辻井民之助衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  2回発言   5632文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   1788文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   7420文字発言

本会議発言一覧

第3回国会 衆議院 本会議 第11号(1948/11/13、23期)

私は、野党側を代表いたしまして、議事進行に関して発言をいたしたいと考えます。政府は、本臨時国会の劈頭にあたりまして、公務員法改正案の審議を十五日までに終了するようにという強硬な申入れを行うておるのであります。さらにまた、先般の本会議におきまするわが党の吉川君の質問に対しまして、吉田総理は、もし公務員………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第19号(1948/11/24、23期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、公務員に関する若干の重大問題について、総理大臣、労働大臣並びに臨時人事委員長に質問をしたいと思います。憲法第二十八條には、勤労者に対して團結権、團体交渉権及び團体行動をなす権利、すなわち労働組合運動の自由を保障してあるのであります。しかるに、官公吏その他公務員に対………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/12/11、23期)

私は、日本社会党代表いたしまして、本案に対する反対の理由を明らかにいたしたいと考えます。国有鉄道並びに専賣局が独立をして公共企業体となりましたのは、申すまでもくな企業体自身のためではなしに、これらの職員を公務員法の束縛より解放するためであつたことは明らかであります。国家公務員法が、さきの国会において………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 18)  7回発言  10863文字発言
  第2回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 17)  5回発言   3013文字発言
  第3回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  7回発言  15963文字発言
  第4回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    374文字発言

  23期通算  77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 49) 20回発言  30213文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

労働委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 14)  17回発言  26304文字発言

決算委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)   3回発言   3909文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

労働委員会理事(第1回国会)
労働委員会理事(第2回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1947/09/27、23期)

これはさきに高津君から一應御問題が濟んだ點なんですけれども、もう一應御参考までに承りたいと思います。第百一條の三項ですが「職員は、政黨その他の政治的團體の役員となることができない。」これはもう質問が濟…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1947/07/09、23期)

理事の選挙については、選挙の煩を省略いたしまして、委員長指名によつて決定してもらいたいと思います。てもらうというふうに、委員長において御配慮が願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1947/08/07、23期)

私は日本社會黨を代表いたしまして、勞働省設置法案に對しましては、ただいま三浦君から提案せられました附帶決議を付してこれを可決することに贊成をいたしたいと存じます。今日のわが国が當面しております破局的な…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1947/09/19、23期)

本案に對し各派より、次のごとく一部を修正し、なお附帶條件を付して賛成したいと存じます。修正の條項を讀み上げます。二箇所修正したいと思います。第一箇所は第二十條(イ)本條文中「業務の部門」とあるを單に…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1947/09/30、23期)

勞働大臣に、失業問題に對する對策についてお尋ねしたいと思います。ただいま上程せられております失業手當法案竝びに失業保險法案は、現在就業している勞働者の中から、今後出るであろうと豫想される失業者を對象と…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1947/10/10、23期)

鎌前田君から質問された點について、私もなおただいまの長官の御答辯では納得しかねる點がありますので、突進んでお尋ねしたいのであります。私もやはり千八百圓ベースは、物價體系を亂さぬためにあくまで守るべきだ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1947/10/14、23期)

保險金の基礎になつておる標準報酬、これは政令できめるということになつていますが、大體どういうふうなきめ方をされるつもりか。それから標準報酬というものと実收との間に大體どういう違う點があるのか、これをち…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第22号(1948/06/26、23期)

河合君から質問された点についてもう少し簡單にお尋ねしたいと思いますが、さきにお話の報酒書は今ここで配付を受けまして一應目を通してみますと、いずれもごく抽象的なことで、河合君から言われた通りにこの程度の…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第26号(1948/07/02、23期)

私は農林当局に日本の農業改良と言いますか、改革と申す方がよいかと思いますが、その基本的な方針があつたら、承りたいと思います。さつきからの御答弁を承つておりますと、單に農業改良が、從來の農事試驗場のやつ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1948/06/14、23期)

委員の選定については、その数を二十名とし、委員長において、指名せられたい。尾崎 末吉君  倉石 忠雄君会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1948/06/15、23期)

第三十六條第一項、第三九十條第二項を次の理由により削除したい。保險審査官に職権審査を認めるときは、その権限発動によつて一般関係者の自由を拘束する結果ともなり、官廳行政の民主化を逆行するおそれがあり、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1948/06/18、23期)

認められている供給事業の形式を経て、不当な供給の事実、看護婦会等があるが、その事情について説明を求めた。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1948/11/12、23期)

今初めて議案を拝見し、大臣からの説明も聞いたのでありますので、今後の審議の方法、ただいまの合同審査の問題も、ともに理事会に一任しまして、理事会で適当に決定するようにお願いしたいと思います。午前十一時…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1948/11/20、23期)

労働大臣も本会議に出ていてお見えにならぬようですから、今日は説明を聞いておく程度にして、それぞれ研究をして、明後日から質疑に入りたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第8号(1948/11/25、23期)

私は最初に一般的なことについて、これは人事委員長にお尋ねする方が本筋かと思いますが、御出席が困難だそうでありますから、労働大臣にお尋ねしたいと思います。中曽根さんから先ほどその点に触れられましたが、あ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1948/11/26、23期)

これは本会議でも前委員会でもたびたび問題になつていることで、簡單にもう一度お尋ねしたいと思いますが、結局マ書簡によつて、一方的に公務員であるからというので、その基本的な人権を制限するだけではいけないの…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1948/11/27、23期)

これはあとの條項にも関係があつたと思いますが、こういう点は團体交渉できめることにするのがほんとうではあるまいかと思います。一方的にきめるよりも、なるべく経営に支障のない限りは、組合に参加の自由を認める…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1948/11/28、23期)

六條についてお伺いしたいと思います。六條には組合会計の問題について、外部の監査人による組合資金の定期的監査の規定を設けなければならぬことになつていますが、これは具体的にはどういうことを意味しているのか…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第12号(1948/11/29、23期)

これはちよつと元にもどりますが、簡単なことですから御答弁を得たいと思います。第六條の会計報告の、外部の監査人が監査を行うというのは、組合の本部だけなのか、あるいは支部とか分会とかいう下部の單位の会計を…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1948/12/09、23期)

第三章第八條の團体交渉に関する問題なのでありますが、この團体交渉の対象になつておりますものが、第一号から第八号まであります。一号には賃金、労働時間及び労働條件ということになつております。しかし労働條件…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16