米窪満亮衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  7回発言  10532文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  5回発言   9605文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言  11599文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 13回発言  31736文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第9号(1947/07/02、23期)

加藤君の御質問のうち、失業対策に関する諸問題につきましては、まず、最初に加藤君の御指摘になつた点は、今日の日本の産業危機を乗り切るためには、好むと好まざるとにかかわらず、産業の合理化、それに引続いて企業整備が必要となつて來るのであるが、これに対する対策はどうであるかと、こういう御質問のように了解いた………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第10号(1947/07/03、23期)

星島さんの御質問のうち、私に関係のある点は、まず第一に、企業整備及びこれによつて生ずる失業者の救済その他の対策はいかん、こういう点に遺あつたと思うのでございます。御指摘の通り、今日の経済危機を突破するためには、労働者の生産性を高揚するということは、もちろん必要でございまするが、それと相並んで、産業の………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第13号(1947/07/07、23期)

お答えします。食糧問題についての私に対するお尋ねは、実は苦手でございます。しかし御指名がございましたから、私の知つておる限りにおいてお答えします。実はわが党において、党の大会その他公式の場所でもつて、三合配給をするということを言つた覚えはないと、私は記憶しております。ただ一昨年の立党大会のときにある………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

北海道開発に関する、佐々木さんのただいま述べられた御意見は、政府といたしましても、まことに同感でございます。私、この所管大臣でございますから、確定的なことは申し上げられませんが、從来北海道開発の行政については、内務大臣の所管であつたのでございまするが、最近行政調査部その他の協議の結果、これは農林大臣………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第37号(1947/09/27、23期)

千八百円ベースなるものは、新物價体系を算出する基礎として一應標準したことについては、経済安定本部総務長官の説明した通りでございます。但し、千八百円で労働階級が食えないことは、われわれもよくこれを認めております。しかし、これは今日の日本の状態は、賢明なる皆様すでに御承知の通り、国も赤字であり、経営者も………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第49号(1947/10/25、23期)

赤松さんの御質問にお答えします。たいへん多岐にわたる御質問でございまするので、労働大臣に関する点のみをお答えいたします。実は第一の御質問と第二の御質問は、大蔵当局からお答えすることが一番適切であると思うのでございまするが、本日はどなたもお見えになつておらないようであります。それで第三の点から答えしま………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第56号(1947/11/07、23期)

お答えいたします。今日物價が非常に高くなつて、最低生計費と労動者の収入との間に相当の開きがあることは、政府もこれを認めております。私のところへも非常にたくさんの投書が官公吏から來ておりまして、その実情を聴きますと、まことに同情にたえないのであります。申すまでもなく、こういうことは、もうすべて野坂君も………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第6号(1948/01/24、23期)

苫米地さんの私に対する御質問にお答えいたします。第一の点は、日本の労働運動に対する本質的な、お尋ねだつたと思うのでございます。日本の労働運動は、苫米地さん御指摘のごとく、終戰後にわかに勃興いたしまして、戰爭中に彈圧を受けておつた日本の労働運動が、終戰後自分の力で鬪いとつたというよりも、むしろ他の力で………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第7号(1948/01/26、23期)

私に対する御質問にお答えいたします。労働省に対する團結権、團体交渉権、罷業権、これらの権利は、憲法の第二十五條以下において規定されておる基本的人権でございまして、この基本的人権の根幹をゆるがすがごとき変更を、法律の改正によつて試みようという言明を、かつて私はしたことはありません。但し日本の労働運動が………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/01/28、23期)

私に対する御質問にお答えいたします。第一の点は、労働法規の改正をする意思ありやというお尋ねであつたと思うのでございまするが、憲法によつて保障された團結権、交渉権あるいは罷業権等のこの重大なる基本的人権に関し、さらに労働条件の低下を招来するような改正を労働法に試みる意思は、今のところございません。但し………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第52号(1948/05/29、23期)

ただいま議題となりました国際労働機関への復帰に関する決議案につきまして、その趣旨を弁明したいと思います。趣旨弁明に先だちまして、決議案の内容を朗読いたします。われらは、新憲法の下、世界の恒久平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高なる理想を深く自覚し、平和を愛好する諸国家と提携し、相互の諒解を深め………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第79号(1948/07/05、23期)

ただいま議題となりました両院協議会の経過並びに結果を御報告いたします。協議委員議長には不肖私、副委員長には高橋英吉君が当選いたしました。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第14号(1948/11/17、23期)

吉田内閣は、皆さんもすでに御承知の通り、十月十九日に組閣されまして、十一月八日にこの第三回国会が開会されたのでございます。この間二十日間あるのでございまして、われわれは、この十分なる期間において、吉田総理大臣初め各閣僚は、この国会へ臨む準備が十分に果されておると思つたのでございます。すなわち、現在問………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第2回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言
  第3回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言   2903文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言     55文字発言

  23期通算  23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言   2958文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)   0回発言      0文字発言

人事委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)   4回発言   2958文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第3回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1948/11/09、23期)

大体徳田君の言われたのと同じ意見ですが、大村君の言われたのは、この国会法の改正される前の考え方であつて、常任委員会の性質、その他運営について、從來相当改正すべき理由が認められたので、この国会法を改正し…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1948/11/12、23期)

私も一言委員長にお願いしたい。われわれ委員が総理大臣の出席を要求したときには、総理大臣は何を措いても出席されるようにしていただきたい。とかく吉田さんはわがままだから、そこはひとつ委員長が政治力を発揮し…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1948/11/22、23期)

ちよつと関連して伺います。先ほど官房長官は、その筋の意向は国家公務員法の審議をまず第一にやれ、予算が遅れるのはやむを得ないというような意向であるということでございます。これは相当重大な問題でございます…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1948/12/13、23期)

本日はあといくらも時間がありませんから、これで散会することとし、明日午前零時五分より開会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16