ちよつと関連しますが……、ただいま大臣より水産廳のことにつきまして熱意ある御意見を承り、まことに意を強うするものであります。参議院の水産関係者が集まりまして水産クラブをつくつておるのであります。この水…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1947/07/29、23期)

ただいま小委員長の報告の中に、私が先日の小委員會で特に發言を許されて述べましたことは、ただいま小委員長より御報告の通りであります。この場合の魚價は到底一・九という程度ではいけないということが、ここに大…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1947/07/31、23期)

ちよつと関連して……。水産廳設置に對しては、森君の御意見に全面的に贊成するものであります。殊に水産省を設置するということは、昨年の議會におきまして、満上一致の国策樹立の決議案ができておるのでありまして…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1947/08/01、23期)

最近にできる百トン以上の鋼船でありますが、現在南方へ出漁を許されておる。この漁船に對して、新しくかつお、まぐろ漁業が許可制になつたわけでありますが、同時に航海にも許可を與える點につきまして、運輸省の方…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1947/08/05、23期)

自由黨といたしましては、水産省設置は非常に急ぐのでありますが、ただいま食糧の補足を急速に水産をもつていたしたい。その效果をねらつて、一時的に水産廳を設置する。從つて水産省に速かに直すことを前提として、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1947/08/26、23期)

水産金融につきましては非常に豫定の融資額が減りまして、漁船建造者を初め一般に非常に窮況に陥つておるのであります。この場合に復興金融金庫は五百五十億圓に増資をするということが傳えられておるのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1947/08/29、23期)

休憩前の論議は、要するに委員長の魚價改訂に對するその意見の表現の形式に對して、夏堀君は不満があつたかと思うのでありますが、今後はたとえ委員長が政治家として個人的な御意見を發表するにおきましても、やはり…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1947/09/19、23期)

関連いたしますから、私の質問も併せてお願いしたいと思います。かつお節の價格撤廢につきまして、別の面より局長の考慮を煩わしたいと思うのであります。それは戰前よりすでに漁船の數が殖えて、現在約倍になつた。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1947/09/23、23期)

捕鯨及び以西底引につきましても、終戰後はいわゆる漁業界を中心とした希望者が殖えてきたということは事実であります。從つていわゆる漁村の經營上、漁業會を中心として企業をしたいというに對しては、沿岸の捕鯨も…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1947/10/03、23期)

最近聞くところによりますと、漁村の石油を全部公團で扱う。そして從來の漁連乃至業會には全然扱わさないということの運動が猛烈に起つておるということであります。これにつきましては水産局においては適當なる處置…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1947/11/19、23期)

今月十四日において中央水産業會が閉鎖機関となりまして、その結果各道府縣水産業會はここに非常な不安の念を起しておるのであります。一體府縣水産業會は次の團體法が制定されるまで存置されるものであるか、その中…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1947/11/25、23期)

この漁港の請願の問題は委員長の御發言の通り承認したいと思います。ここにあらためて委員長の御方針竝びに水産當局の御方針等を伺いたいものでございます。それは二十三年度の豫算に関することであります。この委員…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1947/11/28、23期)

二十三年度の豫算に関しまして、先日の委員會の席で私が申し述べましたのは、ただいま問題となつておる各委員の御意見と一致するものであります。この委員會が二十三年度の水産関係の豫算に對して、これは重要である…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1948/01/28、23期)

鈴木君より資材の問題が出たのでありますが、政府は終戰後漁業権、船舶の建造等、多数の許可認可を與えたのであります。この多数の許可認可を與えたということは、急速に水産物を増産したい。そうして日本国民の窮迫…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1948/01/31、23期)

先刻來西村君から、るる質問をしましたが、その政府の答弁は、はなはだ要領を得ないのであります。また前日來、総理大臣、安本の長官等の出席を求めて、委員長は固く約束をせられたようでありまするけれども、その実…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1948/02/10、23期)

漁港船溜につきまして二十三年度はどういう程度の予算でやるか、その内容を差支えない限り御説明を願いたいと思うのであります。御承知のように戰爭中漁港、船溜の大部分は破壞されまして、用をなさぬものが多いので…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1948/03/26、23期)

田中君より内水面の問題でるるお述べになりましたことは、至極ごもつともでありまして、われわれこの関係者の委員が内水面の水面を閑却しておるかのようなお言葉もあつたのでありますけれども、絶対にさような考えは…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1948/05/06、23期)

西日本水産振興会におきましては、二十三年四月二十五日大会を開きまして、以下申し述べる各項目に対する陳情をいたしてゐるのであります。この西日本水産振興会は、大阪以西の漁業題係者を網羅しておるものでありま…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1948/05/26、23期)

議事進行について……。先刻來承つておりますと、大臣の説明では漁業税を課する根據がさつぱりわからぬと思うのであります。全然わからない。根據はどこから出てきておるか。主食であるとみなすというような御意見で…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1948/06/11、23期)

本案に対しまして委員長の御発言並びにただいまの説明で、大体のことは了承することができたのでございますが、私はこの保險制度が今期国会に提出せられないということは、非常に好都合であると思うのであります。こ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1948/06/15、23期)

漁港が終戰後全国的に非常に多数の要望があるのでありますが、これは当然のことでありまして、いずれも緊要なものであると思うのであります。それとにらみ合わせて解決せねばならぬ問題があると思うのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1948/06/29、23期)

本請願の要旨は、三重縣度會郡宿田會村は、古來漁業を以て立つている村であるが、漁港の設備が不完全で、漁獲物及び荷物の揚げ下しも不便であり、且つ巡航船の発着にも多大の支障を來している、ついては本地方の水産…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1948/07/01、23期)

ちよつと関連して……。最近地方自治労働團体というものから、物價の値上げに反対するという決議をして、そういう申出があつたからということを地方の知事よりわれわれのところへも電報等が参つておるのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1948/11/09、23期)

水産関係者におきましては、漁業協同組合法案、漁業法案等の提出を期待しているのであります。しかるにこの会期には出るか出ないか、わからないということでありまして、もしそれが延びる場合には、全国の漁村がそれ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1948/11/10、23期)

ただいま協同組合法案のことにつきまして、大体の御説明をいただいたのでありますが、もう閣議が決定をされたという大臣の説明でありますが、決定以後にその筋との折衝がまだいるといたしますと、あるいはそのために…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1948/11/12、23期)

まず魚價の問題からお尋ねをいたします。毎年年末にあたつて生鮮魚を主とした、六大都市への何係上例外價格というものを設定しておるのであります。この例外價格に対して物價廳はどういう方針を今持つておられるか。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1948/11/16、23期)

水産業協同組合法案、水産協同組合法の制定に伴う水産業團体の整理等に関する法律案、漁業権等臨時措置法案、この三つをあわせてまず総体的なお尋ねをしたいと思うのであります。この法案はその性質から申しまして…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1948/11/17、23期)

私の保留してある御質問は幾つもありますが、便宜上三つだけお尋ねをいたしまして、あとは他の委員諸君よりお願いしたいと思います。まず第一はこの法案は、漁業法案と不可分の関係にあるのでありまして、今これを…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1948/11/18、23期)

私は緊急問題として当局にお尋ねしたいのであります。それはけさの新聞に川南造船所所属の船が四隻拿捕されて、その船の船員は銃殺された者もあるし、いろいろあつて、その残りは帰還を許されて帰つた。という記事が…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1948/11/20、23期)

本請願は、三重縣におきまして水産振興会というものが本年の五月二日に結成されまして、その会員は約三万をもつて組織されておるのであります。ほとんど沿岸の第一線におる漁業家をもつて組織されておるのであります…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1948/11/29、23期)

加藤委員の述べられた趣旨は、私は全面的にその必要を感じ、同感であります。六・三・三制実施のために、地方の水産教育というものは、その校舍の関係というようなことから、根本的な水産教育が與えにくくなつて來た…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1948/12/04、23期)

第二国会のように各小委員会四つをその通りに設置して、その委員は委員長の指名によつてきめられんことを希望します。それから魚價の問題でありますが、これも一般資材の價格に対して魚價が低位にあるということは…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1948/12/12、23期)

金融小委員会の経過を報告いたします。金融小委員会は昨十一日午前十一時より午後二時まで、長時間にわたり審議をしたのであります。これに出席した金融関係の者は農林中央金庫の監理第一部長遠藤匡輔君、復興金融金…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1948/12/13、23期)

漁港、船だまり等に対する国の補助でありますが、その補助率が運輸省の港に対する補助率と違つておりまして、運輸省の方は七割ないし多いのは九割も助成をする。それにかかわらず水産廳関係の漁港、船だまりは非常に…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書

質問主意書提出数

 23期(1947/04/25〜)  1本提出

質問主意書一覧

水産官庁拡大強化に関する質問主意書(共同提出)
第1回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1947/12/08提出、23期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12