前田正男衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 36期(1980/06/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  2回発言   7769文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   7769文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

私は、これから第一議員倶樂部を代表いたしまして、討論するものであります。国管に対しまして、いろわれわれと論議する点があるのでありますが、まず第一に考えなければならないことは、先ほど商工大臣が提案理由で述べられましたように、イデオロギーを離れまして、増産できるかできないか、こういう観点から国家的に考慮………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第66号(1947/11/25、23期)

私は、第一議員倶楽部の反対側を代表いたしまして、修正案及び原案に対して反対の討論をいたすものであります。先ほど社会党の村尾君から、反対派の者には反対同盟ができて、いろいろのうわさがあるということのお話がありましたが、私は別に経営者側でもあるいは労働者側でもありません。私は、今まで自分が産業に関係して………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 62)  9回発言  46320文字発言
  第2回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  1回発言    453文字発言
  第3回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  1回発言   1607文字発言
  第4回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  23期通算  90回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 87) 11回発言  48380文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)   4回発言  41211文字発言

運輸及び交通委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)   6回発言   5562文字発言

経済安定委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)   1回発言   1607文字発言

海外同胞引揚に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

経済安定委員会理事(第3回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第7号(1947/07/30、23期)

まず第一に質問したいことは、學生の定期のことにつきましては、現在相當考慮されておられるようでありますけれども、さらに學生の諸團體からこれに對する優遇の陳情が大分出ております。この點につきまして當局のお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第16号(1947/08/30、23期)

ただいまの長官の御説明にもありましたことでありますが、この公告期間については、十分に国會において審議していただいてもいい。こういうことでございますけれども、私から見ると、運賃の値上げということが国會の…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第24号(1947/10/06、23期)

先ほどと関連した質問でありますが、縣會におきまして、いろいろやはり交通関係の委員會があるようであります。そういう方面の地方の小委員會と、この道路運送委員會との関係はどういうふうにいたしておりますか。実…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第28号(1947/10/15、23期)

第一議員倶樂部といたしましては、まだ十分相談がまとまつておりませんが、この委員會について修正をしてもらいたい。それから府縣の事情を考慮してもらいたい。その他のことにつきましてはわれわれ委員に一任しよう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第36号(1947/11/19、23期)

本請願は奈良縣の南部にあります宇智郡と内吉野方面との関係の者を集めまして、内吉野開發委員會というものを組織しております。この委員會の會長の西尾修五郎氏の名前で出ておるわけであります。この請願の趣旨は請…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第11号(1947/09/27、23期)

われわれ第一議員倶樂部からは、鑛工業委員會の理事が出ておりませんので、小會派の国民協同黨の理事の方と多少意見の違うところがありますから、参考に今の議題について申し上げておきたいと思います。私はやはり自…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第25号(1947/10/30、23期)

私は第一議員倶樂部を代表いたしまして、石炭の国管について質問さしていただきます。石炭の国管につきましてはいろいろな問題がございますが、特に基礎原料である石炭の増産がなければ、日本の再建は困難であると信…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第26号(1947/10/31、23期)

昨日の御説明の中で、私と御意見の違うところが大分あるのでありますが、その點はまた別の機會に讓ることにいたしまして、ただいまここで二つばかり重要な問題がありますので、ぜひともお伺いしたいと思います。それ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第27号(1947/11/01、23期)

その放送が事実であるとするならば、委員長の方から取消しの放送を要求したらどうかということをお伺いいたします。午前中の會議はこの程度に止めまして、本日は本會議もないのでございます。從いまして、午後一時…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 第26号(1948/06/29、23期)

もしその信念をおもちならば、もし七月一日にできない場合、運賃の値上げを相当期間延期するか。これを円滑に実施してから相当の期間を置いて、国民に、なるほどサービスの改善をしたという直接の結果を見せてから運…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1948/11/29、23期)

本請願は千葉縣薪炭対策委員会長川口氏の名前をもつて、紹介議員竹尾氏によつて提出されたものでありますが、私がかわつて説明いたします。本請願の要旨は、現在実施されておりますところの薪炭生産者價格は、全国…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 36期(1980/06/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16